« すっかり慣れて寝転がってます | トップページ | 今度は鼻水が… »

2016年10月26日 (水)

療法食生活中の小梅さ〜ん/抗生物質の錠剤を飲ませるのが大変だった【老猫な毎日】

Koume_20161019_005517


今日はまた、14歳と高齢猫になった小梅さ〜んの、老猫ならではの話題を投稿する【老猫な毎日】のコーナーです。

現在、療法食生活中の小梅さ〜んですが、最初は順調に食べていたものの、ここ数日、飽きてきたのか、食いつきが悪くなってきて、ちょっと困っている飼い主です。

さて、そもそも療法食になってしまった原因は、先月からトイレに行く回数が増えて、時々出ないこともあり、さらにはオシッコをしながら鳴くようになってしまい、病院で尿検査をしたところ石ができてしまっていたためです。
再び療法食生活【老猫な毎日】: 猫の小梅さ〜ん

その他にも、ヘモグロビン尿(血尿)で、蛋白が出て、PHもやや高めという結果も出たので、実は抗生物質も出してもらいました。

こんなのです。
Koume_20161012_000951


で、これを飲ませるのが大変だった…

実はその昔、風邪かなにかで錠剤の薬を飲ませたことがあって、その時はすんなりできたので、今回も大丈夫だと思ったのですが、そう簡単ではなかったです。

1日1錠8日間、毎日決まった時間に飲ませることということで、夜に飲ませてたのですが、2人掛かりで、1人は爪を立てないようにタオルケットで手足を巻いて、もう1人が口を無理矢理開けて、錠剤をのどに落とす作戦なんですが、これが上手くいかない…

牙を出すように、両ほほを片手で持ち上げ、もう一方の手で下あごを下げて口を開けるんですが、なかなか口を開けてくれなくて、何度も失敗してしまい、小梅さ〜んにはちょっとかわいそうなことをしてしまいました。

結局、飼い主も飛び出してきた前足で引っ掻かれましたし。

ちなみに、小梅さ〜んは今はほとんど引っ掻くということをしないので、引っ搔き傷は子猫の時以来かもしれません。

で、8日間、何とか抗生物質を飲ませ続け、そのおかげか、頻繁にトイレに行くこともなくなり、最中に鳴くことも少なくなり、少しホッとしてます。

ただ、まだオシッコポーズが普段より長いときがあったりして、石の心配も残っているので、療法食は続けてます。


そして、現在の問題が、冒頭にも書いた、療法食の食いつきが悪くなったこと。

小梅さ〜んは、結構頑固で、嫌なご飯は断固として食べないんですよね。

一日にほんのちょっとしか口にしないので、これは体力的にも普通にまずいですよね。

病院の先生に相談したところ、石が完全になくなるまで、療法食を続けた方いいとのことで、療法食の種類を変えてみようかと思ってます。

(いっぱい食べて元気になってもらいたいのですが、老猫は寝てばかり)
Koume_20161019_005519


実は、平行して便秘問題もあるので(こちらは慢性的)、やっぱり高齢になってくると、色々と心配が尽きません。


小梅さ〜んも2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク

« すっかり慣れて寝転がってます | トップページ | 今度は鼻水が… »

コメント

あ~sweat02 小梅さ~んお見舞い申し上げます。
お薬飲ませるのって爪切りよりもっと大変ですよねdown
ニャン助も大嫌いです。

1錠飲ませるのも大変なのに8日も
小梅さ~んも飼い主さんもお疲れさまでした。

ニャン助は現在8~9歳くらい。
近い将来 老猫ですcat

生まれつきの障害も持ってるので
我が家も心配です。

小梅さ~ん お大事にね hospital

小梅さ~ん♡小梅太郎さん、奥さま
お疲れさまです。
薬を飲ませるのはほんと大変ですよね
実感です^^;
でもそのお陰でよくなって良かったです。
療法食もメーカーを代えてみるのもいいかも知れませんよね
頑固も可愛いけど程々にね
小梅さ~んhappy01

ニャンの薬の投薬・・・。
苦労しますよねcoldsweats02

catじゅん子♪さん、こんばんは。
お見舞い、ありがとうございます。
いや〜、大変でしたcoldsweats01
8日のうち、たまたま上手く行くときもあったんですが、失敗しだすと何回やってもダメだったりして…
ニャン助くんは8~9歳ですか。まだまだ若い!happy01
色々と心配かと思いますが、元気に過ごしてもらいたいですね。


catすみれさん、こんばんは。
いや〜、もうちょっと上手にできるかと思ったのですが、大変でしたcoldsweats01
あいちゃんも、水薬を飲んだりして、大変ですが、元気ですよね!
うちのも歳をとってきて、色々と問題が出てきて、ちょっと最近元気がないので、元気を取り戻してもらいたいです。
まずは、療法食の種類を変えてみようと思ってます。


catミヤンビックさん、こんばんは。
ほんと、大変でした。
もうちょっと上手くできると思ったのですが、飼い主、反省です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/64402092

この記事へのトラックバック一覧です: 療法食生活中の小梅さ〜ん/抗生物質の錠剤を飲ませるのが大変だった【老猫な毎日】:

« すっかり慣れて寝転がってます | トップページ | 今度は鼻水が… »

フォト

小梅さ〜んについて

  • 飼い主:小梅太郎&小梅花子
  • 小梅さ〜んは2002年東京は野良猫生まれの♀。今は北海道・小樽に住む家猫で、体重5kgでちょっと太め 4kgとダイエットに成功。

広 告

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ご案内

Facebookページもチェック!

  • Facebookページでは、小梅太郎関連のブログ更新情報をまとめてチェックする事ができます。

小梅も参加しています

  • ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m
  • 人気ブログランキングへ
  • ココログ広場専用ボタン
    ポチッとよろしく!

Amazon & 楽天市場

  • ※ペット・関連グッズを探す。

小梅カレンダー

  • 今月の親バカ小梅カレンダー
無料ブログはココログ