ピーマン&唐辛子

2021年11月 4日 (木)

ピーマンとミニトマト撤去

11月4日(木)の小樽は、日中は曇りの予報でしたが、晴れ間も見える、まあまあいい天気でした。気温もそんなに寒くなかったです(日中の最高気温は14.6℃)。

本日は、ちょっと片付けを進めました。ピーマンとミニトマトの撤去です(11月4日の作業です)。

実は、ピーマンが結構遅くまで採れていたんですよね。

毎年なんですが、周囲の撤収が始まっている「そこそこ家庭菜園」の中で、ピーマンが遅くまで収穫できてるんです。

夏野菜ながら、毎年ピーマンは出足が鈍くて、秋深くまで実がなり続けるんですよね。

まあ、あまり大きくはならないんですが、それでもこのくらいでポツポツと収穫できてました。

(10月中旬の収穫)
Blog20211012-154445

で、それももう終了、というか、実はついてるんですが、もう大きくならないので、さすがに撤去というわけです。

(もう生長しません。11月4日の撤去前)
Blog20211104-145721

そして、ミニトマトですが、こちらも最後まで実がついていたんですが、もう色づかなくなってしまいました。

今年は赤い千果が最後まで今ひとつだったのに対して、イエローアイコは最後まで収穫できていて、結局、イエローアイコは撤収時にもこのくらいの青い実がなっていました。

Blog20211105-005548
(もう色づかないので、この状態で取ってしまいました)

ということで、これでミニ畑に残っているのは、いよいよ種取りのための豆類のみとなっています(あっ、サンチュも自然と種をこぼれさせているので、放置しています)。

※参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp

【2021年度関連記事】
ピーマンに花が咲いて一番果収穫〜今年は順調!?
ミニトマトは今年は千果と珍しくイエローアイコ〜今のところそこそこ順調に収穫してます
購入苗とポットに種まきした豆類をミニ畑にようやく定植しました(6月13日作業)

| | コメント (0)

2021年11月 3日 (水)

真っ赤になった鷹の爪をようやく収穫して乾燥してます

11月3日(水・祝)の小樽は、午前中は曇り、午後はちょっとだけ晴れ間も見えたものの、パッとしない天気でした。

気温は日中の最高気温が11.8℃ (13:53)で、もちろん、朝晩は7〜8℃といったところです。寒いです。

さて、本日の話題は鷹の爪です。

毎年、1株だけ栽培していて、だいたいその収穫で、その後1年分の料理で使う量をまかなっている鷹の爪ですが、今年も1株、第1ミニ畑に植えて、ほぼ放置。

注意したのは、水やりを抑えると辛さが増すということで、水をやりすぎないように、ただ、土が乾きすぎないようにと、様子を見ながら水りをしたくらいでしょうか。

で、今年は昨年に比べると、だいぶ実の付きが少なかったのですが、それでも真っ赤に色づいてくれました。

Blog20211026-135012

毎年、秋の深まるギリギリまで畑に置いておき、畑の撤収時期に合わせて収穫していて、今年も10月26日(火)にようやく収穫しました。

その後は涼しいところ(玄関)に吊るしておき、乾燥させています。

Blog20211026-140229
(まだ、緑色のもありました)

いつまでって!?乾燥するまで、適当です(笑)

冬の間はこちらはとても乾燥しているので、ずっと置きっ放しです(笑)

※参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp

【2021年度関連記事】
この時期にミニ畑に真っ赤な彩を添えてくれる鷹の爪
購入苗とポットに種まきした豆類をミニ畑にようやく定植しました(6月13日作業)
昨年秋に収穫して乾燥させていた鷹の爪をようやく収穫

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

この時期にミニ畑に真っ赤な彩を添えてくれる鷹の爪

Blog20210923-113743

周囲は秋の気配も漂い、そろそろ終了に近づいている今シーズンの「そこそこ家庭菜園」です。

この時期、ほぼ放置状態でなんだか荒れた感じになっているミニ畑の中で、元気に真っ赤な彩を添えてくれているのが鷹の爪です。

毎年、1株だけ栽培していて、だいたいその収穫で、その後1年分の料理で使う量をまかなえています。で、今年も1株、第1ミニ畑に植えました。

ほとんど手をかけてないんですが、水やりを抑えると辛さが増すということで、水をやりすぎないように、ただ、土が乾きすぎないように、様子を見ながら水りをしてます。

で、今年も真っ赤に色づいてくれました。

Blog20210923-113709

ただ、今年は昨年に比べて、実の付きが少ないかな(昨年がたくさん実がなったんですよね)。

この鷹の爪は、秋の深まるギリギリまでミニ畑に放置しておいて、最後に株ごと収穫して、乾燥させる予定です。

一昨年、昨年と、かなり辛い鷹の爪になってくれたのですが、今年はどうかな〜

【2021年度関連記事】
購入苗とポットに種まきした豆類をミニ畑にようやく定植しました(6月13日作業)
昨年秋に収穫して乾燥させていた鷹の爪をようやく収穫

| | コメント (2)

2021年7月16日 (金)

ピーマンに花が咲いて一番果収穫〜今年は順調!?

