2019年2月16日 (土)

小樽雪あかりの路で今年もスタンプラリー「地上ノホシサガシ12」開催!!スタンプマットは第一ゴムから贈られたものです

Otaru_20190210_184445


2月8日(金)~2月17日(日)の10日間の日程で開催中の「小樽雪あかりの路21」ですが、おなじみのイベントの1つに、スタンプラリーがあります。

今年も期間中、第21回小樽雪あかりの路記念スタンプラリー「地上ノホシサガシ12」が開催されています。

市内8カ所に設置された「地上ノホシスタンプ」を見つけて、公式ガイドブック内にあるスタンプ台紙の番号に合わせてスタンプを押していきます。スタンプ置き場は、公式ガイドブックに記載されています。

Otaru_20190210_184420

スタンプは8つ全部でなくても、4つ以上押してあれば、賞品に応募することができます。スタンプを押した応募用紙に必要事項を記入して、スタンプ置き場にある回収箱に投函するか、郵送でも応募できます。

スタンプ設置は17日までの16:00~21:00ですが、郵送の応募は2月20日(水)までできます。抽選で、小樽の特産品などの景品が30名に当たるそうですよ。私も応募しました!!


ところで、このスタンプ置き場でスタンプを押す際、スタンプマットが敷かれているのですが、これ、今も小樽で長靴を製造している老舗の「第一ゴム」から今年贈られたものだそうです。

Otaru_20190210_193825

小樽雪あかりの路/地上ノホシサガシ/第一ゴム株式会社と書かれてますね。

Otaru_20190210_193827

第一ゴムは、運河プラザなどで販売している、小樽のカントリーサインが印刷された捺印マットも作っているなど、このようなものも製造しているんですね。

※参照ニュース:長靴に続きスタンプマットを寄贈 第一ゴム (小樽ジャーナル)

【関連記事】
靴のよこやま(横山靴店)のお馴染みだった巨大長靴が運河プラザで復活


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

【小樽雪あかりの路21】あかりの路会場の都通り商店街の様子。旧石川屋では小樽の写真家・志佐公道さんの雪あかりの路写真展が開催

Otaru_20190210_185505


小樽雪あかりの路21」が、2月8日(金)~2月17日(日)の10日間の日程で開催中で、小樽市内各所でロウソクの灯りが夜の小樽を幻想的に照らしています。

観光客で賑わうメーン会場の運河会場や手宮線会場はもちろん、“あかりの路会場”として市内40カ所でロウソクが灯ってるのですが、中心街のアーケードの都通り商店街でもロウソクが灯っています。

Otaru_20190211_182348

ということで、都通り商店街の雪あかりの様子ですが、カラフルなアイスキャンドルが、ここ都通りの特徴ですね。

Otaru_20190211_182459

こちら日銀通り側にはハートマークが。

Otaru_20190211_182818

こちら、中央通り側ですが、これは“OTARU”の文字ですね。

Otaru_20190210_180556

Otaru_20190210_180606


さて、この小樽雪あかりの路の開催に合わせて、現在、都通りの旧石川屋そば店の建物内で、小樽の写真家・志佐公道さんの雪あかりの路写真展が開催中です。

Otaru_20190210_185505

期間は小樽雪あかりの路と同じ2月8日(金)~2月17日(日)で、会場となっている旧石川屋は、イベント期間中はお休み処として11:00~20:00まで無料開放されていて、温かな飲み物なども用意されています。

Otaru_20190211_181943

写真展は、店内に志佐公道さんが撮影した、とても素敵な小樽雪あかりの路各会場の写真が展示されています(撮影許可いただきました)。

Otaru_20190211_182308

Otaru_20190211_182253

雪あかりの路の見学や買い物の途中に、素敵な写真を眺めながら、一休みしてはいかがでしょうか。

Otaru_20190211_182337


都通りでは、2月15日(金)・16日(土)に北海道育成アイドル「北乃カムイ」によるイベントが開催されるそうで、 2月17日(日)にはゲーム大会が行われる予定だそうです。
※参考ニュース:あかりの路会場40ヵ所 地域にぬくもり! (小樽ジャーナル)

