« 2012年 新年のご挨拶 | トップページ | 雪かき状況 »

2012年1月 3日 (火)

正月の食卓から/飯寿司とくじら汁

今年もよろしくお願いいたします。

皆様、お正月はどのように過ごされてますか。
こちらは、比較的天候も穏やかで、のんびりと過ごさせていただいてますが、すっかり寝正月で初詣にも出かけてません(^-^;

で、本日の話題はというと、昨年と全く同じ内容になってしまいますが、「正月の食卓から」。


飯寿司
飯寿司(イズシ)は、ご飯・麹・魚・野菜を樽に入れて、重石をのせて漬け込み発酵させて作る、北国ならではの冬の保存食で、魚には鮭、ハタハタ、そしてホッケなんかが使われます。

これを家庭で作るのは結構難しそうで、我が家では作ってないのですが、ご近所さんが自家製で作っているのを毎年頂いてるんです。

今年も、ハタハタの飯寿司と、

Blogdsc02979

鮭の飯寿司を頂きました。

Blogdsc02978

昔は冬になると、よく食卓に並んでましたが、今は正月くらいですかね。

Blogdsc03003

結構、魚臭くて、発酵臭や酸味が苦手な方も多いようですね。
好みは分かれる所ですが、私はもちろん大好きで、特に正月には欠かせません。


くじら汁
これが北海道の伝統料理かどうかは分かりませんが、くじら汁です。
けんちん汁にくじらの脂身が入った感じですかね。

知り合いでも、食べたことのある方やない方、好きな方や嫌いな方と、様々なのですが、我が家では、私の生まれるずっと前から、正月には必ず食べられている料理です。

くじらの脂身は普段はまったく目にすることはないのですが、正月になると、市場やスーパーで一斉に並びます。
正月だけの料理ということに、今はなっているのでしょうね(捕鯨問題もありますからね)。

Blogdsc02932

塩蔵のくじらの脂身ですね。

作り方は別の機会にということで省きますが、いろんな具材と一緒に大きな鍋でいっぱい作ります。醤油味ですね。

Blogdsc02947

これが、いい味が出て、本当に美味しいんですよね。

Blogdsc02950

ちなみに我が家のお雑煮は、これを出汁と醤油等で味を整えて、餅を入れて頂いてます。

Blogdsc02981

我が家では代々続いている正月だけの大切な料理です。


もちろん、上記の他にも正月料理は色々と作ってもらっていますが、特にこの2つは、我が家では必須の正月料理ですね。
それに北国らしいですよね。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

スポンサーリンク

|

« 2012年 新年のご挨拶 | トップページ | 雪かき状況 »

家庭料理」カテゴリの記事

コメント

本年も宜しくお願いします。本日仕事始め。東京中央線、皆さん一様に気だるさムンムン(笑)いやあー小梅さんBlogは自分には劇薬!望郷の念つのるつのる!(><)飯寿司!ハァ(≧▼≦)懐かしい!思えば小樽時代は我がままでした。筋子、タラコ、鰊漬け…等々に「おかずにならない!」などと親に…東京に来て年月と共に贅沢な食生活だったんだと悟りました。帰省時には水道水さえ美味しくかけがえないのない物になります。ただ自分は天狗山方面育ちで、クジラ汁食べた記憶はありません。同じ小樽でも浜言葉など違いが、ある様に食べ物の違いあるかも知れませんね。祖先の出身地も関係?因みに我が家のルーツは奈良県十津川村です。

投稿: Tokyo1975 | 2012年1月 4日 (水) 20時24分

Tokyo1975さん、こんばんは。
中央線に乗ってるんですね。東京にいる時は私もよく利用しました。
それに、東京にいる時は、飯寿司とかも食べたくてよく探したものです。
確かにそちらでは、なかなか手に、口に入らない物も、こちらでは普通に食べてたりしますよね。
そうそう、祖先の出身地は、それぞれの家庭の食生活や慣習に関係してきそうですよね。
奈良県十津川ですか!新十津川村との関係の深い所ですね。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

投稿: 小梅太郎 | 2012年1月 5日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月の食卓から/飯寿司とくじら汁:

« 2012年 新年のご挨拶 | トップページ | 雪かき状況 »