2017年7月20日 (木)

【訃報】新谷昌明元小樽市長死去のニュース

元小樽市長の新谷昌明(あらや まさあき)さんが、死去したというニュースがありました。

ニュースによると、2017年7月17日に陳旧性肺結核のため亡くなったということです。88歳でした。

小樽出身の新谷昌明さんは、元北海道副知事でもあったんですね。

そして、小樽市長を1987年(昭和62年)4月から1999年(平成11年)4月までの、3期12年務めました。

この時期はというと、小樽運河が一部埋め立てられ、散策路などが整備された現在の姿に生まれ変わったのが1986年(昭和61年)で、以降、小樽が観光都市へとまさに変わっていく時期ですよね。

1992年には市景観条例を制定してます。また、1988年には市民団体「伊藤整文学賞の会」初代会長に就いてます。

実は私は新谷さんが市長だった期間は、小樽を離れていたので、残念ながらほとんどその時期のことを知らないのですが、小樽が大きく変わる時代の市長さんだったのですね。

新谷昌明さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

※参照ニュース
・2017年7月18日付北海道新聞夕刊
・2017年7月19日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

静屋通りにあるネパール茶屋でスパイシーなカレーと熱々ナンのランチを食べてきた

20170702_135313


先日、静屋通りにあるネパール茶屋に行ってきました。

お祭りやイベントなどに、よく出店しているこのネパール茶屋ですが、そういう時にタンドリーチキンなんかを食べたことはあったのですが、実はお店に食べに行くのは初めてでした。

お店の場所は、静屋通りの産業会館側から入ってすぐの右側ですね(入り口にモスバーガーのある通りです)。

20170702_142136

正直に言いますと、ネパール料理がどのようなものかは(インド料理も)よく分かってないのですが、ここネパール茶屋は焼きたてのナンと私がイメージするスパイシーで本格的なカレーを出すお店として聞いていたので、食べにいってみたかったんですよね。

20170702_142126

店内はカレーのいい匂いが漂う、カウンターとテーブル3 つのこじんまりとしたお店でした。

以前、新聞記事で読んだことがあるのですが(2013年11月15日付と随分と前の北海道新聞朝刊小樽・後志欄です)、 開業は2001年で、当時から状況が変わってなければ、ネパールの方が経営、調理しているお店です。

20170702_142111

行ったのはお昼の14時近くだったですが、ここはランチタイムが11:00〜15:00(ラストオーダー14:30)と遅くまでやっているので、ランチメニューに間に合いました。

ランチメニューはこちら。
20170702_140232

注文したのはランチメニューのCセット(1,150円)で、カレーは日替わりカレーとチキンカレーの2種類にチキンティカ、サラダ、ソフトドリンクがついていて、ナンかライスが選べます。

20170702_135314

実は以前、お祭りでネパール茶屋のナンを食べたことがあって、とっても美味しかったので、もちろんナンでお願いしました(というか、ナンが目的だったといってもいいくらい)。

日替わりカレーは正式な名前は分からないのですが、カボチャのカレーで、スパイシーな中にかぼちゃの甘みが感じられるカレーですね。

20170702_135435

チキンカレーは、スパイスが効きが程よくて、どちらかというと食べやすいくらいでした。

20170702_135602

辛さもそれほどでもなかく、程よい辛さだったのですが、後から知ったのですが、辛さは選べるようでした(特に説明がなくオーダーが通ったので、辛さの段階が分からずちょっと残念。ちゃんと確認すればよかった…)。

ランチとしては千円越えは安くはないですが、2種類のカレーに大きなナンはかなり満足のボリュームで、焼き立て熱々のナンはやっぱり美味しかったです。

ちなみに、Bセット(1,050円)とはチキンティカがついてるかどうかなので、次回はBセットがいいかな(笑)

もちろん、ネパール茶屋にはカレー以外にも色々と一品料理があるようですので、そういうのも食べてみたいですね。

ということで、ネパール茶屋のスパイシーなカレーと焼き立て熱々ナンのランチに大満足でしたが、焼きたてナンを出すお店って、小樽に他にあるのかな?

