« 勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【紫花豆についてと定植まで】 | トップページ | ついに雪解け後からミニ畑が顔を出しました »

2013年4月25日 (木)

勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【生長の様子】

昨年、初栽培した中でもかなり印象的だった「紫花豆」について、勝手に反省会中です。

前回、定植までを反省したので、今回はその後の生長の様子です。


紫花豆の草勢はもの凄く強い

定植後は特別なことをするでもなく、通常の豆類と同じように(といっても、何が通常か分かりませんが)肥料と水をあげていただけなのですが、双葉の間からニョキニョキっとツルが伸びてきて、

Blogdsc06966
(写真は2012年6月17日の日記「今日は雨模様、第3ミニミニ畑の様子」より)

その後も順調に育ち、7月4日には初お目見えとなる、紫花豆のオレンジ色の綺麗な花が咲きました。

Blogdsc07337
(写真は2012年7月4日の日記「紫花豆の蔓の行き先と、花が咲きました」より)

そうなんです、紫花豆の花は鮮やかなオレンジ色の花で、昔はこの花の観賞用に栽培されていたそうで、花豆という名前もそこからきているそうです。

Blogdsc07486
(写真は2012年7月12日の日記「紫花豆の蔓の行き先は屋根まで」より)

途中、アブラムシの発生等もありましたが、アルミホイルを敷いてみたり、木酢液を散布したり、オーソドックスに水攻撃をしたりと、何とか対応しました。

実はこの頃、親ヅルの摘心とかしていたのですが、あちこちから伸びてくる子ヅルを追いかけきれず、そのうち“まあ、いいか〜”状態になってしまったんです(^-^;

Blogdsc07484
(写真は2012年7月12日の日記「紫花豆の蔓の行き先は屋根まで」より)

しまいには屋根まで届く勢いで(って結局届くのですが)、更にヒモを張って屋根まで誘引しました。

Blogdsc07887

Blogimg_0235
(写真は2012年7月20日の日記「紫花豆にミニミニ莢がつきました」より)

それにしても、この後もとにかく草勢が凄くで、ツルもぐんぐん延びていきました。

Blogdsc08247
(写真は2012年7月29日の日記「紫花豆の莢が大きくなってきました」より)

が、果たしてこれで良かったのかどうか…


紫花豆の草勢が強すぎて莢が育たない?

それで、花の後の莢はどうなったかと言うと、

Blogdsc08246
(写真は2012年7月29日の日記「紫花豆の莢が大きくなってきました」より)

この段階では、次から次へと、ミニミニの莢がつくんです。

ただし、その莢が育たないんですよね〜

小さいうちから朽ちてしまうものがほとんどで、なかなか大きくならないんです。

Blogdsc08491
(写真は2012年8月10日の日記「順調に見えて、なかなか莢が大きくならない紫花豆」より)

そうこう言っているうちにも、紫花豆の株はどんどん大きくなって、とにかく生い茂ってしまい、ほとんど手がつけられない状態(^-^;

Blogdsc09216
(写真は2012年9月6日の日記「ちょっとですが紫花豆を収穫」より)

上の写真は壁ぎわの第3ミニミニ畑の様子ですが,もう一株の第2ミニミニ畑の一角に植えたものも同様で、周囲の作物に絡みまくってました(゚ー゚;

Blogdsc09819
(写真は2012年9月26日の日記「紫花豆は茂り過ぎ」より)

結果的には、このような草勢が強い状態が終盤まで続き、ほとんどの莢が枯れ落ちてしまい、何とか残った莢の中の豆もなかなか大きく育たなかったんですよね。

原因がはっきりと分かっているわけではないのですが、これはどうみても草勢が強すぎですよね。

つまり、整枝、剪定不足ですね。
花もつけ過ぎだったかもしれません。

そのために莢に、そしてその後の莢の中の豆まで養分が届かなかったのでは、と思っています。


《追記 2013.5.7》
コメントで重要なアドバイスをいただきました。

枝葉が伸び過ぎて実が入らないのは、肥料の窒素成分の効きすぎでは、とのこと。

なるほど〜!窒素か〜!
肥料関係が今ひとつ苦手な私としては、是非これを参考に、次回は肥料にも気をつけたいと思います。
アドバイス、ありがとうございます。


収穫までを見込んだ栽培を考えないと

どんどん生長して、綺麗な花がたくさんついて、ただただそれを喜んでいたのですが、その時にきちんと摘心なり摘花なりの対処をしておかないとダメだったんですよね。

もちろん、これだけ大きく育つのですから、それ相応の追肥も必要だったかもしれません。
(今思うと肥料は少なかったかも)

株を育てること自体はそれほど手間ではないかもしれないです。

ただ、実入りを期待するには、それなりの手間をかけないといけないというのは、なにも紫花豆に限ったことではないですよね。

Blogdsc08492
(写真は2012年8月10日の日記「順調に見えて、なかなか莢が大きくならない紫花豆」より)