※小樽雪あかりの路の公式サイト:小樽雪あかりの路

【関連記事】
※小樽雪あかりの路関連の記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。

都通りの老舗のそば屋「石川屋」が1月いっぱいで閉店してしまいました(2017年)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

「第10回冬の小樽がらす市」が今年も2月9日〜11日の日程で運河プラザ3番庫で開催されました

Otaru_20190210_184515


第10回冬の小樽がらす市」が、今年も2月9日(土)〜11日(月・祝)の3日間の日程で、現在開催中の小樽雪あかりの路21の協賛イベントとして、運河プラザ3番庫で開催されました。

私も10日(日)に少しだけを見に行ってきました。

Otaru_20190210_184231

運河プラザに入って左手奥の扉の先のイベントスペースが、運河プラザ3番庫ですね。

Otaru_20190210_184549

今年の冬の小樽がらす市は、市内ガラス工房など13社が出店したということで、会場内ではガラス作家が制作したガラス製品の展示販売のほか、制作体験ブースもありました。

(写真撮影可でした)
Otaru_20190210_185136

Otaru_20190210_185224

会場内で500円以上の買い物や制作体験でスタンプ1個を押してもらえて、スタンプ4つで景品が当たるという抽選会も実際されていました。

そして、毎年開催されているコンテストは、今年は小樽洋菓子舗ルタオの協賛で、「限定チョコレートサンテリアンに寄り添う器コンテスト」が行われていて、私も投票してきましたよ。

Otaru_20190210_184810

どれも素敵なんですよね〜
Otaru_20190210_184641

(このチョコも美味しそう)
Otaru_20190210_184806

来場者が展示された12名の作家による器を実際に見て投票して、グランプリを決定するというもので、それぞれの作品について、投票した方の中から抽選で1名に、作品と「限定チョコレートサンテリアン」のセットをプレゼントしてくれるそうですよ。

当たるかな〜(これまで当たったことはないです)


ということで、第10回冬の小樽がらす市の様子でしたが、小樽がらす市は、夏は野外の旧手宮線跡地で開催され、冬はここでの開催となっていて、いつもたくさんの方が訪れていて、小樽はガラスの街としても知られているので、こういうイベントが盛り上がるのは嬉しいですね。

小樽市 :第10回 冬の小樽がらす市

※関連ニュース
「小樽雪あかりの路21」…小樽冬のがらす市(その2 2/9) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
小樽の硝子工房・ショップが集結!がらす市 (小樽ジャーナル https://www.otaru-journal.com)

【関連記事】
「第10回冬の小樽がらす市」が今年も2月9日(土)〜11日(月・祝)の3日間、運河プラザ3番庫で開催されます

「第9回冬の小樽がらす市」が2月9日〜11日の3日間の日程で運河プラザ3番庫で開催されました
「第10回小樽がらす市」が旧手宮線跡地にて開催中!!〜おたる潮まつり同時開催(7月27日〜29日)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

【小樽雪あかりの路21】初日に天狗山の麓で開催されたオープニングセレモニーの様子(2月8日)【花火の動画あり】

Otaru_20190208_184519


小樽雪あかりの路21」が、2月8日(金)~2月17日(日)の10日間の日程で開催中です。

期間中は、市内のあちこちでロウソクが灯り、夜の小樽の街を優しく照らしていますが、すでに最初の週末がすぎて、たくさんの観光客の皆さんが小樽を訪れて、幻想的に揺れるロウソクの灯りを楽しんでくれているようですね。

私もこの週末にあちこちの会場を見て回ったのですが、初日の2月8日(金)には、天狗山会場で行われたオープニングセレモニーに行ってきたので、今回はその様子をお伝えしますね。

