2019年11月20日 (水)

小樽にWORKMAN Plus(ワークマンプラス)が2019年12月19日(木)にオープン予定

Otaru_20191113-151040

作業着大手「ワークマン」の新型店「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」が、小樽に出店するそうです。

ワークマンのサイト内のワークマンプラス店舗一覧には、すでに「WORKMAN Plus 小樽店」のページがあって、2019年12月19日(木)オープン予定とのことです。
WORKMAN Plus 小樽店 | ワークマン

場所は臨港線が北運河から街中の方に大きく曲がるところで、色内2丁目になり、私が様子を見に行った11月13日の段階では、敷地を白いフェンスで囲み、まさに店舗工事の真っ最中でした。

Otaru_20191113-151134

Otaru_20191113-151122

Otaru_20191113-151118

この小樽にワークマンプラスが出店するというニュースは、2019年10月31日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されて知ったのですが、すいません、勉強不足で、このワークマンプラスという、作業着大手「ワークマン」の新型店がかなり話題になっているということは知りませんでした。

新聞記事によると、ワークマンプラスはこの秋に道内初進出して、小樽店は道内4店舗目になるそうです。

ワークマンプラスは、全国のワークマンで販売している商品の中からスポーツやアウトドアに役立つ、手頃な価格で高性能なアイテムを中心にそろえた店舗ということで(既存の「ワークマン」が扱う作業服も販売するそうです)、デザイン性に優れて普段着にもしやすい商品が多いことから、女性からも人気があるそうです。

なるほど、ワークマンプラスって、今、そんなに人気のあるお店なんですね。

オープンは12月19日(木)予定とのことなので、オープンしたら行ってみようかな。

ワークマンプラス | ワークマン

※参考
ワークマンプラスに女性客続々、リーマンショックが新業態のきっかけに | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン
行列ができた「ワークマンプラス」、その後どうなったのか? (1/6) - ITmedia ビジネスオンライン

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

【注意】おたる水族館は冬期営業準備のため2019年11月25日(月)~12月13日(金)は休館。通常営業は11月24日(日)まで

Otaru_20190709-142655r

観光客にも小樽市民にも人気の「おたる水族館」ですが、2019年の通常営業は11月24日(日)までです(営業時間9:00~16:00※最終入館15:30)。

その後、冬期営業準備のため2019年11月25日(月)~12月13日(金)は休館となるので、おたる水族館に行こうと思っている方は要注意ですね。

冬期営業は、2019年12月14日(土)~2020年2月24日(月)までで、営業時間は10:00~16:00(最終入館15:30)までです。
※営業期間中は無休 ・年末年始も休まず営業とのこと。
※冬期営業期間の入館料についてはこちら:冬期営業 料金表 | おたる水族館

冬期営業期間中もトドやセイウチ、アザラシ、フンボルトペンギンらのいる海獣公園は閉鎖になります。

※参照
おたる水族館 冬期営業のご案内 | おたる水族館
営業期間・時間 | おたる水族館

※参考:おたる水族館…休館のお知らせ(11/25~12/13) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

| | コメント (0)

小樽文学館にて特別展「歿後50年 伊藤整と北海道展」開催中。期間は11月24日(日)までなので気になっていた方はお見逃しなく

Otaru_20191019-144253

市立小樽文学館では、現在、特別展「歿後50年 伊藤整と北海道展」が開催されています。

期間は、今度の週末の2019年11月24日(日)までで、時間は9:30~17:00(入館は16:30分まで)。実は10月5日(土)から始まっているので、最終盤なんですよね。

2019年は、1905年(明治38年)生まれで、1969年(昭和44年)11月15日に没した、小樽出身の文学者・伊藤整の没後50年に当たるとのことなんですね。

Otaru_20191019-151253

今回は、歿後50年目にちなんで、伊藤整の思考・創作の原点となった北海道時代を多くの資料で綴っていて、伊藤整が愛用のカメラで身の回りの人々や旅先で撮影した、膨大なフィルムの写真も初めて公開されています。
※参照;小樽文学館(特別展「歿後50年 伊藤整と北海道展」)

Otaru_20191019-144300

Otaru_20191019-144749

ということで、小樽ゆかりの文学者・伊藤整の特別展は今度の週末の11月24日(日)までですので、気になっていた方はお見逃しなく。

※入館料は、一般300円・高校生・市内高齢者(70歳以上)150円、中学生以下無料。
その他、美術館との共通入館券や団体料金など、詳しくはこちら:小樽市 :市立小樽文学館

Otaru_20191019-151249

※参考
特別展「歿後50年 伊藤整と北海道展」 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
小樽文学館
・2019年10月21日付北海道新聞朝刊文化欄

