2017年9月23日 (土)

家庭菜園終盤のミニ畑で今年もサンチュの黄色の花が咲いてます

Blog20170917_104905


9月18日(月・祝)の台風18号後も雨が続いたこちら小樽ですが、21日(木)に雨も上がり、22日(金)には青空が広がりました。

といっても、時期的にはもう家庭菜園は、一部の野菜を除いて終了時期ですよね。
最高気温はなんとか20℃を超えても、最低気温が15℃切って10℃近くまで下がってますからね。

さて、本日の話題はサンチュで、もちろんサンチュの収穫時期はとっくに終わっているのですが、家庭菜園の終了時期となれば、第1ミニ畑のサンチュはこうなってます。

Blog20170917_104907

可愛い小さな黄色の花が咲いてます。

これ、毎年この時期のお馴染みの光景ですが、いつも何株かを残して花を咲かせてるんですよね。

そして、花もこのまま放置して、種をミニ畑にこぼれさせるわけす。

これももう何年も続けているのですが、これが春になると見事に芽を出すんですよね。

この可愛い黄色の花は、家庭菜園終盤の楽しみの1つです。

Blog20170917_104905


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

ピーマンは今年も遅れて一番果の後が続かない〜それと台風18号の話もね

Blog20170911_104949


9月18日(月・祝)は、台風18号が日本列島をほぼ縦断して、こちら北海道にも上陸しました。しかも今回は、台風のルートが小樽のすぐ近くだったんですよね。

で、小樽の天気はというと、18日午前中は雨がそこそこ強く降っていたものの大雨というほどでもなく、台風の通過とともに雨はほぼ止んで、ここからは風が強く吹くのかと身構えたのですが、時折強く吹いたものの、風もまたそれほどありませんでした。

近くを通過した割には、ひどく荒れた天気にはならず良かったのですが、どちらかというと、一夜明けた本日19日(火)の方が朝から豪雨ともいえる強い雨が降ってました。

その昨日の台風と今朝の大雨による「そこそこ家庭菜園」の被害状況は詳しくは未確認なんですが、ぱっと見たところ大きな被害はないようです。

こちらの家庭菜園はすでに終盤に向かっている状況なので、被害があっても大きな痛手にはならないというのが実際のところなんですけど、やっぱり倒れたりするのは嫌ですからね。


さて、本日の話題は天気の話に中心になってしまいましたが、最後にさっぱり話題の出ないピーマンについて。

Blog20170911_104959

毎年、ピーマンは夏野菜の割には出足が鈍くて、夏が終わってから収穫が本格化したりするのですが、実は昨年は場所のせいもあって大失敗だったんですよね。毎年、ミニ畑に1株しか植えないので、その株がアウトだと、そのシーズンのピーマン栽培が終わってしまうんです。

で、「強うま苗」という商品名のピーマンを第2ミニ畑に植えた今年はというと、8月中旬に一番果を早めに収穫したまではよかったのですが、そこからはぱたっと着果せず。

(8月15日の一番果)
Blog20170815_141938

それでも9月中旬頃からまた、実を付け出してます。

(9月11日の様子)
Blog20170911_104949

ただ、収穫はまだ数個で、こちらは9月中旬から気温もぐっと下がってきてるので、これからはあまり期待はできないんですよね。

Blog20170911_105652

もうちょっと生長が早い時期にずれ込んでくれるといいのですがね。

【関連記事】
2017年度の菜園作業がようやく本格始動〜まずはいつもの作付け計画イラストと実際の作付けの様子(5月31日作業)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

序盤は順調だったナスは8月下旬から花も咲かなくなった…

Blog20170905_104235


9月に入って晴れ間が多かった小樽ですが、昨日の12日(火)は久しぶりに一日中雨でした。

真夏であれば恵の雨とも言えますが、この時期の北海道の雨は気温がぐっと下がってしまうんですよね。
気象庁|過去の気象データ検索によると、この日の小樽の最高気温は20℃を切って17.9℃だったようです(最低気温はさほど変わらず15℃程度でした)。

さて、本日の話題はプランター栽培のナスです。

ミニ畑でうまくいかず、最近はプランター栽培をしていてそこそこの成績のナスは、今年もなかなかいいスタートだったんです。

今年は接木の千両二号と筑陽ナスをプランター栽培していて、序盤は数えていたところ各5本ずつ収穫できたんです。

(序盤は他の野菜達と順調に収穫。8月18日撮影)
Blog20170818_115937

ただ、8月下旬頃からは、ぱたっと花も咲かなくなってしまったんですよね。
う〜ん、肥料も与えていたし、理由はさっぱり分かりません。

ナスはよく秋ナスに向けての「更新剪定」をしますが、こちら北海道では、そこから更新剪定をすると、秋が短く気温がぐっと下がるので、ナスも生長してくれないんですよね。

なので、更新剪定とまではいかないまでも、とりあえず不要と思われる枝葉を落としておきました。

Blog20170908_160445

すると、9月に入って一輪だけ花が先てくれましたよ。

Blog20170905_104235

ただ、それ以外はやはりさっぱり。

今年のナスはこれで終わりかな〜(ちょっと寂しい…)