実は初日は、17:00から運河会場の浅草橋街園で開催されたオープニングセレモニーを見てから、天狗山会場でのオープニングセレモニーを見に行ったんです。
【小樽雪あかりの路21】浅草橋街園で開催されたオープニングセレモニーの様子(2月8日)

天狗山会場でのオープニングセレモニーは18:30開始ということで、運河会場の浅草橋街園のセレモニーの後、今年も小樽運河ターミナルから天狗山まで、中央バスの直行の無料送迎バスが、18:00発で運行していたので利用させていただきました。

天狗山でのオープニングセレモニーは、天狗山スキー場の麓、ロープウエイ乗り場の横で行われます。

(セレモニーにはたくさん集まってました)
Otaru_20190208_183137

会場に到着すると、今年も温かなココアの無料サービスがあって、これが嬉しいんですよね。

Otaru_20190208_182149

この日は北海道は記録的な大寒波に見舞われ、小樽もものすごく厳しい寒さだったんですよね。ちなみに、8日の最低気温はマイナス13.6℃で、最高気温でさえマイナス10.8℃という極寒状況で、きっと天狗山はさらに寒かったのではないでしょうかね。

セレモニーは、まず、勇壮な「天狗太鼓」の打演が行われました。

Otaru_20190208_183340

その後、挨拶があって、点灯式がありました。

Otaru_20190208_184330

Otaru_20190208_184657

今年はミスおたるのお二人も、天狗山のオープニングセレモニーに参加されてました。

そして、天狗山でのオープニングセレモニーではお馴染みのたいまつ滑走では、子供たちもたいまつを手に滑っているんですよね。

Otaru_20190208_185116

Otaru_20190208_185226

最後は、こちらもお馴染みの、真冬の夜空に上がる花火で、今年も約600発の打ち上げ花火が、ゲレンデから夜空に打ち上げられました。

冬の花火は、空気が澄んでいるせいか、一段と綺麗なんですよね。
花火は動画を撮ってきました(短く編集してます)。

綺麗でしたが、やっぱり寒かった…

以上で、天狗山会場でのオープニングセレモニーは終了です。

準メーン会場でもある天狗山会場は、山頂で様々な明かりが灯っていて、関係者を始め、多くの方がこの後は山頂へ向かったのですが、すいません、私はこれで天狗山を後にしました。

Otaru_20190208_184519

※小樽雪あかりの路の公式サイト:小樽雪あかりの路
※小樽天狗山公式サイト:【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景

※関連ニュース
「小樽雪あかりの路21]…天狗山オープニングセレモニーその2 (2/8) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
夜景と雪あかりのコラボ!外国人で賑わう天狗山会場 (小樽ジャーナル)

【関連記事】
※小樽雪あかりの路関連の記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。

※昨年の天狗山会場オープニングセレモニーの様子。
【小樽雪あかりの路20】初日に開催された天狗山会場でのオープニングセレモニーの様子【動画あり】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

小樽芸術村の旧三井銀行小樽支店で今年も「@Marchéあったマルシェ」が開催。2月12日まで

Otaru_20190210_182122


小樽の冬の風物詩、「小樽雪あかりの路20」が現在開催中ですが、小樽芸術村旧三井銀行小樽支店では、今年で3回目となる「@Marchéあったマルシェ」が開催しているということで、行ってきました。

開催期間は、2019年2月8日(金)~2月12日(火)で、時間は11:00~19:00までです。今年は日程が昨年の3日間から5日間に増えたんですね。

小樽市指定有形文化財でもある旧三井銀行小樽支店は、現在、普段は小樽芸術村の施設のひとつとして、その歴史ある建築物自体を見学する形で公開されています。

Otaru_20190210_181355

Otaru_20190210_181404

普段は入館料が必要ですが、このイベント期間中は入場無料なんですよね(イベントとは別に、今年は地下金庫も無料で見学できました)。

そして、歴史を感じさせる建物内では、1階のカウンター周りと、2階の各会議室で雑貨を扱うおしゃれなショップがのべ34店出店していて、きっと雑貨好きにはたまらないイベントですね。1階の奥にはカフェも出店してました(写真撮影はOKとのことでした)。