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

今シーズン初めてまとまった雪が降った11月17日(日)の小樽公園の様子【冬のちょっとした風景】

Otaru_20191117-120133

11月17日(日)の小樽は、朝にまとまった雪が降って、積雪深10cmを記録しました。って、実は今回はこんなに積もるとは思ってなかったんですよね。

14日(木)の夜から15日(金)にかけて、北海道は荒れた天気で小樽も吹雪を伴う厳しい寒さとなり、その寒さは16日(土)も続いたのですが、実は雪はそれほどでもなかったんです。が、17日の朝にどっと降って一面雪景色。
あれ?小樽はこんなに雪が積もる予報だっけ?11月17日朝9時で積雪深10cmを記録。その後は溶けてはきています

17日はその後に天気が回復して、昼前から晴れ間が広がったので、せっかくなので、お昼頃に雪の様子を見に小樽公園に向かってみました。

ということで、今シーズン初めてまとまった雪が降った、11月17日の小樽公園の様子です(毎冬に掲載している“冬のちょっとした風景”シリーズです)。

こちらは公園内の庭園周辺。
Otaru_20191117-120745

Otaru_20191117-120747

(公園海側斜面)
Otaru_20191117-120626

見晴台からの小樽の街と港の眺め。
Otaru_20191117-120439

Otaru_20191117-120456

もちろん、もうベンチなどはブルーシートで覆われてました。
Otaru_20191117-120431

花園グラウンドは真っ白です。

Otaru_20191117-122847

Otaru_20191117-122721

Otaru_20191117-120225

Otaru_20191117-120035

こちらば公園南側(入船町側)のある白樺林(ロータリーの杜)。

Otaru_20191117-115724

Otaru_20191117-115739

Otaru_20191117-115802

Otaru_20191117-115847

寒いのは大変ですが、やっぱり、雪景色は清々しくて気持ちいいですね。

ということで、雪が積もった11月17日(日)お昼の小樽公園の様子でした。

ちなみに、18日(月)は午前中から雨が降っていて、午後からも気温が上がりそうなので、さすがにこの雪は一旦溶けそうですね。

| | コメント (3)

2019年11月17日 (日)

フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2019年11月号(Vol.48)が発行・配布!!連載中の歩くシリーズ、今回は「緑第一大通りを歩く」です

Otaru_20191117-105624

毎度おなじみの宣伝です。

私・小梅太郎が連載を持たせてもらっている、フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」(編集発行:株式会社K2)の2019年11月号(Vol.48)が発行されて、市内各所で配布されてます。

“歩く”シリーズで連載を進めさせてもらってますが、今回は「緑第一大通りを歩く」です。

緑町を通るバス通りでもある緑第一大通りって、見事にまっすぐ続いてるんですよね。

で、今回は、その緑第一大通りを山側の洗心橋から中心街に向かって歩いてきたのですが、通り沿いは何があってどんな街並みなのか、ぜひ、小樽チャンネルマガジン2019年11月号(Vol.48)を手にとって読んでみてください。

Otaru_20191117-105608

小樽チャンネルマガジンは、小樽市内の観光案内所のほか、市内の商店街・銀行・飲食店・ホテル・美容室などで配布されています。小樽市民は文学館・美術館、図書館、博物館、小樽市立病院などが入手しやすいかもしれません(郵便局では置かれなくなったそうです)。
※置いている場所の詳細はこちら:マガジン設置場所 | 小樽チャンネル

フリーペーパーが手に入らない市外の方などは、小樽チャンネルのサイトで電子版を読むことができます。パソコン、スマホから、全バックナンバーを読むことができますよ。
※電子版はこちらから:小樽のフリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」 | 小樽チャンネル

ということで、「小樽チャンネルマガジン」2019年11月号(Vol.48)の宣伝でした。

さて、こちら小樽も雪が降って本格的な冬ももうすぐそこまできてますが、次はどこを歩こうかな。

【関連記事】
フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2019年10月号(Vol.47)が発行・配布中!!連載中の歩くシリーズ、今回は「千秋通りを歩く」です

| | コメント (0)

あれ?小樽はこんなに雪が積もる予報だっけ?11月17日朝9時で積雪深10cmを記録。その後は溶けてはきています

Otaru_20191117-121104

こんなに雪が積もるなんて聞いてないんですが…

ということで、本日も天気の話なんですが、小樽は11月17日(日)の朝に雪が結構降りまして、午前9時の段階で積雪深10cmを記録しました(冒頭の写真は17日の花園公園通り)。

皆さん今シーズン初の、本格的な雪かきに出動したのではないでしょうか。

Otaru_20191117-102023

こちら北海道は、11月14日(木)の夜くらいから15日(金)にかけて天気が荒れ始め、小樽も風が強く、時折吹雪にもなり、何より気温がぐっと下がって厳しい冷え込みになったんですよね(※その様子はこちらの記事で書きました:小樽も厳しい寒さで本格的に雪も降って、気温は日中もマイナスに(11月15日の天気))。

