« 小樽の人口 | トップページ | 灯油高騰 »

2011年2月13日 (日)

大正硝子館/旧名取高三郎商店

堺町本通の運河側から入ってすぐのところに、ひときわ古くて歴史を感じさせる建物があります。

Blogdsc04565

ここは、旧名取高三郎商店。
小樽市指定歴史的建造物です。

Blogdsc04566

現在は小樽大正硝子館・本店として利用されており、レトロな店内では手作りのガラス細工が並んでいて、なんだか懐かしさを感じる、暖かい雰囲気です。

Blogdsc04569

この建物は、明治39年(1906年)建築の木骨石造2階建。

Blogdsc04570

いつもの案内板です。

Blogdsc04564

いつものように、この内容を紹介しますと、

『山梨県出身の銅鉄金物商名取高三郎(なとりたかさぶろう)が、明治37年の稲穂町大火後に建てた店舗で、裏手に住宅や倉庫を連ねていました。
角地に建ち、西側と南側に開いた形で防火のための袖壁(うだつ)を設けています。
外壁には札幌軟石が使用されており、上部壁体を鉄柱で支える構造となっています。
小樽の明治後期の代表的商家建築といえます。』

とのこと。元々も店舗だったんですね。

北のウォール街から続くこの辺りは、本当に古い建物が多くて、商都小樽の歴史を感じさせてくれます。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

|

« 小樽の人口 | トップページ | 灯油高騰 »

歴史的建造物 店舗」カテゴリの記事

雑貨店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/50858269

この記事へのトラックバック一覧です: 大正硝子館/旧名取高三郎商店:

« 小樽の人口 | トップページ | 灯油高騰 »