(なるほど、銀行のカウンターですね)
Otaru_20190210_183214

Otaru_20190210_181754

(2階から)
Otaru_20190210_181824

Otaru_20190210_182122

Otaru_20190210_182335

Otaru_20190210_183041

(地下金庫へ)
Otaru_20190210_181611

Otaru_20190210_181714

普段は有料の歴史的建造物を活用して、このようなイベントを開催するというのは素敵で素晴らしいですよね。

ということで、旧三井銀行小樽支店で開催されている「@Marchéあったマルシェ」の様子でした。
ちょっと投稿が遅れてしまいましたが、この投稿をしている12日が最終日ですので、お間違えのないように。

Otaru_20190210_182112

小樽雪あかりの路、@Marché(あったマルシェ)開催中! | 小樽芸術村

旧三井銀行小樽支店 | 小樽芸術村

※旧三井銀行小樽支店のすぐ横の広場が、小樽雪あかりの路の準メーン会場でもある小樽芸術村会場となってます。
公式サイト:小樽雪あかりの路

※関連ニュース
@Marché(あったマルシェ)に行ってきました | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!

Otaru_20190205_144815

【関連記事】
※小樽雪あかりの路関連の記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。

※昨年の「あったマルシェ」の様子です。
旧三井銀行小樽支店で今年も「@Marchéあったマルシェ」が小樽雪あかりの路20に合わせて開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

【小樽雪あかりの路21】浅草橋街園で開催されたオープニングセレモニーの様子(2月8日)

Otaru_20190208_173059


2月8日(金)から始まった小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路21」は、17日(日)までの10日間の日程で開催されています。

期間中は小樽の夜が優しいロウソクの灯りに照らされますが、開始からの週末の連休には、メーン会場の運河会場や手宮線会場に、本当にたくさんの観光客のみなさんが、幻想的な灯りを楽しみに訪れたようです。

この週末の連休は、お隣の札幌のビッグイベント「さっぽろ雪まつり」も開催中だったので、一緒に訪れた方も多かったかもしれませんね。


さて、その小樽雪あかりの路21の初日の8日には、浅草橋街園で17時からオープニングセレモニーが行われたのですが、実は私も見に行ってきたんです。

その日は北海道に記録的な大寒波がやってきて、こちら小樽も最低気温がマイナス13.6℃で、最高気温でさえマイナス10.8℃という、かなり厳しい寒さだったんですよね。

ですが、その日、浅草橋街園に行ってみると、この大混雑でした。

Otaru_20190208_170609

(浅草橋街園の温度計はマイナス11.9℃)
Otaru_20190208_170958

Otaru_20190208_170910

(本当にすごい人)
Otaru_20190208_171118


オープニングセレモニーは、実行委員長や小樽市長の挨拶があり、その後、関係者の皆さんに、姉妹都市のソウル特別市江西代表団のみなさんとミス小樽の2人が加わり、浮き玉キャンドルへの点灯式が行われました。

Otaru_20190208_171842

(点灯式)
Otaru_20190208_172927

Otaru_20190208_173059

これで、小樽雪あかりの路21のスタートということですね。

セレモニーでは、平間さと子さんのピアノ演奏が流れ、その後は、浅原冨希子&小樽Sea of Graceのゴスペルも会場に響きました。

Otaru_20190208_173501


いや〜、この日は本当に寒かったのですが、会場は大変な賑わいというか混雑で、運河の散策路は歩くのもままならない状況でした。

Otaru_20190208_173651

ということで、すいません、この日は運河会場の見物はせずに、運河を後にしたんです。

実はこれは毎年のことなんですが、この後、18:30から天狗山会場でも開催されたオープニングセレモニーに、今年も行ってきたんです。が、そちらの報告はまた後日ということで。

小樽雪あかりの路21は、2月8日(金)~2月17日(日)で、ロウソクの点灯時間は、基本午後5時~午後9時までとなっています。お出かけの際は、暖かな服装で!!

