日記・コラム・つぶやき

2018年6月11日 (月)

気温がいきなり下がってしまったので、苗たちに防寒対策ビニールを

Blog20180609_141146


6月に入って気温が上がり、25℃を超える日も続いていたのですが、先週金曜日からがくんと気温が下がってしまいました。

ちなみに、ここ数日の小樽の気温はこんな感じになってます。
※参照:気象庁|過去の気象データ検索

6月5日(火)最高気温25.4℃/最低気温14.9℃
6月6日(水)最高気温25.0℃/最低気温15.2℃
6月7日(木)最高気温26.5℃/最低気温15.1℃
6月8日(金)最高気温18.6℃/最低気温10.7℃
6月9日(土)最高気温13.3℃/最低気温9.7℃
6月10日(日)最高気温17.0℃/最低気温8.5℃

9日の最高気温なんて、その数日前の最低気温より低いですからね。

本日11日(月)は、なんとか最高気温が20℃くらいまで回復してますが、夜から明日にかけては雨の予報で、気温もまたぐっと下がりそうです。

最低気温が10℃以下というのは、ちょっと厳しですよね。こんな気温だと、先日定植したばかりの苗たちも、ちょっと寒そうです。

ということで、防寒用にビニールカバーをしました。

Blog20180609_141139

Blog20180609_141141

オクラの苗はまだ小さかったので、「そこそこ家庭菜園」おなじみ焼酎ペットボトルカバー(4リットルサイズ 笑)で保温です。

Blog20180609_135706

これで少しはいいかな。

せっかく6月入ってしばらく気温が高く、これはいい感じと思っていたんですが、やっぱり北海道ですからね。まだまだ気温の低い日もあります。

とはいえ、早く天気が回復してくれるといいのですが。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

雪解け後の茶色の風景の中に紫色のクロッカスが

Blog20180419_155125


雪が溶けたばかりのミニ畑は、色合いが全体的に茶色でなんとも素っ気ないのですが、そのすぐ横で、いち早くクロッカスが咲き始めてます。

毎年、雪解け後に最初に咲いてくれるんですよね。

Blog20180419_155116

勝手に咲いてくれるようで、ほとんどが紫色なんですが、中に少しだけ白や黄色が混じってます。

黄色はまだ開いてないですね。
Blog20180419_155129

茶色の景色の中に色が入るのは、視覚的にも春を感じさせてくれて、なんとも嬉しいものです。

あれ?この花はなんだろう?
Blog20180419_155132

ミニ畑での作業はまだだいぶ先ですが、先日投稿した、雪解け後に顔を出してきた行者ニンニクの他にも、あちこちから何やら育ってきているので、毎年のことながら、しばらくはそれらを観察していこうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

小樽は観測値上は積雪深0(ゼロ)、ミニ畑に残った雪も順調に溶けてます

小樽も街中の雪はもうほとんどありません。日陰にちょっ残っているくらいかな。

まあ、人の立ち入らない場所や除雪の雪が積まれた場所、周囲の山々には、まだまだ雪が残ってますけどね。

小樽のアメダスによると、4月5日(木)の昼頃に積雪深がついに0(ゼロ)を記録したものの、7日(土)の深夜から8日(日)の朝にかけて、結構雪が降って、結局、積雪深5cmまで積もりました。まあ、4月の雪って例年あるんですよね。

ただ、その雪もその日にうちにほぼ溶けて、記録上もまた積雪深0になりました。

Blog_screen_shot_20180408_at_22_16_

本日11日(水)の小樽は風が強く雨も降ってます。この雨で、あちこちに残った雪もまたかなりとけるでしょうね。

いよいよ小樽も春到来といった感じでしょうか。

そうそう、我が家のミニ畑も高く積もっていた雪がかなり溶けて、ようやく土が見えてきました。

(4月1日の第1ミニ畑の様子)
Blog20180401_141624

(4月9日の様子)
Blog20180409_134202

(4月11日の様子)
Blog20180411_104414

畑の土が見えてくると、やっぱり嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

3月に入ってから変化の激しい小樽の3月上旬の天気の話

Blog20180308_141111


3月1月(木)〜2日(金)にかけて続いた暴風雪。小樽も大きな被害はなかったものの結構荒れまして、積雪深は2月末に114cmだったのが、3月2日に125cmを記録(1日には126cm)。吹きだまりによってもあちこちがかなり雪で埋まってしまってました。

