« ミニカラーピーマンがピンチ、青枯病か? | トップページ | いいかげんにサンチュを一部撤去 »

2012年8月31日 (金)

ミニカラーピーマンは青枯病と断定して撤去

いや〜、思っても見なかった、

ミニカラーピーマン「ハニーイエロー」の病気。

先日気づいた、ミニカラーピーマンの萎れた状態に、皆さん、色々とアドバイスや励ましありがとうございます。
(※その様子はこちら「ミニカラーピーマンがピンチ、青枯病か?」)

昨日も相変わらず、クタ〜っと萎れているため、

もう勝手に青枯病と断定しました。

Blogdsc09116

青枯病の症状としては、夜間は比較的回復するものの、このように、日中はクタ〜っと萎れてしまい、そのうちに完全に枯れてしまうそうです。


そして、厄介なのが、この病気は伝染する、ということ。


今回のミニカラーピーマンは、まだ完全には枯れてなく、素人的には、本当に青枯病かどうかは分かりませんが、周囲に伝染されると、ミニ畑ではあっという間に全滅になってしまうので、青枯病と勝手に断定ですthink

Blogdsc09117

昨日、株ごと撤去しました。

Blogdsc09119

焼却する場所はないので、袋に入れて廃棄します。

株元の茎を切断し、その茎を水につけると、菌泥と呼ばれる白い粘液のようなものが見られるとの事ですが、そこまでは確認しませんでした。

あとは、周囲のミニカラーピーマンの「マンゴーオレンジ」や普通のピーマンなんかに伝染しない事を願うばかりです。


ただですね、

いったん青枯病が発生した土地では、根絶することが難しいとのこと。

青枯病菌は地中深くに残ってしまい、また発生してしまうそうです。

なので、連作はもちろん良くないですし、その他の対策としては、太陽熱利用による土壌消毒、熱水注入による土壌消毒、蒸気による土壌消毒なんかが有効とのことです。

って、こういう対策って、素人菜園には、なかなか難しいですよね。

接ぎ木の苗を買うくらいかな〜


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

※ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m


スポンサーリンク

|

« ミニカラーピーマンがピンチ、青枯病か? | トップページ | いいかげんにサンチュを一部撤去 »

ピーマン&唐辛子」カテゴリの記事

家庭菜園(2012年分)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
タメ読みになちゃった(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
ゴーヤ、トマト、青梗菜と良かったね~と読ませて頂いたのに・・・
何だか怖い病気になってしまったのね(ーー;)
撤去の後も残るなんて(>_<)
プランターなら熱湯をかけたり、土を広げて太陽に何日も当てたりできるけど・・・
他の野菜に伝染しない事祈っています(・人・)

投稿: kei | 2012年8月31日 (金) 13時37分

来年は場所を変えたり
接木で頑張るしかないかも??
他に広がってなければ良いのですが・・・

投稿: ばたい | 2012年8月31日 (金) 21時32分

budkeiさん、こんにちは。
いえいえ、いつもありがとうございます。
そうなんです、順調なものもあれば、こんなのもあります。
ただ、今回の病気は何だか厄介なようで、今後の様子がとても気になります。
まあ、めげずに頑張ります。
なんたって、元々、そこそこの家庭菜園ですから(笑)


budばたいさん、こんにちは。
狭い菜園なので、どこまで回避できるか分かりませんが、ほんと、次回は場所をちゃんと考えたいと思います。
あとは、出来るだけ接木で行きます。
まあ、ミニ畑で植える数は少ないので、高価な接木でも何とかcoldsweats01

投稿: 小梅太郎 | 2012年9月 1日 (土) 12時35分

こんにちは。

青枯れ病!?
そんなのあるんですね。

我が家はプランターでいつも
水が足りなくなるとこんな感じになります。

でも、水をあげて1,2時間すると
復活しますよ。

投稿: KEN | 2012年9月 1日 (土) 13時41分

昨年トマトの連作障害と思われる青枯れ病にやられました。一年経過した現在もその場所だけ草ボウボウにしてあります。もちろん、三ヶ月に一度の割合で耕転します。それほど神経質になっています。どうも風通しの悪さが菌に負ける一番の要因に思えます。

私としては、青枯れ病よりも小梅太郎さんの夏風邪の方が心配しちゃうな。

投稿: 畑の管理人 | 2012年9月 1日 (土) 14時22分

こんばんは^^
やさいならこんな対策をします。
1・一番危険な土を袋に入れて、焼却処分
2・その周りの安全そうな土は、黒いビニール袋に入れて密封し、太陽熱を利用して熱菌
3・2の黒いビニール袋に入った土をその後、雑草や残飯、EMボカシなどを混ぜて微生物発酵させ、堆肥に

菌は45度以上で死にますimpact

土作りですが、菌のバランスをとるために、炭化鶏糞(炭)と、EMボカシを肥料に混ぜて投入しています。
たまたまかもしれませんが、毎年ナス科を作り続けて19年、まだ青枯れ病は経験しておりません。
支柱や農具、ネットの消毒(塩素)も忘れずに!

風邪、大丈夫ですかぁ~。
あまり、無理しないで下さいね。

投稿: やさい | 2012年9月 1日 (土) 21時47分

おはようさん♪
太郎さん、大丈夫?
夏風邪 まだ尾を引いている?
大人は熱に弱いから・・・(ーー;)
それとも青枯病のショックから立ち直れないのかな・・・?
お大事にね!

投稿: kei | 2012年9月 2日 (日) 09時23分

ピーマン・・おいらの畑のは最初沢山なってくれたのですが、おいらが嫌いなためにほったらかし・・ならなくなりました。野菜は正直ですね。

投稿: 還暦+2の爺さん | 2012年9月 2日 (日) 18時15分

budKENさん、こんばんは。
そうなんですよ。厄介な病気のようです。
この場合、水をあげてもこの状態のままなんです。
周囲は何ともないのに、この株だけなんですthink


bud畑の管理人さん、こんばんは。
うわ〜、やはりかなり気をつけられてるんですね。
これからどうするか、ちょっと考えないといけないですね。
風通しの悪さは、ず〜っと気になってましたが…think
夏風邪の心配、ありがとうございます。
さすがに病院に行って、おさまりましたが、久しぶりにきつかったですwobbly


budやさいさん、こんばんは。
いつも的確なアドバイス、ありがとうございます。
土の処理は、何とか素人の私でもできそうなので、やってみようかと思います。
土作りについては、やはりきちんとやらないと、こういうことが起こるんですね。
どこまでできるか分かりませんが、以後考えたいと思います。
風邪、心配頂きありがとうございます。
病院に行って、薬もらって、復活しました(*^-^)


budkeiさん、こんばんは。
大丈夫です(*^-^)
ご心配いただき、ありがとうございます。
さすがにきつくて、すぐに病院に行きましたが、病院の薬は効きますね。
青枯病のショックは大きいですが(笑)、体調は復活しました!


bud還暦+2の爺さんさん、こんばんは。
さすがに放ったらかしはダメでしたか(^-^;
ピーマン嫌いの還暦+2の爺さんさんはいいですが、
家族の方々が残念がったのでは?

投稿: 小梅太郎 | 2012年9月 2日 (日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/55542949

この記事へのトラックバック一覧です: ミニカラーピーマンは青枯病と断定して撤去:

« ミニカラーピーマンがピンチ、青枯病か? | トップページ | いいかげんにサンチュを一部撤去 »