2019年11月14日 (木)

稲北十字街近くの味たつ亭が閉まっている!?【情報提供】

Otaru_20191113-150420

2週間ほど前に、読者さんから稲北十字街近くの国道5号線沿いのラーメンやトンカツの店「味たつ亭」が閉店しているようだという情報をもらいました。

で、見に行ってみると…

Otaru_20191113-150249

Otaru_20191113-150359

確かに、のれんや看板は出てなくて、営業している感じはもうなく、一階部分の駐車場は、横で行われている道路工事の資材置き場みたくなっていました。

Otaru_20191113-150406

情報によると、数ヵ月前には臨時休業の掲示があったそうですが、現在は店頭に張り紙等のお知らせは見当たらず、実際にはどういう状況なのか、いつからか閉まっているのか、休業なのか閉店なのか、などといった詳細は分かりません。すいません。

もし、詳しいことをご存知の方は、コメントにでも情報をいただけると、助かりますので、よろしくお願いいたします。

すいません、私はお店に食べにいったことがなかったのですが、閉店となると残念ですね。

※以下は、2016年4月撮影の営業中の写真です。
Otaru_20160416-145143

Otaru_20160416-162223

Otaru_20160416-162231

Otaru_20160416-162240

Otaru_20160416-162346

(グーグルマップでも閉鎖と表示されてました)

| | コメント (1)

JR小樽駅構内でガラスアートギャラリーが開催中〜駅で雪だるまがお出迎え!!【小樽ゆき物語2019〜2020】

Otaru_20191109-095518

小樽の冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」の一環で、今年もJR小樽駅構内でガラスアートギャラリーが開催中です。

今シーズンのガラスアートギャラリーの開催期間は、2019年11月6日(水)〜2020年2月2日(日)まで。

JR小樽駅構内の改札前にガラス・アート作品が展示される、すっかりお馴染みのこのガラスアートギャラリーですが、今年も小樽市内の8つの工房による作品が展示されています。

今年のテーマは昨年に続いて「雪だるま」です。

中央に大きな雪だるまが展示されていて、その周囲の作品とともに、駅を利用する観光客や市民を出迎えています。

Otaru_20191109-095638

私が見に行った時も、多く方が足を止めて作品を覗き込んで楽しんでいましたよ。

Otaru_20191109-095546

小樽はガラスの街でもあるので、これはぴったりのイベントですね。

各展示の前には、作品の紹介パネルがあるのですが、そこにカードがあって、手に取ると裏には出展工房一覧が書かれています。

Otaru_20191109-100444

QRコードからは、公式サイト内のガラスアートギャラリー出展工房一覧に接続することができます。

Otaru_20191109-100449

​ガラスアートギャラリー出展工房

では、作品を一通り見ていきますね。
※カッコ内は作家名(敬称略)

Snow“Wedding”Story/アトリエ・セツ(山田セツ)
Otaru_20191109-095627

日本 cha-cha-cha/イメージ・グラス(木村由紀子)
Otaru_20191109-095616

ゆきだるもんすたー/小樽 il PONTE(新戸部悠介)
Otaru_20191109-095707

キャンドルスタンド “ポインセチアと雪だるま”/北一硝子見学工房(長内代志子)
Otaru_20191109-095551

こおりゆきだるま/KIM GLASS DESIGN(木村直樹)
Otaru_20191109-095620

まちがいさがし/glass art N+(川田由香里)
Otaru_20191109-100415

雪だるまのチェス/glass work・fu-ga(グラスワーク・フーガ)(廣川雅恵)
Otaru_20191109-100421

One Team/ザ・グラス・スタジオインオタル
Otaru_20191109-095655

​ARアプリを使って雪だるまが動き出す

ガラスアートギャラリーの駅出入り口側に、小さめなんですがパネルがあります。

Otaru_20191109-095525

「あれ?雪だるまが何か言いいたそうだよ?」

Otaru_20191109-095530

実はこれ、ARアプリを使ってスマホを雪だるまにかざすと、雪だるまが動き出すんですね!!
※専用無料アプリのダウンロードが必要です。

以下はツイッターに投稿した動画です。

あっ、雪だるまに顔が!!