ところが一転、3月4日(日)には日中の最高気温が8.4℃まで上昇し、雪は雨まじりになり、積もった雪はどんどん溶けて、今度は道路がクチャグチャになってしまいました。

ところがところが、翌5日(月)は前日深夜から気温が氷点下までどーんと下がり、5日の日中はマイナス2℃前後で推移して、前日に雪解けでグチャグチャになった道路が、今度は凍ってしまいました。

こうなると大変です。街中の主な車道には雪はないのですが、少し外れた道路ではグチャグチャになった雪がガッシガシになり、路面の雪が溶けて水で濡れた状態になっていたところは、一気に冷えて凍りツルッツルになってしまいます。

これがとても危険で、小樽は坂が多いので、その坂道が凍ると歩くのもひと苦労なんです。

(3月5日の様子)
Blog20180305_144916


そして、気温の急激な変化はまだ続きます。

その後、氷点下の寒い日が続いた後の3月8日(木)には、日中の気温がまだプラスに上がり、夜からは雪ではなくて雨が降ってきて、翌9日(金)も気温がプラスで推移し、雨のようなみぞれのような天気の1日でした。これでまた、凍った道路は再びグチャグチャに。

これで結構雪解けが進んだのですが、それでもまだ積雪深は10日現在の1メートルほどあるんですからね。

(3月10日の様子)
Blog20180310_143326

Blog20180310_152147

ちなみに、この投稿を書いている11日(日)は、良い天気ですが日中の気温は1℃前後です。ただ、また数日後にはぐ〜っと気温が上がるようです。

まあ、こんな感じで春に向かうのでしょうが、それにしてもちょっと気温の変化が急激すぎて、身体がついていきません…

※参照:気象庁|過去の気象データ検索
Blog20180311_15_57_38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

小樽はなんだかこっそりと雪が降り続いて、2月18日には積雪深134cmを記録

Blog20180219_13_47_43moji


まだまだ厳しい寒さが続いてますが、今シーズンは日本各地での大雪のニュースを目にしますね。

こちら小樽もニュースにはなってませんが、なんだかこっそりと雪が降り続いているんですよね。

アメダスの記録を見ると、2月10日(土)で積雪深が95cmだったのが、11日(日)に111cm、15日(木)には120cmと徐々に増えていき、17日(土)には一旦115cmになったのですが、18日(日)の夜には一気に134cmを記録しています(参考:気象庁|過去の気象データ検索)。

Blog_20180219_17_38_08
(写真は小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp19日17:00観測値より)

つまり一週間ほどで40cmほど積雪量が増えていて、実際の感覚としてはもっと積もっている感じなので、あちこちの屋根などの雪もいつ間にかものすごい厚みに積もっていたりしています。

もちろん、毎日毎日降っているので、毎日毎日雪かきすることにもなってしまってます…

ちなみに、冒頭の写真は2月19日撮影の第1ミニ畑の様子ですが、最近、積雪の状況確認の目安となっている、写真左上の小さなサクランボの若木の冬囲いは、ついに先端も隠れてしまいました。

Blog20180219_134743

これは相当積もってますね。

さらに、この横には屋根から落ちた家周辺の雪をスノーダンプで運ぶ、通称“雪かきロード”(と勝手に呼んでます)ができてるんですが、両側の雪の高さがもう背丈を超えそうな勢いです。

(2月18日撮影)
Blog20180218_162418

なんだか、感覚的には、ここ数年で一番積もってるんでないかな。

できれば、もうこれ以上の雪は勘弁してもらいたいところなんですが、まだ2月ですからね。もう数回はドカッと降るんだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

