ピーマン&唐辛子

2022年11月 8日 (火)

真っ赤に色づいた鷹の爪をようやく収穫して乾燥〜家庭菜園はほぼ終了

小樽はもうすっかり秋も深まり、日中の最高気温も最近は10℃前後と寒くなってきていて、家庭菜園もほぼ終了しています。

案の定、家庭菜園の終了間際から、ブログの投稿も滞ってしまってますね(汗)

ミニ畑の様子はというと、ほとんどの野菜たちは撤去してしまっていて、残っていたのが真っ赤に色づいた唐辛子の鷹の爪1株と、完熟待ちの紫花豆などの豆類のみだったのですが、そのうち、鷹の爪を11月3日(木)についに収穫しました。

Blog20221103-154653

鷹の爪は、毎年1株植えて、翌年の料理に使う分を確保している感じで、栽培は基本はほったらかし。水やりを抑えると辛さが増すということで、水をやりすぎないように、とはいえ、土が乾きすぎないようにと、そのあたりを注意しつつ栽培しています。

周囲に何もなくなり、枯れ葉などで荒れて寒々しいミニ畑の中で、鮮やかな赤色がとても目立っていたのですが、いよいよ収穫です。

最近は、全体が赤く色づく秋まで待って、株ごと引っこ抜く収穫方法にしています。

Blog20221103-154853

Blog20221103-154838

引っこ抜いたら根をカットして、だいたいの葉っぱも落として、茎を縛って涼しいところ(玄関)に吊るして乾燥させます。

Blog20221103-160142

で、どのくらい乾燥させるかというと…、適当です(笑)

昨年収穫したのがぶら下がったままだったので、今回のと入れ替えたくらいです(笑)

よく言われるのが、ちょっと揉んで振ると、中の種がカラカラいうくらいまで、乾燥させるとのことですね。

今年は1株から結構たくさん収穫できたので、来年の分は十分にまかなえそうです。

さて、ミニ畑に残すは豆類のみで、主に紫花豆の完熟を待っているのですが、例年のことながら、今年も間に合わずに雪が積もりそうです。

【2022年度関連記事】
唐辛子の鷹の爪の実が赤く色づき出した
話題にほとんど出てこない唐辛子の鷹の爪は順調に実もついてます
ようやく買った苗を定植〜いつもの作付け計画イラストも
※昨年の収穫記事です。
真っ赤になった鷹の爪をようやく収穫して乾燥してます

| | コメント (4)

2022年8月29日 (月)

唐辛子の鷹の爪の実が赤く色づき出した

Blog20220829-154646

話題にあまり出てこない野菜というのは、基本、ほったらかしで、日々の動きがないということなのですが、ミニ畑でそんな野菜の代表格が唐辛子鷹の爪です。

毎年、1株植えて、翌年の料理に使う分を確保している感じで栽培していて、今年も第1ミニ畑に1株、植えています。

で、いつもほぼ手をかけず、水やりを抑えると辛さが増すということで、水をやりすぎないように、とはいえ、土が乾きすぎないようにと、そのあたりを注意しつつ栽培しています。

Blog20220829-154649

で、今年はたくさん実がついてくれていて、その様子を8月上旬に投稿して以来、特に変化もなくて、投稿はなかったのですが、ここにきて、ついに実が赤く色づき出したものが出現しました。

Blog20220829-154647

これが、全体的に赤く色づくんですよね。

もちろん、それまではまだだいぶかかりますが、鷹の爪にも変化が現れたということで、久しぶりの投稿になりました(これは、季節は秋に向かっている、ということでもあるのかな)。

※当記事は栽培記録として、日付指定で投稿しています(8月30日作成)。

【2022年度関連記事】
話題にほとんど出てこない唐辛子の鷹の爪は順調に実もついてます
ようやく買った苗を定植〜いつもの作付け計画イラストも
※昨年の収穫記事です。
真っ赤になった鷹の爪をようやく収穫して乾燥してます

| | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

ピーマンの実がたくさん付いてきた

7月18日に一番果を収穫してから、随分と時間が経ったピーマンですが(途中でもう一個収穫)、ここにきて、実がたくさん付いてきました。

(8月10日の様子)
Blog20220810-170211

こういう様子を見るのは嬉しいですね。

今シーズンのピーマンは、第1ミニ畑にあきのを1株植えてますが、これからようやく本格的に収穫ができるようになるかな。

Blog20220810-170213

毎年、そこそこ家庭菜園のピーマンは、他の野菜に比べて出遅れがちで(収穫が始まるのが遅い)、秋に気温が下がって、花や実がついてても、時間切れになることが多いんですよね。