収穫までを見込んだ栽培を考えないと、途中の元気な様子で喜んでいるようではダメでしたね。


ということで、生長の様子はここまでです。
結局ほとんど収穫はできなかったのですが、次回は実際の莢の中がどうなっていたかです。

そんな中でも、幾つかは莢が大きく育っていたんです。

Blogdsc00288
(写真は2012年10月11日の日記「紫花豆がまだ枯れずに元気です」より)

まあ、高級豆の紫花豆ですから、そんなに簡単には栽培できないということか…
と、勝手に反省会です。


【関連記事】
勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【紫花豆についてと定植まで】


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m


スポンサーリンク

|

« 勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【紫花豆についてと定植まで】 | トップページ | ついに雪解け後からミニ畑が顔を出しました »

紫花豆(反省会)」カテゴリの記事

コメント

紫花豆の花は、すごく鮮やかなオレンジ色なんですね。観賞用って言われるのも頷けますね。

投稿: リサイクルしちふくや | 2013年4月25日 (木) 17時48分

こんばんは。
 
庶民派豆の花mameです ( ´艸`)プププ
 
お豆を しっかり収穫しようと思うと
子蔓、孫蔓を剪定しながら育てなくてはいけないのですね。
 
単純に お写真を見て
これだけ繁ると グリーンカーテンにいいなぁと思いました。
 
実家の豆を 秋に掘り起こした時のことを考えると
根も かなり張っていると思うので プランターでは無理とは思いますが・・・。
それにしても 鮮やかで美しい花ですよね。

投稿: 花mame | 2013年4月25日 (木) 18時04分

小梅太郎さん おはようございます♪
紫花豆の花色ってオレンジだったんですね♪
とっても鮮やかな色で、楽しみが増えました。
収穫までは、遠い道のりのようで早くもくじけ気味~
花だけでも見れればいいわ!的気分でいきま~す。

投稿: らうっち | 2013年4月26日 (金) 06時30分

こんにちはぁ~でっす♪
去年はホンマに凄かったよね。
一体どこまで伸びる?って感じで・・
全く無知なのですが 葉や蔓ばかり勢い良すぎるのは
チッソが多いと言いません?
まぁー肥料の事分からへんねんけど(´Д`;)

投稿: kei | 2013年4月26日 (金) 10時49分

紫花豆の花って、鮮やかなオレンジなんですね!
マメも変わった模様だな~と思っていましたが、
これは、育て甲斐がありますね!
ってでも、成長し過ぎなんですか?

こんなに元気にワサワサ増えると嬉しくて、
私もきっと増えたーって誘引してしまいます。(^_^;)

投稿: はぐてんママ | 2013年4月26日 (金) 12時20分

グリーンカーテンにするならこれで最高ですね。
実が入らないのは。おそらくN素肥料の効きすぎですね。
過燐酸石灰だけにしておいたら、おいしいお豆さんができるかも。

投稿: バド | 2013年4月26日 (金) 22時26分

budリサイクルしちふくやさん、こんばんは。
そうなんです。とても鮮やかで綺麗なオレンジの花で、
最初は観賞用だったというのも納得です。


bud花mameさん、こんばんは。
本当は、どうすればよかったのかは、実はよく分かってないんですが、それにしても、ちょっと枝葉が伸び過ぎたように思います(^-^;
そうそう、実際に窓際に植えているので、グリーンカーテンになってるんですよ。
ちょっと葉っぱが大きすぎましたが(^-^;
花は本当に綺麗でした(*^-^)


budらうっちさん、こんばんは。
もの凄く鮮やかで、綺麗なオレンジ色ですよ。
実際に、花を見るだけでもかなりテンション上がります(*^-^)
ただ、花を見ると、どうしてもその先も期待しちゃうんですよね〜


budkeiさん、こんばんは。
一昨年のささげに続いて、昨年は紫花豆が幅を利かせてましたね。
お〜、さすがkeiさん、チッソ肥料ですね!
私は肥料についてはからっきしなので、覚えておきます!


budはぐてんママさん、こんばんは。
あまり想像のつかなかった、とても鮮やかなオレンジでした。
そうですね、豆も変わった模様ででっかいです(*^-^)
そうなんです、育てていた時は、どんどん生長するのを見て喜んでいたのですが…


budバドさん、こんばんは。
グリーンカーテンにしたのですが、遮光しすぎかも(^-^;
やっぱり、N素肥料の効きすぎですか!
過燐酸石灰ですね。覚えておきます。
是非、次回は肥料に注意したいと思います。

投稿: 小梅太郎 | 2013年4月27日 (土) 03時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/57243438

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【生長の様子】:

« 勝手に反省会(2012年度分)〜紫花豆の栽培記録【紫花豆についてと定植まで】 | トップページ | ついに雪解け後からミニ畑が顔を出しました »