家庭菜園(2018年分)

2018年6月13日 (水)

いつものミニ畑の作付け計画イラスト(2018年度版)〜狭いからこそ何を植えるかは悩みどころ。連作も気になるところ

寒いです。雨も降ってます。ストーブつけてます…

6月13日(水)の日中の最高気温が10.5℃って、そりゃ寒いわけです。
この気温では、家庭菜園どころではありません。

本当はポットで育苗中の豆類が定植を待っているのですが、天気が回復するのを待とうと思います。

で、作業ができないので、本日の話題は作付けの話。

まあ、作付けといってもミニ畑なんで、植える野菜の数と種類はたかが知れているのですが、狭いからこそ、限られたスペースで何を植えるかは悩みどころで、さらには連作も気になるところです。

ということで、今年も作りました、ほとんど趣味となってるミニ畑の作付け計画イラスト

まあ、連作は結局は避けられないのですが、昨年のイラストと見比べながら、目安にはしています


こちらが第1ミニ畑の作付け。
Firstminifarm_2018


第2ミニ畑の作付け。
Secondminifarm_2018


第3ミニミニ畑プランター計画です。
Thirdminifarmplanter_2018


ミニ畑はあまり日当たりも良くなく(夕方に日陰になる)、風通しもあまり良くないので、なるべく間隔に余裕をもって植えてます(本当は詰め込んでいっぱい植えたいんですけどね〜)。

すでに、一部は苗を買ってきて定植済みで(→菜園作業が本格始動!!ようやく第1弾の定植作業(6月3日作業))、あとはポットで育苗中の豆類が植え付けを待っているところです。

それぞれの野菜については、いつものように、栽培記録として追って個別に記録していこうと思ってますが、は〜、まずは早く天気が回復してくれないかな〜


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

気温がいきなり下がってしまったので、苗たちに防寒対策ビニールを

Blog20180609_141146


6月に入って気温が上がり、25℃を超える日も続いていたのですが、先週金曜日からがくんと気温が下がってしまいました。

ちなみに、ここ数日の小樽の気温はこんな感じになってます。
※参照:気象庁|過去の気象データ検索

6月5日(火)最高気温25.4℃/最低気温14.9℃
6月6日(水)最高気温25.0℃/最低気温15.2℃
6月7日(木)最高気温26.5℃/最低気温15.1℃
6月8日(金)最高気温18.6℃/最低気温10.7℃
6月9日(土)最高気温13.3℃/最低気温9.7℃
6月10日(日)最高気温17.0℃/最低気温8.5℃

9日の最高気温なんて、その数日前の最低気温より低いですからね。

本日11日(月)は、なんとか最高気温が20℃くらいまで回復してますが、夜から明日にかけては雨の予報で、気温もまたぐっと下がりそうです。

最低気温が10℃以下というのは、ちょっと厳しですよね。こんな気温だと、先日定植したばかりの苗たちも、ちょっと寒そうです。

ということで、防寒用にビニールカバーをしました。

Blog20180609_141139

Blog20180609_141141

オクラの苗はまだ小さかったので、「そこそこ家庭菜園」おなじみ焼酎ペットボトルカバー(4リットルサイズ 笑)で保温です。

Blog20180609_135706

これで少しはいいかな。

せっかく6月入ってしばらく気温が高く、これはいい感じと思っていたんですが、やっぱり北海道ですからね。まだまだ気温の低い日もあります。

とはいえ、早く天気が回復してくれるといいのですが。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

菜園作業が本格始動!!ようやく第1弾の定植作業(6月3日作業)

Blog20180603_153736


6月に入っていい天気が続いている小樽です。最高気温も25℃前後と小樽にしては高く、家庭菜園にはいい天候です。

本日6月8日(金)は雨の予報なんですが、天気のいいうちにと、実は第1弾の定植作業は終わってます。

その前の土作りの様子は、前回投稿の「ようやくミニ畑の土起こし→牛糞堆肥・有機石灰→土作り終了準備OK!!」に書いたのですが、5月下旬には終えていたんですよね。

で、苗を買ってきて、定植作業は6月3日に行いました。


第1ミニ畑には左上から接木のミニトマト(千果)スイートバジルナンバンピーマン(あきの)青シソ(さらに6日に中玉トマト(フルーツトマト)を追加で)を植えて、右端の畝はまだ空いてます。

