« その後のきゅうり | トップページ | プランター栽培 »

2010年8月 3日 (火)

トマトの挿し木

実は6月に桃太郎トマトの根元から茎がもう1本伸びていて、株が分かれているのかそれとも枝なのかどうかも初心者にはよく分からなかったのですが、何となく邪魔に思えてきて、6月26日に支柱追加作業の時に思い切って、切ってしまいました。
このあたりの無知による思い切りのよさは、初心者ならではなのですが。
(どこかの記事で目にしたのですが、ハサミはばい菌が入るので使用しない方が良いと書いてあったのですが、無理な時もありますよね。いちいち消毒も大変なんで普通にハサミを使っていますが)

で、トマトの挿し木の話ですが、その切り取った枝をその時にプランターに挿し木にしてみました。
伸びてしまったわき芽を挿し木にすると株が増やせると聞いて、今回のはわき芽ではないのですが、試しにやってみることにして、数日後にはミニトマトの大きめなわき芽も合わせてプランターに挿し木にしました。

で、一月ちょっと経っての状況です。

まずミニトマトの挿し木は、結局プランター2つにわき芽を植えました。
片方はなかなか育ってなくて、もう片方はかなり育ってきてやっと花も付いたのですが、プランターの土が少なすぎて(あまりにもプランターの準備がお粗末でした)、実がつくには厳しそうな状況です。
最初は半信半疑で始めてしまい、花が付くまで育ってくれるなら、最初から大きめのプランターできちんとした土に挿し木すれば良かったです。

Blogdsc01048

そして、桃太郎の挿し木はと言うと、何だか大きくなってきました。
こちらは、プランターを大きなものにして、土もきちんとしたつもりで、今のところ花も咲きそうな感じです。
ただ、当然ミニ畑のトマトに比べて成長は遅れているので、実がつくまでに間に合うのかが心配です。北海道の夏は短いですから。

Blogdsc01035

ただどちらも、たくましく成長していてトマトは強いです。
実がついたら本当に嬉しいんですけどねぇ。

本来のミニ畑のほうですが、色づいたミニトマトを三つ取っちゃいました。
ちょっとまだかと思ったんですが、待ちきれなくて食べちゃいました。
美味しかったです。
けど、桃太郎は相変わらず青いまま…。大丈夫かなぁ。

Blogdsc01076


スポンサーリンク

|

« その後のきゅうり | トップページ | プランター栽培 »

家庭菜園(2010年分)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560932/48735435

この記事へのトラックバック一覧です: トマトの挿し木:

« その後のきゅうり | トップページ | プランター栽培 »