【足跡シリーズ】いつもの大きさの足跡に混じってこれまでなかった小さな足跡が…

こちら小樽の雪の状況ですが、1月末に一時は110cmまで積もった雪が、2月に入って少し落ち着き、積雪深は93cmまで減ったのですが、8日の今日1日で、また10cmほど積もってます(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp8日15:50観測値)。

さて、本日の話題は、雪に残された正体不明の足跡シリーズです。

足跡は、毎日とは言いませんが、結構な頻度で裏のミニ畑に積もった雪の上に残されているのですが、何と言ってもその大きさというか、種類が色々あるというのが興味深いですね。

間違いなく猫は含まれていると思うのですが、その他にいったい、どんな動物たちが夜な夜なここを闊歩しているのか(笑)

で、先日、よく見かけるサイズの足跡の他に、これまでなかった足跡が残されていました。

Blog20180206_151815

小さくて引きずるようについた足跡なんですが、よくカラスなんかも足跡を残しているんですが、こんな雪深いところを、しかもかなりの距離を歩いているので、う〜ん、鳥ではないような気もします。あと小動物といったらエゾリスとかかな…

ということで、どんな動物だったのかと思いを巡らせながら、今日も雪が降ったので、それらの足跡は今はすっかり雪に覆われてなくなってます。

さて、明日の朝もまた、新しい足跡が残されているでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

【天気と雪の話】小樽の積雪深は1月29日に110cmを記録。寒さも続いてます

先日、1月24日(水)から25日(木)にかけて全国的に寒波に見舞われた際、こちら小樽も最低気温マイナス11.4℃を記録して、本当に寒かったです。小樽で最低気温がマイナスの二桁まで下がるのは、結構珍しいんですよね。

そして、寒さだけでなく、雪もそれなりに降り続いていて、1月29日(月)に積雪深が110cmを記録してますね(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp12:00観測値)。

現在の我が家の裏の第1ミニ畑の様子はこんな眺め。

20180129_105310

いまや積雪の状況確認の目安となっている、写真左上の小さなサクランボの若木の冬囲いは、先端がちょっと見えるくらいまでに埋まってしまってますね。

ここは110cm以上は積もってそうです。

この雪で、連日雪かきに追われているのは毎年のことで、まあ、雪国に住んでいる以上、避けられませんが、まだ1月下旬ですからね。少し手加減してもらいたいですね。とはいえ、雪もまだまだ降るでしょうから、もうしばらく、雪かきにも追われそうです。

【関連ブログの関連記事】
小樽も厳しい寒さで最低気温はマイナス11.4℃で積雪深は90cm: 小梅太郎の「小樽日記」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

【足跡シリーズ】またしても雪の上に足跡が!?今回は複数の痕跡が…

Blog20180118_111908


ここ数日、穏やかな天気が続いていた小樽ですが(というか、気温が上がってまたみぞれが降ってましたが)、18日の夜から19日にかけて、10cm以上また積もったみたいで、19日14:00現在で積雪深は77cmになってます(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp19日14:00観測値)。

さて、本日の話題は、雪に残された正体不明の足跡シリーズです。

って、シリーズ化にはなっていないんですが(笑)、またしても、朝起きてみたら、第1ミニ畑に積もった雪の上に正体不明の動物の足跡が残ってました(冒頭の写真です。1月18日撮影)。

けど、今回のこの足跡は、大きさからいって、きっと猫でしょう。

ちなみに写真は裏のミニ畑に面した窓から撮っているのですが、夜にこの部屋の電気を消す時に、必ず窓から雪の上をチェックをしていて、その時は足跡はまだないんですよね。

そこから朝までの間に、何者かが徘徊(パトロール!?)しているというわけですね。

ところで、今回の猫と思われる足跡、よく見ると途中で二手に分かれて、また合流してるんですよね。

Blog20180118_111908r

これは、ひょっとして2匹いたということか!?(まさか、同じところを2週したとか!?)

