2020年7月 5日 (日)

後志の地域雑誌「BYWAY後志」の23号で小川原格さんの追悼特集

Otaru_20200703-170741

ようやくこの雑誌を買いました。

後志の地域雑誌「BYWAY後志(バイウェイしりべし)」の23号です(発行BYWAY後志発行委員会)。

2019年12月に71歳で亡くなった、小川原格(おがわら ただし)さんの追悼特集「ありがとう小川原格さん」が掲載されているんですよね。

Otaru_20200703-170632

小樽の老舗の蕎麦屋「藪半」の店主として知られる小川原格さんですが、小樽運河の保存運動の中心的な役割を担い、その後も運河を中心としたまちづくりに取り組み、小樽の、さらには後志の観光振興に尽力し続けた方として、小樽・後志地域では、あまりにも有名な方です。

小川原格さんは、この雑誌、BYWAY後志の発行委員会の委員長でもあったんですね。

そして、今号の追悼特集ですが、31ページにわたり、人物「小川原格」を語る内容で、長女で藪半若女将による「いつもの会話」、同誌の現在の発行委員長で北海道職業能力開発大学校特別顧問の駒木定正さんによる「追憶 小樽蕎麦屋・藪半建築物語」などなど、関係者9人による記事が掲載されています。

さらには、過去の記事から、小川原格さんが「小樽運河を守る会」の元会長・峯山冨美さんについて語った記事も再掲されています(対談の聞き手はバックパッカーズホステル杜の樹の原田正樹さん)。

Otaru_20200703-170705

いや〜、これは一気に読んでしまいました。本当にすごい人ですね。私は、残念ながら面識はなくて、お話をさせていただいたこともなかったのですが、う〜ん、一度じっくりお話を聞いてみたかったです。

「BYWAY後志」は、後志管内と札幌の主な書店、道の駅で販売しています。私は小樽駅前の紀伊國屋書店で買いました。

紀伊國屋書店ではまだ数冊あったのですが、お店の方によると、小川原格さんの特集ということで、とても人気があるそうですので、気になる方は早く手にしたほうがいいかもしれませんね。

※参照:2020年6月11日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
【訃報】小樽運河保存、その後の小樽の観光振興に尽力した小川原格さん死去のニュース
運河保存運動の象徴・峯山冨美さん〜訃報

| | コメント (9)

2020年7月 4日 (土)

国道5号善沿いの住の江市場跡地に河辺石油の給油所ができるようです

入船十字街から国道5号線を住吉神社方面に向かう途中で、先日から、結構、大がかりな建設工事が行われています。

住吉神社に向かう国道沿い左手で、信号のあるところです。

Otaru_20200703-142626

何を建てているのか近づいてみると。

Otaru_20200703-142649

河辺石油小樽住之江給油所新設工事と書かれてますね。

なるほど、ここにガソリンスタンドができるんですね。

ここは、しばらく空き地になっていたのですが、以前はここに住の江市場があったんですよね。なので、ここは住の江市場跡地ということになるのかな。

Otaru_20200703-142815

Otaru_20200703-142822

住の江市場は、2013年4月2日で閉店しています。

(サイズが小さいですが、写真がありました)
Otaru_dsc05071r

その後、建物は解体され、空き地になっていて(駐車場になっていたりもしたようですが)、ガソリンスタンドができるんですね。

ここの眺めもちょっと雰囲気がかわりそうですね。

Otaru_20200703-142556

※住所表記は「住ノ江」なんですが、文中に「住之江」や「住の江」といった表示が混在しているのは、現場の表記に合わせているのでご了承を。

【関連記事】
住の江市場が閉店してました

| | コメント (1)

2020年7月 3日 (金)

船見坂沿いの旧ホテル稲穂の建物が覆われて工事中です

Otaru_20200621-140608

JR小樽駅のすぐ近くで、船見坂沿いの旧ホテル稲穂の建物が覆われて工事中です。

ホテル稲穂は、2020年1月5日をもって休業していたんですよね。

といいつつ、いや〜、すいません、実はこの件はあまりにも情報がなくて、はっきりとしたことが分からなくて申し訳ないのですが、ホテル稲穂は1月で法人としては解散したようで、ホテル内も片付けていたのですが、改装の為に休館というお知らせが旅行サイトに掲載されていたりもしていたんですよね。

