2017年11月18日 (土)

老舗の餅菓子屋「ツルヤ餅菓子舗」で久しぶりに豆大福と草大福

Otaru_20171017_152740


小樽では餅菓子って馴染みが深いですよね。

お餅専門の老舗の餅菓子屋さんも、昔に比べれば減ってしまったようですが、今も何軒かあって、市民の皆さんもお気にりのお店があるのではないでしょうかね。

今回、久しぶりに買いに行ってきたのは、木造の店舗も味わい深い「ツルヤ餅菓子舗」です。

Otaru_20171017_152758

大正時代から続いているという、小樽の老舗の餅菓子屋さんで、入船町側からだと、コープさっぽろ小樽南店の横の坂道を上っていった途中の左側にお店があります。

餅菓子屋さんって、早い時間に行かないと、お目当の人気商品って売り切れちゃうんですが、この日はお昼頃だったものの、お目当の大福がまだありました。

Otaru_20171109_131506

買ったのは、豆大福と草大福(草餅)です。

Otaru_20171109_133141

豆大福は大粒の豆が一杯で、草餅は本当に“草”という感じで、ヨモギの香りが強いんですよね。

あんは粒あんで、優しい甘さの小豆のしっかりとした味わいは、普段、そんなに甘いものを食べない私も好きなんですよね。

もちろん、餅はも〜〜っちりです。

ということで、久しぶりのツルヤの大福でしたが、やっぱり美味しいですね。

(この包装紙もいいですね)
Otaru_20171109_133117

Otaru_20171109_133214

この日はお昼でも大福が売ってましたが、お目当の餅菓子を買うには、午前中に行ったほうがいいですね。
定休日は水曜日。

Otaru_20171109_131612

【関連記事】
小樽は専門のお餅屋さんが多いので、お餅屋さんのカテゴリー「小樽のお餅屋」を作りました

※ツルヤ餅菓子舗の過去の記事です。
人気の餅菓子屋「ツルヤ餅菓子舗」に午後に行ったらやっぱりほとんど売り切れてました
餅菓子は買えなかったのですが、ツルヤ餅菓子舗の建物はやっぱり味わい深い
ツルヤ餅菓子舗
小樽の和菓子・餅菓子を続けて3件/ツルヤ餅菓子舗の豆大福と草餅・みなともちの柏餅・水昌堂のきんつば

※参考:【14位】ツルヤ餅菓子舗(小樽) | 出没!アド街ック天国 | 小樽・積丹・ニセコ | テレビ東京 旅グルメ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

JR小樽駅でガラスアートギャラリー開催中〜冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」(2017-2018)の一環

Otaru_20171114_163743


小樽の玄関口・JR小樽駅では現在、「ガラスアートギャラリー」が今年も開催中です。

これは、先日11月11日(土)から始まった、小樽の冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」の一環です。

ガラスアートギャラリーの開催期間は、2017年11月11日(土)〜2018年1月31日(水)までです。

Otaru_20171114_164157

Otaru_20171114_164212

小樽市内の8つの工房によるガラス・アート作品が、小樽駅を利用する観光客が市民の皆さんを出迎える、ガラスの街・小樽ならではのイベントですね。

今年は中心にきらめくツリーが飾られ、例年になく明るくきらびやかですね。

Otaru_20171114_163736

Otaru_20171114_163758

今年の​ガラスアートギャラリー出展工房については、公式サイト内のこちらで詳しく紹介されていますので、参照してください。
北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト] | 作品展示工房

以下がその各作品です。

glasswork・fu~ga/廣川 雅恵
作品名:snow crystal tree
Otaru_20171114_163803

glass art N+/川田 伸行・川田 由香里
作品名:氷華
Otaru_20171114_163818

イメージ・グラス/木村 由紀子
作品名:Wonderful Winter Wonderland OTARU
Otaru_20171114_163907

KIM GLASS DESIGN/木村 直樹
作品名:雪あかりの街
Otaru_20171114_163902

小樽 il PONTE -イルポンテ-/永田 琢也
作品名:雪男の仮面
Otaru_20171114_163824

大正硝子 創作工房 nico/林 拓緯
作品名:冬の想い出
Otaru_20171114_163913

北一硝子 見学硝子工房/長内 代志子
作品名:雪の結晶 オブジェ
Otaru_20171114_163859

ザ・グラス・スタジオ イン オタル/工房スタッフ一同
作品名:無題
Otaru_20171114_163832


2017年11月11日(土)から始まった今年の「小樽ゆき物語」は、来年の2018年2月18日(日)までの開催で、今年もお隣の「余市ゆき物語」と同時開催です。期間中のその他のイベントなどの詳細は公式サイトでどうぞ。
北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