小樽も暑い日が続いていて、夏野菜を中心に元気です。

菜園作業は、今は特別なことはそんなにないのですが、こう暑いと土の様子を見つつ水やりには注意ですね。

さて、本日の話題はピーマンです。

狭いミニ畑で、今年もはピーマンはあきのを1株だけ第1ミニ畑に植えました。

ピーマンは毎年、生長が遅くて出遅れるんですが、今年は花もすぐに咲いて、先日、一番果を収穫しました。

(6月29日の花の様子)
Blog20210629-180039

(こちらは7月14日の様子)
Blog20210714-162533

(一番果なので、まだ小さな株に負担がかからないように、小さめのうちに収穫です。7月14日です)Blog20210714-162613

毎年、出遅れたピーマンは収穫時期も遅れて、そのうち秋で時間切れになることが多いのですが、今年はどうかな。

このままいい天気が続いてくれると、順調に行きそうな気もするのですがね。

【2021年度関連記事】
購入苗とポットに種まきした豆類をミニ畑にようやく定植しました(6月13日作業)

| | コメント (0)

2021年5月26日 (水)

昨年秋に収穫して乾燥させていた鷹の爪をようやく収穫

昨年(2020年)秋に収穫して、乾燥のために玄関にぶら下げっぱなしだった鷹の爪をようやく収穫しました。

Blog20210520-205043

昨年11月に、ミニ畑の片付けとともに鷹の爪を株ごと引っこ抜いて、根の部分をカットして短くし、茎を束ねて乾燥のために玄関にぶら下げておいたんですよね。

で、ひと冬越して、カランカランに乾燥したので、早く実を収穫しないと、と思っていたのがついつい延び延びに…

と言っているうちに、さすがにこちら小樽も気温が上がってきて、何のために冬の間に乾燥させていたのか、意味がなくなってしまうので、さすがに重い腰を上げて収穫しました。

乾燥した束の写真を撮り忘れてしまったので、昨年11月にぶら下げた時の写真を。

(こんな感じでぶら下げてました)
Otaru_20201108-142739

で、こちらが今回の収穫の写真です。結構、赤くいい色に色付いてますね。

Blog20210520-204857

我が家はパスタが好きで、そこそこ鷹の爪(唐辛子)を料理に使うので、これは嬉しいんですよね。

まあ、量はそんなには使わないので、毎年、植えているのは一株なんですが、このくらい収穫できれば、この一年はもちそうです。

もちろん、今年も栽培したいと思ってます!!(そろそろ作業を始めないと…)

| | コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

今シーズンの家庭菜園も終了。最後の収穫は株ごと引っこ抜いた鷹の爪

小樽はもう紅葉の季節もほぼ終わり、先日(11月4日)は初雪が降り(記録では3日らしい)、もう家庭菜園も終了で、片付けに追われていたのですが、ようやくその片付けも終わりました。まあ、撤去作業ですね。

で、そこそこ家庭菜園、最後の収穫がこちらです。

(こちらは10月28日のミニ畑での様子)
Otaru_20201028-160030

鷹の爪ですね。

第1ミニ畑に1株植えていた鷹の爪は、ずっとほぼ放置していて、片付けと共に最後に株ごと引っこ抜きました。

(11月8日収穫)
Otaru_20201108-142917

結構、多くの実が赤く色づいてくれました。

今回は、株ごと抜いたので、根の部分をカットして短くして、茎を束ねて玄関にぶら下げておきました。

Otaru_20201108-142739

これで、乾燥するのを待とうと思います。

今年は、結構、たくさん実がついてくれたかな。後は、辛さがどうかですね。

ということで、今シーズンの家庭菜園も終わってしまい、こちら北海道・小樽はもうすぐ雪に覆われると思います。

残念ながら、今年も栽培記録となるはずの投稿が滞りがちで、ほとんど記録になりませんでした(^^;

来シーズンこそは、もうちょっとこまめに記録したいですね。
(さて、冬の間のブログ投稿はどうしようかな…)

【2020年度関連記事】
購入苗のミニ畑への定植作業記録(5月31日作業)

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

初栽培のシシトウ頑張ってます

Blog20200815-134427


8月下旬になって、いい天気の続いてるこちら小樽です。というか、30℃近くまで気温が上がる日が結構まだあって、暑いです。

さて、本日の記録は、実は何気に初栽培のシシトウです。

以前から栽培してみたかったのですが、なんとなく縁がなくて、今回初めて、第1ミニ畑に鷹の爪、ピーマンと並べて栽培しています。

といっても。5月31日に購入した苗1株を植えて以来、実はたいした世話はしてなくて、途中で2度ほど追肥したくらいかな。

(6月22日の様子。手前がシシトウ)
Blog20200622-161904_20200826135001

Blog20200622-161906

(これが一番果になるのかな。とりあえずすぐに収穫)
Blog20200622-161914

結構、花が早くから咲いて、その後もそのまま実がついてくれました。

(7月22日の様子)
Blog20200722-131622

Blog20200722-131625

Blog20200722-131859

(8月15日の様子)
Blog20200815-134427

Blog20200815-134435

Blog20200815-134537

1株なんでちょっとずつですが、それなりに収穫できて、今も続いています。

そのまま焼いたり、焼き浸しにしていただいてます。

いいですね、シシトウ栽培。

あれ?そういえば、整枝とか必要だったのかな?今後の課題ですね。調べておこう。

【2020年度関連記事】
購入苗のミニ畑への定植作業記録(5月31日作業)

