2018年2月19日 (月)

小樽はなんだかこっそりと雪が降り続いて、2月18日には積雪深134cmを記録

Blog20180219_13_47_43moji


まだまだ厳しい寒さが続いてますが、今シーズンは日本各地での大雪のニュースを目にしますね。

こちら小樽もニュースにはなってませんが、なんだかこっそりと雪が降り続いているんですよね。

アメダスの記録を見ると、2月10日(土)で積雪深が95cmだったのが、11日(日)に111cm、15日(木)には120cmと徐々に増えていき、17日(土)には一旦115cmになったのですが、18日(日)の夜には一気に134cmを記録しています(参考:気象庁|過去の気象データ検索)。

Blog_20180219_17_38_08
(写真は小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp19日17:00観測値より)

つまり一週間ほどで40cmほど積雪量が増えていて、実際の感覚としてはもっと積もっている感じなので、あちこちの屋根などの雪もいつ間にかものすごい厚みに積もっていたりしています。

もちろん、毎日毎日降っているので、毎日毎日雪かきすることにもなってしまってます…

ちなみに、冒頭の写真は2月19日撮影の第1ミニ畑の様子ですが、最近、積雪の状況確認の目安となっている、写真左上の小さなサクランボの若木の冬囲いは、ついに先端も隠れてしまいました。

Blog20180219_134743

これは相当積もってますね。

さらに、この横には屋根から落ちた家周辺の雪をスノーダンプで運ぶ、通称“雪かきロード”(と勝手に呼んでます)ができてるんですが、両側の雪の高さがもう背丈を超えそうな勢いです。

(2月18日撮影)
Blog20180218_162418

なんだか、感覚的には、ここ数年で一番積もってるんでないかな。

できれば、もうこれ以上の雪は勘弁してもらいたいところなんですが、まだ2月ですからね。もう数回はドカッと降るんだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

【足跡シリーズ】いつもの大きさの足跡に混じってこれまでなかった小さな足跡が…

こちら小樽の雪の状況ですが、1月末に一時は110cmまで積もった雪が、2月に入って少し落ち着き、積雪深は93cmまで減ったのですが、8日の今日1日で、また10cmほど積もってます(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp8日15:50観測値)。

さて、本日の話題は、雪に残された正体不明の足跡シリーズです。

足跡は、毎日とは言いませんが、結構な頻度で裏のミニ畑に積もった雪の上に残されているのですが、何と言ってもその大きさというか、種類が色々あるというのが興味深いですね。

間違いなく猫は含まれていると思うのですが、その他にいったい、どんな動物たちが夜な夜なここを闊歩しているのか(笑)

で、先日、よく見かけるサイズの足跡の他に、これまでなかった足跡が残されていました。

Blog20180206_151815

小さくて引きずるようについた足跡なんですが、よくカラスなんかも足跡を残しているんですが、こんな雪深いところを、しかもかなりの距離を歩いているので、う〜ん、鳥ではないような気もします。あと小動物といったらエゾリスとかかな…

ということで、どんな動物だったのかと思いを巡らせながら、今日も雪が降ったので、それらの足跡は今はすっかり雪に覆われてなくなってます。

さて、明日の朝もまた、新しい足跡が残されているでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

【天気と雪の話】小樽の積雪深は1月29日に110cmを記録。寒さも続いてます

先日、1月24日(水)から25日(木)にかけて全国的に寒波に見舞われた際、こちら小樽も最低気温マイナス11.4℃を記録して、本当に寒かったです。小樽で最低気温がマイナスの二桁まで下がるのは、結構珍しいんですよね。

そして、寒さだけでなく、雪もそれなりに降り続いていて、1月29日(月)に積雪深が110cmを記録してますね(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp12:00観測値)。

現在の我が家の裏の第1ミニ畑の様子はこんな眺め。

20180129_105310

いまや積雪の状況確認の目安となっている、写真左上の小さなサクランボの若木の冬囲いは、先端がちょっと見えるくらいまでに埋まってしまってますね。

ここは110cm以上は積もってそうです。

この雪で、連日雪かきに追われているのは毎年のことで、まあ、雪国に住んでいる以上、避けられませんが、まだ1月下旬ですからね。少し手加減してもらいたいですね。とはいえ、雪もまだまだ降るでしょうから、もうしばらく、雪かきにも追われそうです。