手宮界隈のみなさんと小樽商大生による公開座談会「小樽のひとに学ぶ〜手宮の歴史文化とまちづくり〜」に参加してきました

Otaru_20171116_004627


手宮界隈のみなさんと小樽商大生による公開座談会「小樽のひとに学ぶ〜手宮の歴史文化とまちづくり〜」というイベントが、11月14日(火)に開催されたので参加してきました。

手宮での「小樽のひとに学ぶ」公開座談会の概要

この公開座談会は、小樽商科大学グローカル戦略推進センター研究支援部門地域経済研究部による、「小樽・後志のひとに学ぶ」プロジェクト第2弾で、昨年の花園編に続いての開催ですが、私は初めての参加でした。

手宮と関わりの深いパネラーたちに小樽商大生を加えて、手宮という地域の歴史や文化、これからのまちづくりについて語って考えていこうというもので、開催主旨については、小樽商大のサイトからの引用させてもらいます。

手宮は、古くから漁業や商業、北海道の鉄道発祥の地として賑わい、小樽の発展の原点となってきた地域です。近年では人口減少などが進む中、地元の人々によってまつりやイベントなど地域活性化の取り組みが活発に行われています。この公開座談会では、手宮の人たちと小樽商大生が語り合うことで、地域の歴史文化とまちづくりについて考えます。
【11月14日】公開座談会「小樽のひとに学ぶ~手宮の歴史文化とまちづくり~」の開催について(終了) - イベント・お知らせ

ということで、古くから港と鉄道によって栄えて、小樽の中でも独自性が感じられる手宮地区は、私もよく足を運ぶ、とても興味深い地域なんですよね。


会場の「おたる千成」の様子

Otaru_20171114_172251

会場は手宮地区にある、昭和8年創業の老舗の寿司屋「おたる千成」(住所は錦町)の2階で入場は無料。

Otaru_20171114_172406

Otaru_20171114_172456

時間は17:30〜20:00までの開催でした。

開催前に申し込みを受け付けていたのですが、定員60名に対してそれを超える申し込みがあったそうで、結局、当日は80名ほどになったそうです。

私が到着した時には、もう会場のおたる千成の2階は、座談会の参加者でびっしりでした(参加者というか、座談会の傍聴者といった感じかな)。

Otaru_20171114_173055

おたる千成


公開座談会の内容と様子

Otaru_20171114_172500

座談会のパネラーは、次の5名と小樽商科大学学生です。
遠藤久子さん(丸い遠藤商店)
嶋影良彌さん(ざっかす嶋影)
佐々木一夫さん(運河プラザ喫茶一番庫)
山下秀治さん(株式会社ヤマシタ)
安斎哲也さん(小樽市議会議員)

パネラーの皆さんは、手宮との関わりが深く、著名な方々ですね。
司会進行は小樽商科大学グローカル戦略推進センター准教授後藤英之先生。

まず、その後の座談会の司会進行も勤めた高野宏康先生(小樽商科大学グローカル戦略推進センター学術研究員)による「手宮の歴史文化とまちづくり」という基調報告があり、その後、第3部まで座談会が続きました。

第1部「手宮のみなさんに学ぶ」…パネラーの皆さんそれぞれによる、手宮との関わり・手宮の魅力・手宮の課題についてのお話。

第2部「手宮と小樽商大生」…手宮に関わる活動をしている商大生数名による、その関わりについての発表。

第3部「手宮の魅力と地域課題を考える」…テーマについて、パネラーの皆さんのお話。

座談会自体はパネラーの皆さんそれぞれがテーマに沿った、手宮への思いを語っていくというのもで、ここで細かく紹介できるような内容ではなかったのですが、聞いていて思ったのは、とにかくみなさん、手宮愛が強いということでした。

【おまけ】
※手宮地区連合町会は、次の11町会とのことです(他にも“通り町会”というのもあるとか)。
厩町会・末広町会・手宮町会・末広三町会・梅ヶ枝町会・豊川町会・清水町会・源町内会・石山町会・東石山町会・錦町会

