« まだ鼻水は止まりませんが、だいぶ元気です | トップページ | 猫の小梅さ〜んを応援してくださった皆様、どうもありがとうございました »

2016年11月10日 (木)

小梅さ〜んはまた病院へ〜鼻水は止まらず。体重激減も検査結果は大きな問題なし(飼い主の備忘録)

Koume_20161110_121006


ここしばらく、トラブル続きの小梅さ〜ん(今回は飼い主的に状況記録のための投稿となってます)。

体調を崩してからというもの、ブログの投稿がちょっと減ってしまってますが、現在はとにかく鼻水が止まりません。

前回もらった抗生物質も、悪戦苦闘しながら飲ませたのですが、鼻水には効かなかったみたいです。

※前回の様子はこちら:まだ鼻水は止まりませんが、だいぶ元気です

そして、平行して泌尿器系問題で療法食生活中の小梅さ〜んなんですが、食もすっかり細くなって、ここ一ヶ月でみるみるやせてきてしまったんです。

抱きかかえるとすっかり軽くなって、骨が触れるようになってきていて、気になって体重を量ってみたら、なんと約2.5kg。

えっ!?先月(10月9日)に小梅さ〜んを病院に連れて行った際に量った時には、約3.8kgだったので、なんと1kg以上減ってしまった…

飼い主、動揺を隠せず、何か病気ではないかと、11月9日(水)に慌てて病院に連れて行きました。

鼻水問題、オシッコ問題、療法食問題、便秘問題、そして、体重問題と問題山積み…

(何だか、一回りちっちゃくなっちゃった…)
Koume_20161110_121006


検査は採尿して持っていった尿検査と、今回は血液検査をしてもらいました。実は小梅さ〜んは血液検査は初めてなんです。

検査結果はというと、結論から言うと大きな問題はなかったので、ひとまずほっとしてます。
以下は、その内容です。

尿検査では、石はなくなったけど、血尿と蛋白が出てるので、もうちょっと療法食を続けて、自宅で尿検査をして、血尿の項目が収まれば、飼い主判断で一般食に戻してもよいとのことです。

ただ、以前と同じく細菌が見られて、これは鼻水と関連してそうなので、蛋白と合わせて血液検査の結果を見てから処置を決めることになりました。

心配していた体重ですが、確かにあまり食べてないせいか急激に減ってはいるものの、野良出身のメスの小梅さ〜んの場合、心配する体重ではなく、獣医さん的には適切体重とのこと。
これまでがぽっちゃりだから、飼い主的には心配だとは思うけど、という話で、ほんとに、そう言われても心配なんですけどね。

鼻水も採取してもらったのですが、これは細菌などを調べるために詳しく検査に出すとのこと。

で、一番気になる血液検査です。

先生たちに抑えられながらの恐怖の初採血も何とかできて、その結果を見ながら説明を受けたのですが、数値的に重篤な問題はなく、つまり、エイズ、白血病は陰性、肝臓、糖尿病、一番心配な腎不全などの腎臓病の心配もないとのことで、こちらもひとまず安心です。

ただ、白血球の数値がかなり高く、それは、やっぱり身体のどこかで何か細菌に感染しているかで、恐らくそれが鼻水と関係しているかもしれないとのことで、この後さらに詳しい血液検査をして、その結果から薬を処方してもらうことになりました(結果が出るまで一週間くらい)。

それまで飼い主としてできることは、たくさん水を飲ませて、ご飯を食べさせ、ストレスにならないようにこまめに鼻水を拭いてあげること。あと、行動範囲にどこかばい菌に感染するような場所がないか注意し、できるだけ生活上で温度変化ができないように工夫する、といったところです。

実は、この時期は毎年ワクチンの時期なんですが、これらの問題が解決して、体調が万全になってからですね。

(鼻水と食欲以外は、寒がってますが、比較的普通に過ごしてます。)
Koume_20161106_210600


ということで、色々とトラブルが重なっている小梅さ〜んなので、今回は血液検査で細かく調べてもらいました。
今のところ、異常もないようなので、まずは早く鼻水を治してあげたいですね。

それにしても、これだけ細かく検査をすると、出費が凄くてがなり痛いのですが、小梅さ〜んのためですから、頑張らねば!


小梅さ〜んも2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク

« まだ鼻水は止まりませんが、だいぶ元気です | トップページ | 猫の小梅さ〜んを応援してくださった皆様、どうもありがとうございました »

コメント

お久しぶりです。

小梅ちゃん、心配ですね。
鼻水が早く治まれば良いのですが…。

療法食が終れば、また食欲が戻るかもしれないですし、
なんとか体重を増やしてあげたいですね。

小梅ちゃ~ん、ちゃんと食べなきゃ駄目だよ~。

こんばんは。
小梅さ~んの事が心配で、コメントは残さず
読み逃げですが拝読していました。
やせたという言葉にとても心配しましたが
獣医さんのお話では大丈夫とのこと安心しました。
ウチもいまだに潜血ありで療法食以外は食べさせられません。
人と同じで猫も歳を重ねると体調もいろいろです。
鼻水も早く治まるよう願っています。
ホントにニャンコさんの病院通いもろもろは
家計に打撃を与えますよねsweat02
ロッキーの医療費控除ができればいいのに・・って
いつも思います。
小梅さ~んお大事に。

とってもとっても心配です・・・
写真の小梅さんがずいぶん小さくみえますね。
血液検査の結果が悪くなかっただけ一安心ですが・・・
うちも何度か何処からか飛び降りたらしく足を引きずってたのですぐ病院に駆け付けた事があります。レントゲンは高いですよね。
本当のペット保険入らないとって考えました。
小梅さん、早く元気になって下さいね。