※公式サイト:小樽雪あかりの路

※関連ニュース
「小樽雪あかりの路21」…オープニングセレモニー小樽運河 浅草橋街園 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
12万本の灯が照らす 小樽雪あかりの路開幕 (小樽ジャーナル)

【関連記事】
※小樽雪あかりの路関連の記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

【小樽雪あかりの路21】カトリック小樽教会富岡聖堂の幻想的な雪あかりの路

Otaru_20190209_171824


2月8日(金)から始まった、小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路21」。

初日の8日は大寒波に見舞われ、とんでもない寒さの中でのオープニングとなってしまいましたが、その後は変わらず寒いものの、少しは天候も落ち着き(少しですがね)、連日たくさんの観光客が訪れてくれていますね。

さて、小樽雪あかりの路では、運河会場や手宮線会場といった、もともと観光客がたくさん集まる大きな会場の他にも、“あかりの路会場”として市内40カ所でロウソクが灯ってるのですが、その中の小樽雪あかりの路ではお馴染みの「カトリック小樽教会富岡聖堂」に、9日に行ってきました。

カトリック小樽教会富岡聖堂の雪あかりの開催期間は、2月9日(土)・10日(日)の2日間のみなので、残念ながら今年はもう終わってしまってます。


さて、カトリック小樽教会富岡聖堂へは、小樽商大へ向かう地獄坂(商大通り)の途中、右手奥にゴシック様式を取り入れた異国情緒あふれるその教会の姿を目にすることができます。

Otaru_20190209_170136

Otaru_20190209_170154

このカトリック小樽教会富岡聖堂は小樽市指定歴史的建造物でもあるんですよね。

Otaru_20190209_170324

雪あかりの路の期間中は、教会前にお馴染みのハートのオブジェが作られてロウソクが 灯ります。

この日は17時過ぎに行ったのですが、真っ暗になる少し前の、周囲が青く染まるほんのわずかな時間が、とってもいい雰囲気になるんですよね。

Otaru_20190209_171534

この日ですと、17時15分から30分にかけてくらいでしょうか。

Otaru_20190209_171854

Otaru_20190209_172303

元々、富岡聖堂の雪あかりの路は、撮影スポットとしても人気ですが、その時間に合わせて、撮影に訪れる方も多いようで、こんな感じです。

Otaru_20190209_171551

もちろん、暗闇に揺れるロウソクの明かりと照明に浮かぶ教会も素敵です。

富岡聖堂は常時教会内に入ることができ、2階にある聖堂も一般開放されていて、写真撮影もできます。

Otaru_20190209_171222

Otaru_20190209_170820

雪あかりの路では、聖堂にもロウソクが灯されて、とても厳かで幻想的な雰囲気で素敵です。

Otaru_20190209_171249


ということで、カトリック小樽教会富岡聖堂の雪あかりの路の様子でしたが、やっぱりここの雪あかりは素敵ですね。

Otaru_20190209_172318

※以前はカトリック富岡教会と呼んでいたここカトリック小樽教会富岡聖堂ですが、カトリック住ノ江教会とカトリック富岡教会が統合してカトリック小樽教会となり、それぞれ、カトリック小樽教会住ノ江聖堂と富岡聖堂に名前が変わってます。
参考:カトリック富岡教会ホームページ - catholic-tomioka-otaru Jimdoページ

