2020年11月27日 (金)

来年(2021年)の「第23回小樽雪あかりの路」のキャッチコピー募集中!!(11月30日まで)

Otaru_20200210-185859r

大幅な期間短縮での開催が決まった、来年(2021年)の「第23回小樽雪あかりの路」ですが、現在、キャッチコピーを募集しているようですよ。

「第23回小樽雪あかりの路」のポスターやパンフレット、HPなどに使用するキャッチコピーということで、11月17日(火)から募集が始まっていて、締め切りは11月30日(月)(必着)までとなっています。

今回ポスターに使用する写真は2種類あって、小樽雪あかりの路のサイトで確認できます(※当記事冒頭の写真ではありませんのでご注意を)。
サイトはこちら:小樽雪あかりの路 » 第23回小樽雪あかりの路 キャッチコピーの募集について

募集要項についても、上記のサイトで確認できます。

採用された方には5千円分の商品券と雪あかりの路ワックスボウルがもらえるということで、何か思いついた方は、応募してみてはいかがでしょうか。

※参考
「第23回小樽雪あかりの路」開催日決定(2021.2.12~14) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2020年11月25日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

※例年は1週間以上の日程で開催されていた、小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路」ですが、来年は2021年2月12日(金)〜14日(日)の3日間の日程ということで、大幅な期間短縮で開催されます。

【関連記事】
ニュースより/来年の第23回小樽雪あかりの路は期間短縮で開催(2021年2月12日(金)〜14日(日)の3日間)

| | コメント (0)

ニュースより/小樽市の2020年度(令和2年度)上期の観光客数が発表になりました。激減です…

20201114-205727

小樽市から11月25日(水)、2020年度(令和2年度)上期(4~9月)の観光客数の発表がありました。

観光の街・小樽には、毎年どのくらいの観光客が訪れているのかは、こうやって地域ブログを書いている私も気になるところですが、今期はこのコロナ禍ですからね。激減してます。

※小樽市からの発表は、小樽市HP内の小樽市 :令和2年度【上期】小樽市観光入込客数の概要に詳細が掲載されています。
※参照:2020年11月26日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄及び総合欄

小樽市の2020年度(令和2年度)上期の観光入込客数

発表によると、2020年度(令和2年度)上期の観光入込客数は131万2,100人で、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、対前年度比265万7,600人減の33.1%と大幅に減少したとのことです(昨年度上期は396万9,700人)。

上期の集計を始めた1974年度以降、減少幅は最大で、人数は最少とのことですが、この事態ですからね。

やはり、緊急事態宣言が発令された期間の減少率が激しくて、対前年度比で4月が21.9%、5月が12.6%とのことです。

その後、どうみん割やGoToトラベルなどによって、9月は対前年度比5割近くと徐々に回復してきていたようですが、ここにきて、道から札幌市民に対して不要不急の外出自粛要請が出て、政府からは札幌がGoToトラベルの目的地から除外されてと、やはり先行きは不透明ですね。

20201101-141856

道内・道外客数別に見ると、道外客数は、国内線・国際線の減便等によって、対前年度比22.2%の40万7,000人(昨年度は183万5,600人)、道内客数は対前年度比42.4%の90万5,100人(昨年度は213万4,100人)となっています。

宿泊者数は、対前年度比32.7%の15万1,200人(昨年度は46万2,800人)で、参考までに外国人宿泊客数は、対前年度比0.5%の465人という、まあ、これはもうしょうがないですね。外国人観光客は全くいないも同然ですからね。

ちょっと興味深かったのは、夏の海水浴客は対前年度比117.8%と増加したようです。お隣の石狩市が海水浴場を開設しなかったなどの影響もあるでしょうが、密をさけた屋外のレジャーが人気を集めたかっこうになってますね。

20201022-140809

ということで、小樽市の2020年度(令和2年度)上期(4~9月)の観光入込客数についてでしたが、これから厳しい冬に入りますし、小樽の冬の一大イベント「小樽雪あかりの路」も期間短縮での開催ですし、う〜ん、観光の街・小樽は本当に厳しいですね。

【関連記事】
ニュースより/小樽市の2019年度(令和元年度)の観光入込客数は699万1,800人〜新型コロナの影響で7年ぶりの700万人割れ
ニュースより/小樽の令和元年度上期の観光客数は396万9,700人。対前年度比1万4,800人増(100.4%)
ニュースより/来年の第23回小樽雪あかりの路は期間短縮で開催(2021年2月12日(金)〜14日(日)の3日間)

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

小樽沿岸では秋のシャコ漁の真っ最中〜今季初の秋シャコいただきました!!