Blog20180603_151609

第2ミニ畑には、まず接木のキュウリ(夏すずみ)
Blog20180603_153739

第3ミニミニ畑には、今年も懲りずにオクラ(左が夏ねばり、右が…忘れた…)
Blog20180603_153751


そして、今年もプランターでナス栽培です(左が千両2号で右が接木の筑陽ナス)。
Blog20180603_160925

さらにこの日、プランター栽培としてルッコラ枝豆(味勝)のタネをまいておきました。

Blog20180603_161316

Blog20180603_161908


ということで、6月3日の定植は、第1弾ということで、まだミニ畑には空きスペースがあるのですが、実は、豆類をポットで育苗していて、それらを植えようと思っています。

ポット栽培の記録と合わせて、その様子はまだ後日に。あっ、いつもの作付けイラストもできてるんですが、それも後日合わせて。

そうそう、確か昨年は6月の天気が悪くて、野菜の生長に悪影響があったと思うのですが、今年はいい天気が続くといいな〜


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

ようやくミニ畑の土起こし→牛糞堆肥・有機石灰→土作り終了準備OK!!

Blog20180524_161904


6月に入って小樽も気温が上がってきて、ここ数日は最高気温25℃前後と高く、6月5日(火)は最低気温も15℃程度と家庭菜園にはいい季節になってきました。

ということで、慌てて作業をしています(^-^;

といっても、もちろん、ここまでぼ〜っとしていたわけではありません(笑)

そこで、今回はミニ畑の土作りの様子を書き留めておこうと思います。

まず、冬の間、雪で固まった土を掘り起こしたのが、5月24日のことです。
ほんと、カチカチに固まってるんですよね。

(こちらが起こし中の第1ミニ畑)
Blog20180524_160549

(こちらは作業前の第2ミニ畑)
Blog20180524_161907

一旦掘り起こしてから、翌日、もう一度しっかり耕しましたよ。

Blog20180525_165215

Blog20180525_165217

なんで翌日かというと、それは疲れたのでいっぺんにできなかったからです…

そして、牛糞堆肥と石灰がないのに気づいて、27日に購入してきて、その日のうちに、牛糞堆肥をすき込んで、有機石灰を撒いておきました。

(こちらが第1ミニ畑)
Blog20180527_155406

Blog20180527_163424

(こちらが第2ミニ畑)
Blog20180527_160059

Blog20180527_163422

これで、ミニ畑の土作りは準備完了です。

あっ、ちょっと遅れて、壁際の花壇のような第3ミニミニ畑も同じく耕し、27日のうちに準備完了です。

(第3ミニミニ畑)
Blog20180527_162339

で、実は6月3日に畝作りをして、買ってきた苗の第一弾定植作業をしたのですが、その様子はまた後日ということで。

Blog20180603_150831

(第2ミニ畑は耕しっぱなし)
Blog20180603_151128


さて、重い腰もあがって、いよいよこちら小樽の「そこそこ家庭菜園」も本格始動です!!


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

たった2本だけどアスパラの収穫なんです

Blog20180516_134032


ここ数日いい天気の続いた小樽ですが、本日(5月31日)は雨が降り、いっとき結構激しく降ってました。

さて、今日は雨なので作業はしてませんが、実はぼちぼち菜園作業を始めていて、まだほんと“ぼちぼち”なので、その話はまた今度ということで、本日は植えっぱなしのあアスパラについてです。

