« GWだというのに寒くて、菜園もまだ、桜もまだ | トップページ | 手つかずのミニ畑から顔を出したのは。そして問題が… »

2013年5月 7日 (火)

勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【莢の中身】

さて、紫花豆の反省会が中途半端でしたので再開したいと思います。

前回の【生長の様子】で、草勢が強すぎて莢が育たなかった、ということを反省したので、今回はそんな中、最終的に【莢の中身】がどうなっていたかを見ていきたいと思います。


紫花豆の乾燥した莢の中はこうなっていた

今回の紫花豆栽培は、枝葉が生長し過ぎて肝心の莢が大きくならず、途中で落ちてしまうものも続出して、結果的にはわずかの莢しか大きくならなかったんですよね。

Blogdsc08492
(写真は2012年8月10日の日記「順調に見えて、なかなか莢が大きくならない紫花豆」より)

それでもポツポツと見られた、その大きく育った幾つかの莢は、順調に茶色く色付いてきたのですが、

Blogdsc09205
(写真は2012年9月6日の日記「ちょっとですが紫花豆を収穫」より)

そもそも紫花豆の収穫は???

って、実はこれもよく分からないのですが、畑で完熟、つまり莢が茶色く乾燥してきたら収穫していいのでしょうね、きっと。

ということで、いい色に乾燥してきた莢を幾つか収穫して、莢を割ってみた所、

Blogdsc09206
(写真は2012年9月6日の日記「ちょっとですが紫花豆を収穫」より)

お〜、見たことのある“紫花豆”です!

栽培自体は今ひとつでしたが、育った莢にはちゃんと豆が入っていました。
何だか、この模様が莢から出てくると、感激と言うか、不思議な感じです(*^-^)

Blogdsc09211
(写真は2012年9月6日の日記「ちょっとですが紫花豆を収穫」より)


栽培期間終盤の紫花豆の様子と未熟豆

北海道の家庭菜園は、秋の雪が降る季節までなのですが、この紫花豆はさすがに元々冷涼地に適しているだけあるのか、10月に入っても、まだ枝葉は元気で、莢もそれなりについてました。

Blogdsc00830
(写真は2012年11月1日の日記「紫花豆の若い緑の莢の中」より)

なので、大きくなった莢が、乾燥してくれば収穫できるという期待を込めて、その後も寒い中、ギリギリまで栽培を続けていたんです。

しかし、さすがに莢自体の生長は寒さとともに止まってしまいました。

莢が緑色のままの状態で、中を見てみた所、こういう未熟豆なんです。

Blogdsc00832
(写真は2012年11月1日の日記「紫花豆の若い緑の莢の中」より)

残念ながら、この寒い時期に残っていた緑色の莢は、その後も中の豆が育ったり、乾燥してくることもなく、

Blogdsc01512
(写真は2012年11月23日の日記「ついに紫花豆を撤去。その後すぐに…」より)

寒さで枯れ枯れになった株を11月23日に撤去しました。

Blogdsc01510
(写真は2012年11月23日の日記「ついに紫花豆を撤去。その後すぐに…」より)

ちなみに、撤去段階でついていた生長途中の莢は、一応全て収穫したんです。

Blogdsc01520
(写真は2012年11月29日の日記「生長途中で撤去した、紫花豆の莢の中」より。うちの猫が写ってますhappy01

ただやっぱり乾燥していない莢の中は未熟豆です。

Blogdsc01531
(写真は2012年11月29日の日記「生長途中で撤去した、紫花豆の莢の中」より)

もちろん、わずかばかりの乾燥した莢からは、完熟豆が収穫できましたが、ほんとわずかでした。

Blogdsc01525
(写真は2012年11月29日の日記「生長途中で撤去した、紫花豆の莢の中」より)


次の栽培に向けて

ということで、せっかく生長しかかっていた莢は、残念ながらほとんど生長しきらないうちに、時間切れになってしまいました。

一見、もうちょっと期間があれば、という感じにも思えます、結局、夏の暑い時期に、枝葉ばかりに栄養がいって、草勢が強い状態になり過ぎたため、莢の生長が遅れた、もしくは生長しなかったということなので、そこを解決しないとダメそうですね。

