« 今年も北海道で南国野菜のゴーヤ栽培をしてます(2015年度定植時の様子) | トップページ | まだまだ肌寒い日が続きますが、こぼれ種からのサンチュは元気です »

2015年6月10日 (水)

行者ニンニクの花が一つ咲いてます

春先にいち早く生長して、ちょっとだけ収穫することのできた行者ニンニクに、花が咲きました。

Blog20150610_110657

一昨年にご近所さんから株分けしてもらい、最初は鉢に植えていたのを昨年、第2ミニミニ畑に移植したんです。

Blog20150610_110700

で、何とか根付いてくれましたが、実は、一昨年に株を分けてもらった時は、花は3本咲いていたのですが、昨年と今年は1本になってしまっています。

以前、ちょっと調べた時の情報によると、行者ニンニクの花が咲くようになるには、確か5~6年かかるはずなのに、ひょっとして、昨年の収穫時に、花の咲く数年物の株を収穫してしまったのかもしれないですcrying

1度収穫すると、次に収穫できるまで、これまた3年ほどかかるそうなので、そうだとしたら、もったいないとをしてしまったかも。

ちなみに、これもはっきりとは分からないのですか、花の咲く株は葉っぱが3枚になるという情報も目にしたので、来年以降はもうちょっとよく観察してみようと思います。

Blog20150610_110650


ところで、昨年も一昨年も、咲いた花はそのまま放置しているのですが、花が咲いたということは、種ができていたということ?

ということは、その種は、ミニ畑にこぼれているということ?

そこで、現在の行者ニンニクの根本周辺を見てみると、ひょっとして、この小さくて細長い一枚葉は!?

Blog20150610_173839

いや〜、もちろん、行者ニンニクの発芽というか、一年目の状態とかは、見たことがないので、これが発芽してきた行者ニンニクなのか、全然分かりません。

ただ、もしそうだったら、是非、大事に育ててみたいので、周辺の草取りをするときは、一緒に抜いてしまわないように十分に注意して、こちらも観察を続けようと思います。

【関連記事】
※調べた参照元サイトなどは、こちらの記事で一緒にまとめてます。
行者ニンニクを初収穫〜ついでに行者ニンニクの栽培について色々調べてみたよ


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーリンク

|

« 今年も北海道で南国野菜のゴーヤ栽培をしてます(2015年度定植時の様子) | トップページ | まだまだ肌寒い日が続きますが、こぼれ種からのサンチュは元気です »

行者ニンニク(アイヌネギ)」カテゴリの記事

家庭菜園(2015年分)」カテゴリの記事

コメント

行者ニンニクに花が咲きましたね~♪
このタネから又育つのですね~貴重なタネ!!

あぁ~茎部分とか葉とか見る限り、行者ニンニクと思いますが・・・如何ですか~
楽しみですね~♪

投稿: 甘姫 | 2015年6月11日 (木) 23時33分

bud甘姫さん、こんばんは。
行者ニンニクの生長は随分と時間がかかるようですが、花が咲くと種から育てて見たくなりますよね(*^-^)
根元部分から出てきているのは、抜かないようにちょっと育ててみます!

投稿: 小梅太郎 | 2015年6月15日 (月) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/61723233

この記事へのトラックバック一覧です: 行者ニンニクの花が一つ咲いてます:

« 今年も北海道で南国野菜のゴーヤ栽培をしてます(2015年度定植時の様子) | トップページ | まだまだ肌寒い日が続きますが、こぼれ種からのサンチュは元気です »