家庭菜園(2015年分)

2015年11月27日 (金)

小樽は一気に冬到来で一面雪景色〜「そこそこ家庭菜園」は開店休業状態

こちら小樽は、11月24日の朝に一面雪景色になっていて、その後25日にも雪が降り、一気に冬到来といった状況になってます。

小樽の積雪は19cmということでしたが、お隣の札幌では、62年ぶりに11月の積雪が40cmを超えたということで、ニュースで目にした方も多いと思いのではないでしょうか(参考:札幌で44センチの積雪 11月としては62年ぶりの大雪に (ウェザーマップ) - Yahoo!ニュース)。


さて、すっかりご無沙汰の「そこそこ家庭菜園」ですが、この雪でミニ畑はこんな状態です。

Blog20151125_133540

真っ白。

もちろん、すでに主な野菜類は撤去済みでしたが、実は時間切れ覚悟で、9月の中旬に種をまいたカブとニンジンがいたんですよね。

まあ、無理とは思っていたのですが、こちらが雪が降るちょっと前の11月20日の様子です。

Blog20151120_143635

カブはちょっと育ってたんですけどね(汗)
Blog20151120_143631

まあ、一気に雪景色になってしまったので、なかったことに…


で、毎年のことながら、「そこそこ家庭菜園」はシーズンオフで、

開店休業状態に入りました。

というか、入ってます。

元々、最近は更新が滞っているのですが、一応、今シーズンの「そこそこ家庭菜園」の終了宣言ですね(笑)

何かあれば、思い出したように投稿しますし、今年も「雪かき便り」はお伝えしますので、またその時に。


それにしても、急にきたな。
Blog20151125_105102


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

遅ればせながらニンニクを植えた話

今日は栽培記録です。

先日の10月25日(日)に、こちら小樽は初雪が降って、一時、ミニ畑も薄らと白くなりました。
ミニ畑の片付けほぼ終了。直後に初雪

実はその時には既に作業は終わっていて、掲載が遅れてしまったんですが、ニンニクのお話です。

10月に入ってから、気になっていたんです。早く植えないとって。

で、場所なんですが、ニンニクはこれまでずっと、第2ミニ畑の隅の方の同じ場所で栽培していたのですが、もともとかなり日当りが悪い場所だったんですよね。

それと、ニンニクは連作障害が出にくいとは聞くものの、毎回場所が同じなのも気になっていました

実は今年のニンニクも失敗でしたし…
今年のニンニクは大失敗。あ〜〜〜…

ということで、思い切って、場所を第1ミニ畑の一角(今年はササゲを植えていた場所)に変えてみました。

Blog20151022_150604

土を耕して、元肥(有機肥料)を入れて、石灰まいて、ニンニクの種球を植えたのが、10月22日です。

Blog20151022_145558

う〜ん、それにしてもちょっと遅かったかな。

この遅れによって、どういう影響が出るのかは分かりませんが、まずはニンニクに植え付けが終わって一安心です。

ところで、今回植えたニンニクですが、実は慌てて買いにいったホームセンターでは、種球がもうお店からなくなってたんですよね(ほんとに時期的に遅すぎた…)。

なので、今年は普通に食用で売っていた、余市産のニンニク2種類を種球として植えました。

Blog20151022_153210

(上の写真左の大きい方)
Blog20151022_145609

(写真右の小さい方)
Blog20151022_145614

以前もよくスーパーマーケットのニンニクも植えていて、それらも普通に育っていたので、今回も何とか育ってくれるだろうと期待してます。

ということで、これらのニンニクが長い冬を越して、来春に芽を出してくれるのを楽しみに待ちたいと思います。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

ミニ畑の片付けほぼ終了。直後に初雪

10月25日(日)、こちら小樽に初雪が降りました。

先日14日に、小樽の天狗山が初冠雪したのですが、25日は街中も薄らと雪化粧となって、最低気温も1℃近くまで下がり、寒く荒れた一日でした。

「そこそこ家庭菜園」のミニ畑もこんな感じで、雪が積もりましたよ。

第1ミニ畑
Blog20151025_150029

第2ミニ畑
Blog20151025_150035

う〜、寒そう…

もちろん、こちら小樽はもう家庭菜園といった気候ではないので、片付けを徐々に進めていて、実は、雪の降る前日の24日(土)に、ようやく片付けをほぼ終了していたんです。

いや〜、片付けが間に合って良かった。

昨日、薄らと積もった雪は既に溶けていて、本格的に雪が積もり出すのはもうちょっと先ですが、今シーズンの「そこそこ家庭菜園」は、ほぼ終了ですね。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

さすがに放置していた野菜たちも撤去しました

先日の10月13日(火)は、北海道全域で厳しい寒さとなり、道内各地の峠や山間部で雪が降りましたが、こちら小樽も13日は最低気温が2.6℃と、厳しい冷え込みとなり、小樽の天狗山山頂では、13日夜から雪が降り、14日の朝には山頂付近が初冠雪となったようです。