小梅さん・・・。
また病院に行きましたか。
お大事にしてくださいねthink

体重の変化に驚いています。
のら出身は関係ないように思いますが・・・
白血球が高いと言う事は体の中で
何かと闘っていると言う事ですよね
原因が早く分ると良いのですが
今は気分のすぐれない小梅~さんに
寄り添ってあげて少しでも体重が増えることを
願っています。
小梅太郎さん色んなことで頑張ってください♪
応援しています。
お大事にしてください。


小梅さ~ん、心配ですが、腎臓は問題なしだったんですね、少し安心。
ご飯食べなくなる要因の一つとして、歯の疾病があります。
抜歯したら、めきめき食べるようになったコもいました。
歯はダイジョブかな?

catcat皆さん、お見舞いのコメント、ありがとうございます。
なおも鼻水は止まらず、ここ数日、ご飯も全然食べなくなってしまい、飼い主としてはかなり心配な状況なんですが、獣医さんと相談しつつ、回復を信じて頑張ってます!


catはぐてんママさん、ご心配いただき、ありがとうございます。
何とかご飯を食べてもらうようにと、ひとまず療法食をやめることにしました。
鼻水が治れば、いい方向に向かうと思うのですが。


catえぷろんさん、ご心配いただき、ありがとうございます。
獣医さん的には大丈夫と言われても、やっぱり飼い主的には心配ですね。
ロッキーくんも療法食生活が続いてるんですよね。大変ですよね。
まずは、何とか鼻水を治して、食欲が戻るようにと願ってます。
ほんと、家計には厳しいですねcoldsweats01


catこたははさんですね(*^-^)、こんばんは!
ご心配いただき、ありがとうございます。
血液検査の結果は大丈夫だったのですが、本当にやせてしまって…
レントゲンも高いですよね。飛び降りるのも、ほどほどにしてもらいたいですよね(^-^;


catミヤンビックさん、ご心配いただき、ありがとうございます。
また病院に行ってきました。
早く良くなるといいのですが。


catすみれさん、ご心配いただき、ありがとうございます。
体重激減にはビックリしました。正直、すぐに体重が軽くても元気なあいちゃんのことを思い出しました。
そうなんですよね。白血球が高くて、どこかが悪いんですよね。
早く原因が分かり、鼻水が止まって、食欲がもどることを願ってます。


catシンコさん、ご心配いただき、ありがとうございます。
歯の疾病は、確かに小梅さ〜んも、歯はちょっとよくなくて、前に獣医さんに見てもらったことがあります。
今回も先生に話してますが、機会を見て改めて見てもらいます。

小樽情報大変楽しみに拝見しておりましたが猫好きのため
小梅さんの病状が気になってたまりません。猫の体重減少は
とても重大なことだとも聞き及びます。我が家の猫とくらべても
症状が急激なので・・。我が家の猫咳で、小樽市内の病院に通院しておりましたが改善しないため札幌の高橋動物病院へ行きましたら肺炎ですぐにステロイド治療になりました。血液検査には特に異常はなく、好酸球割合だけが異常だったようです。札幌通院は大変だったので肺炎改善後、診断書・検査・治療経過などの資料を出してもらって、小樽の病院で継続治療しております。
小梅さん一日も早く元気になりますように!

catしまママさん、ご心配いただき、ありがとうございます。
体重減少は止まらず、今は強制給餌で頑張ってます。
肺炎ですか!?札幌通院は大変ですよね。けど、そういうこともあるんですね。
今の先生はとても信頼しているので、アドバイスのもとしっかり回復して、その報告をこのブログできるように、小梅さ〜んと頑張っていきます!

こんばんは。

小梅さん、おかげんいかがですか?
ここのところの記事を拝見してずっと気にしておりました。
血液検査では異常なしとの事ですがやっぱり飼い主としては心配ですよね。
うちのひなたも仔猫の頃猫風邪で看病の経験がありますが、鼻水が出てる時はなかなか食べてくれませんよね・・・。
小梅さ〜ん、寒くなってきたからあったかくしてごはん食べてお水のんで、早く良くなるんだよ〜!!

その後、小梅ちゃんの具合はどうですか?

強制給餌でも食べてくれてば、きっと良くなるはず!
小梅ちゃん、頑張って~。
元気玉送りま~す!(* ̄0 ̄)ノ~~~~○

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/64470704

この記事へのトラックバック一覧です: 小梅さ〜んはまた病院へ〜鼻水は止まらず。体重激減も検査結果は大きな問題なし(飼い主の備忘録):

« まだ鼻水は止まりませんが、だいぶ元気です | トップページ | 猫の小梅さ〜んを応援してくださった皆様、どうもありがとうございました »

フォト

小梅さ〜んについて

  • 飼い主:小梅太郎&小梅花子
  • 小梅さ〜んは2002年東京は野良猫生まれの♀。今は北海道・小樽に住む家猫で、体重5kgでちょっと太め 4kgとダイエットに成功。

広 告

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ご案内

Facebookページもチェック!

  • Facebookページでは、小梅太郎関連のブログ更新情報をまとめてチェックする事ができます。

小梅も参加しています

  • ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m
  • 人気ブログランキングへ
  • ココログ広場専用ボタン
    ポチッとよろしく!

Amazon & 楽天市場

  • ※ペット・関連グッズを探す。

小梅カレンダー

  • 今月の親バカ小梅カレンダー
無料ブログはココログ