【関連ブログの関連記事】
小樽も厳しい寒さで最低気温はマイナス11.4℃で積雪深は90cm: 小梅太郎の「小樽日記」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

やっぱり屋根からの落雪には注意です。スコップ埋まりました【動画あり】

Blog20171228_160941


こちら北海道に住んでいたら、雪かきは避けられませんが、屋根からの落雪には注意が必要ですよね。
実際、毎年、落雪事故のニュースが結構あります。

といっても、雪かきをやらないわけにはいかないですからね。
屋根に雪が積もった状態で気温が上がると、落雪しやすくなるんですが、その日にしか作業ができないといった場合もありますしね。

屋根に上っての雪下ろしはもちろん、昔ながらの傾斜した屋根だと、屋根から落ちた雪が下にどんどんたまるので、そのたまった雪をどかす作業中もあったりして、その際は特に屋根からの落雪には要注意です。

我が家も屋根から落ちた雪が窓を塞ぐので、その雪をどかす大変な作業があるんですが、屋根に雪が残っている時は、やっぱり危険なので、できれば作業はしないほうがいいんですよね。

で、先日、屋根に雪が残っていたんですが、日程的にやっておきたくて、屋根から落ちた雪をどかす作業をしてたんです。

しかし…

危なかったです。
実際の、屋根の雪の量はそれほどでもなかったのですが、まとまって落ちてきたら、やはりすごい勢いと迫力です。

もちろん、落雪には注意して作業をしていたんです。
屋根の雪を注意して見てると、落ちる前に動くことがあって、あと、音がするんですよね。ズリって。

この時も、ズリっと音がしたので、慌てて屋根下から離れたら、ほどなく屋根から雪が落ちてきたんです。で、慌てて撮った動画が先ほどのです。下にいたら、間違いなく怪我してますね。

実はこの時、下に置いていたスコップが完全に埋まってしまい、ようやく掘り出しました。

Blog20171228_160728

Blog20171228_160814

Blog20171228_160946


ということで、落雪に注意しながらの作業したといっても、怪我をしては元も子もありません。
屋根の雪の状況を見て、無理に作業をしないようにと、改めて肝に命じました。

とはいっても、やらないわけにはいかないんですねどね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

クマゲラがいたんですってば、本当ですってば!!(写真撮影は失敗したんですが…)

こちらでもニュースで流れてましたが、関東甲信地方は荒れ模様の天気で、大雪警報も出ているようですね。皆さん、気をつけてください。

こちら小樽は、雪は落ち着いているのですが、1月21日(日)〜22日(月)にかけての深夜、最低気温がマイナス10℃前後まで下がり、その後も厳し冷え込みになってます。寒っ!!

さて、本日の話題は、我が家の裏にやってくる鳥についてです。

我が家の裏には木々が茂っていて、いろんな鳥がやってくるのですが、ちょっと前にこの話題について、せっかく色んな鳥がやってくるものの名前はよく分からないので、それを調べてその様子をブログに書き留めておこうと書いたんです(→雪の中、ヒヨドリがやってきます。天気の話も)。

で、先日、やってきたのが、なんとクマゲラ!!

頭のてっぺんが赤くなっていたので、すぐに分かったんです。
1965年に国の天然記念物に指定されているんですよね。

ただ、写真撮影に失敗しました。残念…

最初、木に止まっていて、慌ててスマホを取り出して撮影しようとしたら、すぐに飛んでいってしまったんです。実は、慌てすぎて、スマホを取り出すのに手間取ってしまったのんですよね〜

で、それでも慌ててカメラを向けて、シャッターを押して写っていたのがこちら…

Blog20180117_144603

羽のみ…笑、笑、笑

いや、カラスじゃないですって。本当にクマゲラですってば。

あ〜、こんなチャンスはなかなかないのに、もったいないことをした。

鳥の撮影って、ちゃんと準備してないと、いきなり目撃してから撮ろうとしても難しいですね。

※参考
クマゲラ - Wikipedia
クマゲラ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【足跡シリーズ】またしても雪の上に足跡が!?今回は複数の痕跡が…