※配布資料の中には、地元の方による手作りの手宮地図数点や、手宮公園史などがあり、とても興味深いものでした。

Otaru_20171114_173142

Otaru_20171116_004850


おわりに

Otaru_20171114_193642

北海道初の鉄道が敷かれ、石炭の積み出し拠点として繁栄を遂げていた手宮地区は、その歴史からの地域の奥深さはもちろん、地域の方々の地元・手宮への深く・熱い思いが感じらる座談会でした。

座談会の最中に、参加者からの発言があったりもしたのですが、特に年配の方は、手宮は小樽の発展の原点となったという自負があり、手宮に対する愛がとても強いと感じられ、それはとても素晴らしいことですよね。

ただ、実は参加者を見渡すと、ほとんどが年配の方で、若い方がいませんでした。
できれば、こういう地元のことを見つめ直す機会になる場にこそ、若い方が参加してくれるといいのでしょうね。

座談会の話の中で、まずは、地元の人たちが地元に興味を持って、地元の魅力を感じられるようになることが、大事ではないかというような話が何度か出てきたのですが、これは手宮に限らず、小樽市民全体にもいえることだと思います。

ということで、あまり詳しい内容はレポートできませんでしたが、手宮界隈のみなさんと小樽商大生による公開座談会「小樽のひとに学ぶ〜手宮の歴史文化とまちづくり〜」の様子についてでした。

こういう地域を絞った座談会というのは、とても面白いですね。次にまたこのような座談会があれば、ぜひ、参加したいです。

【関連記事】
11月14日開催公開座談会「小樽のひとに学ぶ〜手宮の歴史文化とまちづくり〜」に参加してきます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

いよいよ小樽も雪の季節到来〜11月15日の小樽は一面雪景色に

Otaru_20171115_150206


いや〜、ついにきましたね、雪の季節

11月15日(水)の小樽は、日中から降り始めた湿った雪が夜まで続き、あたり一面は雪景色となりました。

Otaru_20171115_153641

気温も0℃くらいまで下がって、もう冬の寒さですね。

雪は10月下旬に降って以来、時々チラチラと舞ったりはしていましたが、ここまで真っ白に積もるのは、今シーズン初です。

夕方の時点では、それほど激しい雪ではなくて、さほど積もってはいなかったのですが、この記事を書いている夜になっても結構降っているので、明日にどれだけ積もっているのか様子が気になりますね。予報では明日16日(水)も雪が降るようですからね。

まあ、これだけ雪が降って積もらないと、今度は道路がぐちゃぐちゃになって、それはそれで面倒なんですが…

※参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp(15日21:40観測)
Otaru_20171115_21_57_29

※15日21:00観測の小樽のアメダスでは積雪深0です。
Otaru_20171115_21_57_39


ということで、いよいよ、小樽も雪の季節です。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

長崎屋の地下1階に「ギフトプラザささき 小樽店」が11月10日に移転リニューアルオープン

Otaru_20171111_162614


長崎屋の地下1階に、「ギフトプラザささき 小樽店」が11月10日(金)に移転リニューアルオープンしてます。

Otaru_20171111_162637

ギフトプラザささき小樽店は、国道5号線の産業会館のある交差点の一角に店舗を構えていましたが、11月初旬に長崎屋の地下に移転リニューアルオープンするということは店頭に表示されていて、以前、このブログでも掲載してたんですよね(国道5号線の交差点の一角のある「ギフトプラザささき 小樽店」が11月初旬に長崎屋の地下に移転)。

長崎屋の移転場所は、地下食品売り場の反対側の通路沿いで、以前、カフェスペースの「きたカフェ」があったところですね。

Otaru_20171111_162541

きたカフェは2015年6月にオープンしたばかりだったのですが閉店したなのかな?(移転という話は聞いてないのですが…)

(2017年10月10日撮影。この時すでに閉店してました)
Otaru_20171010_154506

ここにギフトプラザささきがオープンして、通路との仕切りがないので、とても開けた雰囲気になって、ギフト商品がたくさん並んでいるので、賑やかな明るい雰囲気になりましたね。

Otaru_20171111_162606

で、あとは気になるのが、国道5号線沿いの交差点に建っていた元の店舗跡ですね。
とても目立つ場所ですから、どうなるのか…

【関連記事】
長崎屋小樽店の地下1階に新しいカフェスペース「きたカフェ」ができてました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

静屋通りに駐車場(コインパーキング)ができてたけど、ここには何があったっけ?

