« 忍路の海 | トップページ | 今日はポカポカ猫陽気? »

2010年10月13日 (水)

忍路のパン屋さん

前回書きましたが、先日、忍路に行ってきた時のお目当てが海ともうひとつ、忍路にあるパン屋さん。

お店の名前は「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」。
私は知らなかったのですが、知る人ぞ知るパン屋さんらしく、クロワッサンをはじめとても人気があるらしいです。
忍路の坂道の上の方にひっそりと佇む、こじんまりとしたかわいいお店です。

Blogdsc02189

Blogdsc02190

実は、行ったのは今回2回目で、前回はクロワッサンは売り切れで、別の人気商品である「酔っぱらったフルーツパン」なるものを買い、こちらも美味しかったのですが、今回は、是非クロワッサンをと、焼き上がりの時間を確認してから行きました。

この日は数人がお店の前で焼き上がりを待っていましたが、無事、焼きたてクロワッサンを購入。
待ちきれずに、焼きたてのアツアツを車の中で食べてしまいました。

Blogdsc02192

外はサクサク、中はフワフワ。良い香りでほんのり甘みがあって、しつこくないのが良いですね。
これはまた食べたくなります。

焼き上がりの時間を確認してから、行くのが良いそうです。
(そこら辺の情報は、おじさんは苦手なので、食べログ等で確認してください。すいません)

他にも、ハード系のパンを購入して、こちらは家に帰ってから美味しくいただきました。

Blogdsc02239

ちなみにお店から振り返ると、忍路の海が見事に広がっています。(写真は小樽方面)

Blogdsc02191_2

忍路の海」の記事でも書きましたが、ここは、結構交通の便が悪く、来にくい所なんですが、それでも人が集まるのですから、人気があるのですね。
確かに、実際に食べてみて、納得です。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

|

« 忍路の海 | トップページ | 今日はポカポカ猫陽気? »

小樽のパン屋」カテゴリの記事

忍路地区」カテゴリの記事

コメント

またお邪魔します。
オショロ、懐かしい響きです。

それにしても美味しそうなパンですね。実は今、酵母を起こしてのパン作りにハマっていまして、このタイミングでパン屋さんの紹介。偶然か、将来パン屋になれって言われているような…まさかね…

小樽方面に行く楽しみが1つ増えました~。

海岸線の景色もなんだか以前に見たことがあるような...景勝地が続いてますよね。
こんなに綺麗な景色が近くで見られて幸せですね。
夜、小樽からの帰り道の海岸沿いの夜景も綺麗ですよね。

投稿: キョン | 2011年8月21日 (日) 19時11分

キョンさん、こんばんは。
とても人気のあるパン屋さんなんですよ。
また、忍路という、なかなか気軽には行けない所にあるのがニクイですね(笑)
本当にすぐ無くなってしまうので、要注意ですよ。
忍路付近のこの海岸線は、写真等で結構よく目にするかもしれません。
本当に綺麗ですよね。

キラキラ光る海岸沿いの夜景もいいですね。
夜景の写真も撮りたいけど、難しいかな〜

投稿: 小梅太郎 | 2011年8月21日 (日) 21時47分

T75不在(笑) またツボハマり言葉あり❢ 中々行けない所にあるのが [ニクイ] 狙わぬボケ炸裂ですね(笑) しかし本当にこんな場所でビジネスとして成立する何て、凄い勇気と決断だったと思います。 記事年月日から思うに、口コミは勿論の事、スマホ大普及の頃と一致してるので、ネット活用もしてたかも知れませんね。   T75は 昔ながらのシンプルなパン屋さんが好きでしたが…(笑) 店名忘れましたが、緑小近くにあったお店。 今は??ですが🤣

投稿: 夢の彼方へ | 2023年2月12日 (日) 20時37分

夢の彼方へさん、こんばんは。
ハハハ^^;全然意識してないんですけどね。
ここのパン屋は特に宣伝もしてなかったと思うんですが、こういう場所にあっても人気がでたというのは、やはりネットからの口コミが大きかったのかもしれませんね。
なにより美味しいです(これが一番)。
T75さんはシンプルなパンが好きでしたか!!
う〜ん、緑小近くのパン屋さんは、どこだったのでしょうかね。

投稿: 小梅太郎 | 2023年2月13日 (月) 23時56分

話しはそれますが、T75に良く誘われたパン屋さんは、北照高下と双葉高下となるとの通りの三店が、多かったです。 全て店名忘れました(泣) 天国の彼に怒られ、小梅さんは、きっと呆れ果てている事でしょう。 何せ18で小樽離れ、間もなく父が亡くなり、母は建屋、土地売り 姉夫婦住む恵庭市ヘ。そして私が32の時に静岡に母を迎えました。 今思うと土地に執着しない冒険心溢れる母でしたね。 だから早い段階で、小樽に帰る場所はなくなっていました。 そこがT75との決定的な違いでした。 私的話し申し訳ありませんでした。 Yuminちゃん! 夢オジサン物語ごめんm(_ _)m

投稿: 夢の彼方へ | 2023年2月14日 (火) 17時12分

夢の彼方へさん、こんばんは。
いえいえ、昔のことはなかなか思い出せません。
なるほど、夢の彼方へさんは、早くから小樽に帰る場所がなくなっていたのですね。それにしても、お母様の冒険心、行動力がすごいですね。
パン屋さんですが、う〜ん、なるとの通りは「友和」、双葉高下は「亀十」、北照高下は分からないのですが「アラヤ」かな〜
(このうち、友和と亀十は今もあります)

投稿: 小梅太郎 | 2023年2月15日 (水) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忍路のパン屋さん:

« 忍路の海 | トップページ | 今日はポカポカ猫陽気? »