いったい、その辺りがどうなっているのか、結局その後、一般に向けてのアナウンスはなかったと思うのですが、先日、読者さんから改装工事が始まっているというコメントをいただきまして、まずは見にいってみました。

工事中ですね(6月21日の様子。船見坂の下の方です)。
Otaru_20200621-140558

Otaru_20200621-140608

で、工事の看板を見てみると、(仮称)アルファベッドイン小樽駅前改修工事、という名称ですね。

Otaru_20200621-140536

私は知らなかったのですが、アルファベッドという名称のホテルグループがあるようですね。
Alphabed - アルファベッド - 私だけが知るくつろぎ空間で心地よいひとときを。

結局、ここでも詳しいことは分からなかったのですが、ひとまず、改修工事ということで、どうやら新しく宿泊施設として生まれ変わりそうですね。

しばらくは、様子を気にしておこうと思います。

【関連記事】
船見坂の「ホテル稲穂」が休業!?【情報提供】

| | コメント (20)

2020年7月 2日 (木)

当地検定「おたる案内人」を実施する小樽観光大学校による講座「まちかど教室」の今年度の残りは(5・6・8・10月)は中止

小樽のご当地検定「おたる案内人」を実施する小樽観光大学校による、「まちかど教室」という講座があります。

この「まちかど教室」は、「おたる案内人」の資格を取得された方と小樽市民を対象に、観光ガイドに役立つ情報を中心とした、気軽に参加できる講座として開催されているんですよね(有料の講座です)。

今年度は、2019年12月~2020年10月の期間に6回(平日夜間)の開催が予定されていたのですが、残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮して、5月以降の4講座が中止となっています(5・6・8・10月に予定されていました)。

実は、この「まちかど教室」の8月の講座は、なんと私が講師としてお話しする予定だったんです(そういえば、このブログでは告知はしていなかったかも…)。

内容は、
小梅太郎が歩く・・・知っていそうで知らない小樽
・・・小樽在住のブロガー、小梅太郎氏がマニアックな小樽を紹介

ということで、ブロガーとしての立場でお話しする予定でした(この話をいただいた時も、かなり驚きました。“え〜!?私でいいの!?”って感じでした)。

会場は小樽市民センター会議室だったのですが、もともと広い会議室ではないので、どうしても“密”になってしまうようです(私の講座にそれほど人が集まるとは思ってなかったのですが、すでにそれなりの申し込みがあったようで、感謝です)。

中止になった講座に関しては、現在のところは次年度に開催する予定とのことですので、今回は残念でしたが、また都合が合えば、私の講座も含めて、申し込んでいただければ嬉しいです。

※参考:小樽観光大学校について|小樽観光大学校「おたる案内人」
※まちかど教室の詳細いついてはこちら(PDF):まちかど教室のご案内
※今年度の日程表はこちら(PDF):小樽観光大学校「まちかど教室」 日程表(2019年12月~2020年10月)

ということで、実は私・小梅太郎も講師として8月にお話しする予定だった、小樽観光大学校「まちかど教室」中止のお知らせでした。

Otaru_20180410_103922

【補足】
ご当地検定の「おたる案内人」を実施しているのは小樽観光大学校というところで、
①小樽の観光産業を支える人材の育成
②市民レベルでのホスピタリティ意識(おもてなしの心)の醸成
ということを目標として産学官によって設立された組織で、小樽市長を校長としています(参照:小樽観光大学校について|小樽観光大学校「おたる案内人」)。
(小樽観光大学校は、いわゆる教育機関の“大学”ではありません)

私も一応1級を取得しています。

小樽観光大学校「おたる案内人」

| | コメント (3)

小樽道新文化センターは再度全講座が7月12日まで休講〜『「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座』も休みです

Otaru_20190112_123032

私が講座をもたせてもらっている、小樽道新文化センターですが、先日の新型コロナウイルスのクラスター発生による感染症拡大に伴い、再度、全講座が休講となっています(休講は小樽の文化センターのみです)。

期間は今のところ、2020年7月1日(水)~7月12日(日)までです。

再度というのは、実は道新文化センターは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ずっと休講が続いていたのが、6月中旬からようやく順次再開していたんですよね。