街中を歩いていると、ふと小さな駐車場が新しくできているのに気づくことがあります。

Otaru_20171104_125708


普段、歩いているところでも、なんとなく見ていて気づかないことも多く、ある時にふと、あれ?こんなとこに駐車場ができてる!?って気づいたりするんですよね。

そんな時、ここって以前は何が建っていたかな?って、すぐに思い出せない時が結構あったりします。


で、前置きが長くなりましたが、そんな駐車場を先日、静屋通りを歩いていて目にしました。

ここです(2017年11月4日撮影)。
Otaru_20171104_125937

モスバーガーのある日銀通り側から静屋通りに入って、数軒先の右手に駐車場(コインパーキング)ができてました。

いつできたのかな。結構、ここは歩くんですけどね。

Otaru_20171104_125732_2

そして、以前はここに何があったのか、やっぱり気になったのでちょっと調べて見たら、ここは以前、カフェバール(Cafe BaaL)があったところですね。

バールといえば、ステーキ丼が人気ですが、2016年6月に稲穂町の国道5号線沿いに移転していて(移転先は以前、らーめん一番があった場所です)、ここ静屋通りの店舗跡はそのまま空き店舗になっていたのかな。

(2016年9月30日撮影)
Otaru_20160930_152241


こうやって、知らないうちに建物がなくなっていることって、結構あったりするんですよね。

個人のブログでは、そのような街の変化をくまなくチェックすることはできませんが、気付いたところは、できるだけ記録としても残しておきたいと思ってます。


ちなみに、今回のこの駐車場の場所は、ツタの絡まる蔵を利用した店舗が印象的な、二代目叫児楼の斜め向かいになります。

(都通りへ通じる小路から見たところ。左が今回の駐車場)
Otaru_20171104_125640

(二代目叫児楼)
Otaru_20171104_125656

※参考:2016年6月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(「Cafe BaaL ステーキ丼」について)

【関連記事】
稲穂町にあった「らーめん一番」が入船町に移転してました(まだ行ってませんが)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月14日開催公開座談会「小樽のひとに学ぶ〜手宮の歴史文化とまちづくり〜」に参加してきます

Otaru_20171109_124647


11月14日(火)に開催される、手宮界隈のみなさんと小樽商大生による公開座談会「小樽のひとに学ぶ〜手宮の歴史文化とまちづくり〜」に参加してきます。

この公開座談会は、小樽商科大学グローカル戦略推進センター研究支援部門地域経済研究部による、「小樽・後志のひとに学ぶ」プロジェクト第2弾で、昨年の花園編に続いての開催のとのことです。

入場無料ですが、すでに申し込みは締め切っています(定員60名。会場は錦町のおたる千成で、時間は17:30〜20:00)。

手宮は、古くから港と鉄道によって栄えて、小樽の中でも独自性が感じられる地区てすよね。

小樽全体がそうであるように、手宮地区も人口減少が続いているようですが、かつての繁栄の名残などの、歴史・文化を感じさせるスポットが数多く残されているので、私も興味深くよく足を運びます。地域のお祭りやイベントも積極的に行われているんですよね。

そんな手宮で行われる、数名のパネラーと小樽商大生による公開座談会、どんな話が展開されるのか、とても楽しみにしています。

参加してきた感想などは、また追ってブログで紹介しますね。

以下、小樽商大のサイトからの引用です。

手宮は、古くから漁業や商業、北海道の鉄道発祥の地として賑わい、小樽の発展の原点となってきた地域です。近年では人口減少などが進む中、地元の人々によってまつりやイベントなど地域活性化の取り組みが活発に行われています。この公開座談会では、手宮の人たちと小樽商大生が語り合うことで、地域の歴史文化とまちづくりについて考えます。
【11月14日】公開座談会「小樽のひとに学ぶ~手宮の歴史文化とまちづくり~」の開催について - イベント・お知らせ