Otaru_20201017-135810

今季初の秋シャコいただきました!!

小樽のシャコ漁は、春と秋に行われていて、現在は秋のシャコ漁の真っ最中。市内の市場やスーパーでは、小樽産のシャコがたくさん並んでいます。

期間中、前浜で水揚げされたシャコは、すぐに大釜で塩茹でされて、お店に並ぶんですよね。

海が荒れると、シャコが砂から出てきて網にかかりやすくなるとのことで、日によってお店に並ぶ量や値段が結構変動します。

で、今回は南樽市場で買いました。

小樽沿岸(石狩湾)のシャコは、大ぶりで美味しいともっぱらの評判で、そのグロテスクな見た目で苦手な方も多いようですが、本当に美味しいんですよね。

Otaru_20201121-172242

Otaru_20201121-181442

今年はコロナ禍で、11月恒例となっている小樽しゃこ祭が中止になってしまいました。色んなシャコ料理も味わえる、このイベントを楽しみにしていた方も多かったでしょうから、中止は残念ですね。

実は、昨年(2019年)は不漁(特に春シャコ漁)のために小樽しゃこ祭が中止になったんですよね。

今年はここまで漁は好調のようですので、地元の新鮮なシャコを地元のお店で買って、家でじっくり味わうのもいいですね。

Otaru_20201121-191114

小樽の秋シャコ漁の期間は、2020年10月15日(木)~12月10日(木)までとなっています。

まだしばらくは、小樽産の秋シャコを味わうことができますね。

※参考ニュース
・2020年11月17日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
「小樽産秋シャコ」今が旬です! | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
今年も小樽の秋シャコ漁が始まりました!!お店には美味しそうなシャコが並んでいます
ニュースより/今年は「小樽しゃこ祭」の開催も中止
※昔の記事で剥き方について書いてますので参考までに。
絶品です蝦蛄(しゃこ)

| | コメント (2)

2020年11月24日 (火)

おたる水族館は冬期営業準備のために2020年11月24日〜12月11日までは休館中

Otaru_20200214-154530_20201124221201

おたる水族館の2020年度の通常営業が、11月23日(月・祝)でもって終了してます。

そして、冬期営業準備のために、2020年11月24日(火)~12月11日(金)までは休館日となっているので注意ですね。

冬期営業は、2020年12月12日(土)~2021年2月28日(日)の予定となっています。

ちなみに、海岸沿いの海獣公園は冬期営業期間は閉鎖するので、海獣公園にいるトドやセイウチたちには、しばらく会えなくなるんですよね。

今季はコロナ禍で、おたる水族館も厳しい状況が続き、2020年11月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたのですが、今季の入館者数は前年の5割強になっているそうで、冬季営業についても、現状を考えると厳しそうですよね。

早くこの状況が落ち着いて、安心して目一杯に水族館を楽しめるようになるといいですね。

※参照:営業期間・時間 | おたる水族館

Otaru_20200214-143432_20201124221201

※関連ニュース
おたる水族館…休館のお知らせ(11/24~12/11) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2020年11月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

【関連記事】
おたる水族館の今シーズンの冬季営業は2020年2月24日まで〜ペンギンの雪中さんぽの様子をちょっとだけ

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

梅ヶ枝町のバス通りと並行する高台の眺めの良い道を歩く

Otaru_20201020-145426

10月に梅ヶ枝町方面に行ってきたのですが、その際、梅ヶ枝町のバス通りと並行する、高台の眺めの良い道を歩いてきました。

その日は梅ヶ枝町のギャラリー・あとりゑ・クレールに行ったのですが、そのあとりゑ・クレールは、バス通りから少し入った高台にあって、そこからバス通りと並行するように、高台を通る道があるんですよね(あとで地図を掲載しますね)。