こうなると、もう家庭菜園といった気温ではないので、さすがに放置していたミニ畑の野菜たちを撤去しました。作業は10月15日です。

こちらが第1ミニ畑。
Blog20151015_151635

こちらが第2ミニ畑。
Blog20151015_151620

やっぱり、何だか寒々しいですね(汗)


ちなみに、まだ残っているのが、第2ミニ畑のピーマン。
Blog20151015_152046

まあ、もう生長はしないと思うのですが、たくさん実がついてるんです(無理と分かっているのに、もったいなくて…)。

そして、第1ミニ畑はというと、寒さでの時間切れ覚悟で種をまいたカブとニンジンが。

こちらがカブ。
Blog20151015_152059

こちらがニンジン。
Blog20151015_152103

やっぱり、この気温では、これ以上は無理そうですね〜

まあ、これこそ、この後に何も予定がないので、このままにしておきますけどね。


これで、いよいよ今シーズンの「そこそこ家庭菜園」も終了といったところですが、実はプランターの方の片付けが、まだ残っているんですよね。

これがなかなか大変なんですよね。

【関連ブログの関連記事】
え〜!紅葉を見に行く前に天狗山が初冠雪!?気がつかなかった…: 小梅太郎の「小樽日記」


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

10月8日 小樽の天気は大荒れで、強風でササゲが傾いた

昨日の小樽はあんなに青空が広がっていたのに、今日(10月8日)の小樽は大荒れです。

台風23号は温帯低気圧に変わったものの、勢力を保ったまま北海道に接近しているとのことで、小樽も雨も強く降ってますが、とにかく風がものすごいです(今もです)。

すでにほぼ終了となっている「そこそこ家庭菜園」では、支柱を立てている野菜がいくつかまだ放置状態になっているのですが、先日の強風の時には支柱は倒れなかったので、今回も大丈夫かなと思い、特に風対策はしていなかったんです。

ところが、お昼頃には、すでに風がかなり強くなり、大丈夫だと思っていたササゲの支柱が早くも傾く事態に。

Blog20151008_123157
写真は上手く撮れませんでした。

ササゲは上の方で枝葉がまだ茂っていて、頭でっかちの状態だったので、風であおられてしまったようです。

このササゲの横には、まだ諦めてない、遅れて種をまいたカブが育ってきているのと、手前には、先月苗を植えたイチゴがいるので、これが倒れるのはちょっと問題です。

ということで、お昼の時点では、まだ雨はそれほど降ってなくて風だけだったので、慌ててササゲは支柱ごと引っこ抜いて撤去しました。

まだ、種取りをしてないのですが、やむを得ないですね。昨年の種が残っているから、いいでしょう。

その他にも、支柱の立っている野菜はあるのですが、まあ、それらは倒れる分には、もうしょうがないです。

ということで、やっぱりさっさと撤去しておけばよかったと、やや後悔しつつ、この暴風雨はもう少し続くようなので、これが収まったら、本格的に撤去作業をやろうと思います。

この大荒れの天気で、道東の方では被害も出ているようなので、これ以上、被害が広がらないことを祈ってます。

ちなみに、この暴風雨になる前に、もう生長が見込めないミニミニ野菜たちを収穫してみました。

Blog20151008_102748
(ミニゴーヤ、ミニキュウリ、ミニナス、ミニピーマン、ミニトマト)

これで今シーズンの「そこそこ家庭菜園」も、ほぼ終了ですね。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

まだ実はついているんですが、寒さで時間切れの野菜たちの様子

いや〜、9月末あたりから、急に気温が下がってきて、10月2日には暴風吹き荒れ、本日(5日)も最高気温が15℃程度、最低気温は10℃を切ったようで、いよいよ「そこそこ家庭菜園」も終了間近といった感じです。

実は、その先日の強い風で、ミニトマトの千果が支柱ごと倒れかけてしまってます。

Blog20151003_161937

って、結構冷静なのは、9月中も好調だったミニトマトも、さすがにここにきて、色付くのが遅くなり、枝に残っている実もあとわずかといった感じなので、そろそろ終わりだよ、という合図かな、とも思ってます。

他にも、まだまだ実がついている野菜はいくつかあるのですが、最低気温が10℃前後まで下がっているこの気温ですと、実も生長しませんしね。

まあ、後作の予定があるわけではないので、慌てて撤去する必要はないのですが、あまり寒くなると、今度は撤去する作業自体がおっくうになるので、順次ボチボチ撤去していく、といった感じです。