(お店情報は2013年7月時点でのものです)

▼食べログ情報
ネパール茶屋 小樽店


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

7月16日に小樽に降った記録的な猛烈な雨について書き留めておきます

皆さんニュースでご存知のように、7月16日(日)の小樽はとんでもない豪雨に見舞われました。

私は外出を控えて家にいたので、その様子はテレビのニュースとツイッターなどで流れてくる写真などで知りました。

あちこちで写真が掲載されてますが、今回の様子は私は個人で撮影してないので、掲載できる写真はないのですが、これだけニュースになった出来事でしたから、ブログにも書き留めておくことにします。


7月16日の昼前に小樽に降った記録的な豪雨

7月16日(日)は、小樽に限らず北海道各地で激しい雨が降っていたのですが、特に小樽をはじめとした後志管内で、午前10時から正午過ぎにかけて、猛烈な雨となったんですよね。

そのニュースはテレビの全国放送でも報じられていましたが、翌日17日の北海道新聞朝刊では、小樽・後志欄はもちろん、1面と第1社会面にも掲載されていました。

以下はその新聞記事によります(引用はどうじんウェブより)。

札幌管区気象台によると、小樽の16日午後3時までの24時間降水量は67ミリで、7月の観測史上最大を記録。(中略)この影響で、小樽では家電量販店が浸水し、JRに運休が出るなどした。
猛烈な雨、後志管内直撃 神恵内72ミリ、小樽67ミリ イベント中止相次ぐ | どうしんウェブ/電子版(道央)

ということで、16日午後3時までの24時間降水量について、後志管内の他では、神恵内が72ミリ、倶知安が62ミリ、赤井川が56ミリ、余市が46.5ミリという状況だったようです。

小樽では、午前11時31分までの1時間降水量が50.5ミリで、これも観測史上最大となったそうです。

この雨で小樽の勝納町や堺町通りで冠水したようです。
新聞記事中の浸水した家電量販店というのはケーズデンキ(勝納町)で、こちらも大きなニュースになっていたので知っている方も多いと思いますが、店内が水浸しになってしまったんですよね。

その後、雨は上がり、何事もなかったようにカラッと晴れて、冠水した道路の水も間もなくはけたようで、新聞記事によると、この大雨によるけが人や住宅の大きな被害は、新聞掲載の段階ではなかったようです。

ということで、本当に猛烈な雨でしたが、なにより全国ニュースになるほどだったというのにちょっと驚きましたね。

ちなみに、前日の小樽は最高気温32.5℃という、3日連続の真夏日を記録した上、今シーズン一番の暑さだったんですが、それが一転しての大雨で調子が狂っちゃいますね。それに、この日はイベントもあちこちで行われていたので、とても残念な雨でした。

※参考ニュース
・2017年7月17日付 北海道新聞朝刊小樽・後志欄、1面、第1社会面
〔記録的短時間大雨〕北海道(後志地方)小樽市・余市町付近で1時間に約80mmの猛烈な雨か - レスキューナウ
北海道小樽市、余市町で1時間に約80ミリの猛烈な雨 (ウェザーマップ) - Yahoo!ニュース


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

野外ライブ・イベント「2017 おたる☆浅草橋オールディーズナイトvol.14」が7月15日〜17日の3日間の日程で開催

Otaru_20170715_173206


今年もこの時期恒例の野外ライブ・イベント「2017 おたる☆浅草橋オールディーズナイトvol.14」が、この連休の7月15日(土)・16日(日)・17日(月・祝)の3日間の日程で開催されています。

会場は小樽運河の先のおたるマリン広場(以前は「小樽港第3号ふ頭多目的広場」と呼ばれていた場所)です。

入場無料で、オールディーズナンバーを中心に、様々なジャンルのバンドが、3日間で43バンド出演を予定してます。

初日の15日(土)にちょっとだけ観に行ってきたのですが、会場に設置されたテーブルと椅子は、ほとんど埋まるほどの盛況ぶりでしたよ。

Otaru_20170715_173131

この日は天気も良かったので(というか、最高気温が32.5℃という、今シーズン小樽の最高値の暑さで)、会場内で販売しているかき氷やビール片手に演奏を楽しんでいる方も多かったです(飲食物の持ち込みは禁止です)。