ちなみに、この通りを歩いていくと、その先で豊川町に入り、旧手宮市場前の市道「手宮仲通線」に出ることができます。

って、実は以前、梅ヶ枝町のバス通り(梅ヶ枝通りや祝津山手線と呼ばれてますね。市道名は「手宮川通線」)の途中にある野藤坂の記事を書いたときに、この道を歩くと、手宮仲通に出ることができ、眺めもいいと教えていただき、機会を見つけて歩こうと思っていたんです。

では、さっそくあとりゑ・クレール前をスタート地点にして、その高台の通りを歩いていこうと思います。

(あっ、ちなみに、こちらがあとりゑ・クレールのある高台)
Otaru_20201020-144049

(ここからの眺めもいいんですよね)
Otaru_20201020-144958

梅ヶ枝町のバス通りと並行する高台の道を歩く

最初に、今回歩いた地図を掲載しますね。実際に歩いたのは手宮仲通線の手前までです。


歩きだしてすぐは、近隣の方々の通り道のような、細い坂道でした。

Otaru_20201020-145125

Otaru_20201020-145214

で、眺めはすでにいいです。

Otaru_20201020-145219

上ると住宅があって、道路は高台の際(というか崖の上!?)を通っていました。

Otaru_20201020-145236

Otaru_20201020-145305

そして、ここから高台の道がしばらく続くのですが、本当に眺めがいいですね。

Otaru_20201020-145307

(パノラマで撮ってみました)
Otaru_20201020-145321

あっ、小樽港も見えてきましたよ。
Otaru_20201020-145426

このような感じの道を進みます。
Otaru_20201020-145406

ここまでの道を振り返ってみたところ。
Otaru_20201020-145455

この先で道が舗装道路になり、少し下りになって(その先はすぐに上り)、そこから左に下りていく坂道があります。

Otaru_20201020-145636

(左に下る坂道があります)
Otaru_20201020-145720

ここが野藤坂で、下ったところで梅ヶ枝町のバス通りに出ることができます。Otaru_20201020-145811

そうそう、今回の道を高台の道といっていますが、この道を歩いていると、山側となる右手には、さらにこんな階段があったりして、もっと上にも住宅が続いているんですね。

Otaru_20201020-145715

なんとも気になる階段で、上ってみたくなるのですが、この日は時間もなく断念。機会を見つけて、是非、上ってみたい階段でした。

(こんな階段も)

Otaru_20201020-145936

さて、高台の道を進みます。

Otaru_20201020-150003

眺めは変わらずいいです。

Otaru_20201020-150006

Otaru_20201020-150110

振り返ってみたところ。
Otaru_20201020-150054

手宮のバスターミナルからのバス通り(常盤通り)が見えます。
Otaru_20201020-150159

さて、ここで通りが右に大きく曲がっていて、眺めを楽しみながら歩いていきた、高台の道は終了となりました。

Otaru_20201020-150242

このあたりはすでに梅ヶ枝町から豊川町に入っています。

曲がって出たところは、いくつかの道が集まったところになっていました。

Otaru_20201020-150334

Otaru_20201020-150410

(地図で見るとここです)

で、ここからの下り坂を下っていくと、旧手宮市場前の市道「手宮仲通線」に出るんですね(実は、この日はここから手宮仲通線に出ずに、別の道を歩きました)。

(下った先に手宮仲通線)
Otaru_20201020-150420


ということで、今回は梅ヶ枝町のバス通りと並行する、高台の眺めの良い道の様子でした。

今回の道は、初めて歩いたのですが、小樽にはまだまだ、色々と眺めのいい場所、通りがありますね。

【関連記事】
野藤坂(のとざか)〜梅ヶ枝町のバス通り(祝津山手線)から上る急で短い坂道
梅ヶ枝のバス通りを赤岩方面に向かうと現れる巨大な擁壁
梅ヶ枝町のバス通り沿いの梅広会館と宮尾直治翁像
梅ヶ枝町のギャラリー・あとりゑ・クレールは「おたるBook Art Week 2020」に参加しています(10月25日まで)

| | コメント (4)