なかなかうまく撮れませんでしたが、これは楽しいかも。

​おわりに

ということで、小樽ゆき物語のイベントの一環として、今年も小樽駅構内で開催中のガラスアートギャラリーの様子でした。

展示は2020年2月2日(日)までなので、しばらく楽しむことができますね。

Otaru_20191109-095645

※今シーズンの小樽ゆき物語の開催期間は、2019年11月1日(金)〜2020年2月16日(日)までです。期間中のイベントなどの詳細は公式サイトで。
北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※参考
小樽駅ゆき物語 ガラスアートギャラリー(小樽ジャーナル)
「小樽.余市ゆき物語」ガラスアートギャラリー…(11/6~2/2)JR小樽駅コンコース | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。
※昨年の様子です。
JR小樽駅でガラスアートギャラリー開催中〜今年は雪だるまがお出迎え!!【小樽ゆき物語2018〜2019】

| | コメント (1)

2019年11月13日 (水)

北照高校へ向かう坂の途中にある「おこばち公園」〜表示はないけど公園No.22

先日、最上町を巡ってきたのですが、道道956号小樽環状線から分かれて北照高校へと続くまっすぐな坂道を上っていたら、かなり坂の上の左手に小さな公園がありました。住所は最上2丁目になります。

この公園は「おこばち公園」という名称ですね。看板がありました(写真は2019年11月2日撮影)。

Otaru_20191102-105438

Otaru_20191102-105453

ということで、久しぶりの小樽の公園シリーズです。

おこばち公園は、先ほどの看板によると小樽市管理ですが、このシリーズの小さな公園となる児童公園(街区公園)にあった公園番号は表示されてませんね。

そこで、いつも参照している小樽市HP内の小樽市 :都市計画施設(公園一覧表)を確認してみると、分類は街区公園で、番号は22になるようです。

小さな公園ですが、とても綺麗になってますね。

Otaru_20191102-105505

Otaru_20191102-105519

Otaru_20191102-105547

それにしても、この公園前の通りは、まっすぐですね(ボール遊び中にボールが道路に出たら、どこまでも転がっていきそう…)。

(公園前の坂。下を見たところ)
Otaru_20191102-105441

(こちらは坂の上。上った先に北照高校がある)
Otaru_20191102-105603

ということで、最上町の北照高校へ向かう坂の途中にあった「おこばち公園」の様子でした。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」(2019〜2020)が11/1より始まってます〜青の運河・浮き玉ツリー・ワイングラスタワーの様子

Otaru_20191103-171200

先日、小樽も雪が降り、本格的な冬ももうすぐそこまできていますが、今年も11月1日(金)から、小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」が始まってます。

今シーズンの小樽ゆき物語の開催期間は、2019年11月1日(金)から来年(2020年)の2月16日(日)までで、今回も余市ゆき物語と同時開催です。

今回も色々と企画が用意されているようですが、小樽ゆき物語といえば、という感じの小樽運河の「青の運河」、運河プラザ前の「浮き玉ツリー」、運河プラザ内の「ワイングラスタワー」は今年も行われているということで、早速、その3つの様子を見に行ってきました(まだ、雪は積もってないですけどね)。

※公式サイト:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

小樽運河が​青の運河に

まずは、すっかりお馴染みの「青の運河」です。

Otaru_20191103-170420

今年も観光客で賑わう、小樽運河の浅草橋から中央橋の区間の橋の欄干や運河沿いの散策路に、青色LEDを約1万個飾り、運河を幻想的に青く照らして、青の運河となっています。

