キュウリ

2016年10月 5日 (水)

今シーズンのキュウリはまあまあいい感じ

Blog20160913_160329


ほぼ終了時期を迎えている、こちら小樽の「そこそこ家庭菜園」ですので、現在は各野菜の今シーズンの様子を記録として書き留めてます。

ここまで、大失敗だったピーマン鷹の爪の様子を投稿したので、まあまあ上手くいった野菜もあります。

その中のひとつがキュウリです。

今年のキュウリは接木の「夏すずみ」の苗を1株買ってきて、第1ミニ畑で栽培したのですが、病気にもかからず順調に生長してくれて、収穫もまずまずでした。

ただ、今年は例年以上にテントウムシダマシによる被害が大きくて、ちょっと油断すると、すぐに実を齧られちゃうんですよね。

(先端のキズのようなのは、全部テントウムシダマシの被害です)
Blog20160906_150903

何だか、9月に入ってからの終盤の方が虫害がひどくて、例年ですと、結構遅い時期まで栽培を引っ張るんですが、今シーズンは、9月22日に既に撤去済みです。

(最後はかれかれ)
Blog20160922_145122

キュウリの調子良かったので、久しぶりに収穫本数を数えていたのですが、今年は38本でした。

(巨大キュウリと、ちっちゃいキュウリcoldsweats01
Blog20160913_160329

以前は「そこそこ家庭菜園」では、キュウリが毎年結構優秀で、1株で50本以上収穫できたりもしたのですが、ここ2年ほどは成績が悪かったんですよね。

なので、今年はこれで成功ということにします。

【今シーズンのキュウリ関連記事】
キュウリが順調だけどテントウムシダマシの被害が大きい
ようやく夏野菜のキュウリ初収穫〜まずは1本!
キュウリの雌花が咲き出した〜これは摘み取ります


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

キュウリが順調だけどテントウムシダマシの被害が大きい

Blog20160831_170353


本日(8日)の小樽は朝からどんよりした空模様で、夕方からは雨も降ってくるという天気だったのですが、何より日中の気温が20℃をやっと超える程度で、何だか肌寒いくらいでした。

やっぱり、このまま秋なのか…

さて、本日は毎年一株で頑張ってもらってるキュウリの話題です。

今年は接木の「夏すずみ」の苗を買ってきて栽培してるのですが、大きな病気もなくてなかなか順調なんです。

栽培はいつも通り、下から5〜7節くらいまでの雌花と子ヅルを摘み取った後、親ヅルは支柱を超えたところで摘芯。子ヅルは、本葉2枚を残して(2節目で)その先を摘芯という、以前調べた内容を基本にして整枝してます。

ただ、よく見たら子ヅルがあちこちから随分と伸びてしまっていたりして、結局、何だかよく分かんなくなってるんですけどね(笑)

で、今年は久しぶりに、以前のように収穫本数を数えているのですが、現在のところ31本となっていて、いい感じではないでしょうか。

Blog20160831_170353

しかし、写真のキュウリの根元の部分を見ると、なにやら擦れているように見えると思うのですが、実はこれ、テントウムシダマシによる被害なんです。

Blog20160831_170601

生長は順調なんですが、何だか今年はテントウムシダマシがすごく多くて、キュウリの表面を齧っていく被害がかなり多いんですよね。

テントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)は、普通のテントウムシと似ているのですが、星の数が多くて、それに、テントウムシはアブラムシを食べてくれる益虫なのに対して、テントウムシダマシは草食系なので葉っぱとかキュウリやナスの実とかも食べちゃう害虫なんですよね。

Blog20160903_155045

現在は、ちょっとチェックするだけで、10匹くらいすぐ捕獲できてしまうくらい発生しています。なんでこんなにいるんだろう…

これがいなければ、綺麗なキュウリを収穫できて、文句なしなんですがね〜

テントウムシダマシは、ナスやトマトのナス科にもつくようで、ミニトマトなんかにもたくさんいて、今のところは、一匹ずつ駆除してますが、結構きりがなくて、本当に困ってます。

Blog20160903_153646

早くいなくなんないかな〜

【今シーズンのキュウリの関連記事】
ようやく夏野菜のキュウリ初収穫〜まずは1本!
キュウリの雌花が咲き出した〜これは摘み取ります


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

ようやく夏野菜のキュウリ初収穫〜まずは1本!

Blog20160721_170759


ここにきて、こちら小樽もようやく夏らしい天候で、最高気温も25℃を超えるようになってきました。

となると、ようやくこちらも夏野菜が目に見えて生長してきてるのですが、そんな中、キュウリが収穫までたどり着きました!