※小樽雪あかりの路21は、2月17日(日)までの10日間の開催です。期間中、ロウソクの優しい明かりが小樽の街を照らします。
公式サイト:小樽雪あかりの路

※小樽雪あかりの路関連の記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。

【関連記事】
小樽にも大寒波がやってきた。積雪も一気に増えてます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年2月 9日 (土)

小樽にも大寒波がやってきた。積雪も一気に増えてます

Otaru_20190208_165444


小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路21」が、いよいよ始まりましたね。

今年で21回目を迎える小樽雪あかりの路は、2月8日(金)~2月17日(日)までの10日間の日程で開催されます。

で、実は本日は小樽雪あかりの路の話題ではなくて、天気の話です。

まるで、この小樽雪あかりの路の開催に合わせたかのように(いや、まったく合わせてもらわなくてよかったのですが…)、とんでもない大寒波が2月8日(金)、北海道に、そして小樽にやってきてます。

そもそも、数日前から小樽は大雪に見舞われて、小樽雪あかりの路の開催にあたって、雪不足も懸念されていたくらいだったのが、2月6日(水)から本格的に降り始め、60cmそこそこだった積雪深が、翌7日(木)の段階で92cmを記録して、一気に30cmほど積もったんですよね(8日現在85cmになってます。※参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp)。

まあ、ここまで例年に比べて雪が少なかったとはいえ、そのうち降るんだろうな〜とは思っていたのですが、こんなに一気にがっつり降られると、雪かきなんかも追いつかず、勘弁して〜、といった感じです。

(あちこちの積雪量が見るからに増えてます)
Otaru_20190208_165215


そして、それに続いてやってきたのが、記録的な大寒波です。

2月8日(金)の小樽の最低気温はなんとマイナス13.6℃(※参考:気象庁|過去の気象データ検索)。

小樽は実は気温が二桁のマイナスになることは、それほどないはずなのですが、それがここまで下がるとは。

しかもこの日は、最高気温もなんとマイナス10.8℃。
ここまで下がると、さすがに寒さが痛いくらいでこたえます。

そんな厳しい寒さの中で、今年の小樽雪あかりの路が始まったわけですが、ボランティアの皆さんは、この寒さの中、大変でしょうが、頑張ってください。

せめてもうちょっと気温が上がってくれるといいのですがね。

Otaru_20190208_170958

2月8日(金)には、小樽雪あかりの路のオープニングセレモニーが浅草橋街園であって、実は私も見に行ってきたんです。上の写真はその時のもので、温度計の気温はマイナス11.9℃ですね。寒いです。

小樽雪あかりの路のセレモニーの報告はまだ後日ということで、まずは初日、ほんとに寒くて、関係者の皆さん、お疲れ様でした。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

梁川通りの「そば処 やま安」で熱々の鍋焼きそばを食べてきた

Otaru_20190123_115928


先日、お昼を食べに、梁川通りにあるそば処やま安に行ってきました。

実はやま安には、前から行きたかったのですが、今回初めて行ったんです。

創業明治45年(1912年)の老舗のお店で、戦後は一時期製麺業を営み、昭和47年(1972年)にそば屋として再開したそうです。

Otaru_20190123_121612

この日もひっきりなしにお客さんが入っていて、お蕎麦屋さんなので、年齢層は高いですが、常連さんも多そうで、人気があるお店なんですよね。

Otaru_20190123_121546

そして、ここは安いんです!
こちらがメニュー。
Otaru_20190123_120817

総じてお安いです。
Otaru_20190123_120823


そして、私がこの日たのんだのは「鍋焼きそば」です。

鍋焼きうどんではなくて、鍋焼きそばですが、これって他でもよくあるメニューなのかな?

