« ようやく豆類のサヤが育ってきて、まずは通称マンズマメ(正式名称不明)を収穫 | トップページ | ようやく太長型の筑陽ナスが2本目の収穫 »

2018年8月10日 (金)

ようやくキュウリの1番果の収穫

Blog20180809_135922


8月9日(木)は一日中どんよりした天気で、最高気温が朝9時12分の23.7℃で、それから夜中までず〜っと22℃前後を推移する天気でした。予報では雨が降るといっていたのですが、結局、ほとんど降らなかったようです。これから降るのかな。

今日はキュウリの話題ですが、7月が中旬までずっと天気が悪くて、キュウリも全然育っていなかったのですが、7月終盤からぐっと気温が上がり、それとともにキュウリもようやく本格的に生長しだしてくれました。

そして、ようやく1本が大きくなってきたので、待ちに待った1番果の収穫です(8月9日)。

Blog20180809_135849

根元の白くキズのようになっているのは、テントウムシダマシによる被害です。毎年、やられちゃうんですよね。

Blog20180809_135922

2日前には、ぐんぐん伸びてきた親ヅルの高さが支柱を超えたので、摘芯しました。

Blog20180807_160403

これで子ヅルが伸びてきて、収穫もアップしてくれると嬉しいのですが、北海道の短い夏の間に、どれくらい育ってくれますか。


スポンサーリンク

|

« ようやく豆類のサヤが育ってきて、まずは通称マンズマメ(正式名称不明)を収穫 | トップページ | ようやく太長型の筑陽ナスが2本目の収穫 »

キュウリ」カテゴリの記事

家庭菜園(2018年分)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/67039564

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくキュウリの1番果の収穫:

« ようやく豆類のサヤが育ってきて、まずは通称マンズマメ(正式名称不明)を収穫 | トップページ | ようやく太長型の筑陽ナスが2本目の収穫 »