今年のキュウリは、接木の「夏すずみ」の苗を買ってきて、6月5日に第1ミニ畑に植えてるんですが、ようやく1番果の収穫です(7月21日収穫)。

ちょっと前の雨続きの間に、いつの間にか生長したようで、1番果にしてはちょっと育ち過ぎたかな(汗)

(こちらは収穫前の写真)
Blog20160721_170650

今月上旬に、下から5〜7節くらいまでの雌花と子ヅルを摘み取ったキュウリは、そのおかげか否か、ここにきてどんどん生長してきて、花も咲いて実もついてきてます。

Blog20160721_170655

ただ、もう背丈が支柱を超えてしまったので、そろそろ親ヅルを摘芯ですね。

ちなみに、子ヅルの摘芯については、以前調べた“本葉2枚を残して(2節目で)その先を摘芯”という対応をしようと思っているのですが、様子を見て、また子ヅルを1本伸ばしてみようと思ってます。

ということで、いや〜、夏野菜の初収穫は嬉しいですね。

とはいえ、実はもう7月下旬なんですからね。

短い北海道の家庭菜園ですから、これから、夏野菜の収穫がどんどん続くことを期待しちゃいます。

ちなみに、収穫したキュウリは、まずは味噌などを付けて、そのままの瑞々しさを美味しくいただきました。

Blog20160722_191952

【今シーズンのキュウリ関連記事】
キュウリの雌花が咲き出した〜これは摘み取ります


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

キュウリの雌花が咲き出した〜これは摘み取ります

Blog20160701_154027


晴れたり曇ったりを繰り返しながらも、徐々に気温が上がってきて、ミニ畑の野菜たちも生長し始めている、こちら小樽の「そこそこ家庭菜園」からこんにちは。

まあ、気温が上がってきたといっても、最高気温は25℃に届くかどうか、という程度なんですけどね。


さて、本日は家庭菜園の定番、キュウリの様子です。

今年のキュウリは、接木の「夏すずみ」の苗を買ってきて、6月5日に第1ミニ畑に植えました。

(6月6日の様子)
Blog20160606_113055r

その後 、6月は天気はいまひとつで、目立った生長はなかったのですが、さすがにここにきて、気温が上がってきたせいが、ゆっくりながらも目に見えて生長してきました。

Blog20160701_153738

途中、支柱を立てたのですが、先日にはいよいよ花が咲いて、雌花にミニキュウリができてました。

(7月1日の様子)
Blog20160701_153630

ただ、例年のことながら、これらの雌花は摘み取ります。

ちょっともったいないんですが、このこの時期、下から5〜7節くらいまでの雌花と小ツルは摘み取って(葉はとらない)、まずは株の生長を促すんですよね。

Blog20160701_154027

以前、色々と調べてこの方法で摘果しているのですが、これがいいのかどうかはよく分かりません。

ただ、ミニ畑ではキュウリは1株だけで育てているので、できるだけ丈夫に大きく株を育てたいのですが、今のところ、何となくこの方法で上手くいっている感じがしています。

とはいえ実は、以前は「そこそこ家庭菜園」では、キュウリは毎年結構優秀だったのですが、ここ2年、がくんと成績が悪くなってしまってるんですよね。

キュウリは家庭菜園のメインのひとつなので、何とか今年は頑張ってもらいたいです。

今のところは順調に育ってますが、これからの心配は、うどんこ病とアブラムシかな。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

キュウリもやっと収穫が始まりました。さて、子ヅルを伸ばすかどうか

Blog20150804_172146


先週の4日・5日と続けて30℃を超えたものの、その後は27℃前後の気温で推移している、こちら小樽です。
つまり、暑さのピークはもう過ぎたということ!?

夏、短っ!

昼間はそれなりに暑いものの、夜は涼しい風が吹いていて、とても過ごしやすい気候になりつつありますが、野菜にとっては、夏が短すぎるかも(汗)


さて、そんな気候状況の「そこそこ家庭菜園」ですが、本日の話題はキュウリ

10日ほど前に、先端を摘芯したキュウリですが、そのせいか、ただ単純に気温が高く推移しているおかげか、とにかく、キュウリの実の生長の度合いが早くなり、ボチボチ収穫できるようになってきました。

Blog20150807_090314

今年のキュウリは「四川」という品種で、イボイボトゲトゲが多くて手が痛いくらいですが、いい香りがしてパリポリっと美味しいです。

Blog20150809_091948

そうそう、摘芯をしたせいだと思うのですが、子ヅルが伸びてきています。

子ヅルはいつも、“本葉2枚を残して(2節目で)その先を摘芯”という対応をしているのですが、株の様子を見て、元気な子ヅルを1本伸ばしてみようと思ってます。

以前もやったことがあるのですが、上手くいけば、親ヅルの収穫が終わる頃、今度は子ヅル側から収穫できると思うんですが、はてさて思ってるように上手くいくかどうか。

昨年は、栽培自体を失敗したキュウリですが、それ以外の年は、結構豊作になってるんですよね。
今年のキュウリは期待できるかな〜

しか〜し!

