リーフレタス類

2019年7月19日 (金)

サニーレタスがいまひとつ育たない…

Blog20190708-170259

7月19日(金)の小樽の天気は、午前中は青空が出ていたものの、昼頃に激しい雨が急に降り出して、その後も時折雨がふる天気で、最高気温は23.9℃(10:38)でした。

まとまった雨は野菜たちには良かったかもしれませんね。

さて、本日の話題は、タネが余っていたので、とりあえずポットにまいたサニーレタスです。

って、「そこそこ家庭菜園」では、毎年サンチュがこぼれ種から育っているので、他のレタス系はいいかな、とも思っているのですが、やっぱりサニーレタスもほしいな〜って、結局、毎年タネをまいてるんですよね。

ただ、実はサニーレタス栽培は苦手で、毎年、元気に育つこぼれ種からのサンチュのようには、なかなか生長してくれないんですよね。

では、サニーレタスの栽培記録ですが、ちゃんとした写真がなくて、他の野菜を撮影した端っこに写っているのを集めました(笑)

Blog20190603-155927rr

まずは育苗するため6月3日にポットに種をまきました。

(6月14日の様子)
Blog20190614-134400_20190719181501

(6月30日の様子。しばらくポットのままミニ畑に出したまま…)
Blog20190630-174457_20190719181501

ずっとポットのままだったのですが、いいかげん、7月8日(月)に定植しました。

Blog20190708-170256

Blog20190708-170259

第2ミニ畑の枝豆の横と、第1ミニ畑の端っこに植えたのですが…

う〜ん、これが7月15日(月)の様子ですが、あまり育ってないんですよね(ひと株はいつのまにか消滅してるし…、おそらくカタツムリの被害…)。
Blog20190715-161232

今年もサニーレタスはうまくいかないなぁ。

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

こぼれ種からのサンチュは移植も済んで元気に生長中

Blog20190626-120839

6月下旬になって、ここ数日の小樽の気温はまだ20℃そこそこなんですが、ミニ畑は少しずつ賑わってきています。

本日の話題は、そこそこ家庭菜園ではおなじみのこぼれ種からのサンチュです。

毎年、秋に花を咲かせて種をこぼし、それが雪解け後に芽を出してくるんですよね。
※今年の様子はこちら:こぼれ種のサンチュが今年も元気に育ってきてます

いつも密集状態で芽を出すので、適当なところで場所を確保して、元気のいい株を選別して移植するのですが、今年はちょっと芽を出してからの放置時間が長くて、密集状態のまま例年より大きく育ってしまったんです。

Blog20190609-151804

ただ、それが良かったのか、元気な株を選別しやすくて、移植もやりやすかったかも。

(移植後。作業は6月9日)
Blog20190609-152842

Blog20190609-161601

移植直後は、結構な大きさに葉が育っていたせいか、上の写真のように外の葉から元気が無くなり、中にはしおれてしまった葉もあったのですが、それらを撤去後、数日経ったら、ちゃんと元気に復活してくれました。

(6月14日の様子。元気のない外の葉を取った)
Blog20190614-134348

(6月23日の様子。ほぼ復活)
Blog20190623-164130

移植した全ての株が、しっかり根付いてくれたようで、もうすぐ収穫できそうです。

(6月26日撮影)
Blog20190626-120839

こぼれ種からのサンチュは、今年も活躍してくれそうです。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

こぼれ種のサンチュが今年も元気に育ってきてます

Blog20190511-143416

こちら小樽は5月中旬になって、いい天気が続いています。最高気温が20℃前後まで上がってますね。

といっても、まだ菜園作業はしてなくて、雪解け後から元気に勝手に育っている野菜たちを眺めているだけなんですが、そにうちの1つが、そこそこ家庭菜園ではおなじみの、こぼれ種からのサンチュです。

今年も元気に育ってます。

Blog20190511-143414

実は昨年は、サンチュの株を誤っていくつか抜いてしまい、花を咲かせた株がいつもより少なかったのですが、それでもちゃんと種をつけて、それがこぼれて、今年も芽が出て育ってきました。

Blog20190511-143415

こぼれ種からのサンチュが育っているのは第2ミニ畑で、先日、周囲の雑草を少し取っておいたのですが、ここを耕すタイミングで、元気のいい株を選別して、別の場所に移植しようと思ってます。

Blog20190511-143410

今年もサンチュは大丈夫そうです。

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

サンチュやサニーレタスなどはちょっとずつですが収穫できてます

Blog20180801_173431


8月7日(火)は青空の広がるいい天気で、気温も結構上がりました。最高気温は27.0℃(13:37)で、最低気温は16℃くらいまで下がってますね。なので、日中は汗ばむ陽気でしたが、朝晩は肌寒いくらいです。