3月から6月まで休講となっていた私の講座『「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座』も、つい先日までは7月から再開の予定だったのですが、市内での新型コロナウイルスの急激な感染拡大による、再度の全面休講によって、7月も休講となりました(講座は7月11日予定でした)。

まあ、私の講座はもともと人数も少ないんですが、もし、受講を考えてくださっていた方がいましたら、申し訳ありません。

実は、再開にあたって、特別カリキュラムなんかを考えていたのですが、まあ、その内容などは再開の目処が立った時にまた紹介しますね。

再開後には、一層充実した内容になるよう準備したいと思いますので、その際は、興味のある方はぜひ!!(宣伝です!!)

Otaru_20170306_144258

ということで道新文化センターは様々な講座があって、受講を楽しみにしている方も多いと思うのですが、小樽がこういう状況ですので、早くこのクラスターが落ち着くことを願って、再開を待ちましょう。

小樽トップページ | 道新文化センター
道新文化センター小樽 - ホーム(Facebookページ)

【関連記事】
小樽道新文化センターは全面休業中〜『「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座』はこんなカリキュラムでした
道新文化センターは3月31日(火)まで全講座臨時休講中〜2020年春の受講生募集広告が新聞掲載されたので宣伝します

| | コメント (2)

2020年7月 1日 (水)

【注意】小樽天狗山ロープウエイは予定していた7月1日からの平日運行を当面見送り〜引き続き金・土・日曜日のみの営業

Otaru_20200613-151200

小樽天狗山ロープウエイは、これまで金・土・日曜のみの運行で、7月1日(水)より平日運行も再開する予定でお知らせも出ていたのですが、先日からの新型コロナウイルス感染拡大を受けて、平日運行は当面見送るとのことです。

・営業日:当面の間、金・土・日曜日のみの営業。
・ロープウエイ運行時間:当面の間、11時~20時(上り終便19時48分)

7月に入って、平日に天狗山へ行こうと計画していた方は注意ですね。

Otaru_20200613-151218

ちなみに、天狗山ロープウエイは、6月5日から金・土・日曜限定で夏期営業を開始していて、ようやく平日も、というところだったのですが、残念ですね。

金・土・日曜日のロープウエイとTENGUU CAFE(てんぐー カフェ)/ショップの営業案内については、公式サイトに掲載されています。
【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景(営業のご案内)

天狗山スライダーも当面の間、金・土・日曜日営業で、シマリス公園は、感染防止を考慮して、当面入園とエサやりを休止しています。

※参照:【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景

※関連ニュース
・2020年7月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
天狗山ロープウェイ…毎日営業が延期になりました。 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
【再開情報】小樽天狗山ロープウエイは6月5日(金)から夏期営業開始(当面の間は金・土・日曜のみ)
久しぶりに天狗山山頂へ。天気は曇りながらやはりいい眺め!!〜6月5日からロープウエイ再開。営業は当面金・土・日曜のみ
ニュースより/小樽市での新型コロナウイルスのクラスター発生による感染拡大の状況を書き留めておきます【追記あり】

| | コメント (9)

2020年6月30日 (火)

小樽市では新型コロナウイルス感染症拡大に伴い主な市の公共施設がまた休館に(6月29日現在)

Otaru_20200627-150710

先日からの小樽市内での昼カラ関連で発生した、新型コロナウイルスのクラスターによる感染症拡大に伴い、市内の主な公共施設が6月29日(月)から7月12日(日)まで休館となっています。

公共施設は、市内の感染拡大状況によって、休館と再開を繰り返しているのですが、例えば私も普段からよく利用している市立小樽図書館、市立小樽文学館・美術館、小樽市総合博物館本館・運河館といった施設なんかは、4度目の休館になるんですね。

(閉館前日に図書館にたまたま行きましたが、今回は予約の貸し出しも行わない完全休館とのことです。)Otaru_20200628-153527


市の公共施設の休館の経過をちょっと遡ってみると、2月末の北海道の緊急事態宣言を受けて、すぐに市の主な施設が休館し、3月19日の緊急事態宣言終了を受けて、条件付きながら3月20日から再開しました。