青の運河開催期間:2019年11月1日(金)~2020年2月2日(日)
点灯時間:日没~22:30

Otaru_20191103-170530

運河クルーズも青色の電飾で飾られてますね。

Otaru_20191103-170732

Otaru_20191103-170942

Otaru_20191103-171200

運河プラザ前の浮き玉ツリー

運河プラザ前庭には、おなじみの「浮き玉ツリー」が飾られていて、撮影スポットになっています。

Otaru_20191103-130307

浮き玉150個に電飾が施されて点滅する、高さ約3mのツリーです。

浮き玉ツリー開催期間:2019年11月1日(金)〜2020年2月2日(日)
点灯時間:16:00~24:00

Otaru_20191103-164523

Otaru_20191103-170158

運河プラザ内のワイングラスタワー

こちらもお馴染みの運河プラザ内に組まれた「ワイングラスタワー」です。

Otaru_20191103-165949

このワイングラスタワーは、小樽の市民団体「ヤングシップ」が担当していて、昨年からは小樽未来創造高校の生徒さんたちも組み立てに参加しているそうで、ワイングラス約2000個を積み上げているそうでうすよ(※参照:2019年10月31日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄)。

ワイングラスタワー開催期間:2019年11月1日(金)〜2020年2月16日(日)
点灯時間:9:00~24:00

Otaru_20191103-165958

色が徐々に変わっていくんですよね。

Otaru_20191103-170100

Otaru_20191103-170113

ワイングラスタワーの灯る運河プラザでは、2019年11月~2020年1月までの各土曜日(12月28日と2020年1月4日は除く)に、キャンドルバーが開店しています。時間は19:00~22:00です。

おわりに

ということで、今年もロングランイベント「小樽ゆき物語」が始まっている小樽です。

これから本格的にやってくる厳しい寒さの冬も、イベントで楽しく過ごしたいですね。

※期間中のイベントなどの詳細は公式サイトで。
北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※参考
小樽.余市ゆき物語…(2019.11/1~2020.2/16) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2019年11月2日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄及び第2社会欄

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます

| | コメント (2)

ん?スマイルホテル小樽が「THE GREEN OTARU」に!?

ん?中央通りの稲穂町の交差点にあった「スマイルホテル小樽」の看板が、「THE GREEN OTARU」という看板に変わってますね。

Otaru_20191103-125728

駅前の中央通りを下りて行って、北陸銀行のある交差点左に、通りを挟んで2棟あったスマイルホテル小樽ですが、どちらも看板が「THE GREEN OTARU」になっています。

Otaru_20191103-125705

実は、確かに今年の冬にニュースで、スマイルホテル小樽本館が建て替えで、2021年春にも「ザ・グリーン小樽」として開業するという報道があったんですよね(参照:2019年1月31日付北海道新聞朝刊経済欄。ブログ記事はこちら:ニュースより/スマイルホテル小樽本館が建て替えで、2021年春にも「ザ・グリーン小樽」に)。

ただ、ニュースに比べて随分と時期が早いですし、ニュースでは建て替えは山側の本館で、通りを挟んで向かいの別館は「スマイルホテル小樽」として従来通りに営業するということでしたが、看板は両館とも変わってますし、スマイルホテル小樽のサイトを見に行っても、すでにエラーになって閉鎖されています。

Otaru_20191103-125622

さらに遡ると、そもそもここは緑色の看板が記憶に残る「小樽グリーンホテル」だったんですよね。

それが、小樽グリーンホテルがスマイルホテルを展開している会社と契約して、2014年11月1日から「スマイルホテル小樽」として営業していたんですよね(それについてはこちらの記事を:中央通りの交差点にあった「小樽グリーンホテル」は、11月1日より「スマイルホテル小樽」に変わってました

ちょっと一般市民には詳しい背景、経緯は分からないのですが、ホテルの名称が変わったということで、ホテルの会社(株式会社 小樽グリーンホテル)のサイトもありました(なにやら新しい施設もできるようです)。
THE GREEN | ビジネスホテル ドミトリー
THE GREEN OTARU | 函館本線「小樽駅」徒歩約3分