7月下旬から見られた、うどんこ病が、またチラホラと発生してるんですよね。

Blog20150807_165505

前回発見した時に、被害に遭っている葉っぱを取り除いて、一時収まったように見えたのですが…、う〜ん…。

とりあえず、また、被害に遭っている葉っぱを取り除いておきましたが、やっぱり、ミニ畑だと風通しとかもよくなさそうだし、なかなか防ぐのは難しいのかなぁ

Blog20150812_144749

被害の拡大が、収穫のスピードに追いつかないように祈るばかりです。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

摘芯って思い切りですよね〜中玉トマトとキュウリの摘芯

Blog20150801_162501


中玉トマトとキュウリの摘芯をしました。

まずは、トマトの摘芯について(上の写真がトマトの摘芯です)。

よく、トマトの摘芯について調べると、“花房は5〜6段目までにして、その上は葉2枚を残して先端を摘心”といった説明が多いですが、ミニトマトに関しては、あまり気にしなくてもいいようですね。

今年は中玉トマトを栽培してるんだけど、中玉も同じなのかな。

で、実際「そこそこ家庭菜園」では、基本的に支柱を超えたところで摘芯してます。だいたい、それで6段前後になるんですけどね。

Blog20150801_162328

それでも、摘芯って、思い切りがいるんですよね。

それによって、そこから下の実が充実するというのは分かっていても、何だかもっと伸ばしたいような気になっちゃうんですよね。

それでも中玉トマトはボチボチ収穫が始まったので、これで、しっかり実が生ってもらいたいものです。

Blog20150801_170002


続いて、キュウリの摘芯ですね。

Blog20150801_162732

こちらは、支柱を超えて、横にある木の枝まで伸びてしまったので(笑)

Blog20150801_162640

いつもの感じだと、これで子ヅルが伸びてくると思うんだけど、子ヅルは基本“子ヅルの本葉2枚を残して(2節目で)その先を摘芯”という対応をしてます。

ただ、様子を見ながら、子ヅルをどんどん育てたりと、色々試してみたりもしてるんですよね。

今年はまだ最初の1本を収穫したきりで、その後が続かないんです。

Blog20150801_162644

8月に入って気温も上がっているので、何とか育ってもらいたいですね。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

やっとキュウリを1本収穫。しかし、よく見ると葉っぱに白い影が…

本日(20日)の小樽は、最高気温は24℃くらいでしたが、最低気温も20℃程度までしか下がらなかったので、こちらとしては結構暑い一日でした。


さて、本日の話題はキュウリですが、やっと1本収穫できました!

Blog20150716_113436

Blog20150720_105756

いや〜、嬉しですね(ちょっと大きくなってしまいましたが…)。

今年は、接木キュウリ「四川」の苗を1株、第1ミニ畑に5月29日に植えたのですが、天気がいまいちだったせいか、生長が遅くて気になっていたんです。

それでも、何とか今シーズンの初収穫となりました。

ちなみにこの四川というキュウリは、イボイボトゲトゲが多いのが特徴のようですね。
まだ食べてないのですが、どんな味か楽しみです。


と、初収穫に浮かれていたのですが、ふと、葉っぱを見てみると…

Blog20150716_113427

ん?

Blog20150716_114400

まさか、この白い影は!?

え"〜〜〜!!! これはうどんこ病だ〜!

まだ、生育初期なんですが、早くもうどんこ病の魔の手が…

うどんこ病といえば、とりあえず、被害に遭っている葉っぱ4〜5枚を取り除いておきましたが、まだまだ葉っぱの枚数も少ないですし、これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです。

Blog20150720_155352

ということで、初収穫の喜びも束の間、先行き怪しいキュウリの様子でした。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

