« 小樽ロングクリスマス2011 | トップページ | 今年のクリスマスは小樽洋菓子舗ルタオのケーキで »

2011年12月24日 (土)

クリスマスはどうしても「なると」の若鶏

我が家のクリスマスに欠かせないのがこれ、

「なると」の若鶏。

Blogdsc02766

クリスマスでなくても、食べたくなって、時々食べてはいるのですけどね。

小樽でクリスマスにこれを食べる家庭は、結構多いのではないでしょうか。

外はパリッと、中はジューシーで本当に美味しいんですよね。

このブログでは、あまり食べ物については出てこないのですが、「なると」の若鶏については何度か紹介してます。

過去のこんな記事を参考に。
「なると」の若鶏
若鶏時代 なると

で、過去の記事でも触れましたが、小樽に「なると」という名の付くお店は3店舗あります。

「若鶏時代 なると」/「ニューなると」/「なると屋」

どのお店も食べたことはあるのですが、今回はその中から、花園町にある「ニューなると」の若鶏を頂きました。

Blogdsc02759

もちろん予約をして、それを受け取りに行ったわけですが、店内のカウンターには、予約受け取り待ちの若鶏がズラ〜っと並んでましたよ。

Blogdsc02758

実は食べきれなくて残ったりするんですが、冷えても美味しくて、チビチビと酒のつまみにしたりしています(*^-^)

やっぱり、我が家のクリスマスはこれですね(笑)

そうそう、こちらは大雪になってます。
正直、ホワイトクリスマスどころではないですね。
今日も明日も雪かきです(^-^;


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

スポンサーリンク

|

« 小樽ロングクリスマス2011 | トップページ | 今年のクリスマスは小樽洋菓子舗ルタオのケーキで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしいナルトの半身…(^!^)y~小さい頃良く連れて行って貰った。古い旧小樽運河の頃。東京に来てから「鶏の半身の店はないかぁー!」と探しまくった事を覚えてる。店どころか「鶏の半身って何だ!?」と言うのが周りの反応だった。両親が元気で小樽在住なので帰省時には子供達もなるとには毎回大喜び。小樽に生まれ小樽で暮らした22年は大切な生涯の財産です。良きblogと出会いました。これからも小樽の素晴らしさを発信して下さい。過疎化に負けるな小樽!

投稿: Tokyo1975 | 2011年12月26日 (月) 23時18分

Tokyo1975さん、こんにちは。
訪問、及びコメントありがとうございます。
私も長らく小樽を離れて東京にいたのですが、なるとはいつも食べたいと思ってました(笑)
小樽に帰省されているとのことで、小樽の現状はご承知の通りです。
ただ、改めて小樽の街をゆっくり巡っていると、素敵な“小樽”がまだまだありそうなんです。
そんな小樽を少しでも紹介できればと思っています。
また、是非、覗きにきてください。

投稿: 小梅太郎 | 2011年12月27日 (火) 12時42分

そっかあ2年前の「なると」記事に反応し「小梅さんblog」の中毒になったんだったぁ〜(笑)仕事追い込み中。早め帰省のわがままに皆寛容有難い!!小樽に再移住計画知ってるので皆諦めかも(笑)北海道にも営業所はあるんですが実現可能性あるのは帯広なのでやはり早期退職の選択をとらざえるをえないですね。

投稿: T75 | 2013年12月18日 (水) 09時55分

T75さん、こんばんは。
お〜!2年前のこのなるとの記事で、初コメントをいただいたのですね。
以来、いつも見ていただき、コメントもしてもらい、本当にありがとうございます。
是非、これからもよろしくお願いします!
で、なるほど、早めの帰省に周囲の職場の方々も協力的なんですね。
いい職場ですね(*^-^)

投稿: 小梅太郎 | 2013年12月18日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスはどうしても「なると」の若鶏:

« 小樽ロングクリスマス2011 | トップページ | 今年のクリスマスは小樽洋菓子舗ルタオのケーキで »