今年はそれまでに、少しでも収穫できるといいのですがね。

(8月11日にズッキーニとミニトマトと一緒に収穫)
Blog20220811-141111

【2022年度関連記事】
ナスとピーマン一番果収穫
ナスとピーマン一番果が付きました
プランター栽培をしているナス2株に花咲いてる
ようやく買った苗を定植〜いつもの作付け計画イラストも

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

話題にほとんど出てこない唐辛子の鷹の爪は順調に実もついてます

本日は、普段から話題にほとんど出てこない唐辛子鷹の爪についてです。

今年は第1ミニ畑に1株植えています。

Blog20220804-163622

毎年、1株植えている唐辛子ですが、だいたいは鷹の爪を植えています。

あまり話題に出てこないのは、途中で収穫作業が入らないからでしょうね。

毎年、ほぼ手をかけずに植えっぱなしで、注意してるのは、水やりを抑えると辛さが増すということで、水をやりすぎないようにということくらいかな。とはいえ、土が乾きすぎないようにと、様子を見ながら水りをしてます。

ここ数年の鷹の爪は、本当に辛く仕上がっていて、パスタなどに本当に重宝しています。

だいたい、1株植えて、それを秋に収穫して乾燥させると、翌年1年間はそれで賄えるんですよね。

で、今年も放置しているとはいえ、花も咲いて、実も順調についてくれています。

(8月4日の様子)
Blog20220804-163625

秋に真っ赤に色づくのが楽しみです。

※当記事は栽培記録として、日付指定で投稿しています(8月5日作成)。

【2022年度関連記事】
ようやく買った苗を定植〜いつもの作付け計画イラストも
※昨年の収穫記事です。
真っ赤になった鷹の爪をようやく収穫して乾燥してます

| | コメント (0)

2022年7月18日 (月)

ナスとピーマン一番果収穫

先日、一番果がついたのを確認したナスピーマンでしすが、やっぱり早めに収穫した方がいいと思い、7月18日(月・祝)に一番果を収穫しました!!

ナスはくろべえ(接木)の方ですね。

Blog20220718-155441

今年のピーマンはあきのです。

Blog20220718-155848

この夏野菜のナスとかピーマンの収穫が始まると、ようやくそこそこ家庭菜園も本格的に始まった、といった感じです。

※当記事は栽培記録として、日付指定で投稿しています(7月29日作成)。

【2022年度関連記事】
ナスとピーマン一番果が付きました
プランター栽培をしているナス2株に花咲いてる
ようやく買った苗を定植〜いつもの作付け計画イラストも

| | コメント (0)

2022年7月15日 (金)

ナスとピーマン一番果が付きました

気がつけば小樽もすっかり夏ですね。

この時期になると、ようやくこちらも夏野菜たちが目に見えてぐんぐんと生長して、畑も賑わってきます。

で、夏野菜のナスとピーマン一番果が付きました!!

ナスは今年もプランターで。ピーマンは第1ミニ畑です。

(2022年7月14日の様子)
Blog20220714-115237

Blog20220714-115245

ピーマンの栽培の様子を掲載するのは、今シーズン初かな。

Blog20220714-115252

今のところ順調に育ってます。

Blog20220714-115257

やっぱり、最初に実がついてくれるのを見るのは、嬉しいですよね。

一番果は株の生長のために早めに収穫ということで、もう少ししたら収穫しようと思います。

※当記事は栽培記録として、日付指定で投稿しています(7月29日作成)。

【2022年度関連記事】
プランター栽培をしているナス2株に花咲いてる
ようやく買った苗を定植〜いつもの作付け計画イラストも

| | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

ピーマンとミニトマト撤去

11月4日(木)の小樽は、日中は曇りの予報でしたが、晴れ間も見える、まあまあいい天気でした。気温もそんなに寒くなかったです(日中の最高気温は14.6℃)。

本日は、ちょっと片付けを進めました。ピーマンとミニトマトの撤去です(11月4日の作業です)。

実は、ピーマンが結構遅くまで採れていたんですよね。

毎年なんですが、周囲の撤収が始まっている「そこそこ家庭菜園」の中で、ピーマンが遅くまで収穫できてるんです。

夏野菜ながら、毎年ピーマンは出足が鈍くて、秋深くまで実がなり続けるんですよね。

まあ、あまり大きくはならないんですが、それでもこのくらいでポツポツと収穫できてました。

(10月中旬の収穫)
Blog20211012-154445

で、それももう終了、というか、実はついてるんですが、もう大きくならないので、さすがに撤去というわけです。

(もう生長しません。11月4日の撤去前)
Blog20211104-145721

そして、ミニトマトですが、こちらも最後まで実がついていたんですが、もう色づかなくなってしまいました。

今年は赤い千果が最後まで今ひとつだったのに対して、イエローアイコは最後まで収穫できていて、結局、イエローアイコは撤収時にもこのくらいの青い実がなっていました。

Blog20211105-005548
(もう色づかないので、この状態で取ってしまいました)