ちなみに、まだ実がついている野菜というのは、先ほどのミニトマトの他、

中玉トマト
Blog20151003_161809

ゴーヤ
Blog20151003_160358

ピーマン
Blog20151003_161754

ササゲは、まだ花も咲いてます。
Blog20151003_161538

ナス
Blog20151003_161721

写真はないですが、あとキュウリといったところです。
ちょっともったいないな〜、とは思うのですが、どうもならないかな…

そうそう、紫花豆は、晩秋ギリギリまで引っ張りますし、遅れて種をまいたカブとニンジンも、最後までミニ畑に置いておくつもりです。

Blog20151003_160424

そんな中、3日に収穫できそうなものをしてしまいました。

Blog20151003_161844

キュウリとナスはミニサイズですが、ちょっと嬉しいですね。
ササゲがまだ収穫できるのはさすがです。

ということで、これからは撤去作業の話題が多くなりそうですが、以上、そろそろ終わり向かっている「そこそこ家庭菜園」の、寒さで時間切れの野菜たちの様子でした。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

初挑戦のイチゴの苗作りと定植

こちら小樽はここ数日、急激に冷え込んでます。

9月28日あたりから、何だか気温が下がってきて、29日には雹(ヒョウ)が降ったとか。
30日も、最高気温は17℃くらいで、最低気温は10℃程度と、はっきりいって寒いです。

「そこそこ家庭菜園」には、まだ野菜たちが色々と放置されて栽培中なのですが、この気温だと、生長はほとんど見込めませんね。

こうなっちゃうと、気分的にも家庭菜園は終了に向かってしまいます…


さて、本日は、ちょっと前に作業をした、初挑戦のイチゴの苗作りと定植についての話題です。

知り合いから株を分けてもらって始めたイチゴ栽培ですが、申し訳ないことに、根付く前に数株を枯らしてしまったんですよね。そして、収穫もゼロ…

ただ、何とか残った数株が復活してくれて、そこからランナーが伸びてきたんです。

で、見よう見まねで苗作りをし始めたのが、前回の投稿の段階です。
そうか!これがイチゴのランナーか!早速、イチゴの苗作りをしてみました

(7月9日の様子)
Blog20150709_160331

親株から出てきたランナーをポットに根付かせて、子株を1番目、2番目、3番目と作る作業を初めてやりましたよ。

1番目の子株は、親の病気などを引き継いでいることがあるので、2番目以降から苗を取るのがよいということなんですね。

結局、数本のランナーから、2番目以降の子株を合計5株、苗として取りました。

Blog20150917_160604

ちなみに、親株からのランナーと反対側に花芽(実)が付くということなので、植え付けの時には、イチゴの実が収穫しやすい位置に、その花芽の方向が来るように苗を植えるんですね。

なので、その方向の目印になるように、親株からのランナーは、数cm残してカットするのがいいとのこと。なるほど〜

Blog20150917_160614
(ちょっと長かったかな)


ところで、そもそもイチゴの苗って、いつ植えるの?

ということで調べてみたのですが(それさえも知らなかった…)、どうやら9月下旬から10月ということで(10月中旬~11月中旬という記述もあり)、なるほど、苗が取れる頃が、ちょうど植え時ということかな。もちろん、寒い地方は早めに植えたほうがいいようですね。

土には石灰と元肥を入れて、9月17日に定植しました。

Blog20150917_161418

その後、何とか根付いているようなので、ひとまず安心です。

それにしても、北海道のイチゴ栽培は、このまま株は雪の下で越冬するということですよね。大丈夫なのかな。

(9月25日撮影。だいぶ枯れてきました)
Blog20150925_114239

まあ、あとは、来年の春のどうなるのかのお楽しみですね。

※参考
 いちごの育て方 イチゴスクール わたなべいちご園
家庭菜園でイチゴを育てよう! | アイリス家庭菜園ドットコム
WEB栽培マニュアル_イチゴ_01 - manual_strawberry.pdf(タキイのイ チゴ栽培マニュアル)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

