豆(ささげ)

2016年8月 8日 (月)

一カ所に植えた豆類(ササゲ、紫花豆など)は予想通り手に負えなくなるも花が咲いて収穫も開始

Blog20160806_115915


いつも始まりの遅い、こちら小樽の「そこそこ家庭菜園」ですが、さすがに8月に入ってミニ畑も賑わってきてます。

本日は、毎年ツルが伸びて鬱蒼と茂り、手に負えなくなるササゲと紫花豆の話題です。

今年はそれプラス、昨年母親が知人からもらってきた正体不明の通称「マンズマメ」(知り合いがそう呼んでいるとのこと)の3種を、どうせ手に負えなくなるならと、一カ所に集めて植えました。

で、手に負えなくなりました(笑)
Blog20160721_171658
(7月21日の様子。ここで早くも、どれがどれだか訳が分かりません…)

もうこれは、「そこそこ家庭菜園」お馴染みの光景です(笑)

これでも、支柱を越えるツルはどんどん摘んでるのですが、結局、それで子ヅル、孫ヅルの生長を促しているのでしょうかね。

Blog20160730_113136
(7月30日の様子)

それでも、次々に3種それぞれの花が咲き、サヤが付き、ササゲとマンズマメ(仮名)は先日から収穫が始まりました。

まず、こちらのオレンジの綺麗な花が、紫花豆の花ですね。
Blog20160730_112821

そして紫花豆の小さなサヤ。収穫までたどり着くかな。
Blog20160730_113009

こちらがササゲの花。
Blog20160718_140016

そしてササゲのサヤ。今年はちょっと小ぶりかな。
Blog20160802_114113

こちらがちょっと紫がかったマンズマメ(仮名)の花。
Blog20160721_171634

サヤはちょっと模様が入ったり、入らなかったりするんですよね。やっぱり正体不明…
Blog20160804_102943

で、ササゲとマンズマメ(仮名)は収穫が始まってます。

(上がササゲ)
Blog20160806_115915

ここから次から次と収穫できて、優秀なんですよね。

これらはサヤインゲンのように、サヤのまま茹でてサヤごといただくのですが、しばらくは、美味しい豆類が食べられます。

【今シーズンのるササゲ、紫花豆の関連記事】
※マンズマメ(仮名)についても書いてます。
ようやくポットで育苗していた豆類(紫花豆、ササゲなど)を定植しました


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

ようやくポットで育苗していた豆類(紫花豆、ササゲなど)を定植しました

Blog20160612_144220


主立った野菜たちの定植は済んで、あとはポットで育苗していた豆類なんかを残すだけだったのですが、こちら小樽はここしばらくぐずついた天気が続き、作業が先延ばしになってたんです。

そんな中、先週末は晴れ間も広がったので、日曜日の12日に豆類の定植作業をしました。

まず、種まきは5月25日に行っていて、6月に入って発芽が始まり、6月6日にはこんな状態まで育ってました。

Blog20160606_110632
(右が紫花豆で左がササゲ)

まいたのは、毎年優秀なお馴染みササゲ、オレンジの花が綺麗だけどなかなか収量が増えない紫花豆、そして、昨年母親が知り合いからもらってきた正体不明の通称「マンズマメ」(知り合いがそう呼んでいるとのこと)で、どれもツルがかなり伸びる豆です。

ちなみに、こちらが植える直前の紫花豆。
Blog20160612_144232

ササゲ
Blog20160612_144229

マンズマメ(仮名)
Blog20160612_144225

定植の場所は、全部第2ミニ畑で、今年はツルの伸びる豆類を一カ所に集めてみることにしました。
きっと、鬱蒼と茂り出して手に負えなくなるのでしょうが、どうせ手に負えなくなるなら、一カ所に集まっていた方がいいと思って…