周辺の雪の上には、かなりあちこち歩き回った跡があって、なんだかずいぶんとあちこち回っているな〜と、ちょっと可愛くておかしくなります。

ただ、この寒い中、野良猫たちはカンバってますよね。元気で冬を乗り切ってもらいたいです。

【足跡関連記事】
真冬に雨が降る変な天気の話と、雪で真っ白なミニ畑に再び謎の足跡
今年は雪が積もるのが早い!?けど12月11日は雨。その後の道路状況に要注意!/雪の第1ミニ畑には正体不明の足跡が!?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

真冬に雨が降る変な天気の話と、雪で真っ白なミニ畑に再び謎の足跡

Blog20180113_125653


本日(1月16日)の小樽は、日中の気温が0℃を切るくらいで推移している普通に寒い1日で、雪は時折パラパラっと降る程度です。

実は、昨日15日(月)は、気温がプラスの4℃近くまで上がり、なんと雨が降ったんですよね。
途中からみぞれに変わったりしましたが、なんだか変な天気です。

しかも、先週の12日〜13日にかけては大雪で、積雪深が60cmくらいだったのが、一気に88cmまで記録したんです(参考:気象庁|過去の気象データ検索

もちろん、雪かきに追われたわけですが、それから一転して雨ですからね。

今年は、冷え込んでどかっと雪が降ったと思ったら、急に気温が上がるというパターンが結構あって、雨が降った日が他にもあり、こういう冬の天気はあまりないように思います。

ちなみに、現在の積雪深も70cmくらいになってます(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp16日14:10観測値)。


さて、本日の話題はもうひひとつ。

裏のミニ畑は、冬の間は雪が積もって真っ白なんですが、朝起きると、なにやら正体不明の動物の足跡が残っていることがよくあるんです。

ちょっと前には、今年は雪が積もるのが早い!?けど12月11日は雨。その後の道路状況に要注意!/雪の第1ミニ畑には正体不明の足跡が!?という記事で掲載したのですが、その時の足跡は猫ではないかと予想していました。

で、冒頭にも掲載した、先日残っていたこちらの足跡…

(1月13日撮影)
Blog20180113_125653

これ、かなり幅広で大きな足跡なんですよね。

これだと猫にしては大きすぎなので、キツネとかかな?
人が歩くような場所ではないですし、そもそも人にしては規則正し過ぎるんですよね。

いや、ひょっとして、小さめの動物が飛び跳ねて体の埋まった跡では?(例えば、うさぎとか)、などといった憶測も家族の中で起きてますが、果たしてその正体は何か…

う〜ん、真剣に赤外線カメラが欲しくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

あ〜、冬も家庭菜園ができたら…野菜が高すぎです

Blog20180114_182548


はぼ毎週、小樽の市場とスーパーに奥さんと買い物に行くのですが、野菜が…、野菜が…、野菜が高すぎる!!

ニュースで野菜価格の高騰の話題がよく流れてますし、買い物に行くたびに野菜の値段が高くなってきたな〜と実感はしていたのですが、先日(1月13日)にいつものように買い物に行ったら、げっ!ここまで上がったのか!?というレベルでした。

どのお店も同じような値段で、だいたいこんな感じ…

大根1本450円
キャベツ1玉500〜600円
白菜1/2 400円

って、どんな高級食材だ!!

これだと、小樽の美味しい刺身などの魚を食べてた方が安上がりです。
といっても、野菜を食べないわけにもいきませんからね。

けど、ほんとどの野菜も高くて(あっ、もやしは優秀ですね)、お買い得の野菜がないんですよね。ツイッターで“野菜高すぎ…”とつぶやいたら、冷凍野菜がいいですよと返信をもらったのですが、確かに、こういう状況だと、その方がいいかも。

寒い冬は鍋の美味しい季節なので、本当は野菜たっぷりの鍋をしたいのですが、これだと鍋は気軽にはできません。

(鍋の美味しい季節なんですけどね〜)
Blog20171119_190103

いつになったら、値段が落ち着くんだろう。

あ〜、冬も家庭菜園ができたら、少しは足しになるんですがね〜

もちろん、ミニ畑は雪の下…
Otaru_20180112_135549

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