ただ、16日(日)の小樽は朝から激しい雨が降っていて、昼前にはさらに猛烈な雨に見舞われてしまったんですよね。
午後には雨も止んだのですが、ライブはどうしたのかな。

タイムスケジュールを見ると、16日(日)は21:10まで、17日(祝・月)は14:00から20:55までの予定ですね。
※おたる☆浅草橋オールディーズナイト Official Web Siteはこちら。
おたる☆浅草橋オールディーズナイトHP

野外ライブを存分に楽しめるよう、明日最終日は晴れるといいですね。

【関連記事】
※昨年の様子の記事です。
野外ライブ・イベント「2016 おたる☆浅草橋オールディーズナイトvol.13」をちょっとだけ観てきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽総鎮守・住吉神社の例大祭(小樽まつり)に15日の夕方に行ってきました(2017年度)

20170715_182401


小樽市民から親しみを込めて“小樽まつり”と呼ばれ、たくさんの方が楽しみにしている住吉神社の例大祭が、7月14日(金)・15日(土)・16日(日)の3日間の日程で開催されています。

小樽は毎年6月から7月にかけて、毎週のように神社のお祭りが開催されていて、その中でも、水天宮、龍宮神社、住吉神社の例大祭は、小樽の三大祭りと呼ばれたりもするんですが、その最後を飾るのが、この住吉神社の例大祭なんですよね。

住吉神社のお祭りは、毎年大勢の人が繰り出してとても賑わうお祭りなんですが、今年は週末にかけての開催とあって、特に多くの人が繰り出しているのではないでしょうか。

ということで、15日(土)の夕方に行ってきました。


住吉神社の例大祭(小樽まつり)の15日夕方の様子

国道5号線沿いの大鳥居前には、両脇にたくさんの提灯が掲げられるんですよね。

20170715_181932

20170715_182045

ここからの参道には、露店がずらりと並びます。

20170715_182401

この日は土曜日とあって、やっぱりたくさんの人で混雑してました。

20170715_182432

木々に覆われる住吉神社の参道は、まさに鎮守の森といった眺めなんですが、お祭りの時はいかにも神社のお祭りといった風情になるんですよね。

で、これがまたいい雰囲気、いい眺めなんですよね。

20170715_185524

20170715_185707

お参りにも列ができてました。
20170715_183231

露店は参道横の市道にも広がっていて、どちらかというとそちらの方が賑わっている感じもあります。

20170715_181909

20170715_183819


15日夜の百貫神輿の渡御の様子

ここ数年、住吉神社のお祭りには、15日の本祭の夕方から夜にかけて行くのですが、それは19:00に神社を出発する、百貫神輿の渡御を見るためなんです。

20170715_190408

道内最大級といわれる百貫神輿は、近くで見ると迫力があるんですよね。

20170715_190501

社殿前を出発する百貫神輿は、なんと境内の階段を下りていくんです。

20170715_190603

20170715_190630

威勢のよい掛け声とともに境内を練り歩く神輿の様子は、本当に大迫力で、こちらの気分まで高揚してきます。

20170715_190805

20170715_190846

20170715_191055

20170715_191228

参道も神輿の見物客で溢れかえり、この時は本当に祭りが盛り上がるんです。

20170715_191530

20170715_192226

この日は参道で神輿を見送って、帰途についたのですが、宮入りも見てみたいですね。


日が暮れていい雰囲気の祭りの参道

百貫神輿が境内を通り過ぎていくと、あたりはぐっと暗くなっています。

20170715_194411

日が暮れてくると、参道の明かりや露店の照明によって、さらに祭りはいい雰囲気になるんですよね。

20170715_201854

夏祭りですね〜

住吉神社のお祭りは16日(日)まで行われています。
ただ、16日は雨の予報が出てるんですよね。なんとか天気がもってくれるといいのですが。

※住吉神社公式サイトの例大祭についてはこちら。
例大祭 【 小樽住吉神社公式サイト】

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
※今年の小樽の三大祭り、水天宮と龍宮神社のお祭りの記事です。
龍宮神社例大祭の神輿渡御の様子【動画あり】(2017年度)
龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)
水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)