しかし、市内の新たな感染者発生を踏まえ、再び3月23日から休館。31日までの予定だったのが、再開直前の27日に市内5例目の感染確認もあり、感染拡大防止の観点から4月7日まで臨時休館を延長。

ようやく4月8日から再開していたのですが、国の緊急事態宣言を受けて、4月20日から三たびの休館となってしまい、当初は5月6日までだったのが、緊急事態宣言の延長に合わせて5月31日まで休館を延長しました。

で、多くが6月1日(もしくは2日)から、再開していて、このブログでも再開情報を掲載したりしていたのですが、この度、4度目の休館となってしまい、残念です。関係者も大変かと思います。

Otaru_20200625-141059

他の小樽市総合体育館、小樽市民会館・小樽市民センター・小樽市公会堂などなど、小樽市の施設の休業情報は、小樽市HP内に掲載されていますので、各施設の詳しい状況を知りたい場合、そちらが参考になります(私も参考にしています)。
小樽市 :新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う施設等の臨時休業・再開等について

といっても、ほとんどが6月29日(月)〜7月12日(日)まで、臨時休館といった状況です(小樽市鰊御殿は6月30日(火)〜7月12日(日)まで)。

その他、民間の日本銀行旧小樽支店金融資料館も、6月29日から当面の間、休館となっているので、公共施設以外の施設についても、利用の際に開館状況に注意した方かいいですね。
日本銀行旧小樽支店金融資料館webサイト

まずは、先日からのクラスターが落ち着きますように。

小樽市 :新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う施設等の臨時休業・再開等について

※参照ニュース
・2020年6月30日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
小樽市 市の施設臨時休業 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
ニュースより/小樽市での新型コロナウイルスのクラスター発生による感染拡大の状況を書き留めておきます(2020年6月29日時点)
小樽市内の主な公共施設や観光施設も4月20日から一斉休館〜追いきれませんが状況を書き留めておきます(4月21日現在)【延期のため追記:5月6日現在】

| | コメント (4)

ニュースより/小樽市での新型コロナウイルスのクラスター発生による感染拡大の状況を書き留めておきます【追記あり:7月2日時点】

Otaru_20180515-145727k

ご存知のように、小樽市では花園地区の飲食店(スナック)での昼間のカラオケ、いわゆる昼カラで、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生して、その感染拡大が止まりません。

新型コロナウイルス関連のニュースについては、状況の移り変わりが早く、また、曖昧な情報は書けないので、直接的な感染状況の記事はブログではほとんど書いていないのですが、さすがに大変な状況となっている今、この「小樽日記」としてもその状況を記しておこうと思います。

※2020年6月29日(月)時点での情報です。

※小樽市発表の発生状況については、こちらが最新情報になります。
小樽市 :新型コロナウイルス感染症の市内発生状況について

» 続きを読む

| | コメント (5)

2020年6月28日 (日)

ニュースより/中央通り下の寿司と海鮮の店「花ごころ小樽店」が6月28日をもって閉店〜建物は歴史的建造物の旧安田銀行

Otaru_20200627-161612

中央通り下りていったところに、歴史を感じさせる重厚な小樽市指定歴史的建造物「旧安田銀行小樽支店」が建っていますが、ここで営業する、寿司と海鮮の店「花ごころ小樽店」が6月28日(日)をもって閉店とのことです。

そのニュースは、2020年6月27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたのですが、いや〜、全然知りませんでした。

Otaru_20200627-161553

ニュースによると、花ごころ小樽店は、2007年11月に飲食店経営のコモセン(札幌)が展開する和食レストランのチェーン店としてオープンしたお店ですが、今回の新型コロナウイルスの影響で、観光客の利用がゼロになり、2月以降売り上げが激減していたそうです。

家賃を下げてもらう対策も講じてもらったものの、観光客は当面戻らないとの判断で、6月28日(日)をもって閉店することになったとのこと。建物を所有する協和総合管理(若松2)によると、今後の利用は決まってないそうです。

