« 遅い初雪と天狗山の様子 | トップページ | 旧日本郵船(株)小樽支店《建物等の基本情報》 »

2011年11月13日 (日)

天狗山に続く「千秋通りの坂」

前回ちょっとだけ触れましたが、天狗山に続く長くて急な坂道についてです。

以前は名前が分からないといって紹介したのですが、ちゃんと名前がついていました。すいません。
※以前の記事はこちらをどうぞ。
天狗山への坂道

「千秋通りの坂」(せんしゅうどおりのさか)

緑町から来ると、最上町と松ヶ枝町方面に分かれる交差点に、於古発川(おこばちがわ)が流れています。

Blogdsc01726

松ヶ枝町側に架かる小さな洗心橋を渡ってから、すぐ右に曲がると、天狗山まで真っすぐ続く、「千秋通りの坂」です。

Blogdsc01731

実は、小樽市のホームページにちゃんと載ってました(^-^;

確かに、言われてみると、そもそもこの通りを「千秋通り」と言ってましたね。

この坂を上って行くと、通りに面して、小樽工業高校があるのですが、小樽工業高校は昔、千秋高校って呼んでたんですよね。

Blogdsc01734
(写真左側に小樽工業高校があります)

実際に1950年に小樽千秋高等学校に改称していて、普通科がなくなって小樽工業高等学校となる1968年まで、その名前だったそうです。

ただ、通りの名前の由来はそのためかと思ってたのですが、そうでもないようです。

Blogdsc01736

その点について、ここからは小樽市のホームページから一部引用させていただきます。

『昭和の初めまで、この辺りは人家も少なく、原野のようでした。この場所を住宅地として開発しようとしたのが、雑穀相場で巨利を得た『小豆将軍』こと高橋直治(たかはしなおじ)の息子の康世(やすよ)でした。彼が昭和6年に土地管理事務所として建てた白塗りの洋館は「千秋閣」と呼ばれ、これが坂の名の由来となったのです。
千秋閣は、明峰高校から下って左に曲がるところに昭和50年までありました。ちょうどバス停「千秋通」の海側になります。』
(小樽市のホームページ内にある、広報おたる連載「おたる坂まち散歩」のHTML版より引用)

ということだそうです。
残念ながら、その「千秋閣」と呼ばれた洋館はまったく記憶にありません。
(私はまだかなり小さかった頃ですからね)

ちなみに、ここに出て来る、明峰高校は、小樽工業高校より坂の下側にある、以前は小樽昭和高校という名称で、一時期女子校だった高校ですね。
1995年に共学に戻って、小樽明峰高等学校に改称したようです。

で、この長くて急な坂をさらに上って行くと、右側には最上小学校があります。

Blogdsc01762
(写真右の建物が最上小学校)

いや〜、確かに小樽はあちこち坂道で、どこも通学は大変ですが、ここの子供達も大変そうです。
足腰丈夫になりますね。

冬の間は、この坂道は天狗山スキー場への道なので、ちゃんとロードヒーティングが敷かれていて大丈夫です。

Blogdsc01740

ロードヒーティングの一部がつい先月に新しくなったようで、ピカピカでした。

坂の上から振り返ると、晴れていれば本当はもっと綺麗に海まで見えるのですが、ちょっと残念。

Blogdsc01745

それでも、良い眺めです。

下の方の、街路樹のナナカマドの紅葉と赤い実が綺麗ですね。

Blogdsc01761

天狗山に行く時には、バスも含めてほとんどここを通るので、実はよく利用する坂道ですね。
歩くと、かなりしんどいですが…。

Blogdsc01738


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

スポンサーリンク

|

« 遅い初雪と天狗山の様子 | トップページ | 旧日本郵船(株)小樽支店《建物等の基本情報》 »

小樽の坂」カテゴリの記事

コメント

千秋高校
懐かしいですね。
私は下町育ちなので、山の手方面には詳しくありません。
千秋閣という建物があったんですか。
ただ、千秋高校が工業高校に、緑陵高校が商業高校になった時は、ちょっと悲しかったです。
個性ある名前が無くなってしまって、残念な気がしました。

投稿: はは | 2011年11月14日 (月) 16時20分

ははさん、こんばんは。
そうか、商業高校は緑陵高校だったんですよね。
確かに、千秋高校といい、特徴ある名称だったんですよね。
最近は山の手方面という言葉をほとんど聞かなくなりました。
お店や建物の名称の一部になっているか、あとバスの山手線くらいですかね。

投稿: 小梅太郎 | 2011年11月14日 (月) 20時33分

こんばんは
言われてみると確かそんな名前だったかと思いました。
私はその通りの高校に通っていましたが、天狗山でスキー授業の時はスキーで学校まで滑って戻った時もありました。。。
危険ですね。。。

投稿: あーちゃ | 2011年11月20日 (日) 19時31分

あーちゃさん、こんにちは。
調べたら、このような名前がついてました(^-^;
そうそう、天狗山のスキーの後は、
このあたりの方々はみんなスキーで帰ってましたね(笑)
昔は今ほど車も少なかったかもしれませんが、かなり危険ですね。

投稿: 小梅太郎 | 2011年11月21日 (月) 12時34分

子供は全然平気でしたよ!(^^)v忘れ物した時など千秋通りの下から走って学校に戻ってました(笑)さすがに最上小から天狗山への急坂は無理でしたが(笑)因みに洗心橋渡ってもまだ最上町で千秋通りから1本上の法雷寺通りに町の境目があります。

投稿: Tokyo1975 | 2012年2月29日 (水) 22時01分

Tokyo1975さん、こんばんは。
そうなんですよね〜。確かに子供たちは元気で、ものともしてないですね(*^-^)
素晴らしいです。
そうか〜、よく分からなかったんです、最上と松ヶ枝の境目が。
今度、追跡してみます(笑)

投稿: 小梅太郎 | 2012年3月 2日 (金) 01時06分

私は千秋高校普通科(3クラス)最後の卒業で、懐かしく読ませていただきました。ありがとうございます。

投稿: 佐々木 博 | 2013年11月16日 (土) 11時14分

佐々木様、こんばんは。
コメントありがとうございます。
お〜、そうでしたか!
千秋高校普通科最後の卒業生の方からコメントいただけるなんて!
懐かしんでもらえたなら、嬉しいです(*^-^)

投稿: 小梅太郎 | 2013年11月17日 (日) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天狗山に続く「千秋通りの坂」:

« 遅い初雪と天狗山の様子 | トップページ | 旧日本郵船(株)小樽支店《建物等の基本情報》 »