※昨年の住吉神社のお祭りの記事です。
小樽総鎮守「住吉神社」の例大祭“小樽まつり”に行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

小樽も暑いです〜13日に今シーズン初の真夏日(30.1℃)となり14日も31.1℃を記録してます

いや〜、暑いです。

7月入ってここしばらく、北海道全域で猛暑に見舞われて、各所で連日30℃超えの真夏日、場所によっては35℃超えの猛暑日にもなっています。ちなみに、北海道内でみると、真夏日は10日連続となってます。

その中で、こちら小樽はというと、13日(木)に最高気温30.1℃を記録して、今シーズン初の真夏日となりました。

それまでは、もちろん暑い日が続いていたものの、ギリギリ30℃を超えてなかったのですが、ついに30℃を超え、続いて本日14日(金)も31.1℃を記録して、連日30℃超えの暑さとなっています(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp)。

Otaru_20170714_22_12_34
小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jpの2017年7月14日21時50分観測値)

いや〜、もうバテバテですよ。
まだ7月中旬で、カレンダー上ではこれからが夏本番なんですが、この暑さが続かれるとちょっと身体がもちません。
せめてもう少し気温が下がってくれるといいのですが…

予報では今週末からの連休は少し気温が下がるようなので、ちょっと過ごしやすいかもしれませんね(ただ、16日(日)は雨の予報が出ているのが気になりますが…)

まあ、猛暑といってもこちらは夜は気温が20℃くらいまで下がり、ちょっと風が吹けば気持ちいいくらいなので、それがまだ救いなんですけどね。

こう暑いと、さすがに「小樽日記」の小樽巡りもちょっと控えてるんですが、7月14日(金)〜16日(日)の3日間は住吉神社の例大祭(小樽まつり)ですので、明日は出かけてこようと思ってます。

※関連記事:もうすぐ住吉神社の例大祭(小樽まつり)で市内にのぼりが立ってます〜平成29年は7月14日(金)〜16日(日)の開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

可愛い駅舎の蘭島駅の様子〜かつては海水浴客で大混雑した駅ですね

Otaru_20170702_125109


先日、蘭島方面に行く機会があって、蘭島駅に寄ってきました。

小樽からだと、小樽〜塩谷〜蘭島〜余市という駅の順番ですね。

Otaru_img_3164


蘭島駅の様子

蘭島地区では、JRの函館本線は国道5号線の山側の比較的近くを走っていて、蘭島地区のちょうど中間くらいにJR蘭島駅があります。

国道5号線から入って行くと、小さくて可愛い蘭島駅がポツンと佇んでいるのが見えてきます。

Otaru_20170702_124627

Otaru_20170702_124755

駅舎はとても綺麗になってますね。

Otaru_20170702_125109

Otaru_20170702_124822

この日は日曜日だったのですが、辺りに人影はなく、駅舎の中に入ってみたことろ、がら〜んとしてました。

Otaru_20170702_124941

無人駅かな?と思ったら、横に窓口があるんですよね。

Otaru_20170702_124929

が、この日は窓口は閉まっていて、誰もいません。状態としては無人駅ですね。
券売機も改札機もありません。

Otaru_20170702_124944

蘭島駅 - Wikipediaによると、ここ蘭島駅は、駅の業務は委託された方が行なっている駅だそうですが(簡易委託駅というそうですね)、窓口が開いていることもあるのかな?