2020年11月21日 (土)

ニュースより/小樽観光ガイドマップ「もっともっともっと小樽」の2021年度版は発行を見送り

Otaru_20200404-155953

小樽観光の基本のガイドマップともいえる、小樽観光協会による無料の小樽観光ガイドマップ「もっともっともっと小樽」ですが、2021年度版の発行を見送るというニュースがありました(写真は2020年度版)。

新型コロナウイルス感染拡大で観光客が激減し、ガイドマップの在庫が大量に余ったためとのことで、2020年11月21日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。

小樽観光協会のサイトでも、少し前に製作中止のお知らせがでてました。
次年度観光ガイドマップ製作中止のお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

2020年度版はA4サイズフルカラー全28ページで、毎年、新しい情報を盛り込みながらリニューアルしていたのですが、来年度は2020年度版を引き続き使用し、新しい情報はサイトやSNSを活用して、随時発信していくとのことです。

飲食店などが出している広告も、当初予定された宣伝効果を得られてないということで、そのようなことも判断基準になっているんですね。小樽市より受けている、来年度分の製作費補助金は、年度内に返還するとのことです。

こういうところにも、新型コロナウイルス感染拡大の影響が出てくるんですね。

このガイドマップを手に、小樽観光している観光客の姿はよく見かけました。早く、またそういう様子を見られるようになるといいですね。

【関連記事】
小樽観光ガイドマップの2020年度版「もっともっと“もっと”小樽」が配布されてます

| | コメント (2)

2020年11月20日 (金)

小樽写真研究会「堂堂展vol.29」が市立小樽美術館で開催しているので見に行ってきました(11月23日まで)

Otaru_20201118-164106r

市立小樽美術館で、2020年11月18日(水)〜11月23日(月・祝)の期間で、小樽写真研究会による写真展「堂堂展vol.29」が開催されています。

場所は市立小樽美術館1階の一番奥にある市民ギャラリーです。時間は10:00〜17:00(22・23日は16:00まで)で、入場は無料です。

ということで、観にいってきました。

小樽写真研究会は、「DEEP」という企画で小樽のある地区をテーマに、著名の写真家さんたちでもある会員各自の視点で撮影した写真を発表し続けているんですね。

で、今回の「DEEP」の町は、「塩谷・桃内・忍路・蘭島」ということで、今回もと〜っても面白かったです。

私も何度か塩谷・桃内・忍路・蘭島方面を歩いてますが、“あ〜あそこだ〜!”とか“ここってどこだろ〜”とか、日常のふとした風景や状況を切り取った写真の数々は、本当に興味深く観させてもらいました。

その他に、入って右の部屋では自由テーマでの写真も展示されています。

Otaru_20201118-151000

この堂堂展は、期間中にもう一度見にいきたいです。

※参考:小樽写真研究会 堂堂展 Vol.29 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
小樽写真研究会「堂堂展vol.28」が市立小樽美術館開催しているので見に行ってきました(7月15日まで)

| | コメント (0)

2020年11月19日 (木)

バス停「清水町」から「桜陽高校下」までの勾配15%の坂道

Otaru_20201020-152945

少し前に、梅ヶ枝町、豊川町、清水町方面を少し歩く機会があったのですが、坂の街・小樽の中で、このあたりの手宮地区も本当に坂が多いですよね。

さて、その際に中央バス「梅源線」のバス停「清水町」から「桜陽高校下」までの坂道を歩いてきたので、その様子をちょっとだけ(地図を最後に掲載しています)。

今回は、バス停「清水町」側から坂道を上ったのですが、まずバス停「清水町」付近から歩き始めると、最初はほぼ平坦で、右に曲がるとその先に坂道が続いている、という感じです。

