« 天狗山の麓 続き | トップページ | 小樽駅 駅舎改修工事 »

2010年9月27日 (月)

自家製いくら醤油漬け

生筋子を買ってきました。

Blogdsc01876

Blogdsc01880

今回は市場ではなく、生協(コープさっぽろ)で、特売でグラム295円で購入。
生協といえども、侮れません。鮮魚関係は地物をはじめ道内の新鮮な食材が揃います。
小梅太郎は市場と使い分けていますよ。


以下、作り方です。
(当然、作っているのは私ではなく、奥さんと母親の共同作業です)

人肌のぬるま湯に塩を入れて、ほぐします。

Blogdsc01878


ザルにあけて、冷水にとって、水を良く切ります。
水を切った後、取り残しの筋があれば、きれいに取り除きます。きれいですね。

Blogdsc01883


醤油をドドッと入れて、冷蔵庫へ入れます。
今回、生筋子1kgに対して醤油は110g程度でしたが、完成後の味は、日持ちを考えるともうちょっと濃い味でもよかったかも。家庭で作るので、いつも感覚でやってます。

Blogdsc01888


2時間後に1回よくかき混ぜます。再度冷蔵庫へ。

Blogdsc01892


1時間後にザルにとって余分な醤油を切ります。これで完成。美味しそうです。

Blogdsc01894


今回は大量に作ったので、保存容器に移して、冷凍します。

Blogdsc01905


毎年この時期は各家庭でいくらの醤油漬けを作りますが、家庭によって味付けは様々です。
我が家は、醤油のみで作るので、日持ちはあまりしませんが、シンプルな味で美味しいですよ。
ただし、生筋子は簡単に手に入るものの、そんなに安い物ではないので、しょっちゅうとはいきませんが…。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

|

« 天狗山の麓 続き | トップページ | 小樽駅 駅舎改修工事 »

海の幸」カテゴリの記事

家庭料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自家製いくら醤油漬け:

« 天狗山の麓 続き | トップページ | 小樽駅 駅舎改修工事 »