ただ、栽培開始はもうちょっと早めても良さそうです(昨年は5月15日に種まき)。
けど、今年は寒いんですよね〜


【重要】コメントでアドバイスをいただきました。
枝葉が伸び過ぎて実が入らないのは、肥料の窒素成分の効きすぎでは、とのこと。

なるほど〜!葉を茂らせる効果のある窒素が…
肥料関係が今ひとつ苦手な私としては、是非これを参考に、次回は肥料にも気をつけたいと思います。
アドバイスに感謝です。

以上、長々と続きましたが、紫花豆の反省会はこれにて終了です。


おまけ

ちなみに、紫花豆の煮豆がこちら。

Blog20130112hanamame

これはご近所さんが作った煮豆をごちそうになったときのもので、我が家の紫花豆ではありません(^-^;

程よく甘く味付けしていて、大きな紫花豆のホクホクとした食感が美味しいんですよね〜


【関連記事】
勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【紫花豆についてと定植まで】
勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【生長の様子】


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m


スポンサーリンク

|

« GWだというのに寒くて、菜園もまだ、桜もまだ | トップページ | 手つかずのミニ畑から顔を出したのは。そして問題が… »

紫花豆(反省会)」カテゴリの記事

コメント

小梅太郎さん おはようございます♪
紫花豆の収穫は、乾燥させてからなんですね。
って収穫までこぎつける気、満々ですよ~

投稿: らうっち | 2013年5月 8日 (水) 05時53分

こんにちはでっすヽ(^0^)ノ
煮ると金時豆みたいですね。
ご近所さんにアドバイスを頂いてみては?
今年の成功祈ってま~す♪

投稿: kei | 2013年5月 8日 (水) 10時20分

budらうっちさん、こんばんは。
一応、そのようで、莢が緑のうちは未熟豆で、
ある程度莢が茶色くなっていれば大丈夫そうです。
是非、収穫まで!!!


budkeiさん、こんばんは。
そうですね。ホクホクして美味しいですよ(*^-^)
さすがにご近所さんも紫花豆は買ってきたものでしたが、
何とか、自家製で作ってみたいものです。

投稿: 小梅太郎 | 2013年5月 9日 (木) 23時01分

おはようございます。
豆系の栽培って難しいですね。
なんでも枝豆系なんかは自分で根に養分の玉をつくるらしく ほとんど無肥料でいいと聞いています。
肥料の加減って難しいですよね~!

投稿: たまぞう | 2013年5月10日 (金) 07時11分

すごい 紫花豆の大研究!! 肥料や種まき時期も重要ですよね 
Heyモーの今年の区民農園ではほとんど肥料を入れていませんがよく育ってくれています 前の方が沢山肥料を入れて栽培したそうです 
きっと肥料が入れ過ぎになると思いほとんど入れずに栽培したらやはりじゅうぶんでした
だいたい皆さん肥料の入れ過ぎ傾向に有ると思います
紫花豆は時折買って来て煮豆をつくって食べています
好きな豆です 東京では結実してくれません

投稿: Heyモー | 2013年5月10日 (金) 10時49分

budたまぞうさん、こんばんは。
豆栽培もやっぱり奥が深かった(^-^;
そして、肥料は難しいです。
こういうのも、結局色々試して、
経験しないとダメなんでしょうね。


budHeyモーさん、こんばんは。
お恥ずかしい(^-^; せっかく色々と試したり、調べたりしたので、記録しておきました。
肥料は本当に難しくて、相変わらず適当なんですが、そろそろちゃんと考えてやらないとダメなようです。
紫花豆、美味しいですよね。
栽培は寒い地方に向いてるんですね。

投稿: 小梅太郎 | 2013年5月11日 (土) 01時55分

紫花豆の収穫はここカナダでも終りました
残念なことに未熟豆がいくつか残りましたが、ここは今の季節雨が多く畑に植えておくには限界でした、でも2株でだいぶ収穫できました、来年はもう少し多く植えようと考えてます

投稿: サチ | 2013年11月18日 (月) 00時13分

サチさん、こんばんは。
収穫終わりましたか!
未熟豆が残ったということですが、だいぶ収穫できたということで、良かったですね!
実はこちらは今年は全然ダメで、先日雪がかなり降って、それでアウトでした(泣)
未熟状態で生長が止まったり、半ば凍ってしまったりで、時間切れです。
来年、また頑張ります!

投稿: 小梅太郎 | 2013年11月19日 (火) 02時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/57331683

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【莢の中身】:

« GWだというのに寒くて、菜園もまだ、桜もまだ | トップページ | 手つかずのミニ畑から顔を出したのは。そして問題が… »