« カーテンの向こう側 | トップページ | 病院後、今はだいぶ元通り »

2016年6月11日 (土)

猫の小梅さ〜ん、便秘で病院へ行く【老猫な毎日】

今日はちょっといつものブログとは内容を異にする、すっかり高齢猫になった小梅さ〜んの、老猫ならではの話題を投稿する【老猫な毎日】のコーナーです。

現在14歳の小梅さ〜んは、以前からちょっと便秘がちなんですが、先日、それが原因で病院に行ってきたんです。

ということで、今回の投稿は主に便秘についてですので、苦手な方や食事中の方は飛ばしてください(汗)

Koume_20160609_184240


小梅さ〜ん、便秘で病院へ行く

小梅さ〜んは、元々便秘がちで、たまにウンチが出なくてゲロッピ(我が家では嘔吐のことをこう呼んでます)してしまうことがあります。

で、6月9日の早朝(朝の4時半頃)、ウンチができなかったようで、ゲロッピの音で飼い主たちは目を覚ましましたんです。

その後、連続5回ゲロッピしてしいまい、そこからトイレに行くもウンチが出ずに、元気もなくなってしまったんです。

ウンチは前日もしてなかったので、飼い主は結構焦ってしまい、病院に連絡して連れて行ったというわけ。

病院での診察では、まず、肛門腺が詰まっているということで、絞ってくれました(これが世に言う肛門腺絞りか!?)。

小梅さ〜んはこれまで肛門腺のトラブルはなかったので、もちろん絞るのも初だったのですが、詰まってるのも気持ち悪かったのかな。

その際に、何とコロコロとウンチも2個ほど出てきたのですが、この間の小梅さ〜んは、やっぱり大騒ぎでした(汗)

あとはお腹の中にどのくらいのウンチがまだ残っているかが問題ということで、レントゲンを撮ってみると、腸の中に、5個くらいに連なったウンチが10cmほどの長さで残っているではないですか。

まずは、これを出してあげないとダメですよね、と先生。さらにレントゲンでは毛玉が固まっているのが見えたので、薬を2種類出してくれました。

まずは下剤で、人も使うというラキソベロンという薬。

Koume_20160609_164530

そして、ラキサトーンという、猫用の腸内の毛玉の除去と形成防止の、チューブタイプの薬です。

ご飯についてもアドバイスをもらい、現在は高齢猫用のカリカリご飯なんですが、やっぱり水分が足りなくなるので、これを機会にウェットタイプに変えるか、カリカリを水でふやかしてあげるのがいいだろう、ということになりました。


帰ってからの様子

帰ってから下剤ラキソベロンを飲ませ(ラキサトーンも少しなめさせました)、ご飯はたまたま残っていたスープタイプのご飯をあげたものの、ウンチはまだです。

とりあえず、このまま様子見ということで、小梅さ〜んの長い一日は終わりました。

で、翌10日、食欲はまだだけど、行動はだいぶ戻った感じで、カリカリをふやかしたご飯を食べてくれて、下剤も少し飲んでくれました。

するとその日の深夜、やっとトイレに。
ただ、踏ん張るもかなか出ずに、またゲロッピしてしまったのですが、その勢いで、ウンチもやっと出ました。

レントゲンで写っていたウンチの長さ的には、まだ少し残っていそうなので、それが出るまで下剤は続けようと思いますが、何はともあれ自力でウンチが出せたので、一安心です。

ただ、食欲がまだ戻ってないので、食事についてはちょっと注意していこうと思います。

Koume_20160610_135544


おわりに

ということで、今回の小梅さ〜んの便秘事件。かなり辛そうで本当にかわいそうだったので、病院に連れて行ったのですが、何とか症状は改善し始めていて、これからの対応についても色々と先生と話もできたので、良かったです。

すっかり高齢猫になった小梅さ〜んですから、元気に長生きしてもらうためにも、毎日の様子をちゃんと見てあげようと、改めて思いました。


小梅さ〜んも2つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク

« カーテンの向こう側 | トップページ | 病院後、今はだいぶ元通り »

コメント

小梅さん・・・。
便秘はつらいですね。
お大事にしてねthink

小梅さ~ん辛いよね便秘は!
知り合いの猫ちゃんも便秘気味で
今朝もその話をした所で
日曜日だけど副院長が診てくれると言うので
連れて行くと言っていました。
小梅さ~んの記事を読んでいて
飼い主さんの思いは一緒だなと・・・
お大事にね。
ウンチがしっかり出ますようにconfident

catミヤンビックさん、こんばんは。
ご心配、ありがとうございます。
便秘はやっぱり辛そうですdespair


catすみれさん、こんばんは。
ご心配、どうもありがとうございます。
今回はとっても辛そうで、飼い主も焦ってしまいました。
便秘気味の猫って多いようですね、
病院はあまりいかない小梅さ〜んですが、今回は慌てて行ってきました。
本当に、飼い主の思いは一緒ですね。
さっき、またウンチをしてくれて、ちょっと安心しているところですconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/63764359

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の小梅さ〜ん、便秘で病院へ行く【老猫な毎日】:

« カーテンの向こう側 | トップページ | 病院後、今はだいぶ元通り »

フォト

小梅さ〜んについて

  • 飼い主:小梅太郎&小梅花子
  • 小梅さ〜んは2002年東京は野良猫生まれの♀。今は北海道・小樽に住む家猫で、体重5kgでちょっと太め 4kgとダイエットに成功。

広 告

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ご案内

Facebookページもチェック!

  • Facebookページでは、小梅太郎関連のブログ更新情報をまとめてチェックする事ができます。

小梅も参加しています

  • ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m
  • 人気ブログランキングへ
  • ココログ広場専用ボタン
    ポチッとよろしく!

Amazon & 楽天市場

  • ※ペット・関連グッズを探す。

小梅カレンダー

  • 今月の親バカ小梅カレンダー
無料ブログはココログ