« 昨日の雪はすっかり解けたミニ畑の様子〜色々芽が出てきてます | トップページ | こぼれ種からのサンチュが密集して発芽してます »

2016年4月17日 (日)

植えっぱなしの行者ニンニクが順調に育ってます

行者ニンニクが順調に育ってます。

Blog20160416_175159

3年前(2013年)にご近所さんから株分けしてもらった行者ニンニクですが、最初の年は場所を確保してなくてプランターに植えてたんですよね。

で、翌年(2014年)の収穫後に地植えに植え替えて、現在に至るわけですが、今のところ特に手間をかけているわけでもなく、基本的に植えっぱなしです(というか、何をすればいいのかもよく分からない…)。

ただ、気をつけているのが、収穫時に獲りすぎないことですね。

元々、株数は少ないですが、一度収穫すると、その株から次回収穫できるまでには3年ほどかかるともいわれているので、収穫は全体の3分の1程度を目安にしてます。

以前、ちょっと調べた内容では、行者ニンニクの花が咲くようになるには5~6年かかり、その花の咲く株は葉っぱが3枚になるという情報も目にしたので(←正確な情報かは未確認なので、参考にしてます)、そのような株は残すようにしてます。

まあ、それが実際にそうなか、また、花が咲いて放置していたからといって、種がこぼれて発芽するのかどうかもはっきりとは分かりませんが、もし発芽して、株が増えたら嬉しいですからね。

また、反対に葉っぱが1枚の株は、まだ生長中とのことなので、そちらも収穫しません。

なので、現状は実際の収穫はちょっとだけなんですが、この時期だけの旬の山菜とも言える行者ニンニクですから、そのちょっとの収穫も楽しみなんですよね。

なんたって、「そこそこ家庭菜園」の収穫第一号になりますからね。

ちなみに、雪解け後すぐの様子はこんな感じ。
(2016年4月2日)
Blog20160402_135551r

それが、こんな感じになり。
(2016年4月6日)
Blog20160406_155446r

(2016年4月10日)
Blog20160410_133310r

そして、冒頭の写真まで生長しました。
(2016年4月16日)
Blog20160416_175159

収穫まで、もうちょっとです。

※「アイヌネギ」や「ヒトビロ」などといった呼び方ある行者ニンニクは、北海道ではよく知られている春の山菜です。以前、行者ニンニクについて調べた内容は、こちらにまとめてます。
行者ニンニクを初収穫〜ついでに行者ニンニクの栽培について色々調べてみたよ


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 昨日の雪はすっかり解けたミニ畑の様子〜色々芽が出てきてます | トップページ | こぼれ種からのサンチュが密集して発芽してます »

行者ニンニク(アイヌネギ)」カテゴリの記事

家庭菜園(2016年分)」カテゴリの記事

コメント

ちょっとお久しぶりに・・・(^^;)
先週は留守にしていましたので ノーパソコンでした!
お~活動してきたねと思いきや また雪が降ったんだ(*_*)
でもこれからが楽しみですね♪

投稿: kei | 2016年4月18日 (月) 18時04分

budkeiさん、こんばんは。
いえいえ、いつも見にきていただき、ありがとうございます。
そうなんです。先日の雪はちょっと驚きましたが、時期的にはあることなんですよね。
今はもう雪も解けていて、ミニ畑から色々芽が出てきて、ちょっとずつ楽しみが増えてきています(*^-^)

投稿: 小梅太郎 | 2016年4月18日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/63501123

この記事へのトラックバック一覧です: 植えっぱなしの行者ニンニクが順調に育ってます:

« 昨日の雪はすっかり解けたミニ畑の様子〜色々芽が出てきてます | トップページ | こぼれ種からのサンチュが密集して発芽してます »