8月に入って、ようやく野菜たちもぐんぐんと育ってますが、一足先に収穫できているのが、サンチュなどの葉物です。ちょっとずつですけどね。

そこそこ家庭菜園では毎年おなじみの、こぼれタネからのサンチュですが、実は一度誤っていくつか株ごと抜いてしまったのですが、再度移植し直して、復活しています。

Blog20180801_173245

さらに、ご近所さんから、レタスの苗としてもらったものも植えてるんですが(上の写真手前)、それらはどうやらミックスだったようで、色んなレタス(?)が育ってます。

そして、毎年枯らしてしまっているサニーレタスは(実はほとんどカタツムリの被害)、今年もポットで育苗してから植えてるんですが、なんとか持ちこたえて、ちょっとずつ収穫できてます。

Blog20180801_173236


いや〜、レタス類って、食卓になにかと重宝するんですよね。

7月の悪天候でダメかと思ったのですが、なんとか育ってくれているので、もうしばらく頑張ってもらいたいですね。

Blog20180803_183254

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

こぼれ種から元気に育ってるサンチュを一旦プランターに避難

Blog20180521_163653


今年もこぼれ種から、ミニ畑のそこら中に発芽しているサンチュですが、いいかげんに一度土起こしの作業をしないとと思い、サンチュを一旦避難しました。

これも毎年のことなんですが、あちこちに相当密集していて、もちろん、全部は栽培できないので、このうちから元気そうなのを選んで、栽培することにしてます。

(5月16日の様子)
Blog20180516_134217

なので、中から元気そうなものをポットに避難します。作業は5月21日にしました。

Blog20180521_163658

また、勢いのありそうな密集地帯は、とりあえず、そのままごそっとプランターに移動してます。

Blog20180521_163700

あと、サンチュの種がこぼれているのは第2ミニ畑なんですが、ミニ畑の端っこの方で発芽しているのは、放っておきます。うまくそのまま育てばラッキーといった感じでしょうか(そういうのが元気にたくましく育ったりもします)。

(まだ密集部分が残ってますが…)
Blog20180521_163701

これで、第2ミニ畑の野菜を植える場所が空いたので、まずは、土起こしの作業ですね。

と、口先ばかりで、いまだやってません。早くやらないと…


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

こぼれ種からのサンチュが今年も密集してます

5月16日(水)の小樽は、気温が27℃を超えてかなり暑かったです。まあ、それ以外の日では、5月といえば最低気温はまだ10℃を切って肌寒い日もあるんですけどね。

とはいえ、そろそろ土起こしの作業を始めないとと思いつつ、ミニ畑を横目にまだ何もしていません(汗)

本日の話題は、第2ミニ畑でこぼれ種から育っているサンチュの様子です。

Blog20180516_134214


これは毎年のことなんですが、サンチュの花を咲かせてそのまま放置していると秋には種ができ、そのまま枯れさせると種がこぼれて、春の雪解け後に芽を出してくるんです。

結構、第2ミニ畑の広い範囲に、かなりぎゅうぎゅうに密集した状態で育ってくるので、もちろん、このままの状態というわけにはいきません。

Blog20180516_134217

もう少し育ってきたら、元気なものを苗として移植するんですが、その前に、一旦、その元気なものをポットなどに避難して、その間にミニ畑を耕すことになります。

毎年、こうやって栽培しているサンチュは、手間はこの時期の移植だけで、あとは水やりだけで育つ、ほとんど手のかからない優秀な野菜なんですよね。

今年もこぼれ種からのサンチュには期待してます。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

家庭菜園終盤のミニ畑で今年もサンチュの黄色の花が咲いてます

Blog20170917_104905


9月18日(月・祝)の台風18号後も雨が続いたこちら小樽ですが、21日(木)に雨も上がり、22日(金)には青空が広がりました。

といっても、時期的にはもう家庭菜園は、一部の野菜を除いて終了時期ですよね。
最高気温はなんとか20℃を超えても、最低気温が15℃切って10℃近くまで下がってますからね。

さて、本日の話題はサンチュで、もちろんサンチュの収穫時期はとっくに終わっているのですが、家庭菜園の終了時期となれば、第1ミニ畑のサンチュはこうなってます。

Blog20170917_104907

可愛い小さな黄色の花が咲いてます。

これ、毎年この時期のお馴染みの光景ですが、いつも何株かを残して花を咲かせてるんですよね。

そして、花もこのまま放置して、種をミニ畑にこぼれさせるわけす。

これももう何年も続けているのですが、これが春になると見事に芽を出すんですよね。

この可愛い黄色の花は、家庭菜園終盤の楽しみの1つです。

Blog20170917_104905


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

サニーレタスは育苗中の6月に全滅してしまいました。犯人はまたしてもあいつ!