Otaru_20191103-125634

ちなみに、あちこちの宿泊予約サイトを見ていると、11月1日より「THE GREEN OTARUになったという記述も見られましたが、すいません、やっぱり詳細はよく分かりませんでした。

そのうち、ニュースがあるのかないのか、分かりませんが、ちょっと気になったのでブログに書き留めておきました。

※参考:THE GREEN OTARU(旧スマイルホテル小樽) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

Otaru_20191103-125816

▼宿泊予約サイト
THE GREEN OTARU(旧スマイルホテル小樽) - 宿泊予約は【じゃらんnet】
THE GREEN OTARU(楽天トラベル)

| | コメント (0)

小樽観光プロジェクト「小樽観光ガイドツアー」に参加してきました(2019年11月3日開催)

Otaru_20191103-151900

少し前なんですが、11月3日(日・文化の日)に小樽観光プロジェクト小樽観光ガイドツアー」というイベントが開催されたので、参加してきました。

小樽観光プロジェクトは小樽商工会議所青年部によるもので、観光客へのおもてなし、市民には観光地「小樽」の再認識と郷土愛の醸成を目的にしているとのことで、昨年に続いて開催されました。

そのプロジェクトの一環で開催されたのが、おたる案内人ボランティアガイドの会によるこの小樽観光ガイドツアーで、私は昨年は参加できなかったので、今回が初の参加でした。

(集合会場は運河プラザ)
Otaru_20191103-130337

小樽観光ガイドツアーについて

Otaru_20191103-130434

小樽観光ガイドツアー参加者には、小樽の歴史的建造物やおたる案内人のおすすめ観光コースを掲載して、英語も併記されて刷新された、小樽商工会議所青年部による小樽観光ガイドブックが配布されました。

Otaru_20191103-130805

小樽観光ガイドツアーもそのガイドブックに掲載された、北運河を含む小樽運河、旧手宮線、そして色内大通り周辺の歴史的建造物を中心に巡るコースを元に回ったのですが、今回は、日本遺産、北前船にもスポットを当てた案内になってました。

ちなみに、この小樽観光ガイドツアーは事前申し込みを受け付けていたのですが、当日参加もOKとのことで、私は当日参加でした。

当日は運河プラザ三番庫ギャラリーで13:00から受付で、13:30~14:00にはおたる案内人ボランティアガイドの会・阿部英一氏による、今回回るコースや日本遺産についてなど、小樽についての知識を深める講演会があり、その後にガイドツアーへ出発となりました。

Otaru_20191103-133914

当日の参加者はなんと100名を超えていたようで、ガイドツアーは各班10名ほどの10班に分かれて、1〜2名のガイドの方とともに運河プラザを出発。途中休憩を挟み、およそ3時間弱、詳しい解説と共にたっぷりと見学してきましたよ。