実はこの日はバスで行ったので、帰りにJRで帰れればと蘭島駅にきてみたのですが、列車は1時間に1本あるかないかで、タイミングが合わずに断念(時刻表を写真で撮り忘れた…)。

せっかくなので、蘭島駅の様子だけでもと見てきたというわけです。

Otaru_20170702_125020

駅の跨線橋がまた味わい深い。
Otaru_20170702_125239

ちょうど列車がきました。
Otaru_20170702_125244

誰も降りなかった。

Otaru_20170702_125022


ちなみに運賃は蘭島〜小樽で260円です。

Otaru_20170702_124836

結局、この日はバスで小樽の市街地まで戻ったのですが、バスだと蘭島〜小樽駅前で380円でした(運賃は2017年7月現在)。


蘭島駅の歴史

ここで、蘭島駅の歴史をちょっと調べてみると…

明治35年(1902年)12月に、私鉄の北海道鉄道による函館駅と南小樽駅間の鉄道建設に際して、然別駅〜蘭島駅間が部分開通したことによって開業したのが最初のようです。

その翌年の明治36年(1903年)には、蘭島〜小樽(当時は小樽中央駅)間が開通してます。

ちなみに、明治37年(1904年)に駅名が蘭島→忍路となるも(この時、現在の小樽駅(当時小樽中央駅)が高島駅と改称)、その翌年の明治38年(1905年)には、忍路から再び蘭島と駅名が変わったそうです(高島駅は今度は中央小樽駅になりました)。

※小樽中央駅が小樽駅になるのは大正9年(1920年)のことで、それまでは現在の南小樽駅が小樽駅という名称だったんですよね。

※参考
・「おたる案内人テキストブック」小樽観光大学校運営委員会編
蘭島駅 - Wikipedia
北海道鉄道 (初代) - Wikipedia


おわりに

ということで、蘭島駅についてでしたが、ご存知の方も多いと思いますが、かつて蘭島駅といえば、夏の海水浴シーズンには、蘭島海水浴場に訪れる乗客で大混雑だったんですよね。

今はもうそういうことはないようですが、それでもシーズンになると海水浴客で駅の利用客が増えるのでしょうね。

Otaru_20170702_125417

そうそう、今シーズン(2017年度)の蘭島海水浴場は、7月14日(金)にオープンして8月27日(日)まで開設される予定です。

※参照:小樽市 :海水浴場オープン情報

Otaru_20170702_125449

【関連記事】
蘭島海岸のすぐ近くにある「蘭島神社」の様子
そろそろ小樽も海水浴シーズン〜小樽市HPに平成29年度海水浴場オープン情報が掲載されています


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

蘭島海岸のすぐ近くにある「蘭島神社」の様子

Otaru_20170702_123245


先日、忍路・蘭島方面に行く機会があったのですが、その際、蘭島神社に行ってみました。

国道5号線で蘭島地区に入って、最初の信号を蘭島の海岸方面に入って行くと、通りの右手にあります。

鳥居です。社殿は奥にありますね。
Otaru_20170702_123222

(海側から見たところ)
Otaru_20170702_123213

隣にあるのは蘭島保育園ですね。
Otaru_20170702_123235

鳥居をくぐると手水舎があって。
Otaru_20170702_123238

狛犬の先に社殿が建っています。

Otaru_20170702_123245

ん?この狛犬、ちょっと表情が変わってる!?
Otaru_20170702_123308

目と牙に色が付いてるからかな。

こじんまりとした神社ですが、その小さな社殿に近づいてみると、とても綺麗な彫刻の装飾が施されていますね。

Otaru_20170702_123324

Otaru_20170702_123352

Otaru_20170702_123404

Otaru_20170702_123412

神社も木々に囲まれてますが、背後は森ですね。

Otaru_20170702_123506

こちらの蘭島神社について、由緒などを調べようと思ったのですが…

実は、ネットやら所有している書籍を見ても、ここ蘭島神社については、詳しい記載を見つけることができませんでした(う〜ん、なんでだろう。もうちょっと調べてみようかな)。

Otaru_20170702_123300

例大祭については、2017年は6月17日(土)・18日(日)に行われています。


ところで、蘭島といえば、やっぱり海。海水浴場ですよね。

Otaru_20170702_122927r

今年の蘭島海水浴場は、7月14日(金)にオープンして、8月27日(日)まで開設される予定です。

※参照:小樽市 :海水浴場オープン情報


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ住吉神社の例大祭(小樽まつり)で市内にのぼりが立ってます〜平成29年は7月14日(金)〜16日(日)の開催