7月に入って気温もようやく上がり、野菜たちも目に見えて生長してきた、こちら小樽の「そこそこ家庭菜園」です。

といっても、実は早くも姿を消した野菜がいます。

それはサニーレタス

しかも、ポットで育苗中の6月のうちに、姿を消してしまいました。

この“姿を消した”というのは、どういうことかというと…

まず、こちらが6月23日の様子で、順調に育っていたんです。

20170623_151657

で、もうちょっと育ったらミニ畑に定植しようかと思っていた、6月27日。

はい、姿を消しました。
20170627_144615

え”〜〜〜!!って感じですが、犯人は分かってます。またしてもあいつです。

そうです、カタツムリ。
Blog20170601_150448

夜の間に活動するようで、さっきくらいの小さなサイズの葉っぱだと、前の日になんともなかったのが、翌日には跡形もなくなってしまうくらい、食べちゃうんですよね。

(もう跡形もありません。6月30日撮影)
20170630_112746

実は、昨年もミニ畑に植えた後ですが、被害にあってるんですよね。
※昨年の被害はこちら:ポットで育苗していたサニーレタスを定植。早くも食べられた跡があってその犯人は…

やっぱりサニーレタスの葉っぱは柔らかくて美味しいのかな…

6月の小樽は天気が悪くて、雨ばかりだったんですよね。
ちなみに、2017年6月の小樽の降水量は、観測史上最大を記録したとか(関連ブログの参考記事:2017年6月の小樽の降水量は観測史上最大を記録のニュース)。

そのせいもあってか、今年は特にカタツムリが発生していたんですよね。

今年のサニーレタスは断念かな。
ミニ畑では、こぼれ種からのサンチュが順調に生長していて、すでに収穫もしているので、ことしの葉物はサンチュに頑張ってもらいます。

(サンチュは元気!)
20170712_094216

【関連記事】
ナスの葉っぱが食べられてる!?キラキラした跡を残す犯人は!?



にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

こぼれ種からのサンチュは今年も移植後に順調に育ってます

Blog20170613_133133


6月18日(日)の小樽はいい天気で、最高気温も23℃くらいまで上がってようで、ようやく野菜たちにも嬉しい気温になってきました。

さて、本日の話題はサンチュなんですが、我が家のサンチュは毎年、こぼれ種から育てているものなんです。

毎年秋に、第2ミニ畑で花を咲かせたサンチュをそのまま放置していると種ができ、そのまま枯れさせると種がこぼれて、雪解け後の春にはちゃんと芽が出てくるんです。

ただ、そのままではあちこちにぎゅうぎゅうに芽が伸びて生長してくるので、一旦ポットなどに避難するんですが、ちなみに今年は5月24日に避難させてます(その様子はこちらの記事で:こぼれ種のサンチュをひとまず避難)。

で、その後、第2ミニ畑を耕して、その他の野菜を定植する際に、サンチュも移植しました。

(作業は5月31日です)
Blog20170531_153457

実は、第2ミニ畑の他の野菜の邪魔にならないような場所に出てきていたサンチュの中で元気なものは、避難もせずにそのまま放置していたのですが、それらもまるでそこに定植したように育ってきてます(笑)

(これらはずっとここで育ってます)
Blog20170606_144521

毎年、サンチュ栽培に関しては、水やりだけ注意して、肥料とかは特にあげなくてもちゃんと育ってくれるので、とても手間がかからず優秀な野菜なんですよね。

あとは虫食いに注意し、傷んだ葉はこまめに撤去しながら育てていきます。

6月13日の様子でこんな感じです。
Blog20170613_133135

もう少ししたら、ちょっとずつですが収穫できそうです。

実は、移植場所が決まってないのもまだいるんですけどね…

Blog20170613_133137

【関連記事】
2017年度の菜園作業がようやく本格始動〜まずはいつもの作付け計画イラストと実際の作付けの様子(5月31日作業)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

こぼれ種のサンチュをひとまず避難

Blog20170524_153449


本格的な菜園作業が始まる前のこの時期、毎年のことながら、こぼれ種からのサンチュがあちこちから芽を出して第2ミニ畑を占領します。

毎年、サンチュが秋に花を咲かせると、そのまま放置していると種ができ、そのまま第2ミニ畑で枯れさせると、種がこぼれて春にぎゅうぎゅうに芽が出てくるんですよね。

(2017年5月24日の様子。こんなに密集してます)
Blog20170524_153451

で、先日の24日、土づくりのために第2ミニ畑を耕したのですが、例年のことながら、まずは作業前にワサワサになっているサンチュを避難させました。

まずはあちこちに育っているこぼれ種のサンチュの中から、元気に育っているものをいくつか苗としてポットに移動します。

Blog20170524_172427

さらに、ワサワサと密集している部分を、苗の保険として、そのままごっそりと鉢に移動しておきます。

Blog20170524_172422

まだまだミニ畑にはサンチュが残っているのですが、きりがないので、もったいないですがその他はそのまま耕してしまいました。

あとは後日、どこかにサンチュ用の場所を確保して、そこに苗用として避難したサンチュを植え直そうと思ってます。

実は、そのうち、全然別のところから、残っていたサンチュが勝手に生長してきたりするんですが、それもまた楽しいんですよね。

ということで、今年もこぼれ種からのサンチュには期待してます。

Blog20170524_155817


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