16日(土)になっても、気温が日中でもほぼ0℃を切るくらいの寒さが続いたのですが、実はその時点では雪はそれほどでもなかったんですよね。

で、今回は雪はそれほど積もらないんだな〜と思っていた矢先の、17日(日)朝の雪だったというわけです。

17日は、その後は昼前から青空が広がっていい天気になり、積もった雪も少しずつ溶けてきてはいます(夕方5時で積雪深5cm)。

(小樽公園の見晴台から)
Otaru_20191117-120443

18日(月)は気温が10℃くらいまで上がって雨も降る予報で、その後はまた雪の予報も出ていますが、この雪は一旦は溶けるでしょうかね。

とはいえ、厳しい冬がすぐそこまで来ている、こちら北海道・小樽です。

※参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp

| | コメント (0)

建替え工事で閉鎖中だった小樽堺町郵便局が新しい局舎で11月18日より再開

Otaru_20191115-143413

観光客で賑わうメルヘン交差点のすぐ近くにある小樽堺町郵便局は、建替え工事のために、2019年5月11日から一時閉鎖していたのですが、その工事も終わって、11月18日(月)に再開するとのことです。

※参考:再開:小樽堺町郵便局(北海道) - 日本郵便

先日、近くを通った際に、新しい局舎を目にしたのですが、以前のレトロな雰囲気を残した感じの可愛い建物でしたよ。

(写真は2019年11月15日撮影。この日は雪が降ってました)

Otaru_20191115-143531

Otaru_20191115-143356

Otaru_20191115-143339

※一時閉鎖のお知らせ記事がこちら:メルヘン交差点近くの小樽堺町郵便局が建替え工事のため一時閉鎖(5月11日から)【情報提供】

営業時間などを見ると、窓口は平日のみで、ATMは土日もやっているようですね。
(クリックすると拡大します)
Otaru_20191115-143435

ここは観光客の方々も多く利用する郵便局でしょうから、これでまた便利になりますね。

Otaru_20191115-143544

※ちなみに、こちらが建替え前の局舎です(2019年4月14日撮影)。
Otaru_20190414-142022

【関連記事】
小樽堺町郵便局〜堺町通りのちょっと可愛い郵便局

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

小樽も厳しい寒さで本格的に雪も降って、気温は日中もマイナスに(11月15日の天気)

20191115-143310

やはり、本日は天気の話ですね(上の写真は11月15日のメルヘン交差点)。

全国的なニュースでも報道されているので、道外の方でもご存知の方も多いと思いますが、北海道は14日(木)の夜くらいから天気が荒れだして、こちら小樽も厳しい寒さに雪も結構降り、時折強い風も吹いてと、本当に一気に冬が来た感じです。

なにより今回は、一気に気温が下がりました。

14日(木)は朝は気温が10℃くらいだったのが、そこから下がりだし、夜にはマイナス4.1℃(19:50)を記録し、そのまま15日(金)も気温が低くて、日中もほぼ0℃を切るくらいで推移していました。

(14日の気温の推移)※クリックすると拡大します
Otaru_20191116_1_01_05

(15日の気温の推移)※クリックすると拡大します
Otaru_20191116_1_02_04

※参照
小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp
気象庁|過去の気象データ検索

とにかく、寒いです。

ただ、15日の小樽は風や雪はそれほどでもなかったんですよね。もちろん、雪は一日中舞っていたのですが、はらはらといった感じで、結局、深夜24時の段階でも積雪深は1cmを記録するまででした。

20191115-143142

小樽といってもそれなりに広いですから、市街地では道路に雪はなくて、道路脇にわずかに白い雪が残るくらいでも、中心部から離れるに従い、様子もずいぶんと違って、場所によっては積雪がかなり目立ってましたけどね。

20191115-153626

この厳しい寒さと雪の天気は、16日(土)も続く予報が出てるんですよね。特に気温は日中はそのまま0℃前後を推移するようで、またまた寒い1日となりそうです。

ちょっと気になるのは雪の状況ですが、今後の積雪はどうなるのか…

その後、一旦天気は落ち着くようですが、もう11月中旬ですからね。本格的な冬ももうすぐそこまで来てますね。

※参考:小樽市の3時間天気 - 日本気象協会 tenki.jp

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

稲北十字街近くの味たつ亭が閉まっている!?【情報提供】

Otaru_20191113-150420

2週間ほど前に、読者さんから稲北十字街近くの国道5号線沿いのラーメンやトンカツの店「味たつ亭」が閉店しているようだという情報をもらいました。

で、見に行ってみると…

Otaru_20191113-150249

Otaru_20191113-150359

確かに、のれんや看板は出てなくて、営業している感じはもうなく、一階部分の駐車場は、横で行われている道路工事の資材置き場みたくなっていました。

Otaru_20191113-150406

情報によると、数ヵ月前には臨時休業の掲示があったそうですが、現在は店頭に張り紙等のお知らせは見当たらず、実際にはどういう状況なのか、いつからか閉まっているのか、休業なのか閉店なのか、などといった詳細は分かりません。すいません。