そして、支柱にネットをかけて、準備完了です。

Blog20160612_153359

あとは生長を待つばかりですね。
今年もこれらの豆類は、収穫が楽しみです。

そうそう、これらとは時間差があるんですが、後から枝豆もポットに種まきをして、発芽を待っている状況なので、そちらも楽しみです。

【関連記事】
※マンズマメ(仮名)に関しては、「マンズナルインゲン」という品種があるようですが、それとは豆の模様が違い、色々調べると「おかめ豆」という豆にも似ているのですが、結局不明なため、このブログでは「マンズマメ(仮名)」と呼んでます。
詳しくはこちらの記事で:マンズマメっで何だ?〜よく分からないけど若い莢が美味しいインゲン(?)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

10月8日 小樽の天気は大荒れで、強風でササゲが傾いた

昨日の小樽はあんなに青空が広がっていたのに、今日(10月8日)の小樽は大荒れです。

台風23号は温帯低気圧に変わったものの、勢力を保ったまま北海道に接近しているとのことで、小樽も雨も強く降ってますが、とにかく風がものすごいです(今もです)。

すでにほぼ終了となっている「そこそこ家庭菜園」では、支柱を立てている野菜がいくつかまだ放置状態になっているのですが、先日の強風の時には支柱は倒れなかったので、今回も大丈夫かなと思い、特に風対策はしていなかったんです。

ところが、お昼頃には、すでに風がかなり強くなり、大丈夫だと思っていたササゲの支柱が早くも傾く事態に。

Blog20151008_123157
写真は上手く撮れませんでした。

ササゲは上の方で枝葉がまだ茂っていて、頭でっかちの状態だったので、風であおられてしまったようです。

このササゲの横には、まだ諦めてない、遅れて種をまいたカブが育ってきているのと、手前には、先月苗を植えたイチゴがいるので、これが倒れるのはちょっと問題です。

ということで、お昼の時点では、まだ雨はそれほど降ってなくて風だけだったので、慌ててササゲは支柱ごと引っこ抜いて撤去しました。

まだ、種取りをしてないのですが、やむを得ないですね。昨年の種が残っているから、いいでしょう。

その他にも、支柱の立っている野菜はあるのですが、まあ、それらは倒れる分には、もうしょうがないです。

ということで、やっぱりさっさと撤去しておけばよかったと、やや後悔しつつ、この暴風雨はもう少し続くようなので、これが収まったら、本格的に撤去作業をやろうと思います。

この大荒れの天気で、道東の方では被害も出ているようなので、これ以上、被害が広がらないことを祈ってます。

ちなみに、この暴風雨になる前に、もう生長が見込めないミニミニ野菜たちを収穫してみました。

Blog20151008_102748
(ミニゴーヤ、ミニキュウリ、ミニナス、ミニピーマン、ミニトマト)

これで今シーズンの「そこそこ家庭菜園」も、ほぼ終了ですね。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

案の定、手に負えなくなってきたササゲですが、収穫は真っ盛り

まあ、毎年のことなんですが、案の定、ササゲが生い茂って手に負えなくなってます。

Blog20150831_111010

ほんと、毎年のことながら、ササゲは元気なんですよね。

特に8月に入ってから、どんどんワサワサに茂り出して、摘芯も追いつきません。

Blog20150831_111039

ただ、それと同時に収穫も真っ盛りとなります。

Blog20150831_111019

この時期は大量に収穫できるようになるのですが、「そこそこ家庭菜園」で、大量収穫できるのは、このササゲくらいです。

Blog20150831_110959

ササゲと言えば、こちらではサヤを食べるお馴染みの豆ですが、うちで栽培しているのは、よく見るササゲより小ぶりの品種です。

随分と前に種を買った「つるあり霜降りささげ」という寒冷地用の品種なんですが、秋まで収穫が続く、なかなか優秀な品種なんです。

ちょっとサヤの中の豆がすぐに大きくなっちゃって、固くなるのが玉にきずですが、きんぴらなどの炒め物や、茹でてサラダにしたり彩りに料理に添えたりと、なかなか重宝しています。