Otaru_20201020-152827

あっ、ちなみに反対側はこんな眺めで、この先は中野植物園があります。
(今回歩く坂道と反対側の様子)
Otaru_20201020-152824

歩き始めて、通りを曲がると、その先に真っ直ぐな坂道が続いています。
Otaru_20201020-152916

坂を上りだして、勾配15%の標識がありました。

Otaru_20201020-152945

有名な船見坂に勾配15%の看板があるので、あのくらいの勾配ということですね。

Otaru_20201020-152945t

Otaru_20201020-153050

坂を上っていくと、左手にまっすぐ下っていく坂道が3本あって、これがなかなかいい眺めなんですよね。

(この写真は2本目の下り坂。次に出てくる薬師神社の坂ではないです)
Otaru_20201020-153024

左にまっすぐ下る3本目の道が「薬師神社の坂」になります。
Otaru_20201020-153209t

薬師神社の坂の上からの眺めは、写真でも時折目にするいい眺めです。

この薬師神社の坂の通りは市道「手宮仲通線」で、旧手宮市場前に通じています。

薬師神社の坂の下り口の道路を挟んだ反対は、階段になっているのですが、そこを上ると、これもまたいい眺めなんですよね。その様子はこちらの記事を:薬師神社の坂の上に続く気になる階段を上って、坂の上からの風景を眺めてきました


さて、坂道は右手に曲がりながら上っていきます。
Otaru_20201020-153104

(振り返ってみたところ)
Otaru_20201020-153106

その途中の左手に、カーブしながら下っていく道がもう一本ありました(ここをずっと下っていくと、十間坂のすぐ下を通っていきます)。
Otaru_20201020-154043

そこを過ぎて、上ってきた坂道を振り返った眺めがこんな感じ。
Otaru_20201020-154013

さらに上ると、その先にバス停「桜陽高校下」があります。
Otaru_20201020-153941

もうちょっと上ってから振り返ってみたところ。
Otaru_20201020-153923

この辺りを頂点にして、今回は歩いていませんが、この先は下りになって、ずっと下っていくと長橋十字街に出ます。

Otaru_20201020-153912

そうそう、今回の坂道は、もちろんロードヒーティングが設置されています。

雪のある季節に、この坂道を通った時の写真がありました(2020年2月6日撮影)。

Otaru_20200206-151100r

Otaru_20200206-151211r

ということで、今回は中央バス「梅源線」の、バス停「清水町」から「桜陽高校下」までの勾配15%の坂道の様子でした。

※今回歩いた坂道。住所は清水町から、坂の上の方で長橋町に入ります。

【関連記事】
豊川町と石山町の間の通り(手宮仲通線)に流れていた手宮仲川(現在は暗渠)
薬師神社の坂の上に続く気になる階段を上って、坂の上からの風景を眺めてきました
坂の向こうに小樽の港が見える「薬師神社の坂」
手宮仲通から薬師神社の坂へ

| | コメント (0)

ニュースより/来年の第23回小樽雪あかりの路は期間短縮で開催(2021年2月12日(金)〜14日(日)の3日間)

Otaru_20200210-185859r

来年(2021年)の「第23回小樽雪あかりの路」の日程が発表されました。

例年は1週間以上の日程で開催されていた、小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路」ですが、来年は2月12日(金)〜14日(日)の3日間の日程ということで、大幅な期間短縮で開催されるとのことです。

※参照ニュース
・2020年11月17日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
灯りを絶やさず!小樽雪あかりの路 3日間に短縮(小樽ジャーナル)

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない、この状況ですからね。

ニュースによると、実行委での議論の中で、中止を求める声もあったそうですが、“何とかろうそくの火を守りたい”と、新型コロナウイルス対策を徹底しつつ、短期間での開催を決めたそうです。

実は、今年の6月の段階で、一旦、第23回小樽雪あかりの路は2021年2月6日〜13日の8日間の日程で開催するという発表があったんですよね。
※関連記事:ニュースより/来年(2021年)の第23回小樽雪あかりの路の日程発表〜ただし、開催は感染収束が条件