従業員は、系列の小樽運河食堂に配置転換などするとのことですが(運河食堂は系列だったのですね)、運河食堂も現在休業中なんですよね。

Otaru_20200627-161632

ここの建物「旧安田銀行小樽支店」について補足しておくと、昭和5年(1930年)建築の鉄筋コンクリート造2階建てで、小樽市指定歴史的建造物に指定されています。

小樽市HP内に建物概要の記載があるので、引用させていただきます。

この建物は、第2次世界大戦後、富士銀行が継承した後、昭和45年から新聞社の社屋として使われています。
ギリシャの建築様式をもった昭和初期の典型的な銀行建築であり、重量感あふれる円柱が特徴です。
中央通りの道路拡幅に伴い、平成13年に建物が斜め後方に曳き家され、同時に外観も修復されています。
小樽市 :旧安田銀行小樽支店

※曳家(ひきや)とは建築物をそのままの状態で移動する建築工法とのことですね。

Otaru_20200627-161638

Otaru_20200627-161614

すいません、実は私は花ごころに入ったことがなかったんですよね。ということは、店内も見たことがない…。残念です…

とうことで、閉店はとても残念ですが、こうなると、今後の利用についても気になろところですので、しばらく気にしておこうと思います。

※閉店のお知らせは運営会社のサイトにも掲載されていました。
【お知らせ】花ごころ小樽店 閉店のお知らせ(pdf)

株式会社コモセン-北海道の魅力ある食材をお届けするレストラン

Otaru_20200627-161736

Otaru_20200627-161653

Otaru_20200627-161747

【関連記事】
旧安田銀行小樽支店(現 花ごころ小樽店)

| | コメント (6)

ニュースより/小樽看護専門学校が2023年春での閉校が決定→存続を求める署名活動へ

このブログでも、少し前に取り上げた、小樽看護専門学校が閉校を検討しているというニュースですが、その後、閉校が決定したというニュースがあり、さらに、そこから存続を求める署名活動があったので、その経緯を書き留めておきます。

まず、入船町の高台にある小樽看護専門学校が、来年度の生徒募集を停止して、現在の1年生が卒業する2022年度末で閉校する方向で検討しているというニュースがあったのが、先月(5月)中旬のことでした。

Otaru_20200430-142357

※ブログ記事はこちら:ニュースより/入船町の高台にある小樽看護専門学校が閉校を検討!?

そして、運営する学校法人共育の森学園が、定例理事会で2023年3月末での閉校を正式に決定した、というニュースが2020年5月27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されました。

やはり、生徒数減少に伴う採算悪化に加えて、看護師を目指す入学者の確保が難しいとの判断があるとのことです。

小樽看護専門学校(1965年7月設立)は、現在は夜間定時制の専修学校として3年過程で看護師を養成していて、准看護師を養成する小樽市医師会看護高等専修学校(富岡1)を卒業した准看護師が、看護師を目指し進学する受け皿でもあるそうです。

ちなみに、市内の看護学校は、上記2校の他に全日制の市立高等看護学院(東雲町)があります。

小樽看護専門学校の生徒の多くは日中、准看護師として医療機関で働いているそうで(小樽などで働きながら勉強してるんですね)、後志管内の医療機関にとっての看護人材の重要な供給源となっているとのことなんですね。

その受け皿がなくなるとなると、地域の人材不足につながる大きな問題なんだと再認識していたら、その後、動きがありました。

Otaru_20200430-142341

まず、進学希望の市医師会看護高等専修学校の学生らによる、存続を求める署名活動があり、1600人分の署名が要望書とともに6月5日に迫市長に提出されました。
※参照:2020年5月30日・6月6日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

さらには、迫市長が6月15日の定例小樽市議会で、閉校で看護人材の不足や若い世代の流出が懸念されるとし、重要な問題との認識を明らかにして、自ら存続に向けて取り組むと述べ、関係機関と協議する方針を示したとのことです。
※参照:2020年6月16日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

ということで、すいません、その後の動向は把握していないですが、今後の動きがとても気になるというか、心配で、なんとかいい方向に向かうといいですね。

※関連ニュース:看護専門学校存続要望書と署名 在校生切望(小樽ジャーナル)
※署名はオンラインでも行っていて、6月30日(火)まで署名活動を続けるとのことです(→キャンペーン · 小樽市長 迫俊哉: 【緊急・看護学校閉校】小樽看護専門学校 新入生募集の再開を求めます! · Change.org)。

| | コメント (5)

«ニュースより/この夏は小樽の6つの海水浴場が開設(2020年夏)