9月に入ると、少しずつ様子が寂しくなっていく北海道の家庭菜園ですが(まだまだ大丈夫ですが)、そんな中、ササゲは頼もしい野菜です。

(まだまだ他の野菜も元気ですけどね)
Blog20150831_111513


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

ササゲは間もなく手に負えなくなるでしょう…

Blog20150801_163503


こちら小樽は、いよいよというか、やっとというか、本格的な夏!といった天気になりました。

8月4日・5日と続けて30℃を超え、本日5日は最高気温が33℃まで上がったようです。

30℃超えといっても、道外では夏なら普通の気温なのでしょうが、こちら北海道・小樽人にとっては、これが本当に厳しい暑さで、もうバテバテです。

とはいえ、夏野菜たちにはこのくらいの気温はありがたいですね。
水やりに注意しながら、様子を見てますが、何だか一気に育ってきてますよ。


さて、そんな「そこそこ家庭菜園」ですが、本日の話題は、今年も栽培しているササゲの様子です。

ササゲは「そこそこ家庭菜園」ではお馴染みの豆ですが、こちらでササゲといえば、若い莢を食べる品種で、インゲンをもうちょっと平べったく大きくした感じ(20cmくらいかな)のものが一般的です。

我が家で栽培しているのは、それに比べると、ちょっと小ぶりで、随分と前に種を買った「つるあり霜降りささげ」という寒冷地用の品種を栽培してます。

で、毎年のことなんですが、このササゲが元気で、ツルがどんどん伸びてきて、そのうち手に負えなくなるんですが…

Blog20150727_100931

今年も間もなく手に負えなくなりそうですね(笑)


7月20日頃から花も咲き出して、
Blog20150720_145638

Blog20150729_103242

葉っぱもどんどん茂ってきて、
Blog20150801_163432

すぐに小さな莢もついて、これは収穫までもうすぐですね。

(8月1日の様子)
Blog20150801_163503

今年はツルの伸び具合に注意しながら、できるだけ整枝しながら栽培しようとは思っていますが、それでも、子ヅル、孫ヅルが次から次と伸びてきて、結局、訳が分からなくなると思います(笑)

(こまめに、というか適当にツルの先端を摘み取ってます)
Blog20150727_095728

それでも、ササゲは毎年優秀で、結構な豊作になるのですが、今のところ、今年もササゲは順調そうで、楽しみです。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

今年もササゲを栽培します〜種まきから定植までの様子

「そこそこ家庭菜園」ではお馴染みの豆、ササゲを今年も栽培します。

Blog20150615_135859t

ちなみにササゲといえば、道外では「十六ささげ」なんかの莢が細長くて、豆自体を食べる品種が一般的なのかもしれませんが、こちらでは莢を食べる品種で、インゲンをもうちょっと平べったくして、更に大きくした感じ(20cmくらいかな)のものが一般的です。

