« 2017年12月 | トップページ

2018年1月16日 (火)

真冬に雨が降る変な天気の話と、雪で真っ白なミニ畑に再び謎の足跡

Blog20180113_125653


本日(1月16日)の小樽は、日中の気温が0℃を切るくらいで推移している普通に寒い1日で、雪は時折パラパラっと降る程度です。

実は、昨日15日(月)は、気温がプラスの4℃近くまで上がり、なんと雨が降ったんですよね。
途中からみぞれに変わったりしましたが、なんだか変な天気です。

しかも、先週の12日〜13日にかけては大雪で、積雪深が60cmくらいだったのが、一気に88cmまで記録したんです(参考:気象庁|過去の気象データ検索

もちろん、雪かきに追われたわけですが、それから一転して雨ですからね。

今年は、冷え込んでどかっと雪が降ったと思ったら、急に気温が上がるというパターンが結構あって、雨が降った日が他にもあり、こういう冬の天気はあまりないように思います。

ちなみに、現在の積雪深も70cmくらいになってます(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp16日14:10観測値)。


さて、本日の話題はもうひひとつ。

裏のミニ畑は、冬の間は雪が積もって真っ白なんですが、朝起きると、なにやら正体不明の動物の足跡が残っていることがよくあるんです。

ちょっと前には、今年は雪が積もるのが早い!?けど12月11日は雨。その後の道路状況に要注意!/雪の第1ミニ畑には正体不明の足跡が!?という記事で掲載したのですが、その時の足跡は猫ではないかと予想していました。

で、冒頭にも掲載した、先日残っていたこちらの足跡…

(1月13日撮影)
Blog20180113_125653

これ、かなり幅広で大きな足跡なんですよね。

これだと猫にしては大きすぎなので、キツネとかかな?
人が歩くような場所ではないですし、そもそも人にしては規則正し過ぎるんですよね。

いや、ひょっとして、小さめの動物が飛び跳ねて体の埋まった跡では?(例えば、うさぎとか)、などといった憶測も家族の中で起きてますが、果たしてその正体は何か…

う〜ん、真剣に赤外線カメラが欲しくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

あ〜、冬も家庭菜園ができたら…野菜が高すぎです

Blog20180114_182548


はぼ毎週、小樽の市場とスーパーに奥さんと買い物に行くのですが、野菜が…、野菜が…、野菜が高すぎる!!

ニュースで野菜価格の高騰の話題がよく流れてますし、買い物に行くたびに野菜の値段が高くなってきたな〜と実感はしていたのですが、先日(1月13日)にいつものように買い物に行ったら、げっ!ここまで上がったのか!?というレベルでした。

どのお店も同じような値段で、だいたいこんな感じ…

大根1本450円
キャベツ1玉500〜600円
白菜1/2 400円

って、どんな高級食材だ!!

これだと、小樽の美味しい刺身などの魚を食べてた方が安上がりです。
といっても、野菜を食べないわけにもいきませんからね。

けど、ほんとどの野菜も高くて(あっ、もやしは優秀ですね)、お買い得の野菜がないんですよね。ツイッターで“野菜高すぎ…”とつぶやいたら、冷凍野菜がいいですよと返信をもらったのですが、確かに、こういう状況だと、その方がいいかも。

寒い冬は鍋の美味しい季節なので、本当は野菜たっぷりの鍋をしたいのですが、これだと鍋は気軽にはできません。

(鍋の美味しい季節なんですけどね〜)
Blog20171119_190103

いつになったら、値段が落ち着くんだろう。

あ〜、冬も家庭菜園ができたら、少しは足しになるんですがね〜

もちろん、ミニ畑は雪の下…
Otaru_20180112_135549

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

雪の中、ヒヨドリがやってきます。天気の話も

Otaru_img_3325


1月12日(金)の小樽は、日中に結構な雪が降りました。
もちろん、気温も日中から氷点下2〜3℃でした。

積雪深も17時で80cm近くになって、まだ積もる勢いの降り方ですが、こうなると雪かきが…
(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp12日17:00観測値)

もちろんこの時期、家の周囲は雪に埋もれているわけで、裏のミニ畑もこんな感じで真っ白です。

Otaru_20180112_135549
(1月12日14時頃撮影)

小さなサクランボの木の冬囲いが、かなり埋まってしまって、もうネットが見えなくなってます。
これ、なんだか積雪の状況確認になりますね。


ところで、裏のミニ畑の奥には、木々が立っているのですが、そこに冬でも様々な鳥がやってくるんですよね。

この時期だと、窓からそんな鳥がやってくる様子をふと目にしたりするんですが、なかなかタイミングよくカメラを手にしていることがないんです。

けど、先日、やっとカメラに収められました。

Otaru_img_3325

これはヒヨドリ、ですよね!?

そういえば、周囲で「ピーヨ、ピーヨ」という鳴き声をよく聞くんですが、それがヒヨドリか!?

雪の中でも元気に飛び回っているようで、やや大きなその姿も時々目にしてました。

Otaru_img_3326

実は鳥の名前って、ほとんど知らないんですよね。

せっかく色んな鳥がやってくるので、名前が分かればいいのにと、よく思うんです。

なので、これからは、やってきた鳥を撮影して、その名前を調べてブログに書き留めておければいいなと思ってるんですが、何はともあれ、カメラに収めるのが難しいんですよね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

【天気の話】小樽は気温が上がったり下がったり。1月9日夜からは大荒れの予報

Blog20180105_150453


この冬、小樽は12月からかなりの雪に降られて、雪かきにも追われているのですが、なんだか気温が急に上昇する日もあるんですよね。

本日(1月9日)の日中も気温が5℃くらいまで上がり、なんと真冬なのに雨が降ったんですよね。気温が上がったり下がったりの変な天候です。

そのせいか、12月から雪かきに追われている割には、9日18:00現在の積雪深は53cmと、それほどでもない印象です(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp9日18:00観測値より)。

と言っても、まあ、本格的な積雪はこれからですからね。

写真は第1ミニ畑の様子(2018年1月5日撮影)ですが、小さなサクランボの木の冬囲いが結構埋まっています。

Blog20180105_150453

ちなみに、小樽の天気は、9日夜から大荒れの予報で、すでに雪が降り始めています。

明日10日にかけて、雪も結構降りそうなのですが、お手柔らかにお願いしたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