もし、詳しいことをご存知の方は、コメントにでも情報をいただけると、助かりますので、よろしくお願いいたします。

すいません、私はお店に食べにいったことがなかったのですが、閉店となると残念ですね。

※以下は、2016年4月撮影の営業中の写真です。
Otaru_20160416-145143

Otaru_20160416-162223

Otaru_20160416-162231

Otaru_20160416-162240

Otaru_20160416-162346

(グーグルマップでも閉鎖と表示されてました)

| | コメント (3)

JR小樽駅構内でガラスアートギャラリーが開催中〜駅で雪だるまがお出迎え!!【小樽ゆき物語2019〜2020】

Otaru_20191109-095518

小樽の冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」の一環で、今年もJR小樽駅構内でガラスアートギャラリーが開催中です。

今シーズンのガラスアートギャラリーの開催期間は、2019年11月6日(水)〜2020年2月2日(日)まで。

JR小樽駅構内の改札前にガラス・アート作品が展示される、すっかりお馴染みのこのガラスアートギャラリーですが、今年も小樽市内の8つの工房による作品が展示されています。

今年のテーマは昨年に続いて「雪だるま」です。

中央に大きな雪だるまが展示されていて、その周囲の作品とともに、駅を利用する観光客や市民を出迎えています。

Otaru_20191109-095638

私が見に行った時も、多く方が足を止めて作品を覗き込んで楽しんでいましたよ。

Otaru_20191109-095546

小樽はガラスの街でもあるので、これはぴったりのイベントですね。

各展示の前には、作品の紹介パネルがあるのですが、そこにカードがあって、手に取ると裏には出展工房一覧が書かれています。

Otaru_20191109-100444

QRコードからは、公式サイト内のガラスアートギャラリー出展工房一覧に接続することができます。

Otaru_20191109-100449

​ガラスアートギャラリー出展工房

では、作品を一通り見ていきますね。
※カッコ内は作家名(敬称略)

Snow“Wedding”Story/アトリエ・セツ(山田セツ)
Otaru_20191109-095627

日本 cha-cha-cha/イメージ・グラス(木村由紀子)
Otaru_20191109-095616

ゆきだるもんすたー/小樽 il PONTE(新戸部悠介)
Otaru_20191109-095707

キャンドルスタンド “ポインセチアと雪だるま”/北一硝子見学工房(長内代志子)
Otaru_20191109-095551

こおりゆきだるま/KIM GLASS DESIGN(木村直樹)
Otaru_20191109-095620

まちがいさがし/glass art N+(川田由香里)
Otaru_20191109-100415

雪だるまのチェス/glass work・fu-ga(グラスワーク・フーガ)(廣川雅恵)
Otaru_20191109-100421

One Team/ザ・グラス・スタジオインオタル
Otaru_20191109-095655

​ARアプリを使って雪だるまが動き出す

ガラスアートギャラリーの駅出入り口側に、小さめなんですがパネルがあります。

Otaru_20191109-095525

「あれ?雪だるまが何か言いいたそうだよ?」

Otaru_20191109-095530

実はこれ、ARアプリを使ってスマホを雪だるまにかざすと、雪だるまが動き出すんですね!!
※専用無料アプリのダウンロードが必要です。

以下はツイッターに投稿した動画です。

あっ、雪だるまに顔が!!

なかなかうまく撮れませんでしたが、これは楽しいかも。

​おわりに

ということで、小樽ゆき物語のイベントの一環として、今年も小樽駅構内で開催中のガラスアートギャラリーの様子でした。

展示は2020年2月2日(日)までなので、しばらく楽しむことができますね。

Otaru_20191109-095645

※今シーズンの小樽ゆき物語の開催期間は、2019年11月1日(金)〜2020年2月16日(日)までです。期間中のイベントなどの詳細は公式サイトで。
北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※参考
小樽駅ゆき物語 ガラスアートギャラリー(小樽ジャーナル)
「小樽.余市ゆき物語」ガラスアートギャラリー…(11/6~2/2)JR小樽駅コンコース | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。
※昨年の様子です。
JR小樽駅でガラスアートギャラリー開催中〜今年は雪だるまがお出迎え!!【小樽ゆき物語2018〜2019】

| | コメント (2)

«北照高校へ向かう坂の途中にある「おこばち公園」〜表示はないけど公園No.22