« 珍しく収穫の様子です | トップページ | 悲惨な状態の絹さやの撤去と、紫花豆とささげの整枝 »

2013年8月22日 (木)

珍しく花の写真です。ただ名前が分かりません

日本全国、まだまだ暑い日が続いているようですが、こちら北海道は何だか短い夏が早くも終わりに向かっているような風か吹いてます(^^)
それに、今日は雨も降って夜は涼しくなってますよ。


さて、本日は珍しく花の写真です。

ただし、花は奥さんと母が育てていて、私はさっぱり花の名前が分かりません(^^;;


これは、背の低いヒマワリ(^-^;
Blog20130822110634


ピンクの綺麗な花(笑)
Blog20130821172838


いまだに額紫陽花…
Blog20130821172854


小さい花(笑)
Blog20130821173200


オクラ(^^)
Blog20130822110211


夏でも秋桜。
Blog20130822110247


やっと朝顔。
Blog20130822110258


葉っぱに葉っぱ。カランコエ?子宝草???
Blog20130822110324


再び朝顔。
Blog20130822110342


あっ、写真間違えた(^^;;
Blog20130822110429


白鳥草?
Blog20130822110621


という感じで、他にも鉢植えの知らない花がたくさんあるのですが、ひとまずこんなところで。

名前を知らなくても、周囲に花があるのはいいですね(^^)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m


スポンサーリンク

|

« 珍しく収穫の様子です | トップページ | 悲惨な状態の絹さやの撤去と、紫花豆とささげの整枝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

綺麗な花がいっぱい!
ボクも花に疎いので名前はさっぱり(笑)

ポチッと♪

投稿: まときち | 2013年8月22日 (木) 21時38分

お早うございます~♪
沢山の花を育ててるのですね~お花を見ると気持ちまでイイですよね~癒されます~

ところで流石!!
小梅太郎さん宅は夏と秋とが同居してるって感じですね~夏のひまわりが堂々と咲いてる中、アジサイが今だに咲いてるなんて・・それにコスモスが秋を誘いこんで~♪
楽しいお庭です~

投稿: 甘姫 | 2013年8月23日 (金) 05時15分

おはようございます(^-^)v
花のある生活って良いですよね~~
心が豊かになりそう。。。

投稿: まいちゃん | 2013年8月23日 (金) 06時10分

小梅太郎さん おはようございます♪
いろんな時期の花が一斉に揃ってて賑やかですね。
うちも花の名前は苦手で、見てキレイで癒されたらいいじゃん派(^^;)
自分家に咲く花も知らないのが多いです。

投稿: らうっち | 2013年8月23日 (金) 06時32分

おはです^^
お花、綺麗で癒されちゃいます。
最近日没も早く、雨が多いためか、わりと涼しい気候となってきてますよね。
収穫ばんざぃ~い(^_^)/

投稿: やさい | 2013年8月23日 (金) 06時55分

こんにちは!
野菜も良いけれど
お花も良いですね
2番目のピンクの綺麗な花 は「百日草」ですね

投稿: Heyモー | 2013年8月23日 (金) 13時29分

可愛い花をありがとうございます。o(*^▽^*)o
この時期は、なかなか花も咲かなかったり
枯れてしまったりですが、
奥様とお母様は、お花を育てられるのがお上手なんですね。
とても、綺麗…。

あれ?絹さやの残骸???
カボチャも見える…。 笑

投稿: はぐてんママ | 2013年8月23日 (金) 17時54分

bud皆さん、コメントありがとうごあいます。
最近のパターンで、またもやまとめての返信ですいません。
ご指摘の通り、こちらは何だか季節感なく、一気に色んな花が咲いてますねcoldsweats01
短い北海道の夏ですから、花たちも一斉に咲くのでしょうかね(^-^;

Heyモーさん、「百日草」ですか。
ありがとうございます。

絹さやは撤去します!(笑)

投稿: 小梅太郎 | 2013年8月24日 (土) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/58041086

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しく花の写真です。ただ名前が分かりません:

« 珍しく収穫の様子です | トップページ | 悲惨な状態の絹さやの撤去と、紫花豆とささげの整枝 »