« ある夕方の風景 | トップページ | 小樽案内は難しい »

2010年10月24日 (日)

雪虫

この時期、「雪虫」と呼ばれる、白い綿毛みたいなものを付けた小さな小さな虫が飛び交います。

小さすぎて、上手く写真に収められなかったのですが、

Blogdsc02619

この虫が飛び始めると、もうすぐ雪が降る合図ともいわれていて、この時期の風物詩みたいなものです。

といえば、何だか雰囲気ありますが、実際、近づくと 目やら口やらに入ってきて、結構うっとうしいんですよね。
特に、今日はかなり飛んでいて、大変です。

北海道新聞の天気予報にも雪マークがつきました。

Blogdsc02629

もうすぐ、雪が降ります。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

|

« ある夕方の風景 | トップページ | 小樽案内は難しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いよいよ今週から雪のようだねえ。
こちらもようやく寒くなってきました。

投稿: 赤羽の山岳王 | 2010年10月25日 (月) 05時08分

今日は雨模様。
明日から一気に冷え込んで、気温も一桁台に突入です。
お〜、寒。

投稿: 小梅太郎 | 2010年10月25日 (月) 11時55分

小樽っ子だった感覚が、確実に蘇りつつあります(笑) 雪虫舞う頃 あゝまた長い冬が来るなあと思いました。 小梅さんも同じ経験されたはずですが、私は静岡生活1年目の秋、どうにも落ち着かぬ不思議な感覚だった事を覚えています。 小樽に居たら、雪囲いやら、漬物作りの手伝い、ストーブ出し等々があったのに、静岡では何もなく冬に突入。 T75とそんな間の抜けた会話しましたよ。 東京どうだぁ? 布団変えた位かなぁ 馬鹿らしくも懐かしい公衆電話会話。

投稿: 夢の彼方へ | 2023年2月19日 (日) 21時48分

夢の彼方へさん、こんばんは。
雪虫の話題は今も季節の風物詩として、時期になると取り上げています。
冬へ向かう準備って、色々ありますが、当たり前のそれらの準備って、考えてみたら雪国ならではなんですよね。

投稿: 小梅太郎 | 2023年2月19日 (日) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪虫:

« ある夕方の風景 | トップページ | 小樽案内は難しい »