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

ピーマン一番果収穫。その後も続きそうで、今シーズンはちょっと期待

Blog20200712-113010

今年はなんだかいい天気が続いているこちら小樽です。気温はそんなに高くもならず、25℃前後で推移してますね。ちなみに、7月30日(木)の最高気温は26.3℃(14:38)でした。

さて、こういったいい天気ですと、なんだか野菜たちの生長も順調のように見えるのですが、本日はピーマンの栽培の様子です。

ピーマンを第1ミニ畑に定植したのは5月31日で、購入した苗の品種は確認し忘れで分かりません(汗)

(ピーマンは左の畝の真ん中)
Blog20200531-160940rrr

ちなみに、今回は鷹の爪、ピーマン、ししとうを1株づつ並べて植えてます。

(上から鷹の爪、ピーマン、ししとう。6月22日の様子)
Blog20200622-161904

その後の生長はゆっくりだったのですが、気付いたら一番果が成っていたので、7月12日にすぐに収穫。

Blog20200712-113010

実は、「そこそこ家庭菜園」ではピーマン“も”苦手で、いつも生長が遅れ気味で、一番果が早く収穫できても、本格的な収穫は8月下旬頃からになったりするんですよね。

Blog20200712-113012

そうすると秋になってすぐ寒くなり、栽培の時間切れになっちゃったりするんです。が、今年はその後も実がついて、なんだか収穫が続くかも(2個目も収穫できました)。

(7月30日の様子)
Blog20200730-163254

Blog20200730-163251

ちょっと期待の今シーズンのピーマンです。

【2020年度関連記事】
購入苗のミニ畑への定植作業記録(5月31日作業)

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

暑い日が続きますが、夏野菜のピーマンはおかげで元気!?

Blog20190730-120208

8月に入りましたが、7月終盤から続く暑さはまだ続き、8月2日(金)も30℃を超えて、小樽は5日連続で真夏日です。

小樽も暑いです。

この暑さのせいなのか、例年より元気なのが、夏野菜ピーマンです。

といっても、ようやく2個目を先日収穫しただけなんですけどね(汗)

実は「そこそこ家庭菜園」では、ピーマンとの相性が悪いのか、いつも生長が遅れ気味で、収穫が8月下旬ころからになったりして、そうすると秋にすぐ寒くなって時間切れになっちゃったりするんですよね。

それが、7月終盤からの暑さのせいか、ここにきて株もグンと育っているようなので、今年はちょっと期待してしまいます。

ちなみに、今年のピーマンは、接ぎ木のピーマンエースを1株買って、6月9日(日)に植えました。

最初はやっぱりなかなか育たなかったのですが、ひょっこり一番果を7月6日(土)に発見。まだ株が小さいので、慌てて収穫。

(7月6日の様子)
Blog20190706-105905

Blog20190706-105903

で、ここにきて元気に育ち、7月30日(火)に2個目を収穫したわけです。

(7月30日の様子)
Blog20190730-120118

Blog20190730-120208

暑いのは苦手ですが、やっぱり夏野菜たちには嬉しい暑さのようです。

| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

ここにきて、ようやくピーマンが収穫できた

Blog20180831_165228


9月5日(水)の小樽の天気ですが、前日からの強い台風21号は、朝には通り過ぎていて、風は残っていたものの天気は回復して、晴れ間も見えました。

ただ、今回の台風は日本各地で大きな被害をもたらしましたよね。我が家は大丈夫でしたが、北海道でも停電や倒木、建物の損壊などの被害がでたようで、小樽発の列車もずっと運休していました。被害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。

小樽の気温は日中で27℃くらいまで上がり(最高気温は早朝の28.0℃(4:03)でした)、結構、暑かったです。さらに、夜には雷が鳴り出し、雨も降るという変な天気でした。

ところで「そこそこ家庭菜園」はというと、台風の被害は野菜と支柱がやや傾いたくらいで、特にありませんでした

で、本日の話題はピーマンです。

Blog20180831_165222

ここ数年、ピーマン栽培はパッとしないんですよね。理由はよく分からないのですが、ミニ畑のピーマンは毎年、出足が遅いんです。

夏野菜なのに、いつも夏が終わった頃にようやく実が付き出して、そのうち秋で気温が下がり、寒さで実が生長しなくなって、さほど収穫できないうちに時間切れになってしまうという…

今年もやっぱり出足が遅くて、ここにきてようやくピーマンが収穫できるようになってきました(写真は8月31日の様子)。

Blog20180831_165332

と、なんだかんだいっても、収穫は嬉しいですね。

一株しか植えてないので、数は少しでしょうが、このあと、どのくらい収穫が続いてくれるか、やっぱり楽しみです。

Blog20180831_165228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