その莢を天ぷらとかきんぴらにすると、美味しいんですよね。

ただ、我が家で栽培しているのは、お店で売られているものに比べると、ちょっと小ぶりで、随分と前に種を買った「つるあり霜降りささげ」という寒冷地用の品種です。

それが、毎年豊作で成績優秀なんですが、すでに買った種は使い切ってるので、その後、毎年秋に採種して、栽培してます。

で、何となくなんですが、ササゲはポットに種まきして、育苗してからミニ畑に定植してるんですよね。

ということで、15日にようやく定植したので、それまでの様子です。


5月27日にササゲの種まきです。
Blog20150527_141822

ポット4つに各3粒。ここから種をぐっと押し込んで、水をたっぷりあげました。

6月4日頃から土が盛り上がってきて、6月7日の時点ではっきりと発芽してきました。

Blog20150607_141856

(こちらが6月8日)
Blog20150608_100250

ポットのひとつが発芽してなかったのですが、追っかけ発芽し、6月12日の時点でこんな感じです。

Blog20150612_133539

定植のタイミングというのははっきりとは分からないですが、真ん中からツルも見えてきたので、6月15日に第1ミニ畑に定植しました。

(こちらが6月15日)
Blog20150615_134356

2本立てにしてます。
Blog20150615_135859

このササゲはツルがどんどん伸びてきて、毎年、手に負えないくらいにワサワサと生い茂ってしまうんですよね。

最近は、ネットをはったりもしてたんですが、どのみち手に負えなくなるので、今年は支柱と、それにヒモを渡して対応することにしました。

Blog20150615_141937

ということで、ササゲの定植も終わり、あとはツルの誘因に注意しながら、できるだけ整枝しつつ栽培したいと思います。

今年もササゲには期待しています!


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

シーズンオフに突入〜ささげの撤去と鷹の爪の様子・ピーマンの撤去・紫花豆の様子

こちら北海道小樽は少しずつ本格的な冬に向かってます。

ブログも久しぶりの投稿になりましたが、もちろん、もう家庭菜園なんていう気候ではないので、シーズンオフに突入してます。

今回は、先日、わずかにミニ畑に残っていた野菜たちを撤去したので、その話題です。
(作業は11月5日です)


ささげの撤去と鷹の爪の様子

数日前に、ものすごい強風が吹いた日があったのですが、その際に、まだミニ畑の残っていたささげが倒れかけてしまいました。

Blog20141105153444

もう、すでに収穫は終わっていて、種取り用にと思い放っておいたのですが、さすがに撤去することに。

Blog20141105160145

枯れかけていたものの、元々手に負えないくらいにツルが伸びていたので、かなり手間でしたcoldsweats01

そして、綺麗な豆だけ種用に収穫しておきました。

Blog20141105161257

ちなみに、一緒に収穫した鷹の爪は、まとめて収穫したいところですが、なかなか色付きの足並みが揃わず、赤く色付いたものから順に収穫してるんですが、一応まだミニ畑にはいます。

Blog20141105161251

鷹の爪は、枯れるまで置いておくかもしれません。


ピーマンの撤去

何となく、最近まで頑張って花が咲いたりしていていたピーマンですが、

Blog20141105161341

ついている実も、さすがにもう生長しません。

Blog20141105161456

なので、こちらも撤去しました。

Blog20141105161735


最後は紫花豆

あと、気になるのが紫花豆です。

「そこそこ家庭菜園」で最後まで残るのが、この紫花豆ですね。

Blog20141105153434

う〜ん、サヤはついているのですが、この時期にまだこの青々した状態だと、中の豆が生長して乾燥するまでいかないかも…

結構、サヤがたくさんついているので、何とか収穫まで届いてくれるといいのですが。

紫花豆については、雪が本格的に降り出す、ギリギリまで粘ってみようと思ってます。


ということで、以上、シーズンオフの「そこそこ家庭菜園」の最近の様子でした。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

順調にサヤのつく「紫花豆」と、そろそろ収穫も終わりの「ささげ」

いいかげん、こちらの家庭菜園も終了ですね。
本日の予想最高気温は10℃程度の、こちら雨模様の北海道小樽です。寒っ!

紫花豆のサヤの様子

実際、使わなくなったプランター類を片付け始めていて、ミニ畑の放置野菜たちもそろそろ撤去しないといけないのですが、そんな状況の「そこそこ家庭菜園」で、この時期楽しみなのがこちら、「紫花豆」です。

Blog20141012111714

あまりに枝葉が茂りすぎていたので、何度か整枝をしているのですが、そのおかげが例年よりサヤの付きがいいような気がします。

今年の整枝は、この時期の新しいツルは摘芯し、込み入った葉は思い切って取り除いてます。

加えて、綺麗な花の後につく小さなサヤは、ほとんどが落ちてしまうので、それならばと、いくつくかの生長しかけたサヤ以外はあらかじめ摘果しちゃってるんです。

あとは、雪が降り出すまでに、豆が完熟してくれるかどうか。
サヤが乾燥して茶色くなってくれれば、収穫なんですが。

Blog20141012111659

実は、先行して茶色く乾燥したサヤがあったんです。

Blog20141012164340

まだ、中を見てないのですが、紫花豆の今年の初収穫になるかな!?