小樽市民が親しみを込めて“小樽まつり”と呼んで楽しみにしている、小樽総鎮守・住吉神社の例大祭がもうすぐ始まりますね。

市内のあちこちには、住吉神社のお祭りを告げるのぼりがあちこちに立っています。

Otaru_20170708_162610

毎年、お祭りが近づくとこののぼりが立つんですよね。

今年(平成29年度)の住吉神社のお祭りは、7月14日(金)・15日(土)・16日(日)という、週末にかけての3日間の日程で開催されるので、きっと例年以上に賑わうでしょうね。

先日、車で住吉神社の前を通ったら、国道5号線沿いの大鳥居前のいつもの提灯が掲げられていましたよ。

(7月8日撮影。ちょうど掲げている最中だったのかな)
Otaru_20170708_1554251

小樽は毎年6月から7月にかけて、毎週のように神社のお祭りが開催れているんですが、中でもこの住吉神社のお祭りは、大勢の人が繰り出してとても賑わうお祭りなんですよね。

参道沿いや神社横の市道まで連なる露店も賑やかですし、15日夜の道内最大級といわれる百貫神輿の渡御も楽しみです。

小樽のお祭りの中でも、水天宮と龍宮神社、そしてこの住吉神社のお祭りを小樽の三大祭りと呼んだりもしますが、その最後を飾る住吉神社のお祭り、天気が良いといいですね。


※住吉神社公式サイトに例大祭の詳細が掲載されてます。
例大祭 【 小樽住吉神社公式サイト】

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてます。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
※昨年の住吉神社のお祭りの様子はこちら。
小樽総鎮守「住吉神社」の例大祭“小樽まつり”に行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

奥沢町の旧北の誉酒造の建物の解体工事が進んでいるようです〜旧酒泉館も石造の建物も解体されるの!?

Otaru_20170709_135826


明治34年(1901年)創業の奥沢にあった老舗酒蔵・北の誉酒造株式会社が、創業の地である小樽での生産を終了したのが2015年のことでした。

奥沢の敷地内にあった展示施設「酒泉館」も、2015年10月31日をもって閉館しました。

これはなんとも寂しく、そして残念なニュースでしたが、その後、奥沢町にあった工場と酒泉館の建物群はそのままで、どうなるのか気になっていたんですよね。

で、少し前に、読者さんから、その北の誉の建物の解体がついに始まったようだ、という情報をいただいたんです。

そこで先日、様子を見に行ってきました。

(2017年7月9日の様子)
Otaru_20170709_135823

この日は日曜日だったので作業はお休みだったのですが、確かに工事が進んでいるようです。

どこまで解体するのか分かりませんが、酒泉館の建物はまだ残ってますね。

Otaru_20170709_135833

酒泉館の建物を正面に見て、確か右側に白い横板張りの木造の建物が建っていたと思うのですが、それがなくなったようです。

Otaru_20170709_135840

そして、その奥から石造の建物が姿を現してますね。

Otaru_20170709_135943

周りを見ると、いわゆる解体作業現場のように荒れてはいなくて、なんだかとても整然と作業が進められている印象です(というか、もう作業が終わっている印象さえ受けます)。

現在は、石造の建物と酒泉館の建物は綺麗に残されてますが、今後、これらの建物も解体されてしまうのでしょうか。

Otaru_20170709_135932

今のところ、ここ旧北の誉の建物の解体についてのニュースは報道されてないと思うのですが、土地の活用方法を含めて、どうなるのか気になります。

【関連記事】
惜しまれながらも間もなく閉館の小樽の老舗・北の誉酒造の「酒泉館」を見学してきました
ニュースより/小樽の老舗「北の誉酒造」が創業の地・小樽での生産を終了。展示施設「酒泉館」は10月31日をもって閉館
北の誉酒造りミュージアム 酒泉館


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

«奥沢水源地の水すだれを見てきました〜水管橋は9月10日まで一般開放予定(平成29年度)