そうなんです。「そこそこ家庭菜園」では、こっそりというか、ひっそりというか、アスパラも栽培してるんです。いや、栽培しているというほどでもないんですけどね。

アスパラは、数年前に第2ミニ畑に根を植えて、本当は、毎年ニュキニョキ出てきて、旬の味覚を味わう予定だったのに、現実は毎年全然出てこないんです…

今年の収穫は…

たった、2本…

こちらが最初の一本で、細いです。
Blog20180511_150158

(5月12日収穫)
Blog20180512_125924

こちらが2本目で、ちょっと太いです。
(これが5月16日の様子で、一本は曲がってる…)
Blog20180516_134032

(収穫は5月23日。こちらは立派!!)
Blog20180523_154423

で、収穫はこの2本だけ。
ここ数年、ずっとこんな調子です。

ミニ畑の端っこに植えていて、確かに環境は良くないんです。

もう掘り起こしちゃおうかとも思うのですが、まあ、なんだかもったいないし、悔しいし、そんなに邪魔になってないし、今年も放置することにしました(笑)


で、収穫したアスパラは、茹でて美味しくいただきましたよ。

Blog20180525_192258

北海道はアスパラの美味しい時期ですので、自家製は諦めて、たくさん買ってきて食べてます。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

イチゴの花が咲いてる!!

Blog20180525_112605


いいかげんに菜園作業を始めないとと焦りつつ、いつのまにやらもう5月下旬。こちら小樽はここ数日天気はいいものの、気温はあまり上がらずちょっと肌寒いです(15℃前後)。

ふふふ、実は先週から少しずつ作業を始めているのです!!

が、それらについては、追って投稿するとして、本日の話題は、雪解け後から元気に勝手に育っている「イチゴ」についてです。

「そこそこ家庭菜園」のイチゴは、数年前に知り合いから数株をもらってから、よく分からないながらも試行錯誤で、毎年少しずつランナーから苗づくりをして株を増やし、現在はこのくらいになってます。

(これが5月24日の様子)
Blog20180524_160612


基本的に株は植えっ放しで、冬もそのまま越冬させています。

春になると、ちゃんとこうやって育ってくるんですから、すごいですよね。

Blog20180524_160608

で、気がついたらもう蕾がついていました。

Blog20180524_160604

さらに翌日25日には花が咲いていたので、早速、受粉の手伝いをしないとと、人工授粉用に筆を持って花に近づいてみると…

Blog20180525_112605

お〜!小さな虫が頑張ってくれているではないですか!よろしくね!!

さらに、その後も花が続けて咲いています。

(2018年5月27日撮影)
Blog20180527_154006

今年もイチゴの収穫ができると嬉しいな〜


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年秋収穫の紫花豆のサヤを割ってようやく豆を収穫!!タネにします

Blog20180523_212524t


いや〜、忘れていたわけではないんです…

いい加減にやらないとな〜、と随分と前から横目で見つつ、結局ここまで引き伸ばしてしまい…、まあ、忘れていたんです(笑)

何って、こちらです。

Blog20180523_211453

これ、乾燥した豆のサヤですが、大きいのは、紫花豆なんです。

昨秋、少ないながらも何とか収穫した紫花豆ですが、もともと収穫はサヤが乾燥したものを収穫するのですが、秋終盤で寒さや雪で時間切れとなって、未熟果っぽいのも全部収穫したので、それらをまとめて収穫後に乾燥させていたんです。

まあ、乾燥というか、放置していたというか…

で、そろそろ家庭菜園作業も始まる時期なので、サヤを割って中の豆を確認したというわけです。

ということで、全部を割って見たところ、こんな感じでした。

Blog20180523_212524

お〜、ここ数年の中では、なかなか獲れたほうではないでしょうか(鷹の爪もあります)。

といっても、煮豆にできるほどではないですね…

ここで慌ててサヤを割って採種したのは、ミニ畑の作業前に、豆類をポットで豆まきしようかな、と思ったんですよね。

で、先ほどの乾燥したサヤは、紫花豆のほかに、そこそこ家庭菜園ではおなじみのササゲと、最近栽培している正式名称不明の通称マンズマメがあったのですが、そこから採った豆をタネとして植えようと思っているわけです。