【今シーズンのナス関連記事】
プランター栽培のナスがいよいよ一番果に続いて収穫はじまる
ここ数日の晴天でナスが一気に生長して花も咲いてます
ナスの葉っぱが食べられてる!?キラキラした跡を残す犯人は!?
ナスは今年もプランター栽培です
2017年度の菜園作業がようやく本格始動〜まずはいつもの作付け計画イラストと実際の作付けの様子(5月31日作業)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

ミニ畑の最後の枝豆を枝付きで収穫

Blog20170908_160708


9月も中旬に差し掛かり、北海道の家庭菜園は終盤に向かっているのですが、今年の「そこそこ家庭菜園」は、なんだか9月に入ってからの方が賑やかです。

そんな「そこそこ家庭菜園」の本日の話題は枝豆

今年の枝豆は、ポットで育苗したものをプランターに、苗を買ってきたものを第1ミニ畑に植えたのですが、以前も投稿したようにプランター栽培の枝豆は病気のようで、ほぼ全滅でした…、悲しい…

そんなことでがっくりしていたのですが、苗を買ってきて、第1ミニ畑に植えた分は、そこそこ育ってくれていたんですよね(品種はミニ畑の奥が茶豆滝姫、手前がサッポロミドリ)。

Blog20170806_135902

Blog20170806_135918

結局、数はあまり生りませんでしたが、枝豆の収穫を8月上旬にすることができました。

Blog20170806_140147

Blog20170811_173235

数は少ないですが、自家製枝豆です、もちろん、美味しくいただきました。

Blog20170806_195619


さて、実は枝豆は、育苗した味勝(あじまさり)が1ポット残ってしまい、第1ミニ畑の空いてるところに植えておいたんです。

定植が遅れたせいか、他の枝豆に比べて生長も遅れていたのですが、なんだか、こちらはとても順調に生長していったんです(本葉が5枚前後に展開したころに摘芯もしました)。

Blog20170908_160616

そして9月に入ると、サヤの中の豆もしっかりと膨らんできて、いよいよ9月8日に収穫しました。

Blog20170908_160708

今回は初めて株ごと抜いての収穫です。

根っこを見てみると、これが空気中の窒素を取り込む根粒菌というやつですね。
Blog20170908_160701

まさに枝付き枝豆ですね。
Blog20170908_161008

なかなかいっぱいサヤが付いていて、今までで一番かも。

早速、茹でていただきました。

Blog20170908_185316

いや〜、美味しかった〜!

とっても甘みが強くて味が濃くて、大満足の枝豆でした。

【今シーズンの枝豆の関連記事】
プランター栽培の枝豆がピンチ!!新しい葉が縮れてきて、他の葉も病気のようだ…
ポットで育苗していた枝豆が育ちすぎていて慌てて定植
豆類中心に育苗用にポットに種まき。プランターにルッコラなども
2017年度の菜園作業がようやく本格始動〜まずはいつもの作付け計画イラストと実際の作付けの様子(5月31日作業)


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

ササゲは今年も生い茂って手に負えなくなりながらも収穫が続いてます

Blog20170904_153604


いや〜、連日爽やかな天気の続いているこちら小樽です、
本日9月8日(金)も最高気温は25℃近くになってます。

さて、本日の話題はササゲです。

Blog20170818_131642

ササゲは、毎年手に負えなくなるくらいにワサワサと茂ってしまうものの、たくさん収穫できてなかなか優秀なんですよね。

ササゲと言えば、こちらでは若いサヤを食べるお馴染みの豆ですが、「そこそこ家庭菜園」のササゲの品種は「つるあり霜降りささげ」という寒冷地用の品種で、通常こちらで売っているササゲよりもちょっと小ぶりです。

毎年、秋に完熟豆から採種して、栽培を続けているんですよね。

で、今年も生い茂ってこんなんなってます。

(8月23日の様子)
Blog20170823_132414

一応、摘芯してるんですが、追いつきません(というのも毎年のこと…)。

Blog20170823_132417

紫花豆と並べて栽培しているので、お互いに絡み合ってさらに大変なことに(というのも毎年のこと…笑)。

収穫の方はというと、8月中旬から本格的に始まってます。

(8月18日撮影)
Blog20170818_132942

寒冷地用の品種ということもあってか、秋の深い時期まで収穫が続くのも嬉しい特徴です。


あと、豆類といえば、知り合いからもらったものの、正式名称が分からない通称マンズマメは、今年は第3ミニミニ畑で栽培してます。

茹でてサヤごと美味しく食べられるのはササゲと一緒ですが、サヤインゲンのようで、こちらの方がよりサヤが柔らかいですね。

(8月10日の様子)
Blog20170810_165527

(かわいい紫色の花が咲きます)
Blog20170810_165540

こちらはササゲに先立って8月上旬から収穫しているのですが、現在、ちょっと収穫が止まってしまっています。

(8月15日撮影)
Blog20170815_150556

いつも秋頃まで収穫が続くのですが、今年はそろそろ終わりかも。

まあ、その分、ササゲが頑張ってくれているので、今年も豆類はいい感じです。

【今シーズンのササゲの関連記事】
第3ミニミニ畑のゴーヤににネットを張りました。あと豆類をいくつか定植
ポットで育苗していた紫花豆とササゲを定植
豆類中心に育苗用にポットに種まき。プランターにルッコラなども


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«収穫増量を目指してイチゴの苗作り