※参照サイト:CGS 研究支援部門 | 小樽商科大学グローカル戦略推進センター


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

初日悪天候で中止の「第10回小樽しゃこ祭」は2日目は無事開催されました

Otaru_20171112_1429191


すっかりこの時期恒例のイベントとなった「第10回小樽しゃこ祭」。今年(2017年)は11月11日(土)・12日(日)の2日間の日程で開催される予定だったのですが、ご存知の方も多いと思いますが、初日の11日(土)は、強風と雨が吹き荒れる悪天候のために中止になってしまったんですよね。

で、開催が心配された、翌日12日(日)の小樽の天候ですが、気温は低かったものの、雨も上がり風も収まり、時折青空も見られる天気で、しゃこ祭は無事開催されました。良かったですね!

今年も会場は、小樽駅前の中央通りから運河の中央橋を渡ってさらに先の右側にある、おたるマリン広場(小樽港第3号ふ頭多目的広場)で、開催時間は10:00~15:00まで。

本当は11日に行く予定だったのですが、12日に14時半くらいと遅い時間だったのですが、その様子だけでもと見に行ってきました。

Otaru_20171112_143218

会場入り口では、公式キャラクターの「荒波しゃこ次郎」が出迎えてくれます。

Otaru_20171112_142519

10回目を迎えた、この小樽産のシャコをPRする美味しいイベント「小樽しゃこ祭」は、すっかり人気のイベントですよね、

小樽産のシャコは、大ぶりで美味しいと評判なんですが、このイベント会場の茹でシャコは、漁業者が厳選したLサイズのみを使用しているとかで楽しみにしている方も多く、初日に中止にがっかりした方も多かったのではないでしょうかね。

今回は、ざっと見てきただけなので、詳しいレポートはできませんが、この時はそろそろイベント終了時間にもかかわらず、結構な数のお客さんが、小樽産のシャコの様々な料理を楽しんでいました。

Otaru_20171112_142539

Otaru_20171112_142547

Otaru_20171112_142858

Otaru_20171112_142917

Otaru_20171112_143453

(イベント終盤で買い求めるお客さんは少なくなってました)
Otaru_20171112_142934

Otaru_20171112_143112

この時、ちょうどじゃんけん大会が始まって、会場は大盛り上がりでした。

Otaru_20171112_143055

会場入ってすぐ左のテントでは、これも毎年ですが、活シャコが水槽で展示されていて、その横では触ることもできます。

Otaru_20171112_142608

会場向かいの観光船待合室では、小樽商業高校全面協力によるしゃこせんべい実演販売が行われていたのですが…

Otaru_20171112_143400

なんとしゃこせんべいは売り切れでした。人気ありますね。

Otaru_20171112_143300

ちなみに、小樽沿岸のシャコ漁は春と秋の2回行われていて、今は秋シャコ漁の真っ最中で、市内の市場やスーパーでは小樽産シャコがたくさん並んでます。

10月15日から解禁になった秋の漁期は12月10日(日)までですので、まだしばらくは、小樽産シャコを味わえますね。

ということで、今年は1日だけの開催になってしまいましたが、「第10回小樽しゃこ祭」の様子でした。

※参考
第10回小樽しゃこ祭…11/11(土)・11/12(日) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会
おたる産しゃこ - ホーム

【関連記事】
【告知】今年も「第10回小樽しゃこ祭」が11月11日(土)・12日(日)の2日間の日程で開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2017〜2018)が始まりました〜運河プラザの浮き玉ツリーとワイングラスタワー、そして青の運河も点灯