今年のキュウリは「四川」を1株植えました

本日(23日)は、気温が16〜17℃くらいで、いまひとつの天気のこちら小樽です。

6月に入って、20℃を超える日は増えてきましたが、なかなか25℃を超える日が少ないんですよね。

暑いのは苦手な道民ですが、夏野菜は夏の日差しを待ちわびてますからね。


今日は、そんな夏野菜のうちのひとつ、キュウリの様子です。

今年は、接木キュウリ「四川」の苗を1株買ってきて、第1ミニ畑に5月29日に定植しました。

(5月29日の定植の様子)
Blog20150529_101205

毎年、キュウリは1株だけの栽培ですが、病気を警戒して接木の苗を買ってきてます。

実は、例年上手くいっていたキュウリが、昨年は惨敗だったんですよね。

今年はなんとか元気に育ってもらいたいものです。

(6月16日の様子)
Blog20150616_111102

で、今のところは順調で、まだ株は小さいながらも下の方では雌花のミニキュウリがついてます。

Blog20150616_111047

が、この時期、下から5〜7節くらいまでの雌花と小ツルは摘み取って、まずは株の生長を促すんですよね。

Blog20150617_105228

ちょっともったいないですが、その後に元気に育ってもらうためです。

そして、現在はこんな感じです。

(6月23日の様子)
Blog20150623_134956

まだまだ背丈が小さいので、これからですね。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

キュウリは静かに終わりました/シソは花が咲いてます

こちら北海道小樽は最近、晴れていると思ったら、急に激しい雨が降ってきたり、かと思ったらまた青空が広がったりと、なんだか天候が不安定です。

おまけに、つい先日までは気温が急に下がって、ストーブをつけてしまったりと、何だか菜園作業も気乗りしない日が続いてました。


と、言い訳を一通り述べたところで(笑)、本日の話題は、すっかり放置状態の「そこそこ家庭菜園」で、いよいよ撤去の話題です。

今年、一番手で撤去したのは、まったく不調に終わってしまったキュウリです。

例年、キュウリは(何故か)上手く栽培できて、この時期ですと、「今年は○○本収穫できた!」と自慢げにブログに書いているところなんですがcoldsweats01、今年はあまりの惨敗ぶりに静かに終わろうと思います(笑)

Blog20140922142105

ツルの先端部分を見ると、何だか枯れているような感じで、確認できてませんが、何かの病気だったかもしれませんdespair

Blog20140922142826

例年ですと、食べきれずにキューちゃん風漬物なんかも作っていたのですが、今年はそれどころでなかったです。残念think

(撤去終了)
Blog20140922144816

また、来年に期待ですね。


さて、ここしばらく放置気味だったミニ畑では、あちこちで野菜が伸びっぱなしになってるんですが、シソの花が咲いてましたcoldsweats01

こちらは青ジソ。
Blog20140922142019

そして、こちらが赤ジソ。
Blog20140922142012

いや〜、伸び放題ですね。
これを何かに使う予定は…、今のところありませんcoldsweats01


ということで、この時期になると、こちらは気温も下がり、家庭菜園も一気に終了に向かうんですよね。

何だか寂しいですが、しょうがないですね。北海道の家庭菜園期間は短いです。

それもで、まだいくつかの野菜たちが頑張ってますので、もうちょっと「そこそこ家庭菜園」には頑張ってもらいます!


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

好調ミニトマト・不調キュウリ、そして空いたスペースにカブを植えました

9月に入って、北海道はすっかり秋の空ですが、結構気温が高めなので、まだまだ「そこそこ家庭菜園」には頑張ってもらいたいところです。


さて、まだ、ボチボチと夏野菜の収穫が続いてますが(って、夏野菜しか栽培してないんですが…)、今年も好調なのが、ミニトマト

Blog20140901162519

ミニトマトは栽培しやすいのもあって、家庭菜園ではありがたい野菜ですよね。

今年はその他、ご近所さんからもらった中玉トマトも、ボチボチ収穫できているのが嬉しいですhappy01
(ちょっと割れちゃってますが)


反対に、今年はめっきり不調なのが、キュウリです。

実は、「そこそこ家庭菜園」では、毎年キュウリだけは成績優秀で、例年は1株だけの栽培にも関わらず、かなりの本数を収穫できていたのですが、今年は2株あるのに全然ダメです。

Blog20140830170023

結局、片方ツルの生長も今いちなので、撤去しようかと思ってます。

実も何だか虫害や生育不良が多くて…

Blog20140830170043

ちょっと残念です。


さて、話は変わって、ミニ畑にちょっとスペースがあったので、せっかくだからと、2年ぶりにカブを育ててみることにしました。

Blog20140901161825

あらかじめ石灰と肥料を入れておき、先日(9月1日)に種をまきました(品種はスワン)。

Blog20140901162044

以前の栽培の様子では、カブはかなり寒くなる晩秋まで、畑に残しておけるようなので、頑張って育ってもらいたいですね。

ところで、この空いたスペースですが、何で、こんなスペースがあったかというと…

大きな声では言えませんが、

実は黄ニラを作ってみようかと、ニラの種をまき、段ボールで作ったカバーをしていたのですが、

Blog20140606184939

枯らしてしまったんです…

内緒です。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