« こぼれ種からのサンチュが密集して発芽してます | トップページ | 慌てて行者ニンニクを収穫しました »

2016年5月 2日 (月)

手探りのイチゴ栽培はとりあえず越冬して新しい葉が育ってきました

Blog20160501_154516


4月29日・30日と急激な冷え込みで、29日未明には雪がパラついたようで、30日にもアラレがふったりと、季節外れの寒さに凍えてしまいましたが、今日(5月2日)あたりから気温も上がってきて、先日から咲き始めた小樽の桜も、ようやく各所で見頃を迎えそうです。

とはいえ、こちらの家庭菜園のスタートはもうちょっと先で、ミニ畑もまだ放ったらかしなんですが、これまで時々投稿しているように、現在は雪解け後に越冬して発芽してきた、いくつかの野菜たちを観察して楽しんでます。

そのうちのひとつが、まだ栽培方法がよく分かっていないイチゴです。

知り合いから株を分けてもらったものの、ほとんどを枯らしてしまい、何とか見よう見まねで残った株からランナーを伸ばして苗作りをして、5株を苗として定植したのが昨年の9月です。
初挑戦のイチゴの苗作りと定植

その後、結局、放ったらかしで越冬することになったミニ畑のイチゴですが、雪解け後、元気に新しい葉が育ってきて、現在はこんな状況です。

(下半分がイチゴです)
Blog20160501_154512

昨年、雪の下で越冬しても元気に育つとコメントをいただいていたのですが、その通りに、ちゃんと元気で、よかった!

Blog20160501_154520

この時期の若い緑色は、何だか嬉しいですね。

周囲の枯れ葉は、昨年のイチゴの葉が枯れたものなので、取り除いた方がいいのかな?

Blog20160501_154528

実は、まだイチゴの収穫をしたことがないので、今年に期待しているのですが、はてさて、実はついてくれるでしょうかね。


【おまけ】
ちなみに、こちらが30日に降ったアラレです。

Blog20160430_123958

寒かった〜

※小樽の桜については、関連ブログの「小樽日記」のカテゴリー「小樽の桜」にまとめてますので、見てみてください。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« こぼれ種からのサンチュが密集して発芽してます | トップページ | 慌てて行者ニンニクを収穫しました »

イチゴ」カテゴリの記事

家庭菜園(2016年分)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/63569703

この記事へのトラックバック一覧です: 手探りのイチゴ栽培はとりあえず越冬して新しい葉が育ってきました:

« こぼれ種からのサンチュが密集して発芽してます | トップページ | 慌てて行者ニンニクを収穫しました »