Otaru_20171111_163335


11月11日(土)の小樽は酷い天気でした。
朝から強風が吹き荒れて、時折激しく降る雨はみぞれに変わるほどで、とても寒い1日でした。

この悪天候で、この日から始まった「小樽ゆき物語」の浅草橋街園で予定されていたオープニングセレモニーは、運河プラザでの開催に変更になったんですよね。

ということで、オープニングセレモニーにはほとんど間に合わなかったのですが、運河プラザの様子をちょっと見に行ってきました。


運河プラザの前庭には、小樽ゆき物語ではお馴染み、浮き玉200個を展示する高さ約3mの浮き玉ツリーが点灯していました。

Otaru_20171111_163343

浮き玉ツリーの開催期間は、2017年11月11日(土)〜2018年1月31日(水)までです(点灯時間は、基本16:00〜24:00)。


運河プラザに入ると、オープニングセレモニー終盤のゴスペルミニステージの最中でした。

Otaru_20171111_163519

後ろには、こちらもイベントのシンボル的な、ワイングラス2000個を積み上げたワイングラスタワーがライトアップされてました。

このワイングラスタワー前には日付の表示があって、記念撮影スポットにもなっています。

Otaru_20171111_164410

色が徐々に変わっていき、とても綺麗なんですよね。
ワイングラスタワーの開催期間は、2017年11月11日(土)〜2018年2月18日(日)までです。


実は、オープニングセレモニーには、小樽のご当地キャラクターとして大人気の「おたる運がっぱ」も参加していて、この後は撮影会になってました。

Otaru_20171111_164357

相変わらず可愛いですね。
Otaru_20171111_164455

(後ろ姿も可愛い)
Otaru_20171111_164426

本当に運がっぱは、あちこちのイベントに引っ張りだこで大活躍ですね!


そして、小樽ゆき物語のメインとも言える「青の運河」も始まりました。

Otaru_20171111_164652

小樽運河の浅草橋から中央橋の区間で、橋の欄干や運河沿いの散策路に設置された青色LEDのイルミネーションが、運河を幻想的に照らしています。

Otaru_20171111_164558

Otaru_20171111_164610

この日はあいにくの悪天候だったので、また日を改めてゆっくり見に行こうと思います。

Otaru_20171111_164629

青の運河の開催期間は2017年11月11日(土)〜2018年1月31日(水)までで、点灯時間は日没~22:30です。日没後の完全に日が暮れる前が、結構綺麗なんですよね。


ということで、11月11日(土)から始まった小樽の冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」は、2018年2月18日(日)までの開催で、余市ゆき物語と同時開催です。

Otaru_20171111_163430

期間中のイベントなどの詳細は公式サイトでどうぞ。
北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

【告知】小樽ゆき物語が2017年も11月11日から開催〜運河プラザでは浮き玉ツリーとワイングラスタワーが出番を待ってます

Otaru_20171109_124728


今年も小樽の冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」が、2017年11月11日(土)〜2018年2月18日(日)の期間で開催されます。今年も余市ゆき物語との同時開催ですね。

小樽運河が青色LEDのイルミネーションで幻想的に彩られる「青の運河」、お馴染みの運河プラザ前庭での「浮き玉ツリー」や運河プラザ内での「ワイングラスタワー」、JR小樽駅での「ガラスアートギャラリー」などなど、今年も様々なイベントで小樽の冬を楽しませてくれそうです。

初日の11月11日(土)には、淺草橋街園にてオープニングセレモニー(16:00〜ゴスペルミニステージ)と点灯式が開催されるとのことですが、ちょと天気が心配ですね。

《追記 2017.11.11》11月11日(土)の小樽は強風が吹き荒れる天気で、浅草橋街園でのオープニングセレモニーは運河プラザでの開催に変更になりました。
参照:しゃこ祭り中止お知らせ | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会

(昨年の「青の運河」の様子)
Otaru_20161210_204645


出番を待つ運河プラザの浮き玉ツリーとワイングラスタワー

先日(11月9日)に運河プラザに行ったのですが、運河プラザ前庭​ではまだ点灯してませんが、小樽ゆき物語ではお馴染みの浮き玉ツリーが出番を待ってました。

Otaru_20171109_124538

Otaru_20171109_124550

浮き玉200個を展示する高さ約3mの浮き玉ツリーの開催期間は、2017年11月11日(土)〜2018年1月31日(水)までです。

そして、運河プラザ内では、ワイングラス2000個を積み上げたワイングラスタワーも準備中でしたよ。

Otaru_20171109_124655

作成中との貼り紙がありましたが、もう積み上がってますね。

Otaru_20171109_124702

ワイングラスタワーの開催期間は、2017年11月11日(土)〜2018年2月18日(日)までです。


ということで、今年もこのイベント「小樽ゆき物語」が、小樽の冬を楽しく盛り上げてくれそうです。

※期間中のイベントなどの詳細は公式サイトでどうぞ。
北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※参考:小樽ゆき物語・余市ゆき物語…2017.11/11(金)~2018.2/18(日) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【告知】今年も「第10回小樽しゃこ祭」が11月11日(土)・12日(日)の2日間の日程で開催