ただし、それは新型コロナウイルスの感染収束が前提条件、ということで、最終判断は秋ごろの感染状況を踏まえて、という発表だったのですが…

もう感染収束どころか、ここにきてこれまで最大の拡大状況になってますからね。

開催にあたっては、会場の縮小や、“密”を避けるために記念撮影用オブジェなどの製作を控えるなど、これから色々と決まっていくようです。

Otaru_20200215-173911

例年、大きな賑わいを見せる冬の一大イベント・小樽雪あかりの路の規模縮小は、観光の街・小樽には大きな痛手になりますが、こういう状況ですからね。できる範囲で、無事に開催できるといいですね。

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

豊川町と石山町の間の通り(手宮仲通線)に流れていた手宮仲川(現在は暗渠)

Otaru_20191005-150555r

最近、小樽の川について、ちょっと調べる機会があって、今回はその覚え書きといったところなのですが、手宮仲川という川についてです。

旧手宮市場前の通り・市道「手宮仲通線」は、途中の薬師神社のあたりから急な坂になるのですが、この坂道は「薬師神社の坂」と呼ばれていて、小樽市HP内掲載の広報おたる連載「おたる坂まち散歩」(HTML版)の「薬師神社の坂」の記事に、次のような一文があります(抜粋)。

谷間の地形から推測できるように、この手宮仲通には、昔、手宮仲川という川が流れていました。
小樽市 :おたる坂まち散歩 第49話 薬師神社の坂(やくしじんじゃのさか)

豊川町と石山町の谷間を通っている手宮仲通線ですが(通りの住所としては豊川町)、ここに、かつて手宮仲川という川が流れていたんですね。

上記の「おたる坂まち散歩」の記事内では、手宮仲川が道の中ほどを流れていて、ところどころに橋が架かっていたといった記述や、川は昭和30年代に埋められたという記述があります。

(薬師神社の坂)
Otaru_20200206-151840r_20201118121701

ここで、ちょっと昔の地図を見てみました。こちらは、市立小樽図書館所蔵の地図「小樽市街図 小樽市役所(発行) 1936(昭和11)年6月20日印刷(No.95)」です。

051___11_compressed
※当地図は市立小樽図書館の許可を得て掲載しています。コピー・転載等不可です。

現在の手宮仲通線のあたりを拡大してみると、川の名称の記載は見当たりませんでしたが、ちょうど手宮仲通線のところに薄く青色の川が表示されているのが見られます。

051___11_compressed_

川は通りの上側で、通りから離れていってますね。

ここでさらに、名称などについて、小樽市建設部用地管理課に確認させていただいたところ、手宮仲川は正式な名称で、現在も流れているとのことですが、やはり多くは暗渠になっているとのことでした。

さらに、川は先ほどの古い地図の通りに、上流側で(薬師神社の前の現在の北陵中学へ向かう道に沿って)、手宮仲通線を離れていくのですが、そこから先で部分的に開渠になっているところもあると教えていただき、実はちょっとだけ見に行ってみたんです。

川の開渠部分は住宅地や私有地の間を流れているとのことで、ほぼ見ることはできなかったのですが、清水町のバス停近くで、その流れを見ることができました。

Otaru_20201020-152744

Otaru_20201020-152735

川のさらに上流方面は、ここから中野植物園方面に向かっているようですが、今回の確認はここまででした。

ちなみに下流側は、最終的に北運河の端に流れ込んでいるのが、この手宮仲川なんですね。

(北運河の端に流れ込む手宮仲川)
Otaru_20200318-145047t

ということで、今回は手宮仲川について、関連で調べた内容を覚え書きとして書き留めておきました。

今はほとんどが暗渠になっている手宮仲川ですが、かつてそこに川が流れていたのかと思うと、歩いていてもなんだか感慨深いですね。

ホーム - 市立小樽図書館
小樽市 :河川に関することについて

※市道と川については、小樽市建設部用地管理課にて確認させていただきました。この場を借りてお礼させていただきます。

【関連記事】
薬師神社の坂の上に続く気になる階段を上って、坂の上からの風景を眺めてきました
坂の向こうに小樽の港が見える「薬師神社の坂」
手宮仲通から薬師神社の坂へ

| | コメント (0)

«薬師神社の坂の上に続く気になる階段を上って、坂の上からの風景を眺めてきました