« 映画館事情 | トップページ | 入船市場 »

2010年9月18日 (土)

若鶏時代 なると

東京にいた時の友人が北海道旅行の途中に小樽に訪ねてくれました。
うれしいものです。

で、昼食を一緒にすることになって、どこか良いところはとなって…。
これが結構難しいんですよね。
小樽と言えば寿司、となるところですが、友人が既に寿司は食べたとの事で、思い切ってこのブログでも書いた地元民もよく利用する「なると」に行きました。

今回行ったのは、「若鶏時代 なると」。
(「なると」についての記事はこちらをどうぞ)

Blogdsc01673

定食を頼んだのですが(写真は遠慮しておきました。私は食べきれないので、いつも、そして今回も若鶏のみです)、やはり店内で食べるアツアツの若鶏唐揚げは、皮はパリパリ、中はジューシーでとても美味しくボリュームもあり、友人も喜んでくれました。

小樽に来たら、寿司も食べてもらいたいところですが、正直なところ、私自身がそんなに寿司屋さんを知らないので、なかなか自信をもって連れて行くことが出来ないんですよね。
私だって寿司食べに行きたいですから(笑)。
ただ、「なると」は本当に美味しいので、小樽に来て絶対お寿司というのでなければ、是非候補に入れてもらいたいお店です。
ちなみに、「なると」では若鶏の他にも美味しいお寿司がメニューにあり、食べる事は出来るのですが、若鶏でお腹が一杯になってしまうもので…。

とにかく今回は友人が喜んでくれてよかったです。
それにしても、この3連休で店内は満席で、街も観光客で賑わっていました。なによりです。

スポンサーリンク

|

« 映画館事情 | トップページ | 入船市場 »

飲食店」カテゴリの記事

コメント

私の住む東京某私鉄駅前に「焼鳥屋」が一昨日オープンしました。持ち帰りメニュー見ると何と「若鶏の半身730円」があり速攻買いました!!結果は…?うーん皮の味付けも何か違う…。改めて「なると」は凄い!!確かに「なると」は地方からのお客様をハズレなく喜ばす事の出来る鉄板!!「潮祭り」期間中は超満員だと思い寄りませんでした。大失敗。大きくチェーン展開せず"ほぼ"小樽の味で居てくれてるのが嬉しいですね。

投稿: T75 | 2013年8月 1日 (木) 14時20分

T75さん、こんばんは。
若鶏半身揚げは、世の中に結構あるようですが、小樽ゆかりの人々にとって、なるとのあのパリパリジューシー感と味は別格ですよね。
観光客の方々にも、随分と知られてきているようですね。
確かに、あの味は小樽で守ってもらいたいです。

投稿: 小梅太郎 | 2013年8月 1日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若鶏時代 なると:

« 映画館事情 | トップページ | 入船市場 »