やま安の鍋焼きそばは、ずいぶん前ですが、新聞で紹介されていたのを目にして、食べてみたいと思っていたんですよね。

で、こちらがその鍋焼きそばで、なんとこれで600円。

Otaru_20190123_115928

具だくさんで、鶏肉、シイタケ、カマボコ、ナルト、お麩、山菜、ネギ、海苔、揚げ玉といったところかな。

Otaru_20190123_115930

ダシが染みます。
そして、熱々でいつまでも冷めません。

鍋焼きなので、そばはやや柔らかくなってますが、その食感がまたいいですね。

Otaru_20190123_115953

う〜ん、これはこの寒い時期に最適で美味しかったです。ごちそうさまでした。


お店の中は、入って右に小上がりテーブル2つに、中央に4人がけテーブル2つ。左の壁際に4人がけテーブル2つと、その間に4人と2人テーブルを合わせて6人座れるテーブルがありました。

蕎麦のほか、ラーメンも自家製ということで、蕎麦屋のラーメンも食べてみたいですね。うどんは手打ちだそうです。

【店舗情報】※お店情報は2019年1月時点でのものです
営業時間:11:30~15:00
定休日:日曜日
全面喫煙可なのでご了承を。

Otaru_20190123_121554

そば処 やま安 - ホーム(Facebookページ)
※参考:小樽 梁川商店街 | 小樽駅すぐそば、榎本武揚ゆかりの地 昭和の風情が残る商店街
※昔目にした新聞記事:2013年12月18日付北海道新聞夕刊

▶︎食べログ情報:そば処 やま安
▶︎やま安(地図/写真/小樽/ラーメン・つけ麺その他) - ぐるなび
▶︎そば処 やま安(小樽/和食) | ホットペッパーグルメ
▶︎やま安(小樽/そば(蕎麦)) - Retty


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

「第10回冬の小樽がらす市」が今年も2月9日(土)〜11日(月・祝)の3日間、運河プラザ3番庫で開催されます

Otaru_20190205_144251


今年も「第10回冬の小樽がらす市」が、小樽雪あかりの路21の協賛イベントとして運河プラザ3番庫で開催されます。

日程は、小樽雪あかりの路開催翌日の2月9日(土)〜11日(月・祝)の3日間です。

開催時間は、次の通りです。
2月9日(土)・10日(日)17時〜21時
2月11日(月・祝)17時〜20時30分

運河プラザ3番庫というのは、運河プラザに入って左手奥の扉の先のイベントスペースですね。
小樽がらす市は、夏は野外の旧手宮線跡地で開催され、冬はここでの開催となってます。

Otaru_20190205_143505

今回は、市内ガラス工房など13社が出店しているそうで、ガラス作家が制作したガラス製品が展示販売されるほか、制作体験もあるとのこと。

会場内での500円以上の買い物や制作体験でスタンプ1個を押してもらえて、スタンプ4つで景品が当たる抽選会に参加できるそうです。

また、毎年開催されているコンテストは、今年は小樽洋菓子舗ルタオの協賛で、「限定チョコレートサンテリアンに寄り添う器コンテスト」が行われます。来場者に展示された12名の作家による器を見て投票してもらい、グランプリを決定します。

それぞれの作品について、投票した方の中から抽選で1名に、作品と「限定チョコレートサンテリアン」のセットをプレゼントしてくれるそうですよ。

ということで、小樽雪あかりの路に出かけた際には、運河プラザ3番庫で開催される、小樽がらす市にも行ってみてはいかがでしょうか。開催は2月9日(土)〜11日(月・祝)の3日間ですので、お間違えのないように。

小樽市 :第10回 冬の小樽がらす市

※関連ニュース
・2019年2月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
第10回冬の小樽がらす市 2月9日から3日間 (小樽ジャーナル)

【関連記事】
「第9回冬の小樽がらす市」が2月9日〜11日の3日間の日程で運河プラザ3番庫で開催されました
「第10回小樽がらす市」が旧手宮線跡地にて開催中!!〜おたる潮まつり同時開催(7月27日〜29日)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«もうすぐ開幕!!「小樽雪あかりの路21」は2月8日から17日まで〜準備中の手宮線会場の様子