« おたる浅草橋オールディーズナイト | トップページ | 恵美須神社 »

2011年7月19日 (火)

祝津三大網元のひとつ茨木家の住宅

話がとびとびになってしまってますが、また祝津編です。

前回、「祝津おさかな市」の会場となった「茨木家中出張番屋」について紹介しましたが、実はそのすぐ手前(小樽市街地側)には、その祝津三大網元であった茨木家の住宅があります。

Blogdsc07903

そうです、家です。
現在、どうされているのかまでは分かりませんが、ちゃんと表札もありました。
勝手に住宅の写真を撮らせて頂いて恐縮なんですが、あまりに立派で紹介せずにはいられません。

そもそもは茨木家の番屋ですね。
これもまた、鰊漁で賑わった当時を伺うことのできる、貴重な建物でしょうね。

花崗岩を立てて道路と隔たりをつくっていますね。
玄関が2つあるの、は家族用と来客用だそうです。

家族用
Blogdsc07905

来客用
Blogdsc07904

脇の道を挟んで向かいには、茨木家石造倉庫が2棟並び立っています。

Blogdsc07907

建物の裏側に入っていくと、茨木家住宅の離れ。

Blogdsc07906

これが見事で、建築物に詳しくなくても、何だかその存在感に見入ってしまいます。

この建物は小樽の歴史的建造物には指定されていませんが、さすがにかつての三大網元のひとつ、茨木家の建物。堂々たる佇まいです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

スポンサーリンク

|

« おたる浅草橋オールディーズナイト | トップページ | 恵美須神社 »

歴史的建造物 その他」カテゴリの記事

祝津・高島地区」カテゴリの記事

コメント

広くて立派ですね、テレビで観たのですが、ニシン御殿?それとは違いますか

昔のお金持ちのスケールの大きさを観た感じです。

投稿: すみれ | 2011年7月20日 (水) 17時03分

こんばんは。
祝津歴は長いけれど、この建物はどの辺りにあるのでしょうか。
何だか見た事があるような無いような。

今は小樽の端っこですが、祝津って昔は栄えていたんですね。

投稿: はは | 2011年7月20日 (水) 19時56分

すみれさん、こんばんは。
一般的に小樽の鰊御殿として紹介されるのはこの建物ではなくて、
・小樽市鰊御殿(旧田中家住宅)
・にしん御殿 小樽貴賓館/旧青山別邸
のどちらかなんですが、鰊漁で賑わっていた頃の網元達の豪邸という意味では、この建物も鰊御殿と言えるかもしれませんね(*^-^)
どの建物も本当に贅沢で立派ですよね。

投稿: 小梅太郎 | 2011年7月20日 (水) 20時44分

ははさん、こんばんは。
私もあまり知らなかったのですが、この建物はトンネルを抜けて祝津に入って、結構すぐにありあます。
メインの道路沿い左で、位置的には祝津漁港が始まる付近の前あたりにあります。
目にはしていると思いますが、結構風景にとけ込んでいるかもしれないです。

最近祝津が面白いです(笑)

投稿: 小梅太郎 | 2011年7月20日 (水) 21時00分

はじめまして。良い日記よませていただきました。こんなに番屋が残っているとは。加島祥造展、行ってみようかと思います。

投稿: 三浦博志 | 2011年10月12日 (水) 15時26分

三浦博志さん、はじめまして。
訪問ありがとうございます。
祝津は番屋がいっぱい残っていて、再活用にも力を入れているようです。
加島祥造展、勉強不足で知りませんでした。
白鳥番屋で開催しているんですね。
白鳥番屋もここしばらく使われていなかったので、再活用ですね。

投稿: 小梅太郎 | 2011年10月13日 (木) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝津三大網元のひとつ茨木家の住宅:

« おたる浅草橋オールディーズナイト | トップページ | 恵美須神社 »