※参照:小樽観光プロジェクト開催のご案内 – 小樽商工会議所青年部

小樽観光ガイドツアーの様子

では、ざっとですが、小樽観光ガイドツアーの様子として、いくつかの歴史的建造物などをピックアップして掲載しますね。

ツアーの10班は半分づつ、北運河・旧手宮線方面と、色内大通りの銀行などの歴史的建造物方面に分かれて出発し、私の班は後者でまず色内大通りに向かいました。

(旧安田銀行小樽支店)
Otaru_20191103-141558

各歴史的建造物の詳細はここでは省きますが、改めてこの辺りは見所いっぱい、見ごたえたっぷりなんですよね。

(旧第四十七銀行小樽支店)
Otaru_20191103-142049

(旧塚本商店(旧(株)丸市 後藤商店))
Otaru_20191103-142351

(旧小樽商工会議所)
Otaru_20191103-142743

(旧越中屋ホテル)
Otaru_20191103-143058

(旧三井銀行小樽支店)
Otaru_20191103-143419

(旧三菱銀行小樽支店)
Otaru_20191103-143914

(旧北海道拓殖銀行小樽支店)
Otaru_20191103-144515

それにしても、大勢の参加者が被らないように、各班の案内人が上手にガイドをしていたのが印象的で、お見事でした。

今回のツアーの目玉ともいえるのが、普段立ち入ることのできない小樽指定歴史的建造物の旧第一銀行小樽支店(現 (株)トップジェント・ファッション・コア)に入って見学できるというものでした。

(旧第一銀行小樽支店)
Otaru_20191103-144418

現在は、紳士服の縫製加工を行なっている(株)トップジェント・ファッション・コアの会社となっていて、2階の防犯のための回廊や、1階金庫室を見学できました。

建物内の写真撮影は商品以外はOKとのことだったので、お言葉に甘えて掲載させていただきますね。

(2階の回廊の様子)
Otaru_20191103-145150

Otaru_20191103-145236

内部の2階吹き抜けの状態は、もとのままだそうで、そのまま使われているというのが、素晴らしくて生々しくて、とても印象的でした。

本当に、これは貴重なものを見せていただきました。関係者の皆様、どうもありがとうございました。

そこから観光客で賑わう運河に出て、一旦、運河プラザに戻って休憩です。

Otaru_20191103-150501

Otaru_20191103-151407

(運河プラザで一旦休憩)
Otaru_20191103-152517

そして、後半はまずは北運河へ。

(旧小樽倉庫)
Otaru_20191103-153842

(旧大家倉庫)
Otaru_20191103-154336

(旧北海製罐倉庫(株)第3倉庫)
Otaru_20191103-154516

Otaru_20191103-155323

(旧渋澤倉庫)
Otaru_20191103-155358

Otaru_20191103-160041

(旧右近倉庫)
Otaru_20191103-160621

北運河周辺の倉庫群を見つつ、運河公園の国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店へ(現在修理工事のため長期休館中)。

Otaru_20191103-161655

ここから旧手宮線の散策路を旧手宮線関連の案内と共に戻っていきます。

Otaru_20191103-162620

途中、色内大通りに入って、歴史的建造物の旧早川支店(現「vivre sa vie + mi-yyu」)などを見学しつつ運河プラザに戻って、ガイドツアーは終了です。

(田中酒造店)
Otaru_20191103-163201

(旧早川支店)
Otaru_20191103-164043

もちろん、他にも色々な建物などをガイドしていただきましたが、そのうちのいくつかを掲載しました。

おわりに

(運河プラザに戻り、挨拶があって解散となりました)
Otaru_20191103-165440

時間としては、本当にたっぷりと3時間近くのガイドツアーだったのですが、案内人の方も話がとてもスムースで、知識もさすがで、年号や人名なども含めて、よく覚えてられるな〜と、感心しきりで、長い時間も全然気になりませんでした。

帰りには、お土産までもらってしまって、参加無料なのにすいません。

Otaru_20191103-165914

そうそう、小樽観光プロジェクトの一環で、小樽駅前からの中央通りの旧手宮線から運河プラザまでを、白色のLED電球で装飾するイルミネーション「運河へつづく白い路」も、この日から実施されています。

ということで、小樽観光プロジェクト「小樽観光ガイドツアー」の様子でしたが、まだまだ知らないこともたくさんあり、知っている内容でも再確認、再認識、再勉強となった充実したガイドツアーでした。

来年もあったら参加しようかな。

※参照:小樽観光プロジェクト開催のご案内 – 小樽商工会議所青年部

※参考ニュース
おたる案内人ガイドツアー 小樽観光プロジェクト
小樽観光プロジェクト開催 商工会議所青年部 
・2019年11月4日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
旧第一銀行小樽支店(現 (株)トップジェント・ファッション・コア)

