« 天狗山の神社 | トップページ | 菓匠 おたる 六美 »

2011年10月19日 (水)

天狗山の小樽スキー資料館と天狗の館

天狗山ロープウェイの乗降場所になっている建物は山頂レストハウスにもなっているのですが、その建物には、併設されている資料館があります。

「小樽スキー資料館」
「天狗の館」

Blogdsc01081

この2つはつながっていて、まず「小樽スキー資料館」があり、その奥に進むと「天狗の館」があります。


まずは、「小樽スキー資料館」について。

小樽天狗山スキー場は歴史も古いですし、1952年には北海道で初めてリフトが設置されたそうで、スキー国体も過去4回開催されています。
実際にここから多くの選手達が育っていってるんですよね。

まず入るとすぐに、スキージャンプの船木和喜選手の板が飾ってます。

Blogdsc01083

船木選手は余市町出身で小樽北照高校卒ですね。

基本的には天狗山スキー場ゆかりのスキー選手の道具や、国体やオリンピック関係資料等を展示しています。
それにスキーの歴史も見ることができます。

Blogdsc01082

中には、アルペンの岡部哲也さん(小樽出身、小樽北照高校卒)や皆川賢太郎選手(新潟県出身、小樽北照高校卒)らのサインなんかもありました。

Blogdsc01084

個人的には、昔のスキー道具が興味深いですね。

Blogdsc01088

Blogdsc01093

以前、「スキーの思い出話」についての記事を書いたことがあるのですが、道具はかなり進化してますからね。

もし良ければ、その時の思い出話の記事もどうぞ。
スキーの思い出話〈前編〉〈中編〉〈後編〉


そして、そのまま奥につながっているのが、

「天狗の館」

Blogdsc01095

「天狗山」にちなんで、日本全国から集められた天狗のお面が、大小含め約700点飾られているそうです。

Blogdsc01097

よく見ていくと、日本全国、様々な天狗さんがいるのが面白いですね。

Blogdsc01100

Blogdsc01098


この2つの資料館は入館無料なので、興味がある方は、ちょっと覗いてみたらいかがでしょうか。

さてさて、随分と天狗山シリーズを続けましたが、天狗山については、今回はこれで一旦終了です。

もうすぐすると雪が積もり、スキーシーズンに突入ですね。
今度は天狗山スキー場について、詳しく紹介できると良いですね。


《今回の天狗山関連記事》
天狗山も秋模様〜車で山頂へ
天狗山も秋模様〜奥にある眺望地点
天狗山のシマリス公園
天狗山の神社


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

スポンサーリンク

|

« 天狗山の神社 | トップページ | 菓匠 おたる 六美 »

天狗山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天狗山の小樽スキー資料館と天狗の館:

« 天狗山の神社 | トップページ | 菓匠 おたる 六美 »