寒さで時間切れになるのを覚悟で、カブとニンジンの種をまきました

Blog20150924_152251


ちょっと前のことなんですが、9月14日に第1ミニ畑のオクラを撤去しました。

まあ、オクラは今年もダメだったのですが(汗)(→今年もやっぱりダメだったオクラ栽培)、その撤去後のスペースがちょっともったいなくて、どうしようかと考えたんです。

Blog20150914_142403r

こちらはこれから気温はどんどん下がり、あと一ヶ月もすれば家庭菜園どころではない気候になってしまいますからね。

ちなみに、手前は初栽培でそこそこ楽しめた枝豆を撤去した後です(枝豆については、こちら→枝豆初収穫!数は少ないもののこれは美味しい!〜収穫方法は1個ずつ)。

で、この空いたスペースなんですが、寒さで時間切れになるのを覚悟で、カブニンジンの種をまくことにしました。種まきは9月14日です。

結構無謀だとは思うのですが、種は以前の残り物で、カブが「スワン」で、ニンジンが「時なし 五寸人参」です。

Blog20150914_141602

Blog20150914_141606

その後、カブのほうは、結構すぐに発芽しました。

(9月18日の様子)
Blog20150918_114808

ニンジンのほうはというと、その後にちゃんと発芽してくれて、9月24日の段階でこんな感じです。

Blog20150924_152247

同じ日のカブはこんな状態でした。

Blog20150924_152251

さて、こんな時期に種まきをしてしまい、問題はこれから寒くなる気候の中、どこまで育ってくれるかなのですが、カブのスワンは元々寒さに強くて、晩秋まで畑に植えておける品種とのことだったので、子カブくらいまでは育ってくれるのではと、期待してます。

問題はニンジンですよね。

このニンジンの収穫は、種蒔き後80〜100日くらいということなので、ほぼ3ヶ月。
つまり、その計算で行くと、収穫時期は12月…

おそらくその頃はミニ畑は雪の下…

いや〜、ニンジンは実の収穫は期待してません。せめて、葉っぱだけでも収穫して、天ぷらで食べたいんですけどね〜

まあ、どこまで生長するのか、それはそれで楽しみです。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

やっと色付き出したベランダミニパプリカの様子が怪しい…

Blog20150917_160445


プランターで1株だけ栽培している「ベランダミニパプリカ(オレンジキャンディ)」は、出遅れが気になっていたのの、9月に入ってようやく実がなって色付いてきたのですが、ここにきて何だか様子が怪しくなってきました。

先日、やっと2個目が色付いて収穫したのですが、その後、一部の枝の葉がが水が切れたように、緑のまま萎れてきたんです。

Blog20150921_130141

最初は水切れかとも思ったのですが、一部の枝だけですし、おかしいな〜と思いつつ、数日様子を見たのですが、やっぱり同じ状態。

Blog20150921_130155

これはひょっとして、以前もミニカラーピーマンでかかった「青枯病」か!?(素人判断です)

※以前の記事はこちら。
ミニカラーピーマンは青枯病と断定して撤去

青枯病は、ナス科がかかりやすいようですね。

※青枯病について調べた時の記事はこちら。
勝手に勉強会〜青枯病

今回はプランターにナスとこのミニパプリカを一緒に植えているのですが、それが何か悪さしているのか?
といっても、ナスのほうは元気ですし(このナスです→そろそろ終わりと思ったナスが、こんなところに!)。

以前、青枯病になったミニカラーピーマンは、ミニ畑での地植えでの病気だったのですが、今回はプランターで、土も新しかったのですがねぇ…

Blog20150921_130145

とりあえず、萎れた枝を切り取って、まだ元気な枝の部分を残してみたのですが、その後、徐々に残したほうの枝も、萎れてきたような様子…

これはやっぱりダメか。

Blog20150925_114225

まだ、緑の実がたくさん付いていて、これから気温が下がってくるので、どこまで色付いてくれるのかギリギリまで引っ張ってみようと、楽しみにしていたのですけどね。

完全に萎れるようなら、撤去したいと思ってます。
あぁ…


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

そろそろ終わりと思ったナスが、こんなところに!

今年はプランター栽培をしているナスですが、さすがにそろそろ終わりです。

ナスと言えば、皆さん秋ナスに向けての「更新剪定」なんかをしているのでしょうが、うちでは更新剪定をすると気温が低くて生長が間に合わないと思い、収穫した後の花の付かなくなった枝などを整枝するに留めてます。

で、その作業は8月末に行い、その後、数個は小さなナスを収穫することができたのですが、その後はさっぱりで、やっぱり今年のナスはもう終わりかな〜って感じでした。

Blog20150921_125854

※前回の様子はこちらで。
今ひとつだったナスも最後の一踏ん張り

で、先日、そのプランターのナスを見ていたら、3株植えたうちの1株の1本の枝が、不自然にプランターの外側の隙間になっているところに垂れ下がっていたんです。

一見、その枝だけ病気かのように見えたので、どうしたんだろうと思い、その枝に手を伸ばしたところ、

Blog20150921_125858

重い…

なんと、その枝の先には、今シーズン一番の大きさのナスが生っているではないですか!

立派だ!
Blog20150921_130022

いつからこの隙間に入り込んだのかは分かりませんが、気付かれずにここまで育ったようです。

好調な昨年に続き、今年もナスはプランター栽培にしたものの、今年の成績はもの足りない感じだったのですが、最後に何だかご褒美ももらったようで、ちょっと(いや、かなり)嬉しいですね。

そろそろ終盤に向かっている、こちらの家庭菜園ですが、この日はちょっとだけ賑やかに収穫できました。

Blog20150921_131654
(ササゲが相変わらず元気です)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