ということで、これでミニ畑に残っているのは、いよいよ種取りのための豆類のみとなっています(あっ、サンチュも自然と種をこぼれさせているので、放置しています)。

※参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp

【2021年度関連記事】
ピーマンに花が咲いて一番果収穫〜今年は順調!?
ミニトマトは今年は千果と珍しくイエローアイコ〜今のところそこそこ順調に収穫してます
購入苗とポットに種まきした豆類をミニ畑にようやく定植しました(6月13日作業)

| | コメント (0)

2021年11月 3日 (水)

真っ赤になった鷹の爪をようやく収穫して乾燥してます

11月3日(水・祝)の小樽は、午前中は曇り、午後はちょっとだけ晴れ間も見えたものの、パッとしない天気でした。

気温は日中の最高気温が11.8℃ (13:53)で、もちろん、朝晩は7〜8℃といったところです。寒いです。

さて、本日の話題は鷹の爪です。

毎年、1株だけ栽培していて、だいたいその収穫で、その後1年分の料理で使う量をまかなっている鷹の爪ですが、今年も1株、第1ミニ畑に植えて、ほぼ放置。

注意したのは、水やりを抑えると辛さが増すということで、水をやりすぎないように、ただ、土が乾きすぎないようにと、様子を見ながら水りをしたくらいでしょうか。

で、今年は昨年に比べると、だいぶ実の付きが少なかったのですが、それでも真っ赤に色づいてくれました。

Blog20211026-135012

毎年、秋の深まるギリギリまで畑に置いておき、畑の撤収時期に合わせて収穫していて、今年も10月26日(火)にようやく収穫しました。

その後は涼しいところ(玄関)に吊るしておき、乾燥させています。

Blog20211026-140229
(まだ、緑色のもありました)

いつまでって!?乾燥するまで、適当です(笑)

冬の間はこちらはとても乾燥しているので、ずっと置きっ放しです(笑)

※参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp

【2021年度関連記事】
この時期にミニ畑に真っ赤な彩を添えてくれる鷹の爪
購入苗とポットに種まきした豆類をミニ畑にようやく定植しました(6月13日作業)
昨年秋に収穫して乾燥させていた鷹の爪をようやく収穫

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

この時期にミニ畑に真っ赤な彩を添えてくれる鷹の爪

Blog20210923-113743

周囲は秋の気配も漂い、そろそろ終了に近づいている今シーズンの「そこそこ家庭菜園」です。

この時期、ほぼ放置状態でなんだか荒れた感じになっているミニ畑の中で、元気に真っ赤な彩を添えてくれているのが鷹の爪です。

毎年、1株だけ栽培していて、だいたいその収穫で、その後1年分の料理で使う量をまかなえています。で、今年も1株、第1ミニ畑に植えました。

ほとんど手をかけてないんですが、水やりを抑えると辛さが増すということで、水をやりすぎないように、ただ、土が乾きすぎないように、様子を見ながら水りをしてます。

で、今年も真っ赤に色づいてくれました。

Blog20210923-113709

ただ、今年は昨年に比べて、実の付きが少ないかな(昨年がたくさん実がなったんですよね)。

この鷹の爪は、秋の深まるギリギリまでミニ畑に放置しておいて、最後に株ごと収穫して、乾燥させる予定です。

一昨年、昨年と、かなり辛い鷹の爪になってくれたのですが、今年はどうかな〜

【2021年度関連記事】
購入苗とポットに種まきした豆類をミニ畑にようやく定植しました(6月13日作業)
昨年秋に収穫して乾燥させていた鷹の爪をようやく収穫

| | コメント (2)

2021年7月16日 (金)

ピーマンに花が咲いて一番果収穫〜今年は順調!?

小樽も暑い日が続いていて、夏野菜を中心に元気です。

菜園作業は、今は特別なことはそんなにないのですが、こう暑いと土の様子を見つつ水やりには注意ですね。

さて、本日の話題はピーマンです。

狭いミニ畑で、今年もはピーマンはあきのを1株だけ第1ミニ畑に植えました。

ピーマンは毎年、生長が遅くて出遅れるんですが、今年は花もすぐに咲いて、先日、一番果を収穫しました。

(6月29日の花の様子)
Blog20210629-180039

(こちらは7月14日の様子)
Blog20210714-162533

(一番果なので、まだ小さな株に負担がかからないように、小さめのうちに収穫です。7月14日です)Blog20210714-162613

毎年、出遅れたピーマンは収穫時期も遅れて、そのうち秋で時間切れになることが多いのですが、今年はどうかな。

このままいい天気が続いてくれると、順調に行きそうな気もするのですがね。

【2021年度関連記事】
購入苗とポットに種まきした豆類をミニ畑にようやく定植しました(6月13日作業)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