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

小樽市の冬期通行止め道路情報(小樽市HPより)〜市道天狗山観光線・市道松山線・道道小樽定山渓線【2019年(令和元年)】

Otaru_20181020_105940
(写真は2018年10月撮影。市道天狗山観光線)

11月に入っても比較的穏やかな天気が続いていたのですが、小樽もここ数日ぐっと冷え込み、先日は雪も降って、冬はもうすぐそこまでやってきてますね。

11月になると、雪が降る日も増えてきて道路状況も悪くなり、車の運転にも注意が必要な季節になりますよね。もうタイヤ交換をした方も多いのではないでしょうか。

小樽市では、各観光施設等に至る道路で、毎年冬期通行止めになる道路があるのですが、冬期通行止めになる市道、道道の情報は、小樽市HPに掲載されるので、今年も当ブログにも掲載しますね。

北照高校グラウンドから天狗山山頂に至る道路(市道天狗山観光線)
11月6日(水)〜2020年4月16日(木)

小樽商業高校から旭展望台に至る道路(市道松山線)
11月20日(水)〜2020年4月9日(木)

ループ橋入り口から朝里峠トンネルの夜間通行止め(道道小樽定山渓線)
11月1日(金)〜2020年4月20日(月)
通行止め時間:午後7時〜午前7時(予定)

※日程は積雪状況により変更があるとのことです。

以上が小樽市からお知らせとして出ている、冬期通行止め情報です。

すでに通行止になっている道路もあるので、出かける時には要注意ですね。

※参照:
小樽市 :おたる月間イベント情報
小樽市 :秋のおすすめ情報

※参考:小樽市道・道道冬期通行止めのお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
・小樽市の冬期通行止め道路情報(小樽市HPより)〜市道天狗山観光線
・市道松山線・道道小樽定山渓線【2018年(平成30年)】

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

いよいよ雪の季節。11月7日に小樽でも雪が降りました

Otaru_20191107-132753

天気のお話です。
いよいよやってきましたね。11月7日(木)に小樽で雪が降りました。

7日のお昼過ぎにみぞれが降りだして、すぐ止むのかなと思ったのですが、結局、その後もほぼ雪の状態になってはらはらと降り続き、あたりはうっすらとですが、雪化粧をしてました。

7日からは気温もぐっと冷え込み、朝8:50の7.1℃を最高に日中は下がり続け、深夜には0.1℃まで下がり、日付変わって8日(金)00:19には、ついにマイナス0.4℃を記録してます(参照:気象庁|過去の気象データ検索 )。

8日は日中も気温は4℃ちょっとくらいまでしか上がらず、少しですが雪もはらっと降ってました。

Otaru_20191108-083433

ちなみに、小樽には、職員が常駐する観測所がなく、正式な初雪宣言がされないんですが、2019年11月8日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄によると、実は4日夜に無人観測装置でみぞれが観測されているそうです(みぞれは初雪として観測され、あられは初雪には含まれないそうです)。

けど、実感としては、今年の初雪は11月7日ですよね。お隣札幌も、気象台が今年の初雪を11月7日に観測しています(※参照:北海道の初雪などの観測状況|札幌管区気象台ホームページ)。

で、今年は初雪が遅いと思っていたのですが、実は昨年がものすごく遅かったんですよね。

ちょっとブログで確認してみると、昨年(2018年)は11月20日朝にようやくうっすらと積もり、21日にそこそこ降ってました。なので、今年は昨年よりは早いんですよね。とはいえ、例年に比べると、遅いかな。

今年の初雪を仮に11月7日として、当ブログの初雪の過去記事を遡ると、昨年2018年が11月20日、2017年が10月23日、2016年は10月20日、2015年が10月25日、2014年が10月28日、2013年が11月8日、2012年は11月15日となっていて、もちろん、これらは公式記録ではなく、個人のブログの記録ですが、結構、幅がありますね。