って、実は、ようやくその作業を終えたので、その様子はまた追って掲載しますね。

(残った紫花豆はどうしようかな。保存かな…)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

こぼれ種から元気に育ってるサンチュを一旦プランターに避難

Blog20180521_163653


今年もこぼれ種から、ミニ畑のそこら中に発芽しているサンチュですが、いいかげんに一度土起こしの作業をしないとと思い、サンチュを一旦避難しました。

これも毎年のことなんですが、あちこちに相当密集していて、もちろん、全部は栽培できないので、このうちから元気そうなのを選んで、栽培することにしてます。

(5月16日の様子)
Blog20180516_134217

なので、中から元気そうなものをポットに避難します。作業は5月21日にしました。

Blog20180521_163658

また、勢いのありそうな密集地帯は、とりあえず、そのままごそっとプランターに移動してます。

Blog20180521_163700

あと、サンチュの種がこぼれているのは第2ミニ畑なんですが、ミニ畑の端っこの方で発芽しているのは、放っておきます。うまくそのまま育てばラッキーといった感じでしょうか(そういうのが元気にたくましく育ったりもします)。

(まだ密集部分が残ってますが…)
Blog20180521_163701

これで、第2ミニ畑の野菜を植える場所が空いたので、まずは、土起こしの作業ですね。

と、口先ばかりで、いまだやってません。早くやらないと…


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

毎年、雪解け後から勝手に育っているヤグラネギをありがたく収穫してます

小樽も5月下旬に入り、さすがにそろそろ菜園作業も開始しないとと思いつつ、なかなか重い腰が上がりません(^-^;

現在、ミニ畑では、春から勝手に元気に芽を出して育っている野菜がいくつかあるのですが、そのうちの1つ、ヤグラネギがもうここまで生長してます。

Blog20180520_133939

ヤグラネギは、茎のてっぺん(途中)に珠芽(しゅが)と呼ばれるものができ、そこから小さなネギがまた出てきて、その小ネギをとってそのまま畑に苗として植えれば、根付いて株を増やすことができるという面白いネギです。

そのてっぺんに小ネギができる外観からヤグラ(櫓)ネギと呼ばれるそうで、他にも二階ネギなどと呼ばれることもあるようですね。

この時期は、まだヤグラ部分となるその小ネギできてません。そのうち、中の一本に珠芽が出来始めるのですが、実はそうなると、茎が全体的に硬くなってくるんですよね。

なので、収穫はこの時期に行います。

ヤグラネギは、あまりポピュラーな野菜ではないので、正確な栽培方法や収穫方法は知らないのですが、いつも根元から収穫してしまわず、根元を残して伸びている茎部分を一本一本収穫しています。

こんな感じ。
Blog20180520_134116

ヤグラネギは、人によっては食味がよくないという方もいますが、ネギのいい香りもしますし、我が家では普通の青ネギと同じように(サイズは大きいですが)、薬味やちょっとした彩などに重宝しています。

最近は場所がないので、小ネギを植え替えて株を増やすことはしてないのですが、ほとんど手をかけなくても、毎年春からこうやって育ってくれるので、なんともありがたい野菜です。

Blog20180520_133935


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

今年も越冬に失敗して枝を折ったサクランボにちょっとだけ花が咲いた

冬囲いの才能0(ゼロ)のため、今年も冬越えを失敗して、雪で枝を(しかも主枝も)折ってしまったサクランボ(詳しくはこちら:冬囲いの才能0(ゼロ)〜今年も雪解け後のサクランボは枝が折れてた…)。

一向に育たず、今も背が低く(なんたって、主枝を折ってますからね…)、もう枝もほとんどないのですが、それでも頑張って綺麗な花をちょっとだけ咲かせてくれました。

(写真は5月16日撮影)
Blog20180516_134255

その生命力に感謝ですね。

すぐ近くに、老木のサクランボがあって、花も咲いているので、虫が飛んでいれば受粉の可能性もあるのでしょうが、サクランボに関しては、着果はそれほど期待していないので、まずは、花を咲かせてくれたことにホッとしてます。

まあ、場所も雑草がぼうぼうの中なので(最初は綺麗にしていたのですが…)、もうちょっと手をかけてあげないといけませんね。

Blog20180516_134249
(草ぼーぼー)

とりあえず、枝を折ってしまったサクランボが復活してくれて良かったです(けど、毎年これを繰り返してんですよね…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)