ささげは最後の収穫か!?

そして、もう一つ、北海道の寒くなるこの時期まで収穫が続いてくれる、優秀な「ささげ」です。

Blog20141012164908

まだかなり青々と生い茂ってますが、さすがに小さな若いサヤは見かけなくなってきました。

で、今回収穫したこちらが、今年最後の収穫になるかもしれません。

Blog20141012164858

柔らかそうなものを収穫して、育ちすぎた豆は採種しようかと思ってます。

今年最後かもしれないささげは、天ぷらで美味しくいただきました。

Blog20141012190903

ごちそうさまでした。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

この時期にまだ頑張っている野菜〜まだまだ頑張るささげ

さすがに9月の下旬となると、最高気温は20℃を、そして最低気温は10℃を切る日もあったりして、さすがに家庭菜園ってかんじでもなくなってる、こちら北海道小樽の「そこそこ家庭菜園」です。


そんな中、毎年秋に入っても収穫が続いてくれるのが、「ささげ」です。

Blog20140927131009

今年も、まだ、葉っぱをワッサワサと茂らせて、

Blog20140927131014

(ちょっと茂り過ぎcoldsweats01)、

Blog20140927131041

元気に収穫も続いています。

Blog20140927132918

まだ花も咲いてましたよ!

Blog20140927131336

それにしても、ちょっと草勢が強過ぎる感じなので、この後、少し葉っぱをカットして、整枝しました。

これからどんどん気温が下がってきますが、ささげにはもうちょっと頑張ってもらいたいですね。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

たった1個のゴーヤをやってしまいました…〜そして、ささげ収穫

9月も中旬に入り、全体的に放置ぎみになっている「そこそこ家庭菜園」です。
終盤だからこそ、大事に育てないといけないのでしょうが、ついついcoldsweats01

そんな状態の中、やってしまいました、ゴーヤ

Blog20140915150504

そもそも、今年のゴーヤは昨年に続き、プランター栽培をしていたのですが、結果は大失敗で、ツルがあまり元気がなく、全然雌花が付いてくれなくて、結局、着果したのはたった1個!

1個ってどういうこと!coldsweats01

そして、その貴重な1個が、

Blog20140915150432

黄色くなりかけてる〜

いや〜、確かに大きくなってきたな〜、とは思っていたのですが、ここ数日、放置しちゃったんですよね。

で、今朝見たら、若干ですが黄色くなりかけていたというわけ。

こうなると、中は、

Blog20140915152851

やっぱり赤くなってますね。

もうすぐ爆発して、種がこぼれ落ちるところでしたね。

ちょっとだけ、種を取ろうかとも思ったのですが、止めました。

とりあえず、このゴーヤはまだそんなに柔らかく熟してなので、普通に食べちゃおうと思ってます。

あ〜、最後までちゃんと面倒を見ないとダメですね。

※以前、ゴーヤのこんな記事も書いてますので、参考にどうぞ。
破裂ゴーヤの再観察日記


ちょっと今年のゴーヤは残念でしたが、今年も好調なのが「「ささげ」です。

Blog20140915152617

この時期になっても、相変わらずのワッサワサ具合ですが、この葉っぱに隠れて結構サヤがぶら下がってるんです。

今日は何日かぶりに収穫したこともあって、これだけ採れました。

Blog20140915151900
(先ほどのゴーヤと一緒に収穫)

この時期の数少ない、貴重な収穫ですね。


今年の「そこそこ家庭菜園」は、失敗と成功がはっきり分かれてしまってるんですが、そろそろ野菜によっては撤収の始まる時期で、ちょっと寂しくなってきました。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