ということで、この雪は溶けて、いったんは天候も落ち着くでしょうが、いよいよ雪の季節がやってきましたね。

【関連記事】
※昨年の記事です。
随分と遅くなりましたが、ついに小樽にも雪の季節がやってきました
道内で初雪を観測した11月14日、小樽ではあられが降ったけど雪はまだ

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

あらためまして、2019年秋の「小樽しゃこ祭」は開催中止となってます

夏にお知らせがあって、このブログでも取り上げたのですが、例年、11月のこの時期に開催されていた「小樽しゃこ祭」は、シャコ漁の不漁により、今年(令和元年度)の開催は中止になってます。

(写真は過去開催のものです)
Otaru_20181110_150122

この秋で12回目を迎えるはずだった「小樽しゃこ祭」ですが、すっかり人気のイベントとして定着してきていて、楽しみにしていた方も多かったと思うので、中止は残念ですね。

小樽沿岸のシャコ漁は、春と秋の2回行われていて、今年の春が不漁だったんですよね。

現在は秋シャコ漁の漁期中で、私はまだ食べてないのですが、秋シャコはこどうなのかな。豊漁になるといいですね。

※参考:2019年11月の「小樽しゃこ祭」開催中止のお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

小樽市 :小樽しゃこ祭り(「小樽しゃこ祭」の開催中止のお知らせ)

「しゃこ料理フェア開催中

今年の小樽しゃこ祭は中止になってしまいましたが、現在、「しゃこ料理フェア」が11月1日(金)~11月30日(土)の期間で開催中です。

市内の参加店舗では、シャコを使った創作料理を提供しているので、この機会に食べに行ってみるのもいいかもしれませんね。

※参加店
にしん御殿小樽貴賓館・小樽蕎麦屋藪半・小料理おばんです・洋食屋マンジャーレTAKINAMI・朝里クラッセホテル レストランシルフィード・食彩工房望月・グランドパーク 小樽和食処こころ

※参照:しゃこ料理フェア(11/1~11/30) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
ニュースより/2019年秋の「小樽しゃこ祭」が中止に!?
※昨年の記事です。
「第11回小樽しゃこ祭」が11月10日(土)・11日(日)の2日間の日程で開催(初日に行ったものの終了間際だったので、お知らせのみ)

| | コメント (0)

天狗山が11月6日に初冠雪!?慌てて見たらもう雪は溶けてた(残念…)【写真追記あり】

いや〜、気づきませんでした。

昨日の話題ですが、11月6日(水)の早朝、天狗山が初冠雪で、うっすらと白くなっていたそうです。

ツイッターでその情報を目にして、慌てて外に出て天狗山を眺めたのですが(9時半くらいかな)、残念ながら、すでに溶けてしまったようで、もう白い雪は見えませんでした。

なので、残念ながら写真はないのですが、日記的には令和元年の天狗山初冠雪の記録として、書き留めておこうと思います。

《追記 2019.11.7》  
投稿を見たSさんから、写真を提供していただきました。どうもありがとうございます。
2019_1107_06tengussan
(末広町から見た天狗山。6日朝6時頃撮影。写真提供:Sさん)

確かに、ここ数日、最高気温が10℃程度だったのが、11月6日(水)は、深夜(00:08)で7.7℃で、そこから気温は下がり続けて、6日朝6:08で最低気温3.3℃を記録したようです。

ちなみに、本日7日(木)は、深夜00:472.0℃まで下がってます。寒っ!!

で、ちょっと他力本願で申し訳ないのですが、小樽観光協会の11月6日のFacebookページの投稿を、埋め込み機能で掲載させていただきます(小樽観光協会さん、いつもお世話になってます!!)。

いよいよ小樽も寒くなってきました。

※参考
気象庁|過去の気象データ検索
小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp

| | コメント (3)

«国道5号線のJR高架下の長井生花店が2019年9月7日をもって閉店してました