« スキーの思い出話〈中編〉 | トップページ | 小樽バイン/旧北海道銀行本店 »

2011年2月19日 (土)

スキーの思い出話〈後編〉

スキーの思い出話が続いてしまいましたが、今回でとりあえず最後です。

スキーの道具が随分と変わったという話をしていましたが、今の板の主流はカービングスキーというんですね。
長さも身長ぐらいと短いですね。

私がスキーを最後にした十数年前は、まだ、普通の身長で大体190cm位の長さのスキー板が普通だったのではないでしょうか。
手を上にあげて、手首のあたりくらいになる長さといっていたものです。
変わるものですね。

そういえば、いつ頃からか、板にはストッパーなるものが付きだして、今はそれ以外見られませんが、以前は「流れ止め」といって、ビンディングと足を紐で固定する形でしたよね。

私はストッパーが主流になった頃でも頑に「流れ止め」を使用していました(笑)。
今でも当時の板は大事にとってあるのですが、「流れ止め」がついています。

Blogdsc05044

転ぶと板が足についてくるので、危険といえば危険ですね。

ただ、天狗山は急斜面が多くて、ストッパーだと板が外れた時に、板だけ滑っていってしまいそうな気がしてたんですよね。
実際、ストッパーが登場した当初は、天狗山ではストッパー禁止だったような記憶があります。
反対に、今は「流れ止め」で滑ってもいいのだろうか…。

現在は、ニュースでもスキー人口が減っているとよく言われていますね。
スキー場が近くにあって、立地条件は文句なしのこの小樽でもですからね。

リフト代も安くはないですし、道具も高価ですし、やはり贅沢な遊びなのでしょうかね。
もうちょっと、気楽にスキーを楽しむ事ができると良いですね。

ということで、3回にわたり、懐かしんでスキーの思い出話をしてみました。


《ブログ内の関連記事》
スキーの思い出話〈前編〉
スキーの思い出話〈中編〉


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

|

« スキーの思い出話〈中編〉 | トップページ | 小樽バイン/旧北海道銀行本店 »

小樽でスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキーの思い出話〈後編〉:

« スキーの思い出話〈中編〉 | トップページ | 小樽バイン/旧北海道銀行本店 »